【例文付き】面接で短所の「優柔不断」の答え方

【短所が優柔不断】はじめに

pixta_49877425_M

自分の短所は優柔不断なところだという方も多いかもしれません。

優柔不断と聞くとマイナスなイメージを持つ方が大半ですが、伝え方によっては短所を魅力に変えてよい印象を与えることができます。

今回は、短所の優柔不断をプラスなイメージに変える伝え方をアドバイスしますので、就職面接で活用してみてください。

【短所が優柔不断】なぜ企業は短所を面接で聞くのか

pixta_38454639_M

面接官が志望者に短所を聞く理由はさまざまあります。

たとえば、自分のことをよく知り得ているか、自分のことを客観的に見ることができているかを判断するためでもあるでしょう。

面接で自分の短所を聞かれると答え方によっては、面接官に悪いイメージを与えてしまうのではないかと不安になってしまう方も少なくありません。

しかし、誰しも短所はあるものです。

就職面接の場では必ずといってよいほど長所や短所に関する質問を聞かれますが、面接官に好印象を与えるには、自分自身の短所をしっかりと把握し改善する努力をしていることをアピールすることが大切です。

短所があってもどのように克服しようとしているのかを伝えることで積極的で真面目な性格であるということを面接官に伝えることができ、印象をよくすることができます。

自分のことを客観的に見られているかを知るため

短所を聞くことで自分を客観的に見ることができているかを判断している面接官もいます。

自分のよさはわかっていても短所は人に指摘されなければ気付くことができないという方も少なくありません。

しかし、上司や同僚と協力して仕事を行う場合、円滑に仕事を進めていくために自分のことを客観的に見て短所を知り改善する努力をしなければいけません。

自分の短所を客観的に見ることができれば主観で物事を見ることが少ないため、円滑に仕事を進めることやよい人間関係を築くことができるといったメリットもあります。

会社の社風や仕事内容にマッチしているか判断するため

志望者の短所によっては、会社の社風や仕事内容に合わず業務に支障をきたしてしまうこともあります。

たとえば、営業職の場合、人と話すことが苦手な方や人見知りしてしまう性格では、スムーズに仕事をこなすことは難しいでしょう。

また、スピードが求められる仕事であればマイペースな性格だと即戦力として活躍することはできません。

そのため、就職面接では、業務に支障が出ることがないようにそれぞれの会社の社風や仕事内容に適した人材であるかを見極めるために短所を聞くことがあるのです。

課題解決能力があるかどうか確認するため

短所は誰にでもありますが、もともと持った性格だから仕方がないと諦めてしまっては向上心を持って仕事をすることはできません。

仕事をしていると思わぬトラブルに見舞われてしまうこともあります。

トラブルが発生したときに素早く問題を解決する能力があるかという点は、仕事をしていくうえで大切なことです。

どんな状況であってもスピーディーに対処できる人材を求めている会社も数多くあります。

そのため、あえて短所に関する質問をし課題解決能力があるかどうかを確認する面接官も少なくないのです。

【短所が優柔不断】短所を回答する際の構成

pixta_38063448_M

優柔不断という性格は、人間関係や日常生活などのプライベートな場面でも、周囲から見て好ましいと感じられず、マイナス評価を受けやすいものです。

ビジネスの場面においても、優柔不断であることは仕事を進めていくうえや、一緒に仕事をする人との関係でも望まれない性格のひとつです。

スピードが求められ、正確で確固たる判断が求められるビジネスの現場では、「なかなか決められない」「直ぐに考えが変わる」といった優柔不断さは、周囲をほんろうしたり、仕事を効率的に進めることができなくなったりする原因にもなってしまいます。

そのため、短所を回答する際に、単に優柔不断であると伝えるだけでは、マイナスイメージが残ってしまいます。

では、どうすれば、採用したい人物と評価されるのでしょうか。

それには、短所を回答する際の構成が重要となります。

どのような構成にすれば、優柔不断である人も採用したい人物になるのか、ご紹介します。

結論:私の短所は優柔不断なところです

面接で短所を尋ねられたら、まずは一言、結論を述べます。

優柔不断であることが短所だと感じているなら、それを端的に述べればいいだけです。

優柔不断はネガティブなイメージがあるからと、余計な前置きをする必要はありません。

企業が面接で短所を尋ねるのは、自分自身のことをどれだけ客観的、かつ正確に把握しているかを知りたい目的もあります。

誰しも短所はあり、パーフェクトな人間はいないという前提のもとで尋ねていますので、余計ないいわけや誤魔化すような表現は入れずに、単純に優柔不断なことが短所であると述べましょう。

理由:なぜならば、〇〇という経験で〇〇ということがあったからです

次に、自分の短所が優柔不断だと考えるに至った経験を説明しましょう。

「優柔不断でなかなか決められないので無駄な時間をかけてしまう」「自分では決められず、人に頼ってしまう」「いつまでも決められず、行動に出られない」など、上手くいかなかった経験を理由として伝えましょう。

短所を回答するうえの構成で気をつけたいポイントは、まずは結論、次に理由という流れを踏む点です。

ありがちなのが、まず理由から始まって、結論に至るという順序です。

いきなり理由から入ると、面接官は何の話なのか理解するまでに時間がかかってしまいます。

自分自身は結論も理由もわかっているので理由から説明したほうがわかりやすく思ってしまいますが、初めてあなたから短所の話を聞く面接官にしてみれば、最初に短所は何かを伝えてもらわないと、その後の話の流れが見えにくくなってしまいます。

そのため、話す順番にも気をつけましょう。

エピソード:私は〇〇で〇〇ということをしていました

次に、優柔不断にまつわるエピソードを紹介します。

実はこのエピソードが、短所を回答する構成で大きなカギを握っています。

自分の短所が優柔不断であることにまつわるエピソードというと、自分がいかに優柔不断であるかを強調することになりかねません。

ですが、ここで紹介したいエピソードは、優柔不断であるがゆえに壁にぶち当たったことや、問題が起こり、優柔不断なままではいけない、改善しなくてはと思い至って、実際に改善に向けた取り組みをしているというエピソードであることが重要なポイントです。

問題:その経験で〇〇という問題に直面しました

エピソードの概要を説明したら、ご自身が優柔不断であるがゆえに直面した問題について話しましょう。

簡潔、かつわかりやすくまとめて話します。

行動:今の現状が〇〇のため、私は〇〇しなければいけないと考えました

次に、問題に直面したことで、どんな風に考えたのかを話します。

「人に迷惑をかけてしまった」「時間を無駄にした」などの問題を踏まえ、改善しなくてはならないと考えたことを伝えましょう。

改善:そのため、今〇〇を行い、短所の改善を行っております

そのうえで、実際に優柔不断さを改善するために、どんな取り組みをしているかを説明しましょう。

必ずしもすでに改善できた結論が求められているわけではなく、現在進行形で改善努力に取り組んでいることをアピールします。

どんな取り組みやどんな努力をすれば優柔不断な性格を変えられるのか、優柔不断から卒業できるのか、具体的に考えて実践していることがポイントになります。

結論:その経験を活かして貴社では〇〇で貢献していきたいと考えております

短所を回答する構成の最後は、話を締めくくる結論を述べます。

どんな結論にするかといえば、面接を受けている企業に入社して、どんな活躍や貢献ができるかをアピールすることがポイントです。

優柔不断というネガティブイメージの強い短所や、それがゆえに問題を起こしたり、失敗したりしたことを伝えながら、最後の結論で、自己アピールができる内容につなげられるのは、改善努力を行っているという構成を入れるからです。

もし、自分がいかに優柔不断であるかに終始するだけのエピソードにとどまれば、マイナスイメージのまま終わってしまいます。

採用に向けた自己アピールにつながる流れは生まれてきません。

これに対し、改善努力や改善に向けた取り組みを具体的に示せば、自分が常に成長に向けて努力できる人間であることをアピールできます。

企業が採用したい人物は、現状に甘んじることなく、常に高みを目指し、目標を掲げて成長していける人、努力を惜しまない人です。

面接で短所を尋ねるのも、選考で落とすためではなく、短所を自ら把握したうえで、それを改善しようとしている成長性のある人なのかを知りたいからです。

企業の質問の意図に合った構成を踏むことで、採用したいと思わせる人物であるとアピールすることにつながります。

【短所が優柔不断】人事から見た短所が優柔不断な方のイメージ

lp044_cont05-6

短所が優柔不断と聞くと頼り甲斐がないといったマイナスイメージを持つ方も少なくありません。

仕事の場では即断を求められることも多いため、短所が優柔不断な方は改善する努力をしなければいけません。

人事から見た短所が優柔不断な方のイメージは、失敗を引きずってしまう、意見が信用できないなどさまざまあるようです。

失敗をよく引きずる

優柔不断な方は、決断力がないだけでなく失敗をよく引きずるといったイメージを持たれることもあるでしょう。

他者と比べてみても失敗することに大きな不安があり、周りの評価を気にしてしまうという方も少なくありません。

こんな決断をしたら周囲にどう思われるのか、もし失敗したら自分の評価が下がってしまうのではないかなど必要以上に考えすぎてしまい大きな不安を抱えています。

また、物事を失敗してしまったときに引きずる時間が長く、時間が経っても気持ちを立て直すことができないという方もいるようです。

優柔不断な方は、周りの空気を読む能力が優れていますが、もう少しリラックスして自分の基準で物事を判断することが大切です。

意見が信用できない

優柔不断な方は、必要以上のことを考えてしまい意見がコロコロと変わってしまう傾向にあります。

あれこれと考えすぎてしまうことで決断力が鈍り、自分の意見に自信を持つことができません。

しかし、これでは仕事を一緒にする仲間の信用を得ることは難しくなってしまうでしょう。

失敗を恐れてしまうことや他者の評価が気になってしまうのも優柔不断の方ならではの考え方です。

周りの信用を得るためにも決断力を鍛え、自分の意見に自信を持つようにしましょう。

【短所が優柔不断】優柔不断な性格の改善策

lp044_cont05-5

面接で短所を聞かれたときに、あなたは何て答えますか。

一見、短所はマイナスイメージを与えるものと思われがちですが、適切な方法で伝えれば上手に自己PRし、メリットとして捉えることもできます。

まずは、短所を通して自分のよさを面接官に伝えられるように適切な答え方をチェックしてみましょう。

上手な短所の伝え方はさまざまありますが、気をつけたいことに曖昧な言葉を使わないという点が挙げられます。

もし、あなたの短所を優柔不断だということを適切な形で伝えるのであれば、そのまま自分のマイナスなイメージを与えて終わるのではなく、今後どのように会社に貢献することができるのかを伝えることも忘れてはいけません。

優柔不断な性格の方は、自分に自信を持つことができず、さまざまなことにチャレンジする前から失敗やミスを恐れて立ち向かわずにあきらめてしまうこともあります。

これでは、せっかくのチャンスを掴むこともできなくなってしまうため、正しい改善策を試し短所を長所に変える必要があるでしょう。

ここでは、優柔不断な短所を改善する方法も解説しますので参考にしてみてください。

色んな意味に捉えられる曖昧な言葉を使わない

面接官が面接で学生に自身の短所を聞くことも珍しくありません。

なぜ、長所だけでなく自身の悪い面まで質問されるのかといった疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

面接で学生に短所を聞く理由はさまざまありますが、その一つに客観的に自分のことをしっかりと見極めて判断することができているのかを確認しているという点が挙げられます。

学生が自分自身のことをきちんと判断することができていれば社会人としての適正能力が高いとみなされることもあります。

しかし、学生が面接の場で自身の短所を聞かれた際に多くの方が自分を少しでもよく見せたいという思いから曖昧な言葉を使って答えてしまうことも多いです。

何を伝えたいのかがハッキリとしない答え方では、面接官によい印象を与えることはできないでしょう。

特に短所が優柔不断と答えるときには、曖昧な言葉をダラダラと並べて伝えるのではなく、ハッキリと明確に話すべきです。

社会人として明確な伝え方を意識することは大切なことといえます。

たとえ自分の答えや結論に自信がなかったとしても明確に答えることは、相手への信頼度を上げることができ、評価アップにつながります。

失敗を恐れずに、決めたことを実施する

短所が優柔不断だという方は、仕事においてもプライベートの場でも失敗を恐れているというケースも多いです。

優柔不断な短所をどうにかして改善したいと思っている方も多く、何かしら解決法を探っているようです。

優柔不断な自分を変えるためにもっとも大切なことは、どんなことにも恐れずにチャレンジする強い精神力を鍛えることです。

失敗やミスに恐れすぎているとポジティブな気持ちでいろいろなことに立ち向かうことはできません。

しかし、自信に満ちあふれ自分の決断や考えに揺るぎがない方は、失敗やミスに左右されることなく強いチャレンジ精神を持っています。

初めてのことにチャレンジするときには、誰しも不安に襲われるものです。

しかし、たとえ思い切ってチャレンジして失敗してしまったとしても命まで取られてしまうわけではないのです。

また、これまで自分が築き上げてきた人生まですべて失ってしまうこともありません。

もちろん、どんなに優秀で完璧な人間であったとしても失敗やミスをすることはたくさんあります。

失敗は次へのチャンスだと捉えるくらいの大きな気持ちを持ち、決めたことはどんどん前向きにチャレンジする習慣を身に付けていくとよいでしょう。

【短所が優柔不断】短所である「優柔不断」を面接で魅力的に伝える4つのポイント

pixta_50418368_M

優柔不断なところを短所だとストレートに伝えてしまうと、マイナスなイメージを与えてしまうだけで自分の想いやよさを面接官に理解してもらうことはできません。

ただ短所を伝えるだけでなく改善するためにどんな努力をしているのか、自分の弱点を活かして会社にどのように貢献していくことができるのかを伝えることも面接で短所を魅力的に伝えるポイントです。

優柔不断という意味を改めて考える

短所は伝え方や書き方によって長所に変えることができます。

短所を面接官に伝えるのは抵抗があるという方が大半ですが、まずは優柔不断という意味を改めて考えることから始めてみましょう。

優柔不断とは、いつまで経っても物事を決断することができないという意味があります。

決断力がなく判断する能力が低いのではないかと思われがちです。

しかし、見方を変えるだけで思慮深く周囲の人の意見に耳を慎重に傾けることができるといったプラスなイメージに変えることもできます。

優柔不断は、ただマイナスなイメージだけでなくプラスなイメージがあるということにも気が付くと短所として捉えると面接官にも難しく考えずに伝えることができるでしょう。

優柔不断を言い換えて話す

短所を面接官に伝える際には、プラスのイメージを持ってもらえるように言い方を換えて話すなど対策することが大切です。

たとえば、優柔不断は慎重さというプラスの言葉に言い換えることもできるでしょう。

また、時間をかけてよく考えてから行動できるため、思わぬトラブルを避けることができるなどメリットもたくさんあります。

優柔不断な性格だからこそ思考力に優れており、さまざまな角度から物事を見て慎重に判断することもできます。

このように一見、優柔不断はマイナスなイメージしか持たれない短所だと思われがちですが、言葉を換えるなど伝え方によってはよいイメージを与えることもできます。

あなたの短所が優柔不断という理由を明らかにする

短所を伝える際には、なぜ自分の短所が優柔不断であるのかを明らかにする必要があります。

たとえば、自分が優柔不断だと思った具体的なエピソードを取り入れるとよいでしょう。

自分の短所の理由を明らかにするだけでなく、今後はどのように改善していくのかを伝えると面接官からの評価も高くなります。

「私は決断力がなく自分の弱点だと感じています。」といった一言で終わってしまうと面接官にはネガティブなイメージを与えてしまいます。

しかし、今後の改善や成長を感じさせる自身の決意などを取り入れて短所を話すとポジティブな人物であると理解してもらうことができるでしょう。

結論から話す

短所を伝える際には、まず結論から話すようにしましょう。

結論を先行して話すことで面接官が知りたい情報をすぐに伝えることができます。

ダラダラと短所を話すよりも簡潔にまとめて伝えたいことを伝えてしまったほうが面接官に効率よく自己アピールすることができ好印象です。

短所で優柔不断を伝える際に気を付けるべきポイント

lp043_cont02-7

面接官に短所が優柔不断だということを伝える際には、どのように伝えることが正解なのかご存じでしょうか。

面接官や企業に良い印象を与えるには、視点を大きく変えてポジティブなイメージで伝えることが大切です。

就活生の中には、自分の短所が優柔不断であることを伝える方も多いですが、伝え方を間違えてしまうと、仕事をするうえで悪い印象になる短所だととらえられてしまうこともあります。

企業の特徴によっては、短所が優柔不断だと低評価につながってしまうこともあるので要注意です。

まずは、自分が面接を受ける企業の特徴を確認してみることが大切です。

もし、短所が優柔不断だということを伝える際には、伝え方次第で面接官や企業に与える印象は大きく変わるので、言葉の選び方や伝え方に注意しましょう。

スピード感のある会社、とくにベンチャー企業などでは悪い印象になりやすい

企業によっては、短所が優柔不断であるということが悪い印象になることもあります。

優柔不断な人は、判断能力が低く決断力がないと思われがちです。

即決力やスピード力を求める企業の場合、判断能力の低い優柔不断な方は即戦力にならないと判断されてしまう可能性も高いです。

企業と言っても特徴はさまざまありますが、とくにスピード感のある会社やベンチャー企業は優柔不断な人物は残念ながら採用率は低い傾向にあります。

ベンチャー企業は、常に成長することを意識し、新規性を持ち合わせています。

そのため、即決力や判断能力の高い人物が求められているのです。

面接の際に短所を聞かれることが多いので、自分が内定を狙う企業がどのような人物を求めているのかを事前にリサーチしてみることが大切です。

企業の特徴や経営理念などをしっかりと理解し、短所が優柔不断だということが悪い印象にならないように気を付けましょう。

失敗した経験だけを話さない

短所を伝える際に、これまでの経験を交えて話すことは決して間違いではありません。

しかし、短所の場合、失敗した経験を元に話をするという方もいますが、これは間違いです。

失敗した経験だけを話してしまうと、悪い印象しか相手に与えることはできません。

優柔不断は、一言で言うと短所としてとらえられてしまうので、ポジティブな言葉に変えることもポイントです。

また、失敗談を交えて話す際には、必ず今後どのように短所を改善していくのかも伝えるようにしましょう。

改善策や反省点を加えるだけで、印象がグッと良くなります。

たとえ優柔不断な性格がその人の短所であったとしても、今後の改善で企業に貢献できる人物だということをアピールできれば、内定を勝ち取ることも夢ではありません。

優柔不断を長所に言い換えるなら

pixta_45139392_M

優柔不断は、言い方によってポジティブなイメージに変えることができます。

たとえば、何事も考えてから慎重に行動できる、事前にじっくりと計画を立てさまざまな視点から判断できるなど、伝え方によって印象は大きく変わります。

優柔不断であることをそのまま伝えてしまうと、面接官からは「判断が遅く即戦力にならない」と思われてしまうこともあるので、注意が必要です。

自分をアピールする場である面接では、面接官に悪いイメージを与えてしまうことがないように身だしなみやマナーに気を付けるだけでなく、言葉にも注意することが大切です。

できるだけポジティブな言葉を使い、自身をアピールしてみてください。

考えてから行動する

面接官に良いイメージを持ってもらうのであれば、しっかりと考えてから行動できるということをアピールするといいでしょう。

優柔不断な方の場合、答えを出す前に時間をかけて物事を決断するという方がほとんどです。

これは、判断能力が低いと思われやすい一方で慎重に物事を考える持ち主だと考えることもできます。

どんなことも時間をかけて慎重に考え、冷静に判断できることを面接官に印象付けることができれば、高い評価を得られる可能性があります。

さまざまな視点から判断ができる

優柔不断な方は、一点から物事を見つめて判断するのではなく、さまざまな視点から判断できます。

物事をすぐに決断し答えを出すことも大切ですが、じっくりと時間をかけて判断する人はさまざまな軸から決断していると言えるでしょう。

社会人になると判断能力が求められる機会は多くなります。

しかし、すべての答えを自分の軸だけを基準にして判断することは決して正解ではありません。

物事を自分の考えだけで決めつけずに、さまざまな視点からしっかりと判断できる性格の持ち主は、ベストな答えを見つけ出せる人物でもあるため、信頼度も高いでしょう。

優柔不断な性格は、伝え方によって長所として受け取られることもあります。

面接官に企業に貢献してくれる人物だということをアピールできるように、短所を伝える際には注意してください。

【短所が優柔不断】3つの例文

①私の短所は物事をすぐに決められないところです。

この性格を改善するために努力を続けています。

友人と一緒に買い物に行った際にどの商品を買おうか迷ってしまうことがありますが、事前に欲しい商品の情報を集めることで決断力を上げることができました。

何事にも慎重に考え行動しますが、貴社に入社した際には、この性格を活かして時間をかけて丁寧な仕事をする自信があります。

②私の短所は優柔不断なところです。

悩みに直面したときにどのように改善していくべきかなかなか決断できないときがあります。

しかし、社会人になると素早い判断力を求められるため、優柔不断な性格を改善できるよう心掛けています。

たとえば、2つの選択肢があり、どちらを選べばよいのか迷ったときには、自分を高めてくれるほうを選ぶと決めています。

優柔不断なところがある分、周りの意見に耳を傾け協力しながら仕事に貢献できるのではと考えております。

③私の性格は優柔不断だと友人に言われます。

レストランで注文する際にも友人たちよりもメニューを決めるのに時間がかかってしまうことがあります。

そこで決断する時間を短縮できるよう改善する努力をすることにしました。

自分の直感を信じ、まだ食べたことのないメニューを思い切ってオーダーしてみるなど決断力を高めています。

その結果、後悔よりも思い切って決断してよかったと思えることが多くあります。

仕事の場では決断力も必要なため、時間をかけすぎず自信を持って自分の考えを判断できるよう優柔不断な性格を直していきたいと思っております。

【短所が優柔不断】NG例

pixta_49496939_M

面接で優柔不断を短所として答えるときには、ただネガティブな印象だけを伝えて終わりにしてしまうことはオススメできません。

ポジティブな印象をしっかりと面接官に伝えられるように正しい答え方をチェックしてみましょう。

大切なのは、短所を改善しようとしているという強い気持ちを面接官に伝えることです。

ここでは、短所が優柔不断だと答えるときのNG例をご紹介しますので確認してみてください。

【NG例】私の短所は、子どもの頃からすぐに決断することができず、優柔不断なところです。

家族でレストランにいったときも何を食べるのかすぐに決断することができずに無駄に時間が過ぎてしまった経験があります。

年齢を重ねれば優柔不断な性格を改善することができるのではないかと思っていましたが、現在も自信を持って決断することはできていません。

この答え方では、面接官に不安な気持ちだけを残してしまう結果になり、ポジティブな印象を与えることができません。

面接で短所を伝えるときには、必ず短所を長所に変える努力をしているということをアピールできるように話すことが大切です。

そして短所を活かして会社にどのように貢献するのかを伝えるようにしましょう。

まとめ

今回は短所の優柔不断の答え方を解説しました。

短所は、時に自分を高めてくれる武器になることもあります。

就職面接で短所を伝える際には、面接官にネガティブな印象を与えるのではなく、一緒に働きたいと思ってもらえるようにポジティブなイメージに変えて伝えることもポイントです。

短所があっても魅力的な人物だと思ってもらえるように伝え方を対策してみましょう。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ