【就活】金融業界に向いてる人~志望動機の書き方も解説~

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

金融業界を目指している新卒学生の皆さんへ

pixta_47273568_M

新卒学生の皆さん、就活は順調ですか?
今回は、就活で新卒学生に人気の金融業界についてご紹介をしてまいります。

金融業界は、給与福利厚生などの条件の良さや、大手企業が多く安定した基盤を持っていることから、多くの新卒学生が選考へ応募をします。

しかし、中には条件だけを見て応募している新卒学生や、周りが受けているから何となく自分も受けてみるという新卒学生の方もいらっしゃいます。

どんな仕事にもいえることですが、仕事には業種や職種ごとに向いてる人とそうでない人がいます。
ここではそんな金融業界に向いてる人の特徴と、志望動機の書き方についてもご説明をいたします。

金融業界の仕事とは

pixta_54010782_M

金融業界の仕事内容は大きく3つに分けられます。

まずは銀行です。
銀行は預かったお金を企業や個人へ貸し出し、その際の金利から収入を得ています。

銀行には様々な職種の職員が勤務をしており、各窓口の窓口担当者法人営業担当銀行本部での企画・管理業務などの職種が挙げられます。

次に証券会社ですが、証券会社は株式・債券などを運用することで収入を得ており、企業や個人が投資商品を購入する際の仲介手数料が収入源となります。

最後に保険会社ですが、こちらも株式・債券などを運用することで収入を得ている点は証券会社と似ていますが、収入源は企業や個人が毎月支払う保険料となります。

証券会社も保険会社も、営業や事務、その他にも企画や総務などの職種があるのは他の業界と一緒ですが、他の業界と違うのは資金運用マーケットの調査の専門家がいる点です。

金融業界の仕事は、企業や個人からの資金運用の相談に対応することで、資金を上手にやり繰りしたいという顧客の悩みに応えることと言えるでしょう。

金融業界に向いてる人の特徴

pixta_49078206_M

就活で人気の金融業界ですが、職種ごとに向いてる人とそうでない人がいます。

例えば証券会社の営業の場合、不安があってもこの商品を買ってくださいと押し切る度胸が求められます。

投資ですので、仮にそれで顧客が損をしクレームに発展してしまったとしてもめげないくらいの逞しさがある人が向いてるといえます。

保険会社の営業の場合、保険はもしもの時の備えとしての側面が強いので、こま目に顧客のフォローを行って安心感を与えたり、自社商品や社会の動きについて勉強し顧客に有益な情報を提供する勤勉さが必要になります。

マメな性格の人や、継続力がある人が向いているといえるでしょう。

例として証券会社と保険会社の営業を挙げましたが、銀行やその他の職種を含め、こういう人は金融業界のどの企業・どの職種にも向いてるといえる3つの特徴がありますので、ご紹介いたします。

数字やお金に強い

どの企業、どの職種においても、金融業界で働く以上は数字やお金を取り扱うことになります。

数字やお金に強い人は、金融業界に向いてるといえるでしょう。

特にお金に関しては、常日頃からいかにして儲けるかという観点を持っている人であればあるほど、営業ファイナンシャルプランナーなどの専門職に向いてるといえます。

日頃から情報収集をしている

お金の動きは社会の動向と連動しています。

新聞やニュースなどからの情報収集を普段からしている人は、金融業界に向いてるといえます。

特に銀行員日経新聞地方新聞などを毎日読み、世界や地域の経済動向を常に把握しておくことが常識となっています。

交友関係や人脈が広い

金融業界は信頼関係が生命線です。

誰しもお金を預けたり投資するなら、自分が信頼できる人に任せたくなるものです。

交友関係や人脈が広い人は、友人や知り合いが顧客になるケースもありますし、コミュニケーションが得意な人が多いので、金融業界に向いてるといえます。

金融業界の志望動機の書き方

pixta_43913407_M

金融業界に向いてる人のイメージは沸きましたか?

どんな仕事でも向いてる人、向いてない人というのはいるものですが、ここで自分は向いていないのかもと思った人も、悲観する必要はありません。

就活の決め手は、事前準備がどれだけ出来ているか行動量です。

入社してから、向いてる人に負けないくらい仕事勉強を頑張ればいいのです。
金融業界で働きたいと強く思うのであれば、選考への対策を万全にしておきましょう。

ところで、なぜあなたは金融業界を志望しているのでしょうか?

面接官は、あなたの志望動機を必ず聞いてきます。

その質問に回答できるようにするために、なぜその企業を選んだのか就職してその企業にどう貢献できるのか、なぜ金融業界なのかという点について、事前に自己分析と業界研究をしておきましょう。

特に気を付けていただきたいのは、金融業界で働きたいという思いやその企業に行きたいという理由はあっても、具体的に自分がどの職種につきどう企業に貢献できるのかが不明確というケースです。

入社後にどう企業に貢献してくれるのかは、企業にとっては一番重要な点です。

志望企業の職種についてよく調べておき、自分だったらどの職種で活躍することができるかを事前にイメージしておきましょう。

参考として、保険会社を志望する場合の志望動機の例文を挙げます。

志望動機の例文(保険会社の場合)

私は保険を提供することで、皆さんが安心して生活を送れるようにしたいと考え、貴社を志望しました。

去年父が急病で倒れ入院した際、生活費や父の入院費用など、資金面が心配だと家族で話していました。

ですが、生命保険に入っていたおかげで資金繰りが何とかなり、父もしっかりした治療を受けることが出来たので後遺症が残ることもなく完治いたしました。

その際、母が保険会社に連絡をしたら営業の方がすぐに対応をしてくれたこと、保険に入っていて良かったと皆で心の底から感じたことが今でも忘れられません。

貴社は様々な年代やライフスタイルに合わせた保険商材を取り扱っており、定期的な顧客フォローを行っていることが強みです。

大学時代にテニス部で培った体力や、コールセンターのアルバイトで培ったコミュニケーション能力を活かして、貴社で営業として働きたいと考えています。

粘り強い営業で貴社の保険の優位性を多くの人に知ってもらい、一人でも多くの加入者を増やすことで貴社に貢献すると同時に、お客様には安心して生活が出来る環境を提供していければと考えています。

まとめ

今回は金融業界に向いてる人の特徴と、志望動機の書き方について紹介をしてまいりました。

ここで一つ間違えないでいただきたいのは、金融業界に向いてるからといって必ずしも金融業界だけに絞って就活をする必要はありませんし、金融業界に向いてるといえないからといって諦める必要もないということです。

就活では色々な業界色々な企業の選考を積極的に受けてみてください。

金融業界に向いてると思っていたけど意外と他にも自分に向いてると思える企業があったり、逆に金融業界に向いてないと思っていたけど就活で縁があり成功を収める人だっています。

大切なのはなぜその業界、その企業に行きたいかという志望動機、そして想いの強さです。

ぜひ可能性を自ら閉ざすことなく、この機会に色々な企業の選考にチャレンジしてみてください。
 

その業界のこと、ちゃんと知ってますか?
1人でわからない事はプロと2人で​。​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ