【例文付き】金融業界の志望動機で押さえるべき3つのポイント

はじめに

pixta_50220877_M

文系の学生をはじめ、理系の学生にも人気があるのが金融業界です。

金融業界といっても銀行や保険、証券など業種もさまざまあり、内勤業務から店頭業務、個人営業、法人営業まで幅広くあります。

世界をまたにかけるグローバルな金融システムに関わる職種や、今の時代には金融分野でも欠かせないシステム構築の仕事まで幅広い業務があります。

どの業種のどの企業でどんな仕事をしたいのかによっても志望動機は異なるため、まずはやりたいことの絞り込みや企業選びが大切です。

そのうえで、その企業を志望する動機や、その職種を志す動機を明確にしましょう。

志望企業の内定を獲得するための、志望動機のポイントについてご紹介します。

志望動機を作る前に金融業界について知っておこう

pixta_38063448_M

金融業界に憧れ、仕事に就きたいと志望する学生も多いでしょう。

では志望動機はどうすればよいでしょうか。

志望動機に迷ったときは、まず金融業界について理解することから始めましょう。

金融業界と言っても幅が広く、さまざまな志望動機を考えることができます。

金融業界に携わって、どんな仕事がしたいのか具体的に考えるきっかけにもなります。

ではここでは、金融業界とは何かという基本的なことからどのような仕事をしているのか仕事内容について紹介します。

金融業界とは

金融業界と一言でまとめられていますが、とても幅が広い業界です。

お金に携わる仕事ともいえるでしょう。

銀行、証券会社、保険会社などが金融業界と呼ばれています。

金融という言葉の意味についてですが、お金が余っている人がお金を必要としている人に対して資金を融通してあげるという意味です。

個人間でお金の貸し借りをする方法もありますが、現代はトラブル回避のために、間に誰か立ってもらうことがほとんどです。

銀行員など、間に立つための仕事をしている人がいます。

また現代の金融業界は、お金の貸し借りだけではなく社会にお金をうまく循環させ、経済を維持するために活躍しています。

お金やお金の流れに興味がある人、経済を発展させたいと考えている人、数字が好きな人など金融業界に向いています。

金融業界の仕事内容

では、具体的に金融業界ではどのような仕事をしているのでしょうか。

お金を集める仕事

お金を借りたいと思っている人のために、お金を集める必要があります。

また社会にお金をうまく循環させるためにも、お金がなくてはいけません。

そこでお金を集めるための仕事をします。

銀行員だと、弊社の銀行に口座を作りませんかなどとお客様を集めます。

口座を作ることで、その口座にお金を入金してくれるのでお金が集まります。

保険会社ですと、契約をとることがお金を集めること仕事になります。

生命保険、医療保険、火災や地震保険、車両保険など各種保険がありますが、保険の契約をしてもらうことによって保険料が入ります。

保険料を集めて運用し、入院や手術の給付金を支払う、地震などで家具が壊れた際家具を保障するなどの支払いに備えます。

お金を運営する仕事

お金を集めたら、運営する仕事があります。

お客様から預かったお金を投資し運営したり、企業や個人に貸し付けをして元金と利息分の返済をしてもらうなど、運営をしてお金を増やします。

ディーラーやトレーダーと呼ばれている人がいて、専門家がお金の運営をしています。

事務の仕事

お客様対応をするために、事務員も欠かせません。

銀行の窓口で働く銀行スタッフ、保険会社で給付金請求をしたいときに窓口になってくれる人など、事務の仕事をしている人がいます。

お客様と円滑に取引するために、事務の仕事を担う人が必要となります。

金融業界の種類

金融業界は幅が広く、さまざまな種類の仕事があります。

銀行

銀行では個人や企業からお金を集めて、その預かったお金を個人や企業に貸しています。

証券会社

証券会社では、株や国債など有価証券の売買の取り次ぎや引き受け業務を行っています。

お金を投資したいと考えている個人や企業、そしてお金がほしいと考えている企業の間に立つ重要なポジションです。

保険会社

保険会社は、顧客より保険料を支払ってもらうことでお金を集め、給付金の支払いに備えています。

生命保険会社は、死亡保障や医療保障に備える保険商品を販売しています。

契約者は保険料の支払いをしますが、被保険者が手術や入院をした際には手術・入院給付金、死亡した場合は死亡保険金など支払います。

火災・地震保険・車両保険などの損害保険会社では、火災や地震が起きた際に家財を保障するなど、事故に対しての損失を保障しています。

【金融業界の志望動機】志望動機の構成

pixta_39830129_M

金融業界では金銭を扱い、顧客の財産を預かり、顧客の資産に影響を与えることもある仕事を担っており、正確性や責任感、倫理観などが強く求められます。

志望動機を伝えるにあたっては、明確でしっかりとした伝え方をしないと信頼してもらえません。

正確性や責任感、倫理観などがあることをアピールするうえでも、志望動機の構成はPREP法を用いましょう。

PREP法はPOINT(結論)→REASON(理由)→EXAMPLE(具体例)→POINT(まとめの結論)で構成していく、効果的なプレゼン法の1つです。

結論:私は〇〇という点で貴社を志望しました

志望動機の最初は結論からスタートします。

なぜ、その企業を志望したのかのポイントを明らかにするところから始めましょう。

日常の会話や大学の授業やゼミで発言する際、結論から入れる人はほとんどいないでしょう。

自分が言いたいことを真っ先に伝えてしまう、いきなり本題から入る方が多いはずです。

人と会話している際、「いったい何の話?」と聞かれることが多い方は、とくに注意です。

面接官から、いったい何の話が始まったのだろうかと思われないためにも、最初に志望動機のポイントを伝えましょう。

結論からスタートすることで、何を言いたいのかが明確になるからです。

理由:なぜならば、〇〇という経験で〇〇と考えたためです

日常的な会話では、最初に理由から入る話し方をする方が多いですが、わかりやすく志望動機を伝えるには、まずは結論を述べてから、その後に結論に至った理由を述べます。

ここで説明する理由は、企業を志望する理由ではなく、結論で紹介した企業を志望するに至った一番のポイントに着眼した理由です。

最初に述べた結論に至った理由を説明する必要があるわけですが、面接官を納得させるような理由でなくてはなりません。

たとえば、「大手だから。」、「業界トップの企業だから。」といった表面的な理由や、誰でも簡単に言えるような抽象的な理由ではいけません。

納得感を高めるには、自分だけが感じた具体的な経験を挙げることがポイントです。

エピソード:私は〇〇で〇〇ということをしていました

構成の3ステップ目として、エピソードを紹介します。

エピソードは志望動機をより印象づける経験や、入社後の活躍につながるような経験を選ぶことがポイントです。

基本的にエピソードのシーンは問われず、学生時代の部活動や委員会活動、ゼミや学校行事での経験でもいいですし、アルバイトやボランティア活動、海外留学時の経験などでも構いません。

ただし、金融業界で求められる能力や適性、志望する職種に求められる能力、志望する企業の人物像にマッチするような行動が現れたエピソードを選びましょう。

問題:その経験で〇〇という問題に直面しました

エピソードを選ぶ際に、もう1つ重要なポイントがあります。

それは紹介するエピソードにおいて、何らかの問題に直面した経験があったことです。

そして、その問題をあなたの行動によって解決したり、乗り越えられたりしたことが求められます。

もし、何の問題もなく、単に経験を話すだけでは、単なる思い出話や昔話になってしまいます。

過去にあった出来事をただ紹介すればいいのではなく、自分が直面した問題を乗り越えながら成長してきたことをアピールできるエピソードを選ぶことがポイントです。

行動:そのため、私は〇〇を行いました

直面した問題について、初めて話を聞く面接官が状況をイメージしやすいようにわかりやすく簡潔に説明したら、次に、その問題に対してどのような行動をしたのかを説明しましょう。

行動はあなたが自分で考えて、自ら能動的にアクションを起こしたものであることが必要です。

誰かにやれと言われたからとか、自分では行わず、人にお願いしたといった行動では、あなたの人柄や能力、行動力をアピールできません。

行動についても、具体的かつ明確に述べ、面接官に状況がしっかり伝わるようにしましょう。

結果:その結果、〇〇になりました

行動力があることや、問題を解決しようとする姿勢や意欲があることを示しただけでは、あなたに問題解決力や実行力があるかを伝えられません。

行動に出た結果、どうなったのかまで伝えることが大切です。

直面した問題がどうなったのか、改善や解決ができたのか、解決できたとして、どのような解決が見られたのかを具体的に伝えましょう。

あなたが取った行動により、大きく状況が変わったことをアピールするためにも、ただ単に「問題が解決しました。」と述べるのではなく、どう解決したかの結果を説明することが必要です。

問題が生じていた時点と行動に出た後でどう状況が変わったのか、比較ができるよう、数値のデータなどを用いて具体化できるとベストです。

結論:その経験を活かして貴社では〇〇で貢献していきたいと考えております

エピソードの紹介を終えたら、最後のまとめとしての結論を述べます。

最後の結論では、志望した会社への入社意欲の高さをアピールすることがポイントです。

エピソードで紹介した経験をどのように活かして、入社後に貢献していきたいかを具体的に述べましょう。

単に「経験を活かして頑張ります。」と、どの企業でも使えるようなテンプレート的な言葉でまとめてはいけません。

その企業でないといけない、その企業でないとできない点を押し出し、その企業でどう貢献したいのかをアピールしなくてはいけません。

その企業で活躍したいことを、最後の結論で明確に伝えましょう。

金融業界の志望動機を考える際の3つのポイント

pixta_48951146_M

金融業界は昔も今も就活生には人気の高い業界であり、たくさんの学生がしのぎを削る激戦区です。

そんな中で内定を勝ち取るためには、魅力的な志望動機を記入して人事担当者の興味を惹きつける必要があります。

ここでは金融業界を目指す学生が志望動機を考えるときに抑えておきたいポイントを3つ紹介します。

なぜ金融業界なのかを考える

金融業界を目指す学生が志望動機を考えるうえで最初に考えておかなければならないのは「なぜ自分は金融業界を志望するのか」ということについてです。

国内には金融業界以外にもITや流通、不動産などさまざまな業界が存在します。

こういった数多くの業界の中からどうして金融業界を選んだのか、その理由を人事担当者に明確にアピールできなければ、志望動機としては弱いと言わざるを得ません。

金融業界はお客さまのお金を預かって運用するなど信用がとても大切な業界です。

そのような業界の特徴を踏まえながら、「金融業を通じてどのようなことを成し遂げたいのか」などをアピールすることが説得力のある志望動機につながります。

金融業界の中でもなぜその企業なのかを考える

金融業界を目指す理由が自分の中で明確になったら、次はこの企業でなければならない理由についても明記しなければなりません。

一口に金融業界と言っても銀行もあれば証券会社もありますし、保険会社という選択肢もあるでしょう。

お金の貸し出しを行う銀行とお客さまから預かったお金の運用を行う証券会社、リスクを最小限に抑えるための金融商品を販売する保険会社では業務内容が大きく異なります。

自分が銀行を志望しているならば、なぜ証券会社や保険会社ではなくて銀行なのか、その理由をはっきりと説明できなくてはなりません。

また、銀行の中にもいわゆるメガバンクと呼ばれるものもあれば、地方銀行もありますし、信託銀行や信用金庫といったものもあります。

同じ銀行でも大手企業を相手にして積極的に海外展開も行うメガバンクと、地域密着で地方経済に貢献する地方銀行では役割が異なりますし、信用金庫は銀行とは経営理念が異なります。

メガバンクを志望するのであれば、なぜほかの他行ではなくメガバンクを選んだのか、その理由についてもはっきり説明できなければなりません。

正直なところ「メガバンクであればどこでも良い」と考えている学生もいると思いますが、その気持ちが人事担当者に伝わってしまっては内定はもらえません。

しっかりと企業研究を行ったうえで他行との違いを明確にし、その銀行の特徴にスポット当てて志望動機を考えることで、「この銀行に入りたい」という気持ちを強くアピールするように心がけると良いでしょう。

入社後、自分が会社のどう貢献できるかを考える

志望動機では、自分が入社したら会社にどのような貢献ができるのかについても詳しく記入するようにしましょう。

自分が会社に対して貢献できることは、その会社の事業内容をしっかりと理解していなければ書けません。

つまり、会社について深く理解しているということのアピールにもつながるのです。

就職活動においては内定は1つのゴールですが、社会人としてはここからがスタートです。

人事担当者に対して入社後の自分の姿を具体的にイメージさせることは内定を勝ち取るためだけではなく、将来のキャリアアップのためにも大切なことなのです。

金融業界の志望動機でNGなポイント

image6__1_

金融業界を目指す学生が志望動機を記入するとき、ついついやってしまいがちな失敗を紹介します。

なかなか気づきづらいポイントではありますが、場合によっては評価を大きく下げてしまうこともあるので気をつけましょう。

経済発展に関与したいはNG

金融業界を目指す学生が志望動機としてよく使う言葉に「経済発展に関与したい」が挙げられます。

たしかに金融は経済の活性化には欠かすことのできないものですが、これだけでは志望動機としては弱く、評価されにくい面があります。

そもそも、経済発展に貢献しているのは金融業界だけではありません。

商社やメーカーも経済の発展に貢献していますし、流通業やサービス業も同様です。

志望動機として経済発展への寄与だけをアピールしても、人事担当者から見れば「別に金融業界でなくてもいいんじゃないの?」ということになってしまいます。

もしも経済発展に関与したいという内容を記入するならば、金融業界でなくてはならない理由も併せて記入しなくてはいけません。

数字に強いからだけはNG

「数字に強い」という言葉も金融業界を目指すが学生がよく使う言葉です。

たしかに金融業界はお金を扱う機会が多いので、数字に弱いよりは強いほうが良いでしょう。

しかし、コンピューターを使った業務が当たり前となっている現在において、数字に強いという能力はどれほどのアピールになるでしょうか。

数字に強いことをアピールするよりも、他の能力をアピールしたほうが、人事担当者の興味をより惹きつけられるでしょう。

数字の強さだけをアピールしても、内定にはつながりにくいというのが実情です。

給料にフォーカスを当てるのはNG

金融業界は他業種と比べて一般的に給与水準が高めですから、待遇面を重視して金融業界を志望する学生もいるでしょう。

しかし、そこばかりにフォーカスを当ててしまうのは良くありません。

それを見た人事担当者は「仕事内容には興味がないのではないか」と感じてしまうはずです。

志望動機ではできるだけ仕事への熱い思いをアピールするようにしましょう。

金融業界の志望動機の3つのポイント

数ある業界の中で、なぜ金融業界を選んだのかを明確にすることがポイントです。

たとえば、営業職を志望するなら、商品やサービスの仕組みが理解しにくく、目に見えない金融ではなく、商品の形があり、より生活に根差した実用的なサービスを営業する道もあるはずです。

売りやすい商品やサービスではなく、わかりにくくリスクもある金融商品や金融サービスを売りたいと考えるのはなぜなのか、明確にしなくてはなりません。

なぜ金融業界なのかを明確化する

数ある業種の中で、なぜ、金融業界なのかを明確にしましょう。

商品やサービスを提供するメーカーや流通業などに比べて、金融商品はわかりにくく、お金の流れも見えにくいものです。

ですが、お金は人々の生活にも企業活動にも国の活動にもなくてはならないものです。

企業の血液とも言われる金融を支えているのが金融業界であり、国民生活や国、世界の経済を支える一端を担っています。

そうした点を理解し、金融業界を志す理由を明確にしましょう。

なぜ金融業界の中でもその企業なのか

金融業界にも多彩な業種があり、その業種の中にも数多くの企業がある中で、どうしてその企業を志望したのか明確にしなくてはなりません。

そのためには、企業研究をしっかりすることが必要です。

志望する業種の企業を比較検討し、経営理念や事業内容、具体的な業務の内容を理解し、社会や地域に具体的にどのような貢献をしているかを分析しましょう。

最終的に志望した企業のことだけでなく、他の企業と比べて、何が違うのか、どんな強みや理念、事業内容に魅力を感じたのか、自分なりに整理していくことが大切です。

金融業界の企業に就職した際のあなたが貢献できるポイント

業界や企業の理解と魅力を調べて明確にしたうえで、今度は自分がその企業で何ができるのかを考えましょう。

どんなに企業の魅力を理解してくれたところで、その企業に役立つ人材でなければ、企業は採用する意義がありません。

どんな仕事で何をしたいのか、学生時代やこれまでの経験を通じて何ができると感じるのか、自分の性格や傾向、強みをどう活かせるのかを考えましょう。

自己分析をしっかりと行い、これまでの経験やエピソードを踏まえながら、貢献できるポイントを分析します。

金融業界の分野別志望動機のポイント

金融業界には銀行や信用金庫や信用組合、損害保険会社に生命保険会社、証券会社や信販会社、クレジットカード会社などさまざまな業界があり、それぞれ特徴や事業内容も異なります。

ここでは、中でも人気が高く特徴が際立つ銀行、損害保険、証券会社にしぼって、分野別に志望動機のポイントを見ていきます。

銀行

銀行は国民の日常生活にも欠かせない存在であるとともに、企業活動にも欠かせず、日本や地域の経済活動を支える役割を担っています。

銀行といっても、都市銀行と呼ばれるメガバンクや、地域を担う地方銀行があり、地方銀行の中でも広域や全国レベルで展開する銀行も少なくありません。

どの銀行を志すのかで、志望動機は変わるとともに、どの職種を志すかでも重点を置くポイントが違ってきます。

都市銀行であれば、日本の経済や企業を支える点やグローバルレベルでの金融に関われる点が魅力であることを志望動機のポイントにしていくといいでしょう。

一方、地方銀行の場合はその地方銀行ごとに、地域とのかかわり合いやサービスレベル、地域から得ている信頼関係も異なっています。

数ある地方銀行の中で、なぜ、その地域のその銀行を選んだのかを明確にしなくてはなりません。

生まれ育った地元の役に立ちたい、大学時代を過ごした地域で経済貢献をしたいといった志望動機を明確にしましょう。

地縁が全くないエリアの地方銀行を志望する場合には、なぜ選んだのか、そのポイントを明確にしましょう。

サービスのスタイル、事業内容、画期的な仕組み、地域とのかかわり合いの仕方など、志望するにいたって魅力に感じたポイントをよく分析しなくてはなりません。

損害保険

損害保険会社は個人の日常生活から企業活動における損害まで、補償を通じて経済活動を担う会社です。

自動車保険、火災保険、各種賠償保険と種類も豊富ですが、これらの保険システムを通じて、災害や事故など大きなアクシデントが生じたときに、人々や企業の被害を経済的に補填し、元の生活に戻るサポートをしています。

損害保険の根本的な仕組みをしっかりと理解したうえで、中でも、その企業を選んだ理由を明確にしましょう。

展開されている商品内容が他と異なる、補償するスピードが速い、ダイレクト保険など加入しやすいシステムを構築しているといった魅力をしっかりと分析することが大切です。

そのうえでどのような仕事を通じて損害保険を提供していきたいのか、職種についても検討し、その仕事に自分が向いていることをアピールしましょう。

証券会社

証券会社は株式やFXなど投資商品の販売はもとより、企業が資金を調達するための株式や社債の発行と投資家をつなぐ役割を担っています。

余裕資金での運用を基本とした富裕層向けの営業をはじめ、年金不安や低金利が長引く中では、より生活者に根差したサービス展開も求められる業種です。

証券会社の役割や投資の役割や有効性、リスクについて、しっかりと理解をしたうえで、証券会社が社会に貢献できる点や自分がどのようにそれに関わっていきたいのかを明確にしましょう。

金融業界の志望動機例

金融業界における志望動機のポイントと、各業界のポイントを踏まえた、志望動機の例文をご紹介します。

各業界には希望する職種もあり、その職種によって志望動機やアピールすることが変わってきます。

なぜ志したのか、ポイントを押さえて志望動機を明確にするとともに、希望する職種に絡めた自分の強みをアピールしましょう。

銀行

生まれ育った大好きな地元で、金融を通じて地域の発展に尽力したいと志望いたしました。

この地域には中小企業や商店も数多くありますが、その多くが貴社の融資や経営アドバイスによって助けられ、信頼関係が築かれています。

その一員となり、私を育ててくれた地元への恩返しがしたいと考えています。

テニスサークルの部長や学園祭の実行委員として培ってきたフットワークの軽さと、持ち前の明るさとコミュニケーション力でリテール業務や営業として活躍したいと考えています。

メガバンク

私は日本トップ規模の銀行として、日本のあらゆる業界を経済面から支え、日本の企業の発展と日本経済の発展に携わる一員になりたいと貴社を志望いたしました。

貴社は同規模の銀行の中でも、融資スピードに強みがあり、多くの企業から信頼され、世界レベルでの競争力も持っています。

次世代の決済システムを担う、ブロックチェーンベースの電子通貨の仕組みの構築を目指しており、大学で学んだ技術や専門知識も活かせると志望しました。

損害保険

私は損害保険の大切さを伝え、大きな災害や悲惨な交通事故が増えている現代の日本において、人々の生活に経済面からの安心を提供したいと貴社を志望しました。

数年前の水害で、私の実家も床上浸水の被害を受けました。

途方に暮れていましたが、損害保険に入っていたおかげで補償が受けられ、両親が安堵していたのを覚えています。

日常生活を回復し、心の平安を取り戻すには人力作業や時間が必要ですが、お金という拠り所ができることで、気持ちのうえでも大きな安心をもたらせることを実感しました。

損害保険の本来の意義を知らない方に損害保険の仕組みと魅力をしっかりと伝え、安心を提供していきたいと考えています。

自らの体験と学生時代にラグビー部で培った体力と、保険の仕組みにもつながるオールフォーワンの精神で営業として活躍したいと志望しました。

証券会社

日本では元本保証の安全資産を好む方が多いのが現状ですが、年金不安なども叫ばれる中、これからの時代にはより積極的な資産運用が欠かせないと考えています。

株式投資への不安を抱え、リスクについて理解ができないと悩む方たちに、よりわかりやすく投資や資産運用について伝え、より充実した生活を送るための手段にしてもらいたいと貴社の営業職を志望しました。

日本では長く低金利の時代が続いていますが、私の母親が早期から長期投資によるリスク分散や収益増加の大切さに気づき、ファンドの積立投資をしてくれたおかげで、大学の入学資金も順調に貯められたと母から聞かされています。

自分なりに定期預金で貯めた場合と、ファンド積立を利用した場合のシミュレーションを行い、大きな差が生まれたことに気づき、投資の有用性を実感しました。

貴社に就職して投資の魅力や必要性をより深く学びながら、その必要性と有用性を多くの人に伝えていきたいと考えています。

金融業界の志望動機NG例

PAK75_toreinookane20140305_TP_V

金融業界を志望する際の動機として、NG例があります。

NG例のような内容は避け、志望動機を作成しましょう。

例文①

金融業界は目指す学生も多く、就職できたら皆に自慢できると思ったからです。

もしくは、両親を安心させられると思いました。

このように、自慢や安心をしたいからといった理由はNGです。

例文②

金融業界は他の業界と比べてお給料が高く、今後安心して生活ができると思ったからです。

高いお給料をもらうことで自信のやる気も出て、長年活躍できると感じています。

他の業界よりお給料が高いので、金融業界を目指す学生は多いです。

しかしお金がたくさんもらえるからと、志望動機を作成してはいけません。

お金のためということを前面に出すと、他の業界でもよいのではないかと採用担当者は感じます。

例文③

金融業界は昔から日本にあり、長年安定して働けると思ったからです。

先輩方も多く、指導体制も整っていてスムーズに社会人になれると感じました。

金融業界は歴史が長く、先輩方の教育をしっかり受けられる企業は多いです。

しかしこの志望理由ですと受け身になっていることが伝わってきます。

まとめ

office_3295556_1920

金融業界といっても業種の種類もあり、各企業の規模や内容、強みなども異なっています。

さらに一つの企業の中でもさまざまな職種がありますので、どの業界のどの企業で何をしたいのかを、しっかりと考える必要があります。

そのうえで、その企業に志望する動機、その職種で活躍したい動機を明確にし、具体的なエピソードや自分の強みをしっかりと打ち出しながらアピールするようにしましょう。

そんな志望動機でほんとに大丈夫?
1人でわからない事はプロと2人で​。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ