【例文付き】面接で短所を「頑固」と答える際の必勝法とは

面接で短所を頑固と答える際は、どういった点に注意すれば良いでしょうか。

短所を聞かれたから、頑固と答えたところ人事担当者に苦笑されたという体験談もあります。

人事担当者に良いイメージを持ってもらうためにはどうすれば良いか、ここでは必勝法を紹介します。

なぜ短所を面接で聞かれるのか、そして頑固と伝えても良いのかなど詳しく説明していきます。

【短所で頑固と答えるときの必勝法】なぜ企業は短所を面接で聞くのか

短所を教えてくださいなどと、企業の面接で聞かれることがあります。

ではなぜ、企業は短所を面接で聞くのでしょうか。

長所のようにアピールできるポイントではなく、積極的に話せないという学生も多いでしょう。

なぜ短所を面接で聞くのか意図を理解することで、どう伝えれば良いか対策ができます。

自分のことを客観的に見れているかを知るため

自分の短所を知っている人は少ないかもしれません。

面接対策のためにと短所を考え、こんな部分が短所だったのかと判明する学生もいるでしょう。

自分の短所を知るということは、客観的に見ることができるということです。

これまでは周りの友人や先生などに助けてもらい、物事につまずいたときに乗り越えてきたかもしれません。

しかし社会人になると、自身でなぜ仕事を失敗してしまったのか、周囲となぜ険悪なムードになってしまったのかと考えなくてはいけません。

これからは教えてくれる人はいないと考え、自分のことは自分で解決できるようになりましょう。

客観的に見ることで、短所が出てきたから注意しようなどと乗り切ることができます。

会社の社風や仕事内容にマッチしているかを判断するため

誰しも短所がありますが、短所の内容によっては会社の社風や仕事内容にマッチしないことがあります。

人事担当者はこの学生はこれから自社でやっていけるか、社風や仕事内容に無理なく馴染むことができるかと見ています。

短所の内容によっては致命的で、自社には合わないと採用を見送るケースもあります。

頑固であることを面接で短所として伝える際は、その会社の社風や仕事内容にとって問題がないか事前に確認しましょう。

課題解決能力があるかどうかを確認するため

自分の短所を知るだけではなく、短所とどう向き合っていくのか考える必要があります。

うまく短所と向き合える人は、課題解決能力があるといえます。

仕事がうまくいかないときは、短所である部分が前面に出ることが多いです。

そんなときはどう解決していくのか、周囲に迷惑をかけずスムーズに仕事をこなすためにどう行動するのか求められます。

課題解決能力があると、どんな辛い壁でも頑張って乗り切ることができます。

【短所で頑固と答えるときの必勝法】人事から見た短所が頑固の方のイメージ

では面接で短所を頑固と答えた場合、人事担当者にどんな風に見られるでしょうか。

短所だから悪いイメージを持たれるだろうか、それとも短所だが良い面もあると見てもらえるだろうかと心配になります。

頑固という性格は、どんなイメージを持たれるのか見ていきましょう。

1つの方法にこだわる

頑固ということは、1つの方法にこだわる傾向があります。

この方法が良いと考えたら、他の方法は耳に入らずその方法ばかりに固執してしまいます。

頑固親父という言葉がありますが、親父は昔の人で新しい考えを取り入れてくれない、良い面もあると伝えてはいるものの昔からやってきている方法が良いと聞いてくれないと困ることがあるでしょう。

他人がいくらアドバイスをしても、1つの方法にこだわってしまいます。

時には方法を変える必要があると頭ではわかっていても、受け入れられない人も多いです。

人の言うことを聞かない

頑固な人は、人の言うことを聞かない傾向が強いです。

自分はこのやり方ですると決めたから、他の人の言うことは聞かないとシャットアウトしてしまいます。

仕事のスピードが遅く、他のやり方が良いのではないか、困っているのではないかと他の人がアドバイスをしても聞く耳を持ってくれません。

そしてあの人にはアドバイスしても無駄だからそのままにしておこうと、状況によっては孤立することもあります。

【短所で頑固と答えるときの必勝法】短所である「頑固」を面接で魅力的に伝える4つのポイント

短所を頑固と答える際は、どう伝えれば良いでしょうか。

1つの方法にこだわる、人の話を聞かないという面があります。

面接で人事担当者に魅力的に映るよう伝えるために、さまざまな工夫ができます。

ここでは4つのポイントを紹介するので参考にしてください。

頑固という意味を改めて考える

頑固な人は頭が固いとイメージしますが、悪いイメージだけでしょうか。

頑固とはどういう意味か改めて考えてみましょう。

他人の意見に耳を貸さないというマイナス面がありますが、自分の意見をしっかり持っているとプラス面に言い換えることもできます。

他人に流されず、自分のことを信じてまっすぐ進んでいける人です。

周囲が間違った方向に進もうとしていたら、ここはこうしようと自分の意見をしっかり出して、正しい方向性に導くことができる人ともいえるでしょう。

頑固を言い換えて話す

頑固とそのまま伝えると、マイナス面が強く出やすいです。

そのため言い換えて、やんわりと伝えましょう。

自分の意見を曲げない

頑固で他人の意見を聞かないということを、自分の意見を曲げないと言い換えることができます。

他人の意見に耳を傾けることも必要ですが、他人が必ずしも正解ということではありません。

間違っていることは間違っているとしっかり伝え、自分の意見を曲げない人は貴重ともいえるでしょう。

こだわりが強い

こだわりが強いとも言い換えられます。

こうしたいと思ったら、こだわり抜いて最後まで意見を変えない人です。

こうすると決めたら、途中でふらふらせずしっかり前を向いてゴールに向かっていける良い面を持っている人と見られるでしょう。

負けず嫌い

他人の意見に耳を傾けない、頑固である人は負けず嫌いの人といえます。

他人には負けたくないから、自分の意見を最後までつらぬくという傾向があります。

どうすればライバルに勝てるのかしっかり考え、絶対負けないぞとゴールまで進んでいくことができる人です。

あなたの短所が頑固という理由を明らかにする

短所が頑固であると伝える際は、なぜ頑固だと感じたのか理由を明らかにしましょう。

自身でそう感じる場面があったから、友人や家族に指摘されたからとさまざまなキッカケがあります。

そのキッカケをエピソードとして交え、理由を説明すると説得力が出ます。

理由を明らかにすることで、どういった場面で頑固な部分が出やすいのか知ることができます。

今後、頑固である面が出たときはどうするのか対策もあわせて練りましょう。

結論から話す

人事担当者に、短所は頑固であるという旨を伝える際は結論から話しましょう。

「私の短所は自分の意見を曲げないことです。」と冒頭に持ってくることで、全体的にすっきりとした印象になります。

面接は時間も限られていますし、人事担当者はたくさんの学生を相手にします。

より良い印象を持ってもらい魅力的なアピールができるよう、伝わりやすさにも注目しましょう。

【短所で頑固と答えるときの必勝法】短所が頑固の例文

短所を頑固と答える際の例文を記載します。

3つの例文をすべて参考にしても良いですし、自身のエピソードにも近い例文があれば、自分自身に置き換えて考えてみても良いでしょう。

面接当日ですが頑固と伝えるのではなく、別の言い方に変える、先に結論から話すなど工夫しましょう。

例文①

私の短所はこだわりが強いことです。

こだわりが強すぎて、効率が悪くなることがあります。

学生時代アルバイトをしていたときに、自分のやり方にこだわりすぎてなかなか仕事をこなせませんでした。

私にはこのやり方があっていると考えていましたが、他のアルバイトのやり方も見てみようと視野を広げた結果、もっと良い方法があることを見つけました。

それからは他人のアドバイスも聞くようにして、どんどん良いところを吸収しています。

結果、徐々にですが効率が上がるようになり当初よりもたくさん仕事をこなせるようになりました。

例文②

私の短所は負けず嫌いなところです。

他人にはどうしても負けたくないと考え、自身のやり方をつらぬく面があります。

大学のゼミでグループを組んだときに、同じグループのメンバーのアドバイスに耳を傾けず、結果他のグループに負けてしまいました。

自身の考えだけでは他人に負けてしまう、アドバイスに耳を傾けて柔軟に対応しなくてはいけないと気がつきました。

それから自分の考えの良いところ、他人の考えの良いところをあわせて進めるようにしたところ、他のグループに勝つことができました。

例文③

私の短所は自分の考えを曲げないところです。

こだわりが強く、1人突っ走ってしまうことがあります。

大学のゼミでグループを組んだときに、同じグループのメンバーの意見を聞かずに、1人で先へ先へと進めてしまいました。

結果、私は孤立してしまいました。

それから仲間を大切にしようと気持ちを切り替え、メンバーの意見に耳を傾けるようにしたところ、グループの仲が良くなり教授にも褒められました。

おかげさまで親友といえる友人もでき、充実した学生生活を送っています。

自分の意見を強く持つことも大切ですが、他人の意見にも耳を傾けながら仲良くやっていきたいです。

まとめ

面接で短所を頑固と答えるときの必勝法について紹介しました。

頑固ですとそのまま伝えるのではなく、言い換えるなど工夫して伝えると良い印象を持ってもらいやすいです。

自身の短所である頑固とどう付き合っていくのか、どんなときに特に注意しなくてはいけないのか理解し、社会人となってから活躍してください。

例文も参考にして、面接でどう伝えれば良いか対策を立てましょう。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ