【例文付き】面接で短所を「考えすぎる」と答える際の必勝法とは

面接で短所を聞かれたときに、考えすぎると答える方もいるでしょう。

短所を聞かれたから素直に考えすぎると答えたものの、答えても良かったのだろうかと不安になるかもしれません。

ここでは、面接で短所を考えすぎると答える際の方法や注意点についてまで紹介します。

考えすぎると答えたい場合どうすれば良いか、あなたの必勝法になれば幸いです。

【短所で考えすぎると答えるときの必勝法】なぜ企業は短所を面接で聞くのか

pixta_38454639_M

なぜ、企業は短所を面接で聞くのでしょうか。

長所を聞かれた場合スラスラ言える人も多いですし、自身のアピールポイントになるため積極的に答えるでしょう。

しかし短所と言われると、なぜ自身のマイナス面を答えなくてはいけないのだと戸惑うかもしれません。

長所と短所をセットで聞く場合もあれば、短所のみ質問される場合もあります。

なぜ短所を聞くのか理由を知り、面接でスムーズに答えられるよう対策しましょう。

自分のことを客観的に見れているかを知るため

自分の短所はと聞かれてスラスラ答えられる人は、自分のことを客観的に見れています。

客観的に見ることで、自分の短所が出たときにスムーズに対処することができます。

人間誰しも短所があるため、短所があることを恥じる必要はありません。

短所は何かと客観的に見て考え、短所である部分が出やすいときはどう対処するのか、他人に迷惑をかけないためにどう振舞うべきか考えられる人は採用されやすいです。

会社の社風や仕事内容にマッチしているかを判断するため

考えすぎるという短所があっても、会社の社風や仕事内容によっては問題がないとみなされるケースもあります。

ゆっくり考えながら仕事していくことができる環境、ミスなく丁寧な仕事をしたいと考えている社風であれば、考えすぎるという短所があっても採用されやすいでしょう。

逆にスピードが重視される仕事では、考えすぎる短所を持っている学生は採用を見送りたいと考えるでしょう。

短所を聞くことで、その学生がこれから長年社員としてやっていけるかどうか判断されます。

短所を聞かれたときに考えすぎると答えたい場合、その企業に見合った答えか事前に確認しましょう。

企業によってはNGなケースもあるので注意が必要です。

課題解決能力があるかどうかを確認するため

考えすぎる性格であることを知っていると、課題解決能力が期待できます。

短所である部分とうまく付き合っていける人が、どの職場でも重宝されやすいです。

考えすぎてスピードが遅くなっていたら、様子を見てスピードを上げるなど状況に応じて動ける人材が求められます。

客観的に自分の短所を見てそして理解し、壁にぶつかったときにどう解決するのか考えましょう。

【短所で考えすぎると答えるときの必勝法】人事から見た短所が考えすぎるの方のイメージ

pixta_49496939_M

では、短所で考えすぎると答えても良いのでしょうか。

人事はどうイメージするのか考えてみましょう。

企業によっては社風や仕事内容にとって、考えすぎるという短所がNGな場合もあります。

どう人事担当者にイメージされるのか、そのイメージは良いものなのか致命的なものなのかと考え対策を採りましょう。

行動に移るまでに時間がかかる

短所が考えすぎる場合、行動に移るまでに時間がかかることがあります。

朝に仕事をお願いしたはずなのに、午前中には取り掛からず午後になってから本格的に取り掛かるということもあるでしょう。

期限に余裕があれば午後から本格的に取り組んでも良いかもしれません。

しかしその日中に仕上げてほしいなど、急ぎの仕事であれば仕事をもらったらすぐに取り掛かる必要があります。

行動に移るまでに時間がかかることから、急ぎの仕事は任せられない、同時にいろいろな仕事を任せると大変そうだと見られるかもしれません。

またグループを組み数名で課題に取り組む際に、1人だけ行動が遅くグループの皆に迷惑をかける可能性があります。

グループ内のメンバーがイライラしてしまうなど、仲たがいする可能性もあるでしょう。

仕事の処理が遅い

短所が考えすぎる場合、仕事の処理が遅いことが考えられます。

他の人はすでに終わっているのに、まだ終わっていないのかと迷惑をかけることになります。

丁寧さよりもスピードを求められるなど、次へ次へと進まなくてはいけない場面で、処理が遅く1人だけ置いていかれることが考えられます。

グループで仕事を分担する機会も多いですが、1人だけ仕事の処理が遅く全体的にスピードが落ちる、期限ギリギリになるなど他のメンバーにも迷惑がかかります。

【短所で考えすぎると答えるときの必勝法】短所である「考えすぎる」を面接で魅力的に伝える4つのポイント

pixta_13003378_M

短所である考えすぎるを、どう面接で人事担当者に伝えれば良いでしょうか。

行動するまでに時間がかかる、仕事の処理が遅いといったマイナス面がどうしても見えてしまいます。

しかしマイナス面ばかりではなく、プラス面もあると人事担当者に伝えることで魅力的に見えます。

ここでは魅力的に伝える4つのポイントを紹介します。

考えすぎるという意味を改めて考える

では、考えすぎるというのはどういう意味でしょうか。

人より行動が遅い、仕事をするうえで送れてしまうといったマイナス面もあります。

しかし考えすぎるということは、準備をしっかりするという意味にもなります。

行動が遅い分、事前にしっかり準備をしていて、本格的に取り掛かると誰よりも仕事が早いかもしれません。

どの方法が効率が良いか、ミスをしにくいかとしっかり調べたうえで行動するため、中身が充実していて品質が良い仕事をしてくれる人ともいえるでしょう。

考えすぎるというのは、悪いことばかりではありません。

考えすぎるを言い換えて話す

考えすぎると伝えると、行動が遅いのではないかなどとマイナスに見えてしまいます。

そこで別の言葉に言い換えて話し、良い印象も持ってもらえるようにしましょう。

計画性がある

しっかり計画を立て仕事に取り掛かるという姿を、考えすぎると捉えることができるでしょう。

考えすぎる性格の人は、仕事にどう取り掛かるか、どうすればスムーズに事が運べるのかよく考え、計画を立てて取り組む傾向があります。

計画を立てるのに時間がかかるかもしれませんが、納期にしっかり間に合うよう計画を立てて仕事ができる能力があるともいえます。

慎重である

よく考えてから行動するともいえるため、慎重な性格に見られるでしょう。

事を始める前に失敗しないように、ミスを繰り返さないようにと慎重に考えて行動できる力があります。

ミスが許されない場面、ミスをするとお客様に多大な迷惑をかけて企業の信用が落ちることがある場面など、慎重さが求められる際には大活躍します。

あなたの短所が考えすぎるという理由を明らかにする

短所を考えすぎると答える際、なぜ考えすぎると感じたのか理由を明らかにしましょう。

昔からそう感じていた、家族に言われて気がついたなど理由があるはずです。

なんとなく考えすぎると感じたからと答えるのではなく、理由が判明したキッカケも踏まえて人事担当者に伝えるとわかりやすいです。

結論から話す

短所は考えすぎるところです。

と、結論から話しましょう。

すると考えすぎる人なのかと、人事担当者は耳を傾けます。

先にエピソードを話し、今後にどう活かしていくのかといった話をすると、短所は何かよくわからなくなります。

全体的にもダラダラと話してしまう傾向があるので、先に結論から話してください。

【短所で考えすぎると答えるときの必勝法】考えすぎることを言い換えると

lp043_cont02-4

「自分は考えすぎるタイプです」と伝えると、多くの場合はマイナスな印象を与えがちです。

行動が遅い、周囲とペースが合わせられないと思われる恐れがあるため、考えすぎるを良い印象に変えられる別の言葉に言い換えることが大切です。

責任感が強い

何事においても与えられた課題を全うし、きっちりと成し遂げようとする人は責任感が強い性格であると言えます。

それまでの過程では考えすぎて悩む時間が増えたり、どうすれば責任を果たせるかということだけを考えたりして、周りが見えなくなることがあるかも知れません。

しかし、それだけ物事を深く考えるということは、かなり責任感が強い性格であることは間違いないでしょう。

責任感のない人は仕事をする上で納期を守らなかったり、無計画のまま仕事を始めたりするといった傾向が見られます。

しかし、責任感が強い人は自分のミスによって誰かに迷惑をかけることに対して、ことさら強い責任を感じることが多いものです。

そのため与えられた仕事の締め切りはきちんと守りますし、責任をしっかり果たした内容の仕事に仕上げていることでしょう。

計画性がある

計画を立てるにはよく考えることが大切ですが、考えすぎるタイプの人は計画を立てる時間が他の人より長くかかる場合があります。

そのため、実際の仕事に取り掛かるのが遅れて周囲を心配させることがありますが、きちんとした計画が立ちさえすれば、その後はスムーズに進めて行くことができます。

考えすぎる性格の人は段階的に物事を進めていこうとする傾向があり、計画を立てることによって確実に仕事をこなせます。

計画性があるということは、仕事をする上で自らが進むべき方向をしっかりと把握できている証拠です。

考えすぎる人は与えられた仕事が大きければ大きいほど、計画を立てるのには時間がかかるかもしれません。

しかし、順序立てて仕事をこなしていくときにあたって計画が立ちさえすれば、後は力を発揮するだけというとても素晴らしい能力の持ち主です。

慎重な性格

慎重な性格の人は最初の一歩を踏み出すまでに時間がかかることがありますが、周囲の状況を確認して行動することは大きなミスやトラブルを回避できる能力と言えるでしょう。

とくに慎重さが求められる業種においては、取引先と交渉したときに起こるたった1つのミスが、大きな損失を招くことも多いです。

取引先だけでなくお客様に多大な迷惑をかけることも考えられますので、重大な仕事をこなすときほど慎重さは大きな武器です。

慎重な性格の人はトラブルを避けようとする傾向があるため、企業にとってもトラブルメーカーとなる心配がありません。

トラブルメーカーは企業や職場での頭痛の種となりますので、慎重であってもミスやトラブルを起こさない人の方が安心して仕事を任せることができるのです。

マメな性格

考えすぎると言うとマイナスイメージがありますが、何事についてもよく考える人は同時にさまざまな事柄について理解が早いのが長所です。

そのため、やるべきことに他の人よりも早く気付き、率先してこなしていくことで、マメな性格という良い評価を得ることができます。

マメな性格の人は人に親切にしたり、助けになりたいと考えたりしていることが多いものです。

時にはそれが災いしてうるさがられたり煙たがられたりすることもあるでしょうが、仕事の内容によってはマメな性格の人でないと務まらない仕事が数多くあります。

たとえば、介護職などでは利用者さんの希望や期待に沿うことが求められますので、そのような仕事ではマメな性格が周りの人に大きな助けをもたらすことは間違いありません。

真面目

何事においても真面目に取り組む性格の人は、周りから大きな信頼を寄せてもらうことができるでしょう。

仕事によっては完全に一人きりで行うものもありますが、企業の中に属すれば必ず誰かと協調しながら仕事を進めていく必要が出てきます。

真面目な性格の人はどんなことにもコツコツと取り組み、納期もきちんと守ります。

上司や先輩に対する態度も真面目で、得意先などを回る営業職に就いても時間を厳守するなど、失礼のない態度で接することができます。

とくに営業担当者は企業にとってのいわば顔でもあり、真面目な性格の人は安心感と信頼を与えられる存在となるに違いありません。

視野が広い

考えすぎる人はあらゆることにおいて起こり得る可能性を考えるため、自然と広い視野が身に付きます。

視野が広くなると物事をさまざまな角度から見ることができ、状況によって臨機応変に対応できます。

視野が狭い人は自分の意見だけが正しいと考えがちで、他人の意見を受け入れようとしません。

ですが、視野が広い人は「そういう見方もできるのか」と、人の意見を素直に受け入れることができます。

また視野が狭くなると目先のことだけにしか注意が向かなくなりますが、視野が広いと少し離れた位置から客観的に物事を理解できるおかげで、問題点や解決すべき点を容易に見つけられます。

視野が広い人は人の意見に素直に耳を傾け、そこから学ぼうとする性格の持ち主です。

【短所で考えすぎると答えるときの必勝法】短所が考えすぎるの例文

pixta_21932611_M

短所で考えすぎると答える場合の例文を紹介します。

ここでは3つの例文を記載しますが、どのエピソードが自身に似ているのか探してみてください。

面接時はオリジナルの文章に変えて、説得力を出すことが大切です。

例文①

私の短所は慎重なところです。

行動する前に考えすぎる傾向があります。

大学の課題に取り掛かる際、ミスをしないようにと慎重になりすぎて提出期限ギリギリとなってしまいました。

慎重に課題に取り組んだためミスがなく教授に褒められましたが、提出期限ギリギリになり余裕がなかったため、今後はスピードも求めたいと考えています。

仕事をするうえでも余裕を持って取り組みたいです。

例文②

私の短所は心配性です。

課題を提出する前に、ミスがないかと2回も3回も再確認をすることが多く、1つの課題ができあがるまで時間がかかる傾向があります。

完璧さを求める面が強くあるため、完璧主義者だと友人によく言われます。

しかしミスがないため、間違えることがないと信頼もされていました。

今後もミスをしないよう確認するとともに、周囲のスピードにも合わせていきたいと思います。

例文③

私の短所は心配することです。

大学のサークルにてリーダーをしていたのですが、メンバーの様子が心配でよく連絡を取っていました。

確認することが多く、はじめは戸惑われたこともあります。

幸い私の短所をメンバーが理解してくれて、仲は良かったのですが、社会人になってからは周囲を戸惑わせるようなことがないよう注意したいと考えています。

心配しすぎず、信用することも忘れず乗り越えていきたいです。

まとめ

lp043_cont02-7

短所は考えすぎると答える際は、直球で伝えるのではなく言い換えてやんわり伝えましょう。

こんなことがあったので考えすぎると気がつきましたなどと、エピソードを含めると伝わりやすいです。

また短所である部分をどう乗り越えていくのか、他人に迷惑をかけないよう注意したいところなであわせて述べると良いでしょう。

短所は誰しもあることなので、自信をなくす必要はありません。

自身のことを客観的に見つめ、どう短所と向き合っていくのか考えてください。

よくできる、完璧と感じる人は短所とうまく向き合っています。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ