内定保留はいつまでできる?伝え方と注意点

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

企業から内定を出されても、すぐには返事ができないことも多いと思います。

他社の選考結果を待っている場合や、返事をする前に吟味をしたい場合など、状況はそれぞれですが、そんなときに使えるのが内定保留です。

しかし保留するといっても、いつまでも結論を先延ばしにすることはできません。では具体的に、内定保留はどれくらいの期間可能なのでしょうか。

また、それにより、どのようなリスクがあるのでしょう。

内定保留の目安は一週間

calendar_660670_1920

内定保留の目安は、大体一週間とされています。

ただし全ての企業が内定保留に応じてくれるわけではありません。

企業によっては待ってもらえないこともあり、その場で返事をするように求められる場合もあります。

ただしこれは珍しいケースで、一般的には「一週間ほど考えるお時間をいただきたいのですが……」と正直に伝えれば、大抵の企業はこれを承諾してくれます。

一週間以上保留したい場合

january_2290045_1920

では、もしも一週間以上内定保留をしたい場合にはどうすれば良いのでしょうか。

期間にも寄りますが、それだけの期間内定を保留したい事情を、正直に話すのが最も確実です。

他の企業の選考結果が出てから決めたいというのであれば、そう伝えた方がいいですし、田舎の祖父母に相談したいと思うのであれば、やはりそう伝えた方がいいでしょう。

内定保留を受けている企業としても、候補者が自分の会社に入ってくれるのか、他の会社に行ってしまうのか不安で仕方がありません。

お互いが疑心暗鬼にならないためにも、誠意のある対応を心がけて行動することが大切になります。

内定保留を申し出る際の流れ

次に、内定保留を申し出る流れをご紹介します。

電話、またはメールで伝える

伝えるのはどちらでも構いません。

ただしその場で内定を言い渡された場合には、可能な限り口頭で伝えるようにしましょう。

それ以外の場合は、メールの方が十分に準備や見直しができるので、電話よりもオススメです。

内定保留の連絡と、理由の説明

メールや電話の中では、先ず内定保留の意思を伝えます。

この部分が連絡の要件にあたることなので、なるべく早い段階で簡潔に伝えましょう。

内定保留の意思を伝えたら、その次にその理由を話します。

この部分もあまり時間をかけすぎず、わかりやすく伝えるように心がけてください。

そして内定保留についての話でも、あくまでその企業への興味や、志望度の高さはあるということを上手に伝えましょう。

ただし、よく見られようとするあまり嘘をついたりするのはダメです。

正直に理由を伝えて、丁寧な対応で正直に話をするようにしてください。

最終的にいつ頃返事が出せるのかの説明

内定保留の意思と、その理由を伝えたら、最終的な結論を出せる時期について説明します。

この部分を伝えなければ、向こうとしてもいつまで保留すればいいのかわかりません。

期間は既に述べた通り、大体一週間程度が一般的とされています。

内定保留のメール例文

株式会社○○ 人事部 △△様

お世話になっております。

内定のご連絡、ありがとうございます。

大変嬉しく思っているのですが、お返事をするまでに一週間ほど猶予をいただければと考えております。

面接の中でもお話ししたように、他社の選考結果についても待っている状態で、それらの結果が大体一週間ほどで出るため、その後にお返事をさせていただきたいと考えております。

大変ありがたいご連絡をいただいておきながら恐縮なのですが、×月□日までお返事をお待ちいただくことは可能でしょうか。

宜しくお願い致します。

就活大学面接科 就活太郎

内定保留をしたことで生じるリスク

balance_2121323_1920

内定保留をすることで、思わぬ結果を招くということもあります。

極端な場合、内定保留を理由に内定が取り消されるというケースもあるでしょう。

ですが普通に内定保留の意思を伝えただけではこのようなことにはなりません。

企業への連絡が遅れたり、歯切れの悪い話し方をしたり、返事を出す時期を伝えなかったりした場合に起こることの多いトラブルだと理解しておきましょう。

こういったリスクを回避するためにも、内定保留をする場合にはなるべく早期に連絡をすることが大切となります。

早い段階で連絡を行い、先程述べたような順序で説明をすれば、余程の問題がない限りは内定取り消しなどの事態には陥りません。

保留をすることを恐れ、返事を有耶無耶にしていても良いことは何もありません。

内定を受けるか断るか悩んでいる場合には、とにかくその旨を企業側と共有することが大切となります。

就活が始まると、こういったシチュエーションに遭遇する可能性はままあります。

だからこそ、実際そうなる前に、正しい段取りを把握しておきましょう。

内定保留を断られた場合

woman_2435605_1920

どれだけ丁寧に連絡をしても、企業によっては内定保留を断られることもあります。

稀なことですが、もしも内定保留を断られた場合には、しっかりと契約書などの書類を読み込みましょう。

その上で問題がなく、企業に対する志望度も高いのであれば、思い切って内定を受けるのもありでしょう。

契約書に書かれていることや、それ以外でも不明な部分があったときは、担当者に問い合わせるようにしてください。

時間がないときだからこそ、疑問を残さないようにするのも大切です。

その上で納得できなかったり、返事をしてもらえなかったりした場合には、残念ですが縁がなかったと考え、断るという選択肢もあるでしょう。

一生にも大きく関わる選択なので、軽率に決めないことが大切です。

終わりに

stop_863665_1920

内定保留は特別なことではなく、多くの就活生が当たり前に行っていることです。

一生働くことになるかもしれない会社選びですから、真剣にじっくりと考えるのは当たり前のことです。

ただしその際には、今回ご紹介したように、誠意をもって丁寧に相手側に保留の意思を伝えることを心がけてください。

そのようにすれば、企業側も理解を示してくれる可能性が高くなります。

内定が欲しい方へ
就活市場会員限定の特典
  1. 1.大手企業内定者推薦、就活の攻略資料プレゼント
  2. 2.内定率92%の、就活アドバイザーが徹底サポート
  3. 3.特別選考ルートのイベント情報を提供!その他多数

会員登録で内定に近づく
(無料)

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ