【業界研究】新卒学生向け!IT業界の将来性や職種一覧

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

昨今急成長を遂げ、その将来性の高さから就活市場でも注目を集めているIT業界

新卒学生の方にもIT業界を希望し、業界研究や企業研究をしている方が増えてきました。

そんなIT業界ですが、皆様はどのように業界研究をし、どのようなイメージをお持ちですか?

一言でIT業界といっても、企業によってやっていることは様々ですし、職種も多数あります。

当ページではIT業界を研究している新卒学生の皆様向けに、IT業界の特徴や将来性、職種一覧について紹介いたします。

いま話題のIT業界ではありますが、将来性や話題性だけでなくてそこで何をしたいか、そこに入社することで何を成し遂げられるのかを考えて選考に臨みましょう。

そのために、当ページの情報が少しでも皆様の業界研究の参考になれば幸いです。

IT業界の概要と将来性

pixta_38896376_M

ITとはInformtion Techology(和訳すると情報技術)の略称です。

今では仕事やプライベートでPC・スマホを使うのは当たり前になってきましたが、これらもIT技術の恩恵と言って良いでしょう。

ネット検索やSMS、スマホアプリなどもIT技術の産物です。

今ではIT技術は必要不可欠なものになっており、今後ますますその必要性は加速していくと予測されています。

そのため、IT業界に就職することは将来性を考えても良い選択肢といえるのではないでしょうか。

業界の将来性という点でいくと、IT技術の発達や日本社会の構造の変化などもあり、いまある仕事も10年後、20年後にはなくなるのではないか?とさえ言われています。

そうなった時に日本社会を支えるのは、やはりIT技術でしょう。

例えば、普段お店で買い物に行く時も、ロボットや人工知能などの機械によって買い物が済まされることなどが考えられます。

そういった意味で、将来性を考えるとIT業界への就職はけっして間違いではないと考えられます。

但し、もちろんどんな仕事にも向き・不向きはあります。

将来性だけを考えて選ぶのではなく、本当にIT業界で働くことが自分に向いているのかどうか、しっかり業界研究を行ったうえで仕事を選びましょう。

また、一言でIT業界と言っても様々な分類の仕事がありますし、職種も多種多様です。

ここではそんなIT業界の分類と職種について説明をしてまいりますので、将来性や向き・不向きを考えながら参考にしていただければと思います。

インターネット・web

pixta_45485298_M

インターネット・webの仕事にはWebサイト制作やインターネット広告などの法人向けサービスと、通販SNSなどの個人向けサービスがあります。

業界研究をしている新卒学生にとっても人気の業界で、この業界で技術を磨くと多種多様な働き方ができるので、将来性の面でも学んだ技術が役に立つ業種といえるでしょう。

具体的にはデザイン制作プログラミングライティング広告運用やサイト設計における分析マーケティングなど、様々な役割のスタッフがプロジェクトに関わることになります。

中には外注先としてこれらの業務を受発注している業者もいれば、自社ホームページの運用管理を行うWEB担当フリーランスとしてこれらの業務を部分的に担当する在宅ワーカーなど、様々な働き方があります。

Webデザイナー

Web業界の仕事の中でも人気があり、需要が多いため将来性を考えても安定している職種といえます。

PhotoshopIllustrator によるWebデザインだけでなく、HTMLCSSJavaScriptなどのプログラミングを覚える必要があります。

これらを身につけるのは大変ですが、だからこそ需要も多く、身につけたスキルをそのまま仕事に活かせるため将来性が高く、IT業界の中でも人気の職種といえます。

専門知識が必要となる職種ですので、どんな勉強をしないといけないかや仕事内容など、業界研究をよく行ったうえで選びましょう。

Webディレクター

Webディレクターは、Webサイトの制作を統括し、クライアントデザイナーライターコーダーなどの間に立って進行管理と品質管理を行います。

インターネット・Webの業界研究を行っていると、様々な職種が目につくかと思いますが、1つのサイトを作り上げるには様々な役割のスタッフが関わることが少なくありません。

そのためWebディレクターインターネット・Webに関する知識とコミュニケーション能力を持ってその進捗具合を調整し、同時に品質が落ちないように品質管理も行います。

通信

電話インターネット回線などの通信インフラを扱う業界です。

今ではパソコンやスマホは日常生活にも仕事にも必要不可欠なものとなっており、将来性を考えてもまず無くなることはない業界といえるでしょう。

業界研究をする際はNTTKDDI、ソフトバンクなどの大手企業は抑えておくようにしましょう。

情報処理サービス

システムインテグレータ(SI)とも呼ばれる職種で、企業に情報システムを導入する際にハードウェアの選定データベースの構築ソフトウェアの管理などを総合的に行います。

これらを行うには専門的な知識はもちろん、導入する企業の将来性も見据えて適切なシステム選定を行う必要があります。

また、こういった専門知識を自社で抱えている企業が少ないことから、情報処理サービスITコンサルタントによるコンサルティングサービスとして提供している企業もあります。

ソフトウェア

pixta_50128651_M

ハードウェアがPCやゲーム機などの本体を指すとすれば、ソフトウェアはそのハードウェアの動作を処理・制御するためのプログラムを指します。

PCやスマホといった様々な将来性あるIT機器も、ソフトウェアによる動作管理がされていないとスペックをフルに発揮することが出来ません。

身近な言語でいうとOSやクラウドに加え、ExcelやPowerPointもソフトウェアに含まれます。

プログラマー

プログラマーは、ソフトウェア開発に必要不可欠な職種です。

プログラムの基礎知識はもちろん、数あるプログラミング言語の中でどれだけの言語を専門で扱えるかや、それをいかに効率よく書くことができるかなどの応用力も求められる職種といえます。

このプログラミング言語を学ぶことは、将来性を考えると先々必ず活かせますので、この業界を希望する人は勉強しておくべきといえるでしょう。

システムエンジニア

SEとよく呼ばれる職種で、システム開発に総合的に関わることになります。

ソフトウェアの開発だけではなく、プロジェクトの進行管理マネジメントコンサルティングにも関わります。

専門知識だけでなくコミュニケーション力も要求される仕事ですので、業界の中でも重宝されており、将来性の高い職種といえます。

ハードウェア

pixta_54362685_M

ハードウェアとはPCやスマホ、その周辺機器のことを指します。

この職種で働くのは主にメーカーで設計開発を行うエンジニアです。

中でも組み込みシステムエンジニアと呼ばれる職種は、家電や自動車などに組み込まれるシステムを開発するエンジニアとして重宝されています。

まとめ

IT業界で業界研究を進める方向けにIT業界の職種や将来性について紹介してきましたが、いかがでしたか?

IT業界はこれから日本の将来を担う業界です。

それだけに、将来性を考えても志望する業界・職種の一つとして検討して損はないといえるでしょう。

また、今回はおおまかな職種を紹介してきましたが、企業によってはもっと役割を細分化していたり、他社にはない職種を置いている企業もあります。

開発だけでなく営業職やコンサルタントなど職種も多種多様ですので、将来性豊かな業界といえるでしょう。

ぜひ業界研究・企業研究を進める中で、自分に合うと思える企業を見つけ出してくださいね。

その業界のこと、ちゃんと知ってますか?
1人でわからない事はプロと2人で​。​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ