【就活】金融業界に向いてる人~志望動機の書き方も解説~

金融業界を目指している新卒学生の皆さんへ

pixta_47273568_M

新卒学生の皆さん、就活は順調ですか?
今回は、就活で新卒学生に人気の金融業界についてご紹介をしてまいります。

金融業界は、給与福利厚生などの条件の良さや、大手企業が多く安定した基盤を持っていることから、多くの新卒学生が選考へ応募をします。

しかし、中には条件だけを見て応募している新卒学生や、周りが受けているから何となく自分も受けてみるという新卒学生の方もいらっしゃいます。

どんな仕事にもいえることですが、仕事には業種や職種ごとに向いてる人とそうでない人がいます。
ここではそんな金融業界に向いてる人の特徴と、志望動機の書き方についてもご説明をいたします。

金融業界の仕事とは

pixta_54010782_M

金融業界の仕事内容は大きく3つに分けられます。

まずは銀行です。
銀行は預かったお金を企業や個人へ貸し出し、その際の金利から収入を得ています。

銀行には様々な職種の職員が勤務をしており、各窓口の窓口担当者法人営業担当銀行本部での企画・管理業務などの職種が挙げられます。

次に証券会社ですが、証券会社は株式・債券などを運用することで収入を得ており、企業や個人が投資商品を購入する際の仲介手数料が収入源となります。

最後に保険会社ですが、こちらも株式・債券などを運用することで収入を得ている点は証券会社と似ていますが、収入源は企業や個人が毎月支払う保険料となります。

証券会社も保険会社も、営業や事務、その他にも企画や総務などの職種があるのは他の業界と一緒ですが、他の業界と違うのは資金運用マーケットの調査の専門家がいる点です。

金融業界の仕事は、企業や個人からの資金運用の相談に対応することで、資金を上手にやり繰りしたいという顧客の悩みに応えることと言えるでしょう。

金融業界に向いてる人の特徴

pixta_49078206_M

就活で人気の金融業界ですが、職種ごとに向いてる人とそうでない人がいます。

例えば証券会社の営業の場合、不安があってもこの商品を買ってくださいと押し切る度胸が求められます。

投資ですので、仮にそれで顧客が損をしクレームに発展してしまったとしてもめげないくらいの逞しさがある人が向いてるといえます。

保険会社の営業の場合、保険はもしもの時の備えとしての側面が強いので、こま目に顧客のフォローを行って安心感を与えたり、自社商品や社会の動きについて勉強し顧客に有益な情報を提供する勤勉さが必要になります。

マメな性格の人や、継続力がある人が向いているといえるでしょう。

例として証券会社と保険会社の営業を挙げましたが、銀行やその他の職種を含め、こういう人は金融業界のどの企業・どの職種にも向いてるといえる3つの特徴がありますので、ご紹介いたします。

数字やお金に強い

どの企業、どの職種においても、金融業界で働く以上は数字やお金を取り扱うことになります。

数字やお金に強い人は、金融業界に向いてるといえるでしょう。

特にお金に関しては、常日頃からいかにして儲けるかという観点を持っている人であればあるほど、営業ファイナンシャルプランナーなどの専門職に向いてるといえます。

日頃から情報収集をしている

お金の動きは社会の動向と連動しています。

新聞やニュースなどからの情報収集を普段からしている人は、金融業界に向いてるといえます。

特に銀行員日経新聞地方新聞などを毎日読み、世界や地域の経済動向を常に把握しておくことが常識となっています。

交友関係や人脈が広い

金融業界は信頼関係が生命線です。

誰しもお金を預けたり投資するなら、自分が信頼できる人に任せたくなるものです。

交友関係や人脈が広い人は、友人や知り合いが顧客になるケースもありますし、コミュニケーションが得意な人が多いので、金融業界に向いてるといえます。

金融業界の志望動機を考える際の3つのポイント

金融業界は昔も今も就活生には人気の高い業界であり、たくさんの学生がしのぎを削る激戦区です。

そんな中で内定を勝ち取るためには、魅力的な志望動機を記入して人事担当者の興味を惹きつける必要があります。

ここでは金融業界を目指す学生が志望動機を考えるときに抑えておきたいポイントを3つ紹介します。

しっかりとポイントを抑えて他の学生と差別化を図りましょう。

なぜ金融業界なのかを考える

金融業界を目指す学生が志望動機を考える上で最初に考えておかなければならないのは「自身が金融業界を志望する理由」です。

国内には金融業界以外にもITや流通、不動産などさまざまな業界が存在します。

数多くの業界の中からなぜ金融業界を選んだのか、その理由を人事担当者に明確にアピールできなければ志望動機としては弱いです。

金融業界はお客様のお金を預かって運用するなど、信用がとても大切な業界です。

そのような業界の特徴を踏まえながら「自分はお客様に対してどんなことができるのか」「金融業を通じてどのようなことを成し遂げたいのか」といったことをアピールすることが、説得力のある志望動機につながります。

金融業界の中でもなぜその企業なのかを考える

「なぜ金融業界を目指すのか」「なぜこの企業でなければならないのか」についてきちんと明記しましょう。

一口に金融業界と言っても銀行もあれば証券会社もありますし、保険会社という選択肢もあるでしょう。

お金の貸し出しを行う銀行とお客様から預かったお金の運用を行う証券会社、リスクを最小限に抑えるための金融商品を販売する保険会社では業務内容が大きく異なります。

自分が銀行を志望しているならば、なぜ証券会社や保険会社ではなくて銀行なのか、その理由をはっきりと説明できなくてはなりません。

また、銀行の中にもいわゆるメガバンクと呼ばれるものもあれば地方銀行もありますし、信託銀行や信用金庫といったものもあります。

同じ銀行でも大手企業を相手にして積極的に海外展開も行うメガバンクと、地域密着で地方経済に貢献する地方銀行では役割が異なりますし、信用金庫は銀行とは経営理念が異なります。

メガバンクを志望するのであれば、なぜ地方銀行や信託銀行、信用金庫ではなくメガバンクを選んだのか、その理由についてもはっきり説明できなければなりません。

さらに、メガバンクと言われる銀行の中でなぜこの銀行でなければならないのか、その理由も考えましょう。

正直なところ「メガバンクであればどこでも良い」と考えている学生もいると思いますが、その気持ちが人事担当者に伝わってしまっては内定はもらえません。

しっかりと企業研究を行った上で他行との違いを明確にし、その銀行の特徴にスポット当てて志望動機を考えることで、「この銀行に入りたい」という気持ちを強くアピールするように心がけると良いでしょう。

入社後、自分が会社のどう貢献できるかを考える

志望動機では、自分が入社したら会社にどのような貢献ができるのかについてもできる限り詳しく記入するようにしましょう。

自分が会社に対して貢献できることは、その会社の事業内容をしっかりと理解していなければ書くことができません。

つまり、会社について深く理解しているということのアピールにもつながるのです。

就職活動においては内定は1つのゴールですが、社会人としてはここからがスタートです。

人事担当者に対して入社後の自分の姿を具体的にイメージさせることは内定を勝ち取るためだけではなく、将来のキャリアアップのためにも大切なことなのです。

金融業界の志望動機でNGなポイント

金融業界を目指す学生が志望動機を記入するとき、ついついやってしまいがちな失敗を紹介します。

なかなか気付きづらいポイントではありますが、場合によっては評価を大きく下げてしまうこともあるので気をつけましょう。

経済発展に関与したいはNG

金融業界を目指す学生が志望動機としてよく使う言葉に「経済発展に関与したい」というものがあります。

たしかに金融は経済の活性化には欠かすことのできないものですが、これだけでは志望動機としては弱く、評価されにくい面があります。

そもそも、経済発展に貢献しているのは金融業界に限った話ではありません。

商社やメーカーも経済の発展に貢献していますし、流通業やサービス業も同様です。

志望動機として経済発展への寄与だけをアピールしても、人事担当者から見れば「別に金融業界でなくてもいいんじゃないの?」ということになってしまいます。

もしも経済発展に関与したいという内容を記入するならば、金融業界でなくてはならない理由も合わせて記入することが必要になるでしょう。

数字に強いからだけはNG

「数字に強い」という言葉も金融業界を目指すが学生がよく使う言葉です。

たしかに金融業界はお金を扱う機会が多いので、数字に弱いよりは強いほうが良いでしょう。

しかし、コンピューターを使った業務が当たり前となっている現在において、数字に強いという能力はどれほどのアピールになるでしょうか。

数字に強いことをアピールするよりも他の能力をアピールしたほうが人事担当者の興味をより惹きつけることができるでしょう。

数字の強さだけをアピールしても内定にはつながりにくいというのが実情です。

給料にフォーカスを当てるのはNG

金融業界は他業種と比べて一般的に給与水準が高めですから、待遇面を重視して金融業界を志望する学生もいるでしょう。

しかし、そこばかりにフォーカスを当ててしまうのは良くありません。

給与などの待遇面だけを志望動機としてしまうと、それを見た人事担当者はどう思うでしょうか。

「仕事内容には興味がないのではないか」と感じてしまうでしょう。

また、「自社よりも待遇の良い会社が見つかればすぐに転職してしまうのではないか」と思われてしまうかもしれません。

志望動機ではできるだけ仕事への熱い思いをアピールするようにして、給与などについてはあまり触れないようにしましょう。

金融業界の志望動機の書き方

pixta_43913407_M

金融業界に向いてる人のイメージは沸きましたか?

どんな仕事でも向いてる人、向いてない人というのはいるものですが、ここで自分は向いていないのかもと思った人も、悲観する必要はありません。

就活の決め手は、事前準備がどれだけ出来ているか行動量です。

入社してから、向いてる人に負けないくらい仕事勉強を頑張ればいいのです。
金融業界で働きたいと強く思うのであれば、選考への対策を万全にしておきましょう。

ところで、なぜあなたは金融業界を志望しているのでしょうか?

面接官は、あなたの志望動機を必ず聞いてきます。

その質問に回答できるようにするために、なぜその企業を選んだのか就職してその企業にどう貢献できるのか、なぜ金融業界なのかという点について、事前に自己分析と業界研究をしておきましょう。

特に気を付けていただきたいのは、金融業界で働きたいという思いやその企業に行きたいという理由はあっても、具体的に自分がどの職種につきどう企業に貢献できるのかが不明確というケースです。

入社後にどう企業に貢献してくれるのかは、企業にとっては一番重要な点です。

志望企業の職種についてよく調べておき、自分だったらどの職種で活躍することができるかを事前にイメージしておきましょう。

参考として、保険会社を志望する場合の志望動機の例文を挙げます。

志望動機の例文(保険会社の場合)

私は保険を提供することで、皆さんが安心して生活を送れるようにしたいと考え、貴社を志望しました。

去年父が急病で倒れ入院した際、生活費や父の入院費用など、資金面が心配だと家族で話していました。

ですが、生命保険に入っていたおかげで資金繰りが何とかなり、父もしっかりした治療を受けることが出来たので後遺症が残ることもなく完治いたしました。

その際、母が保険会社に連絡をしたら営業の方がすぐに対応をしてくれたこと、保険に入っていて良かったと皆で心の底から感じたことが今でも忘れられません。

貴社は様々な年代やライフスタイルに合わせた保険商材を取り扱っており、定期的な顧客フォローを行っていることが強みです。

大学時代にテニス部で培った体力や、コールセンターのアルバイトで培ったコミュニケーション能力を活かして、貴社で営業として働きたいと考えています。

粘り強い営業で貴社の保険の優位性を多くの人に知ってもらい、一人でも多くの加入者を増やすことで貴社に貢献すると同時に、お客様には安心して生活が出来る環境を提供していければと考えています。

業界別志望動機の例

金融業界と一口に言っても、その中身は大きく3つに分けられます。

それが、銀行・証券・保険です。

この記事ではこの分け方に倣って志望動機や伝えるポイントをご紹介します。

また、以前は金融業界を銀行・証券会社・保険会社の3つに分けることで業務にも明確な棲み分けをしていましたが、2000年代以降はさまざまな規制が緩和され、自由化が進みました。

その結果、銀行・証券会社・保険会社というような業界間の垣根は、今では低くなっています。

銀行と証券が協力する「銀証連携」などのように、金融機関同士の連携は、時代が進むごとに強まりを見せているようです。

銀行

改めて「銀行」というのは、顧客から預かったお金を、企業や個人などに貸し出し、預金金利と貸出金利の差(利ざやと言います)から主な収益を得ている企業のことです。

銀行で働く場合、その業務は大きく分けて預金・貸付・為替の3つ。

どの業務においても、求められるのは幅広い知識と正確性です。

銀行で働くのに向いていると言われるのは、真面目・誠実で几帳面な人、経営や経営に深い関心がある人、正義感が強い人。

ほかにも、ニュースなどで常にあらゆる情報をキャッチしておく高い意識を持っている人、お客様に信頼されるコミュニケーションを取れる人、貸し付ける相手を分析する能力のある人なども挙げられるでしょう。

伝えるポイント 

まずは「なぜ銀行業界(金融業界)を志望したのか」というポイント。

どの業界にも当てはまるような志望動機の場合、銀行業界でなくても良いのでは?と採用側には思われてしまいます。

抽象的な志望動機は書かずに、事前に業界研究を徹底しましょう。

次に、「メガバンクと地方銀行の違いを明確にする」こと。

銀行業界は、メガバンク、地方銀行、信託銀行、信用金庫・信用組合に大別されます。

たくさんある銀行の中で、なぜこの銀行を選んだのかを伝えましょう。

とくに、大きな金額を扱うメガバンクは、その他の銀行と業務内容や規模が全く違います。

しっかりと事前に企業研究を行ってください。

「金融業界で自分が何をしたいか」を書くのもポイントです。

これは就活生の仕事観が色濃く出る部分。

あなたが金融業界で働くことにどんなイメージを持っているのか、どのようなスキルを発揮し、銀行や金融業界に貢献したいのかを考えましょう。

そのためには自己分析をしっかり行うことも大切です。

また「銀行業界の現状と課題・動向を把握する」ことも大事なポイント。

銀行業界の現状や課題、動向を把握することは、志望動機づくりだけでなく、就職した後にも役に立つ部分になります。

例文

私が貴行を志望した理由は、貸付先とともに成長するという姿勢に共鳴したからです。

成長する顧客を見つけ出し、共に知恵を出し合うことが、混迷する日本経済を救う中で何よりも重要だと考えます。

それが一企業だけではなく、日本経済全体の発展に貢献できると考えます。

国際化が進む一方で、日本企業も社会も停滞しつつあります。

成長を目指す企業を銀行として手助けできるのは、大きな喜びとやりがいになると信じています。

社会のためにも、銀行員として社会の発展に尽力していきたいと考えています。

証券

「証券会社」というのは、顧客の株式売買を仲介して手数料収入をメインの収益としている会社です。

証券とは、財産上の権利を示す証書のことを言います。

例として、株式会社に出資した場合は「株式」と呼ばれる証券を、国にお金を貸した場合は、「国債」と呼ばれる証券がもらえます。

証券会社での仕事内容は、大きく分けて「ブローカー業務」「ディーリング業務」「アンダーライター業務」「セリング業務」の4つがあります。

証券会社に向いている人は、ひたすら行う営業に対して度胸がある人、あなたから証券を買いたい!と思われるような人柄の良さがある人、自ら進んで金融系の情報をインプット&アウトプットできる人、自分から目標を立てられる人、怒られても切り替えて前に進める人、などです。

伝えるポイント

証券会社に志望動機を伝えるには、まず「なぜ証券会社を選んだのか」を明確にしましょう。

証券とは形のない無形商材であり、その中でもリスクが高く取り扱いにくいのが証券です。

同じ金融業界には銀行や保険業界がありますが、なぜ証券会社を志望したのかをしっかりと説明できるようにしましょう。

また、証券会社の中でも「なぜその企業なのか」を明確にするのも大事なポイントです。

証券会社には大手のものから、ネット証券会社など、多くの業態や企業数が存在します。

それぞれに特徴があるので、しっかり企業研究をしつつ、自身の経験や考えを根拠にしてなぜその会社を選んだかを説明しましょう。

また、入社後の展望も書くと良いです。

証券業界は離職率が高いので、採用側は志望者が業務に対する理解度があるかどうかや、長くいてくれるかどうかを履歴書で見極めます。

そして、志望者のあなたが5年後や10年後にどんなキャリアを積んでいるのかを語ることで、長く証券会社で働くビジョンを持っているかを示せます。

例文

私が証券業界を志望した理由は、企業のダイレクトな資金調達への貢献がしたいと思っているからです。

日本国内では、リテール部門での直接金融へのシフトがとくに遅れていると感じており、利用者にとっていかにわかりやすく利用しやすいサービスを提供できるかが重要だと考えます。

私は、顧客第一をモットーに掲げながら、お客様に真摯に向き合っておられる貴社の事業方針に共感しております。

入社後は営業職としてお客様を第一に考えながら、確実に成果を上げ、会社に貢献したいと思っています。

保険

「保険会社」は、あらかじめ決められた額の保険金を支払う「生命保険会社」と、実際に損害を受けた額が補償される「損害保険会社」の2つに大きく分かれます。

保険会社で働く場合、その業務は職種によって異なります。

保険商品の提案や販売を行う営業、商品の契約確認や承認・書類作成などを全般的な業務を行う事務、新たな保険商品を生み出す開発企画、などがあります。

保健会社で働くのに向いている人は、人の意見を聞いたうえでその人の立場で物事を考えられる誠実な人や、人間関係の中で動いていく仕事のため清潔感があり、礼儀正しい人、人のためになることが好きな人、コミュニケーション能力がある人、前向きに取り組める人、達成意欲が強く、プレッシャーに強い人、研究心や知的向上心がある人などです。

伝えるポイント

保健会社に志望動機を伝えるには、なぜ保健業界を選んだのかを明確にします。

そのためには、保健業界の特徴を踏まえてアピールします。

保険商品を勧めることで安定した生活を提供したい、保険の加入によって幸せな生活のサポートをしたいなど、保険業界だからこそ志望したことを伝えましょう。

また保健会社の種類の違いを理解し、「なぜその保健会社を選んだのか」をはっきりさせるのも大切です。

生命保険会社にした場合、なぜ損害保険や第三分野の保健会社ではないのか。

他の保健会社と比較しながら、選んだ会社の特徴を見出しましょう。

最後に、会社に対して自分に何が貢献できるのか、を書くのもポイントです。

あなたの能力を仕事でどのように貢献できるのか、を具体的にアピールしましょう。

例文

私は保険商品をお客様に提供することで、一人でも多くの人が安心・安定した生活ができるように支えていきたいと思い、貴社を志望します。

貴社では生命保険分野での強みや、包括的なサポートを行っています。

そのような幅広いサポート体制が整った商品を提供することで、お客様が安心できる生活を送られるよう、手助けしていきたいと思っています。

また、私は大学時代に料理店でアルバイトをし、体力とコミュニケーション能力を磨いてきました。

貴社での営業では、粘り強い営業で商品をお勧めし、お客様と密なコミュニケーションをすることで、企業の実績に貢献したいです。

まとめ

今回は金融業界に向いてる人の特徴と、志望動機の書き方について紹介をしてまいりました。

ここで一つ間違えないでいただきたいのは、金融業界に向いてるからといって必ずしも金融業界だけに絞って就活をする必要はありませんし、金融業界に向いてるといえないからといって諦める必要もないということです。

就活では色々な業界色々な企業の選考を積極的に受けてみてください。

金融業界に向いてると思っていたけど意外と他にも自分に向いてると思える企業があったり、逆に金融業界に向いてないと思っていたけど就活で縁があり成功を収める人だっています。

大切なのはなぜその業界、その企業に行きたいかという志望動機、そして想いの強さです。

ぜひ可能性を自ら閉ざすことなく、この機会に色々な企業の選考にチャレンジしてみてください。

あわせて読みたい

その業界のこと、ちゃんと知ってますか?
1人でわからない事はプロと2人で​。​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ