面接対策。「最近読んだ本」に関する質問への答え方

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

面接でよく聞かれる質問の一つに「最近読んだ本を教えてください」というものがあります。普段あまり本を読まない人には答えにくい質問ですよね。答えることで悪印象を与える本などもあるかもしれませんし、どのように答えるのか難しいところです。最近読んだ本の答え方や、読んだ本が相手に与える印象について調べてみました。

最近読んだ本の答え方

最近読んだ本について調べる場合には、順序立てて答えていく必要があります。以下のような順番を一つの例として、参考にしてみてください。

先ずは書籍名と著者名

自分がどんなタイトルの本を読んで、その本が誰の書籍なのかを伝えましょう。メジャーでない場合は「〇〇という名前の歴史小説です」や「〇〇という推理小説で、△△という作家さんが書いています」など、補足を入れてあげても良いでしょう。

その本を手に取ったきっかけ

タイトルと著者を伝えたら、自分がどうしてその本を読もうと思ったのかというきっかけを話してみてください。「興味があったから」や、「人にオススメされたから」など、きっかけとなる部分を伝えることで、相手も流れを把握してくれます。自分がそのジャンルの本が好きなのか嫌いなのか、普段から読むのかどうかということも、このタイミングで話しましょう。

その本から得た学び

その本を実際に読んでみて、何を感じたのか、何を得たのかということを最後に伝えます。「面白かった」「つまらなかった」という淡白な感想ではなく、自分の感性や価値観を上手に伝えられると良いです。

本のジャンル別の答え方

続いて、最近読んだ本として答えた本が、面接官にどのような印象を与えるのかということをご紹介していきます。

ビジネス書

ビジネス書を答えることで、仕事に対する関心や、興味というものを相手に伝えることができます。志望している企業や業界に関連しているビジネス書であれば、より効果も高くなるでしょう。その本の内容をきっかけに、面接官に何か質問をしても良いかもしれません。

歴史小説

歴史小説は、若い人にあまり読まれないことから、教養の高さをアピールすることができます。司馬遼太郎などは、ファンの年齢層も高いので、面接官も好きだった場合には話が弾むかもしれません。

古典文学

古典文学は、この質問に対する問いとしては置きにいっている感じもありますが、堅実に読書好きをアピールすることができるはずです。

ただし「その作家の他の本はどうですか?」など追加の質問をされることもあるので、一冊だけ就活対策に読むのではなく、何冊か読んでみると良いかもしれません。

同じ作家の別の作品や、同じ時代の別の作家などと比較した意見を口にすることで、感性の豊かさを上手に伝えられるでしょう。

注目の本

書店などで話題になっている書籍もオススメです。流行に敏感な印象を与えられるので、好印象を抱かれる可能性も上がります。

また、自分で本を選べないという人でも、書店の新刊コーナーから適当に選ぶことができるので、普段本をあまり読まないという人には良いかもしれません。

漫画を答えるのは?

最近読んだ本というのは、基本的に漫画以外を指してされる質問なので、漫画を答えるのは極力避けた方が良いでしょう。

しかし、その漫画から本当に大きな影響を受けた場合や、どうしても答えたいという場合には、思い切って漫画と答えるのも一つの手でしょう。

その際には、漫画を答えてしまって申し訳ないという態度ではなく、どうしてもその漫画のことを語りたいという勢いで話すように心がけてください。

終わりに

日頃はあまり本を読まないという人でも、就職活動の一部として、一冊は何かの本を読むようにしてみてください。その際には、今回ご紹介したようなポイントも参考にしつつ本を選ぶと、就活にも良い影響を与えるかもしれません。

内定が欲しい人以外は見ないでください
  • 就職活動の攻略本「就活ハウツー本」
  • 先輩の体験談も盛りだくさん「就活ストーリー」
  • 内定率は驚異の92%!「就活アドバイザー」
  • 5分で作れる「かんたん履歴書メーカー」
  • あッという間に内定GET「就活市場エントリー」
  • イベント参加で有利に就活「就活市場イベント」
  • あとで読み返したい記事は「お気に入り登録!」

今すぐ確認する!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ