集団面接のコツとは?意外と知られていない5つの必勝法

はじめに

集団面接に自信を持って臨むためにコツやマナーをチェックして対策してみましょう。

今回は、集団面接のコツと知っておきたい5つの必勝法をアドバイスします。

集団面接の重要点を事前に確認しておけばライバルと差をつけて内定を勝ち取ることも夢ではありません。

集団面接のコツを知る前に集団面接について知っておこう

企業によっては個別面接に先立って集団面接を行うケースがあります。

個別面接とどう違うのかを知り、集団面接の特徴を理解することで、どうすれば選考に通過するのかのコツがわかりやすくなります。

個別面接と集団面接の違い

個別面接が一人ひとりの応募者ごとに時間をとって行われるのに対し、集団面接は複数の応募者をまとめて面接する方式です。

応募者が多い大企業などで個別面接に進むための人を選ぶふるい落としの目的で行われることや集団で面接した際の振る舞い方のチェックや集団だからこそ見えやすい応募者の特徴や個性などをチェックするために行われることもあります。

一度に複数を面接するというと、質問に対して他の人に先立って挙手で早いものがちで答えるのかと思う方もいるかもしれません。

テレビ番組のひな壇で目立つ人の発言回数が多かったり、グループディスカッションでなかなか話ができずにいる人がいますが、その点はあまり心配いりません。

集団面接では基本的に一つの質問に対して、それぞれの応募者に平等に発言の時間が与えられます。

そのため、逆に言うと答える順番に影響されることもあります。

トップバッターの方は質問の意味を取り違えて的外れな回答をするおそれがある一方、あとから回答する方は他の人に先に同じようなことを言われたなど自分の立ち位置に困る方もいます。

基本的には他人に左右されず、自分の考え方や自分だけのエピソードをしっかり伝えることが大切です。

ただし、他の人がいることを忘れてはいけません。

自分だけが長くしゃべって、他の人の時間を奪うなどせず、他の人に配慮することが求められます。

集団面接で見られているポイント

集団面接では質問に対する内容だけでなく、意外に形式的な面が見られています。

というよりは、複数の人が集まると、自ずと違いや不自然な点が目につきやすくなります。

個別より複数いるから目立たないと考える人がいますが、実はその逆で悪目立ちしやすくなるのです。

身だしなみの乱れをはじめ、姿勢や表情や目線、話し方や態度、クセなどが目立ちやすくなるので、マナーなどの形式面にも十分に気をつけなくてはなりません。

また、その人だけでなくほかにも同じ立場に置かれた方がいる際の振る舞いや言動についても見られています。

それぞれが等しく話す機会を与えられるべきなのに、一人で長々と話し、独壇場にしてはいけません。

かといって、自分の持ち時間や他人を気にし過ぎて、内容を知りきれトンボにしたり、カットしすぎた内容でもいけません。

自分の立場を主張できない人、消極的と判断されることもあるからです。

他人との関係の保ち方や影響の受けやすさなどもチェックされています。

前の人が言った意見に従う、前の人の意見に違うといった表情をしながら同じような話をするなど、他人の話を聞いて自分の考えを変えるような態度は取らないほうがよいでしょう。

短時間でどれだけアピールできるかがポイント

集団面接では自分の持ち時間は自ずと限られています。

他の人が簡潔に明確でわかりやすい自己アピールをしたのに対し、自分が用意していた話が長すぎると困惑し、その場でショートカットしたばかりに、わかりにくい内容や意欲が伝わらなくなることも多いです。

集団面接が設定されたら、集団の人数や面接の合計時間を踏まえ、できる限り端的にわかりやすく自分をアピールできるよう、志望動機や自己PR内容などの構成を行っておきましょう。

与えられた持ち時間内で、冗長にならず、端的にどれだけ自分の魅力や意欲をアピールできるかがポイントになります。

集団面接のコツは2種類ある

集団面接とは、言葉通り複数の就活生と一緒に受ける面接のことです。

現在、集団面接を行っている企業も増えており、マナーやコミュケーション能力の他にも人柄などを評価しています。

集団で面接を行うと他の就活生と比較されることもあり、個人面接よりもプレッシャーを感じてしまう方や緊張するという方も少なくありません。

しかし、集団面接はコツさえ掴んでしまえば緊張を抑え、リラックスしながら臨むことができます。

集団面接のコツは2種類あるといわれており、面接中に答える内容やマナーが重要となっているので事前にしっかりとチェックしておきましょう。

集団面接中に答える内容について

集団面接を受けた経験がない方は、どのような質問をされるのか、どのような流れで面接を進めていくのかわからず不安になる方も多いのではないでしょうか。

実は集団面接は、評価を加点して人選していくのではなく、減点評価を行いながら企業にとってふさわしい人材選びを行っています。

複数の就活生を面接することで企業が求める人物であるか、社会人としてのマナーを持ち合わせているかなどを効率よく判断しているのです。

そのため、面接中に答える内容は、どれだけ自分が会社に貢献することができるのかとう点や社会人としてのふさわしいマナーを兼ね揃えているのかをアピールすることが大切になります。

他の就活生よりも評価がよくなるように、企業の貢献できる人物であることをわかりやすくアピールすることを心掛けましょう。

集団面接中のマナーについて

面接を受ける際には、どんなスタイルの面接であれ誠実な態度で臨むことが大切です。

複数で面接を受けると集中力が途切れてしまうこと、気持ちや態度がだらけてしまうこともあります。

しかし、面接を受けている最中は、たとえ他者が話をしていたとしても集中して耳を傾ける誠実な態度を見せることもマナーのひとつといえるでしょう。

社会人として必要なマナーはたくさんありますが、その中でも他者に対する気配りができるかという点もその人の人柄を見る際に大きな判断基準となります。

面接官はもちろんのこと、周囲の人にも失礼な態度や迷惑な態度を取っていないかを面接中にチェックされています。

誰にでも気遣いできる人は、社会に出ても円滑に仕事をこなすことができ、人間関係でトラブルを抱えてしまうこともありません。

自分は気配りが上手にできる人だということをアピールできるよう正しいマナーを身に付けておくことが欠かせません。

集団面接中に答える内容のコツ

面接中に気を付けなければいけないことは数多くあります。

たとえば、集団面接の場では、時間内に面接官の質問を理解し的確に回答しなければいけません。

就活生一人ひとりに与えられた時間は、個人面接と比較してみても圧倒的に少ないです。

企業の多くが約1時間ほどの集団面接の時間を設けていますが、5人ほどの複数の就活生を同時に面接するとなると一人に与えられている自己PR時間は10分程度しかありません。

たった10分の時間で自身をアピールしなければならないとなると自分の考えや伝えたいことを簡潔にまとめることが必要になります。

集団面接中に質問に答えるコツは、問われた内容に対してスピーディーに回答していくことです。

自己紹介であれば、名前や大学名の他に特技や自己PRなどを事前に考えておくと面接でスムーズに答えることができます。

簡潔に話す

集団面接は、複数の学生と一緒に行うため、ある程度の時間がかかります。

とはいえ面接時間は限られているため、一つ一つの質問に長々と答えているとすべての学生の面接をスムーズに行うことはできません。

中には、自分の想いやよさを面接官にできるだけ多く伝えたいという気持ちから、長々と時間をかけて話をしてしまう人もいます。

しかし、質問中に答える内容を把握していないだけでなく、あまりに長く話し続けてしまうと自身のことしか考えられない身勝手な人物だと思われてしまうこともあるので注意しなければいけません。

複数の就活生で行う集団面接の場合、面接官の質問に回答する内容は、できるだけコンパクトにまとめると好印象です。

もちろん、早口になってしまっては伝えたいことをうまく伝えることができないといったミスにつながってしまうので、適度なスピードに抑えつつ話をまとめることもポイントです。

第一印象にも気を配る

集団面接を失敗なくクリアし内定を勝ち取るには、社会人としてのマナーを兼ね揃えていることをアピールすることも大切です。

面接中の受け答えや態度だけでなく、第一印象もよくなるように他者にも気を配りましょう。

面接官は、企業にふさわしい人物であるかを見ているため、他者への気配りや身だしなみの他にも笑顔で対応できるかといった点もチェックしています。

第一印象がよくなるようにハキハキと大きな声で挨拶をするだけでなく、笑顔で対応できるよう心掛けることも重要です。

周囲の意見に流される必要はない

集団面接で最も不安になってしまうのが、他の人がどんな意見を発言するかという点ではないでしょうか。

周囲の意見が気になってしまい自分の意見に自信がなくなる方やプレッシャーで頭が真っ白になったなどつらい経験をした方も少なくありません。

しかし、集団面接だからといって周囲の意見に流されることはありません。

たとえば、他の人と意見が同じになってしまったとしても何の問題もないのです。

他者と同じ意見になっても焦らずに自分の言葉で考えや想いを伝えるようにしましょう。

面接では、必ずといってよいほど志望動機や長所などの質問があります。

その際に他者と意見が重複してしまうこともありますが、自分らしさをアピールすることができればマイナスなイメージを面接官に与えることはありません。

また、時には周囲の意見が素晴らしく感じ、自分の意見に自信がなくなってしまうこともあるかもしれません。

しかし、こういった場合も決して萎縮することなく、堂々と自分の意見を述べることが大切です。

プレッシャーを感じ周囲に負けない素晴らしい意見を出さなければと思いすぎてしまうと、緊張感でいっぱいになり本来の自分をアピールすることが難しくなってしまいます。

どんなに周囲の意見が素晴らしいと感じても面接官の心の中まで読むことはできません。

ですから面接中は、周囲の意見に流されてしまうのではなく、自分の意見に自信を持ち落ち着いて面接に臨むことも集団面接で内定を勝ち取るコツです。

集団面接中のマナーのコツ

集団面接を失敗することなくクリアするコツやマナーはたくさんありますが、特に気を付けたいのは真摯な態度を見せることと気配り力です。

集団面接の流れを把握しスムーズに面接に臨むだけでなく、他者にどれだけ気を配ることができるのかも重要なポイントとなります。

集団面接の時間は短いため、短時間でどれだけ自分のよさを面接官に理解してもらえるかが勝負のカギです。

丁寧な話し方を心掛けるだけでなく、声の大きさやトーンにも気を付けてみましょう。

また、社会人らしい身だしなみになっているかをチェックすることも欠かせません。

スーツがシワになっていないように前日までにアイロンをかけ、靴が汚れている場合には、キレイに落としておきましょう。

集団面接の流れを把握する

個人面接と違い、集団面接ならではの注意点があるので事前にどのように面接が行われるのかを確認しておくと安心です。

集団面接は、入室後、まず一礼し挨拶をしてから自己紹介が始まります。

その後、面接官からの質問に回答し退室という流れになります。

個人面接の場合、入室の声が掛かると自分のペースで動くことができますが、集団面接は複数の就活生と一緒に行うため入室の際にも気配りが必要です。

まず番号の早い方から入室し、その際に一礼しながら挨拶します。

ドアを開ける際には、ノックをすることを忘れてはいけません。

入室後、椅子の前まで移動したら、面接官からの氏名の確認を受け、その後、着席します。

着席する際も丁寧な挨拶を交えると好印象です。

より印象をよくするために姿勢を正して座ることを心掛けましょう。

着席後は面接官からの質問があるので、時間に配慮しながら回答します。

質問内容は、企業によって違いがありますが、志望動機や自己PRは多くの企業で行われているので、事前に回答を考えておくと安心です。

面接終了の際には、面接から終了の声が掛かります。

退室する際にも面接官に一礼し挨拶をして椅子から立ち上がりましょう。

退室は、ドアに近い人から順に部屋を出ることが正しいマナーです。

集団面接の場では、多くの就活生と触れ合う機会があるため、私語が多くなってしまうこともあります。

しかし、面接官は面接の待ち時間から終了後まですべての就活生の態度をチェックしているので、気を抜かず誠実な態度で過ごすようにしましょう。

他の人の意見にも耳を傾ける

集団面接の場では、自分だけのことでなく他者への気配りも大切になります。

自分が質問されていないときでも面接官は、すべての就活生の態度に目を光らせています。

他の人が話している間も軽く頷くなど、話をきちんと聞いているという態度を見せるようにしましょう。

話し手のほうに体を軽く向けるだけでなく、話を聞く際には柔らかい表情で対応するとよい印象を与えます。

【集団面接のコツ】集団面接でよく聞かれる質問

集団という形式を取ってはいますが、ほとんどの場合、通常の面接と質問内容はあまり変わりません。

それだけに用意してきた答えが被りやすく、無意識のうちに他の人の発言に振り回されてしまう人もいます。

先にも触れましたが、周囲の意見に左右される必要はありませんし、たとえ誰かと答えが被ってしまっても、何の問題もないことをしっかり認識しておきましょう。

焦らずに、伝えるべきことを伝えることが大切です。

自己紹介

自己紹介は第一印象を決めるポイントですので、可能であれば積極的にアピールも盛り込みたいところです。

ポイント

熱意や意欲をアピールするのは悪いことではありませんが、意気込みすぎて時間を取りすぎるのが一番大きなマイナスとなります。

時間の指定がある場合もありますが、もしなかったとしても、1分程度でまとめるようにするのがポイントです。

また、集団面接特有のポイントとして、アイコンタクトや笑顔による面接官との意思疎通がありますので、これはテクニックとして覚えておきましょう。

リクルートスーツに身を包んだ学生がズラリと並ぶと、どうしても面接官側からは一人ひとりの特徴が掴みにくくなります。

話や指示は相手の目を見て聴き、相づちを打ち、自分の出番にはアイコンタクトで空気を読むと、意欲や積極性が伝わります。

話す最中に、オーバーにならない程度に身振り手振りを取り入れるのも高等テクニックですので、最初からガチガチになりすぎないようリラックスすることが大切です。

例文

自己紹介は、「基本的な情報」→「経験」→「アピールポイント」という3部構成でまとめましょう。

以下に例文を挙げます。

「~大学~学部4年の~と申します。

大学時代はラグビー部に所属し、日々厳しい練習を重ね、副主将として試合の運営や後輩の指導に取り組みました。

一人ひとりの個性を活かした強いチームづくりにやりがいを感じてきましたので、そうした経験を活かせる仕事を志しています。

本日はよろしくお願いします。」

志望動機

志望動機は、面接官がとくに興味を持って耳を傾ける項目でもあります。

また志望動機だけは、最初から最後までまったく同じ内容が被るということはまずあり得ません。

1人として同じ人が存在しないように、なぜその会社で働きたいと感じたかは、応募者全員にそれぞれ異なる意思があってしかるべきです。

ここは自分らしさを強くアピールすべきところですので、表面的な内容ではなく、しっかりオリジナリティを出してください。

ポイント

面接官が志望動機に注目する理由は、そこから人柄も知りたいと考えているからです。

会社のどこに惹かれるかは人柄に直結する部分で、集団面接であろうと個人面接であろうと、採用にあたって最も重視される項目と言えます。

ポイントは、自分の将来のビジョンと会社のビジョンとを一致させ、共感と意欲を示すことです。

これはビジョン型とも呼ばれるテクニックですが、説得力を増すために有効な手法と言えるでしょう。

例文

自分の体験を交えてビジョンを語ると、より説得力を増やせます。

以下に例文を紹介します。

「私は、人の身体を第一に考えた食品を提供する御社のコンセプトに強い魅力を感じ、志望しました。

私は子供のころから喘息の症状があり、食べるものには常に細心の注意を払う生活を続けてきました。

そのため、できる限り化学添加物を排除し、オーガニック原料にこだわった食品づくりに携わることに、強い希望を持ち続けています。

御社は原料はもとより、製造工程においても最大限の注意を払い、身体を気遣う食品を長年提供され続けています。

私はそのように人を大事にする企業の一員として、ぜひ、安心安全な食品を世界に届ける仕事に貢献したいと思い、志望しました。」

ガクチカ

この質問を苦手とする学生は多く、何をどう伝えればいいかさっぱりわからないという声も少なくありません。

ただ、少なくとも4年という長い間に、何一つ自分の時間や意欲を費やさなかったという人はいませんので、よく考え直せば必ずなにかしらは浮かび上がってくるはずです。

ポイント

ガクチカを導き出すためには、まず自分が一番時間を費やしたことをピックアップするのがポイントです。

そこまで強い思い入れがなかったとしても、時間という一番貴重なものをつぎ込んだのですから、そこには何らかの熱意があったと言えます。

見つかったら、なぜそれをすることになったのか動機を考えましょう。

そして、うまく行かなかったことややらねばならなかったことを思い出し、どうやって対処し、結果どうなったかをまとめればほぼ完成します。

最後はその経験から学んだことを挙げて締めましょう。

ただし、いかに時間をつぎ込んだとしても、ネガティブな内容は選んではいけません。

例文

エピソードは、部活動やアルバイト、ゼミなどが無難でしょう。

ボランティアなども有効です。

「学生時代に力を入れたのは、飲食店のアルバイトで新規顧客を獲得するため、販促活動をしたことです。

勤務していた店舗は新規オープンしたばかりだったため、まだ周りに認知されておらず、売上も伸び悩んでいました。

店長から相談され、新規顧客を増やすためのアイディアを絞り、大通りでチラシを配ったりSNSを立ち上げたりすることで、当初月1,000人程度だった客数を月3,000人程度にまで増やしました。

また、来店いただいたお客様に積極的に話しかけることで、リピーターも10人中6~7人にまで伸ばすことに成功しました。

こうした取り組みから、市場に対して積極的に働きかけることで、業績アップは可能だということを学びました。

貴社においても常に高い目標を持ち、市場拡大にチャレンジしていきたいです。」

自己PR

自己PRは、単に得意なことを述べて、その能力で貢献したいというだけでは説得力がありません。

学生が入社して即戦力になることはまずありませんが、自分なりにどのような働きで会社に貢献したいと考えているのかを盛り込むことは大切です。

また、自己PRからもどのような考え方を持つ人物かを知ることができますので、人柄も見られていることを意識しましょう。

ポイント

自己PRは、内容を相手企業の求める方向性と合致させることがポイントです。

募集要項や企業理念などをよく調べ、相性のよいアピールポイントを持って来ることも重要です。

また、構成は結論ファーストで、それを裏づけるエピソードを根拠に添える形で発表しましょう。

最後にその能力でどのように活躍したいかで締めます。

例文

「私の強みは、リーダーシップを発揮して人をまとめるのが得意なことです。

学生時代、コンビニエンスストアのアルバイトをしていたときに、店長からアルバイトリーダーの役を与えられ、他のスタッフのシフト調整を任されることになりました。

その店舗は常に人手不足の状態で、アルバイトもパートも少なからず不満を抱えながら働いている状況でした。

私はまず一人ひとりと話し合いの場を持ち、できる限りお互いが譲歩できる形でのシフト調整を開始しました。

その結果、スタッフ同士のコミュニケーションが活性化し、職場に活気が生まれるとともに業務効率も上がり、足りない人手もカバーし合える環境を形成することに成功しました。

私はこうした人としっかり向き合えるリーダーシップを活かし、御社の店舗でも業績アップに貢献したいと考えています。」

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ