ガクチカで留学経験を話すのは本当に強力なアピールになるの?を徹底検証!

【ガクチカで留学をアピール】はじめに

留学経験をされているあなたは、やはり留学経験をガクチカとして話したいと考えますよね。

ただ、実際に留学経験を書くとなると、どうやって書けばいいかわからない方が多いようです。

そのため、就活市場から留学経験をガクチカとして書く際のポイントや注意点を紹介します。

こちらを参考にあなたの留学経験を最大限にアピールしていきましょう。

こんな方におすすめ!
  1. 留学経験をガクチカで伝えたい方
  2. 就活で留学経験が有利になるかどうか知りたい方
 
留学経験をする大学生が増えてきているが、実際に就活で魅力的に伝わるガクチカにできている就活生は少ないようです。

この記事を読んで、あなたも就活で留学経験を魅力的に伝えられるようにしましょう。

【ガクチカで留学をアピール】留学を書くことで他の学生から差をつけられる?

ガクチカに留学を書くことで他の学生から差をつけれる?

留学経験をしたという事実だけで、他を圧倒できるようなガクチカにはなりません。

OECD、ユネスコ、米国国際教育研究所(IIE)等の2015年統計によると日本人の海外留学者数を集計したところ、54,676人もいました。

つまり単純に留学をしたというライバルが5万人強いるということは、留学経験自体はあまりすごくないのです。

とはいえ、アルバイト経験などと比較すると大学生全員が留学をしているわけではありません。

文部科学省の調査によると2015年の大学卒業者数は約56万人です。

また、先ほど述べた54,676人には大学生以外もいますが、単純計算で留学している大学生の割合は約10%です。

他の9割の学生とエピソードがかぶらないというのは、十分武器になるともいえるでしょう。

参照元:新卒採用サポネット2015年総括

つまり、留学をしているとガクチカのエピソードになりうることは、多いのも事実ではあります。

ただし後で述べますが、

  1. そこから何を学んだのか
  2. その後どうなったのか

が重要です。

ここからは、留学経験をより具体的に見せるためにはどうすればいいのか?という点に触れていきます。

【ガクチカで留学をアピール】企業が留学経験で見ているポイント

ガクチカで企業が見ているポイントがさまざまあります。

しっかりとポイントを押さえてガクチカ対策をしましょう。

目的を明確にして留学したかどうか

短期留学や語学留学、大学留学など、海外で学ぶ理由はさまざまです。

企業はその人が留学した目的についてチェックします。

留学を実現するには、海外で生活するという決断や一定期間滞在するのに必要な時間とお金が必要です。

そこまでして留学したい理由は何だろうということを、企業は知りたいのです。

留学するときに目的を明確にすることが大切と言われていますが、それは目的がないと方向を見失って、ただダラダラと留学期間を過ごす可能性が高くなるからです。

企業が目的を明確にして留学したかどうかを見るのは、目標を明確にし、それに突き進むような積極的な人材なのかどうかを見極めるためでもあります。

現地の人とコミュニケーションが取れていたか

現地の人と交流がなくても留学はできます。

ですが、現地の人とろくに会話もせずただ滞在するだけでは、外国語を使うスキルやコミュニケーション力は養われません。

企業としては、スキルアップのチャンスを逃すことや人との交流をあえて避けるような人材は採用したくないというのが本音です。

企業は現地の人と積極的にコミュニケーションを取っていたか、留学前とあとでは語学力の向上が感じられたかといった点をチェックします。

面接では、留学生活について、現地の人とのコミュニケーションをよく取っていたことがわかるエピソードをたくさん披露する人は、それだけ有利になると考えてよいでしょう。

留学で何を得たのか

留学を通して得たことを明確にして伝えることは、とても重要です。

企業はその得たものが、企業にとって役立つかどうかを考慮するからです。

留学では、日本では体験できないような、さまざまなことに出会える機会が多くあります。

時には体験したことがたくさんありすぎて、どれをアピールしたらよいか迷うことがあるかもしれません。

企業が知りたいのは、企業にとって有益になるかどうかということですから、アピールすることで企業に役立つかを考えると選びやすくなります。

たとえば大学留学時代、プレゼンテーションのゼミを受講することで、パワーポイントの使い方から英語での解説、相手によく伝わる言い回し方法といったスキルを得たとします。

これらのスキルを留学で得たとアピールした場合、海外のクライアントとの交渉に役立つかもしれないと、企業は判断する可能性が出てくるのではないでしょうか。

留学で何を得たかを明確にするには、普段から自分で学んだことを頭で理解するクセをつけておくことがポイントになります。

【ガクチカで留学をアピール】留学を書く際エピソードの選び方

ガクチカに留学を書く際エピソードの選び方

ガクチカに留学を書こうとなった際に一番やってしまいがちなのが、

  1. 語学力
  2. 異文化コミュニケーション
  3. 困難に立ち向かう力

という三点セットをすべて盛り込むこもうとすることです。

たしかに留学三種の神器ではありますが、あまりにも詰め込もうとすると、内容がちぐはぐな感じになります。

特に人事からすると留学=先述した三点セットというパターンは、正直見飽きているでしょう。

人事も何となく広く薄いエピソードが読みたいわけではありません。

語学をアピールしたいならTOIECでいうと700点はいる

当たり前の話ですが、何かをアピールしたい場合には、明確な結果・実績が必要です。

つまり、受賞資格点数が伴わなければ駄目です。

留学で一番アピールしやすいのが、言語の試験結果になります。

よくあるTOIECでは、700点はないとアピールポイントにはなりません。

北海学園生活共同組合調査によると、NTT東日本、ファーストリテイリングなど大手企業は、TOEICを採用基準においており、その点数がまさに700点以上です。

つまり、こういった大企業の中には700点を上回っていないと採用基準にさえ乗らないことになります。

ただし、留学していない学生でも700点をマークしておいてほしいということも含まれます。

留学経験を上記のような大手企業にアピールする際は、700点以上よりもさらに上の得点をマークしておいた方がいいかもしれません。

参照元:留学と就活とTOEICの関係について

困難に立ち向かう力や異文化コミュニケーション

もちろん、先述した困難に立ち向かう力異文化コミュニケーションも立派なアピールポイントです。

ただし、全てのエピソードを盛り込むのではなく、ピックアップして深い話をしていくほうがいいでしょう。

例えば、

  1. 現地でワーホリをして、クレーム客にも互角に渡り合い論破したことがある
  2. ディベートサークルに入って様々な国の学生と討論し、最後にはお互い仲良くなってシェアハウスまで行った

などです。

具体的でディープな事例であれば興味を持ってもらう確率は高くなります。

留学での大きな功績などあればその功績について書く

TOEICの時と同様、具体的な功績があればそちらをピックアップしてアピールするようにしましょう。

  1. クラスの中で上位◯%に渡される優秀賞に選ばれた
  2. 論文が表彰された

など留学をした学生の中でも目立った功績があれば大きなアピールポイントにつながります。

留学中のエピソードは多いと思うので、すべてのエピソードを書き出す

上記のようなエピソード大きな功績がすぐには思い浮かばない方もいるかと思いますが、そこで絶望しなくても大丈夫です。

正直、上記のような例は次々に出てこないものです。

また、留学生活というものは、自分でも気づいていないほど密な経験をしているものです。

一度留学を振り返ってすべてのエピソードを書き出してみましょう。

自身が一皮向けた経験勉強になった体験など何かしら出てきます。

それを深掘りしていけばきっと立派なアピールポイントになるはずです。

エピソードを洗い出す際にモチベーショングラフを使用するのをおすすめします。
https://shukatsu-ichiba.com/article/12663

【ガクチカで留学をアピール】留学をガクチカに!エピソードの書き方!組み立て方

留学をガクチカに!エピソードの書き方!組み立て方

それでもなかなかエピソードが思いつかないという方もいるのではないでしょうか。

具体的な例文付きでエピソードを見てみましょう。

自分ではエピソードにならないと思っていた体験も、書き方次第では、エピソードになるという気づきがあるはずです。

企業が求めているガクチカの書き方

その前にまず大前提の話ですが、企業が学生に求めているガクチカの書き方というのはどういうものでしょうか。

それは、

  1. 結論
  2. 動機
  3. PDCAを回したこと
  4. それによって自分が得たもの

という循環がちゃんと回せているかということです。

なぜこれが大事かというと、結局社会人になって成長できるかどうかもこのサイクルを回せることが重要だからです。

未知の壁にぶち当たっても自分で試行錯誤をしてそれを突破し、さらにそこから何を学べるか成長速度が大きく変わってきます。

語学力があがったエピソード

語学力が上がったエピソードは、留学経験として一番書きやすいのではないでしょうか。

もともと留学の主な目的は、語学力を上げることですので大変綺麗なエピソードになりやすいです。

例としてこのようなエピソードがあれば使えます。

例文

留学経験があるのですが、留学中に地元の人のクセも聞き取れるほどの互角力を身に着けたいと努力したことがあります。

いわゆるテストでは点数を取れるようになっていましたが、せっかく留学した先の地元についての理解をもっと深めたいと思っていました。

そのためにもっと地元の人と仲良くなってみたいと考えたのです。

そこで思い切って地元の人が多く通うクラブに顔をだすようにしました。

地元の人と仲良くなってしゃべる機会ができれば、自身の語学力がよりネイティブに近づくのではと考えたのです。

しかし案の定なかなか仲良くなれません。

そこで日本で自分が外国人と仲良くするとき、どんな外国人と仲良くするだろうかと考えました。

思い当たったのが片言でも面白い日本語、たとえばスラング的な方言を言ってくる外国人は、可愛げがあることを思い出しました。

そこでネットなどで必死に検索し、地元の人が喜びそうなスラングをいくつか覚えて、積極的に話しかけるようにしました。

そこからトントン拍子で仲良くなり、交流する機会も増え、飛躍的に会話力が向上したのを覚えています。

あのときに語学力ではなく、人の懐に入る方法についても大きな学びを得ました。

留学中に起きた困難な事柄を乗り越えた経験

留学したからこそ遭遇した困難な事柄を乗り越えた経験がよいエピソードになるでしょう。

留学中の困難な状況で多いのが、ホストファミリーとの体験ではないでしょうか。

もともと赤の他人なうえに外国人ですので、すぐに気が合うこと生活が合うことはごくまれです。

誰しもが大きな壁を超えてようやくホストファミリーとの絆を築きます

実は、最後までホストファミリーと馴染めずに帰ってくる人も多いのです。

ですからもしあなたがホストファミリーと良好な関係を築いているのであれば、それは大きな武器になります。

最初に出会ってから今まであったことを、細かく洗い出して文章化してみましょう。

努力による成果を乗り越えた景観を一つずつ例文にしてみよう

上記のようなエピソードなどは、何かを乗り越えたときのものです。

一度、時間を作って自分が苦労した瞬間、それを乗り越えた景観を思い出してみてください。

それを一つずつ例文にすることで自分の中でしっくりするエピソードが出てくるはずです。

【ガクチカで留学をアピール】留学のガクチカのエピソードが決まったら

留学のガクチカのエピソードが決まったら

これで話すエピソードも決まったし、心配もないと思ってはいけません。

なぜなら面接官は、あなたの思い出を聞きたいわけではないからです。

留学経験は、数年ある大学生活のエピソードの1つであり、全てではありません

留学経験のエピソード以外にも留学に関わる細かい点を突かれたり、角度を変えて説明させられたり、もちろん留学以外についても様々な質問をされます。

留学経験だけにとらわれず、準備をすることをオススメします。

留学の目的の明確化

よく深掘りされるのが、留学自体の目的です。

例えば、「語学力を上げたかった」と答えた際に「では留学ではなく、国内の語学学校に行けばよかったのでは」とか、「大学の授業で勉強すれば十分身についたのでは」という質問が飛んできたらどうしますか。

目的自体が浅いと考える方が多いと思います。

なので、しっかりと留学の目的がなんなのかをさらに深掘りする必要があります。

英国の公的な国際文化交流機関であるブリティッシュ・コウンシルによると、2014年に留学した日本人の留学理由については、

  • 1位が「語学力の向上」
  • 2位が「海外旅行をしたかったから」

と回答したと言っています。

参照元:留学経験のある学生は留学経験のない学生よりも将来を楽観視

留学は、費用も時間も馬鹿になりません。

面接官としては、留学をガクチカとする学生が留学した理由が正当なものだったのかというところは、大いに気になるところなのです。

ここは、きっちりと準備をしていくことをオススメします。

例えば、

  • グローバルに活躍する人材になるために、異文化を生で体験したかったから
  • 実践的な語学力を身につけるために、ワーホリを経験したかったから

などは、海外に行った理由としては非常に納得いくものにはなりやすいですね。

自分の変化について

留学エピソードのみならず、今までの人生で起きた自分の変化についても質問されることが多々あります。

面接官としては、候補者がどんな苦労をして、それをどう乗り越えたのか、そして今後社会に出ても壁を乗り越えられる人材なのかを見極めたいわけです。

これに関して、留学経験はよいエピソードになりますが、加えていくつか壁を乗り越えたエピソードを用意しておきましょう。

各節目節目(小学校、中学校、高校など)でそれぞれ用意しておくことをオススメします。

変わる前の自分変わった自分主観と客観交えて明確に答えることができればばっちりです。

留学先の国を選んだ理由なども聞かれやすい

留学先の国を選んだ理由も非常に聞かれやすい点です。

先述したことにつながりますが、面接官は、あなたの思考力を見ています。

すべてにおいてその理由具体的な事実を知りたいのです。

例えば、中国を選んだ理由を聞かれた場合、以下であれば非常に綺麗です。

例文

中国は世界的に見ても経済成長は著しく、中国人は世界中に点在しているので、中国語を学ぶことでよりグローバルに活躍できる人材になれると考えたからです

【ガクチカで留学をアピール】内定に近づくガクチカの構成例

留学経験のある学生はそれだけで就活に有利だといわれる時代もありましたが、現在では留学すること自体それほど珍しいことでもなくなり、「どこどこへ留学経験があります」といった事実だけで学生の評価が変わるということはありません。

では、志望する企業から内定をもらうためには留学をどのようにアピールしていくのが効果的なのでしょうか。

ここでは内定に近づく「ガクチカ」の書き方について留学を例にとって紹介していきます。

結論:私は学生時代、留学をしてました

履歴書やESで留学経験をアピールする場合、まずは留学をしていたという事実を冒頭で伝えましょう。

具体的には「私は学生時代、一年間にわたって○○へ留学をしました」というように書き出します。

なぜ最初に書くのかといいますと、これからどんな内容について話をするのかを明確にすることで文章を読む採用担当者に対して興味を持ってもらうためです。

採用担当者は選考期間の間に数え切れないほどの履歴書やESに目を通さなければなりませんから、内容が曖昧で分かりにくい履歴書はスルーされてしまいます。

しっかりとした印象を与えて「面接でもっと詳しい話を聞いてみたい」と思わせるためには書き出しで相手の心をつかむことが大切なのです。

理由:留学した理由は〇〇です

次に伝えることは留学を決意した理由です。

具体的な理由を伝えることで自分がどのようなことに興味があり、どのような考えを持った人間であるかをアピールすることができます。

たとえば「貴社の業務は中国との取り引きが多く、中国語をマスターすることで貴社に貢献することができると思い留学を決意しました」ということを書けば、志望する企業に対する熱意をアピールすることができますし、入社後の配属部署の決定など将来のキャリアプランにつなげることもできます。

また、「宇宙の分野ではアメリカの○○大学がもっとも進んでいますので、その大学で学ぶために留学をしました」と書くことで向上心や行動力があることもアピールできるでしょう。

自分がどのような人間か知ってもらうためにも、留学の理由を明確にしておくことが大切です。

エピソード:私は留学中に〇〇ということがありました

留学のことを書くときには「日常会話レベルの中国語なら問題なく話せるようになりました」とか「TOEICで850点を取ることができました」といったように、どうしても語学力アピールになってしまう人がいますが、これはあまりよくありません。

留学について書くときは、「留学中にどのような経験をして、その結果としてどのような成長をすることができたか」について説明するほうが効果的です。

そのために、まずはエピソードの大まかな概要を書くようにします。

たとえば、最初のうちは言葉が分からずに現地の人たちと十分にコミュニケーションを取ることができなかったことや、ホストの家族となかなか打ち解けることができなかったことなどです。

問題:その経験で〇〇という問題に直面しました

エピソードについての概要を書いたら、次にその中でどのような問題に直面したのかについて詳しく説明します。

上記の例でいえば「店員と上手くコミュニケーションできず、注文したものと違うメニューが出てきた」、「ホスト家族と顔を合わせるのが辛くて部屋に閉じこもってばかりいた」といったことです。

行動:私は〇〇と考え、〇〇を行いました

ホスト家族と良好な人間関係を構築すためにどんな努力をしたのかなど、直面した問題に対してどのような行動を取ったのかについても可能な限り具体的に説明するようにしましょう。

仕事でも課題に直面することはあります。

そのときにどのような行動を取る人間であるかを説明することは、採用担当者に入社後の具体的な姿をイメージさせるいいチャンスです。

言葉や文化の壁を乗り越えるために自分から積極的にアクションを起こせる人は高い評価を得ることができるでしょう。

結果:その結果、〇〇となり、〇〇に大きく貢献しました

エピソード部分のまとめとして、直面した課題に対して自分なりのアクションを起こしたことで結果的にどのようなことを学んだのか、どのような成長が見られたのかについても必ず記入しましょう。

新卒の採用についてはポテンシャルを重視する傾向が強く見られるため、成長力をアピールすることは内定を勝ち取るためにとても大切です。

何らかの課題に直面したときに、そこから一つでも多くのことを学び取ることができる学生こそ成長力があることの裏付けとなるわけですから、留学を通して成長したことは就活において大きな武器になるでしょう。

結論:その経験を生かして貴社では〇〇で貢献していきたいと考えております

最後の部分では、留学経験によって学んだことが会社の中でどのように生かせるのかを書きます。

企業がどのような人材を欲しがるかといえば、究極的には「会社の業績に貢献することができる人物」ということになります。

留学経験で学んだことと入社してからの会社に対する貢献をリンクさせなければいけません。

「言葉や文化の異なる中でのコミュニケーションのとり方を学んだことで、さまざまな人と良好な人間関係を築くことができるようになりました。

この経験を生かして営業部門で活躍したいと思います」といったように書くと内定に近づくことができるでしょう。

【ガクチカで留学をアピール】就活で留学経験を話す際の例文

語学力をアピール

留学の魅力は何と言っても語学力の習得・向上です。

もちろん面接官も語学力を期待します。

実際にアピールする際の例文を見ていきましょう。

「私の強みとしては、1年間カナダへ語学留学して得た英語力があります。

大学の入学当時から英語を話せるようになりたいと思い、留学を目標としていました。

実際に1年間カナダへ留学し、帰国後のTOEICのスコアは890点を取りました。

帰国後は、留学で得た英語を活かして留学生のサポーターや海外ボランティアに積極的に参加しました。

御社で働くことになったらこの経験を活かし、海外でのカスタマーサポートなどの語学が必要な部署で活躍できると思い志望いたしました。

地元住人との交流をアピール

留学ではホームステイや留学先の先生・友達、さらには部屋の住人までありとあらゆるところで地元の人との交流があります。

そこでの経験をアピールしたいときの例文を見ていきましょう。

「私の強みは、1年間の留学の際に地元の住人の方々と交流してきたことです。

今でもSNSを使って連絡を取っており、今年の夏には再び会いに行く友人もいます。

留学の最初は、異国の地と言葉が通じるかの不安が重なって、人と話すことさえもできませんでしたが、いつも隣の席にいた地元の学生の方がとても優しく、拙い言葉でも理解してくれようとしてくれました。

それがきっかけで、失敗を恐れないでもっと積極的に話していこうと思い、いろんな方と話すようになりました。

留学の終わりの方になると、自分の語学力も上達して友達と楽しく会話できるようになってきたので、家の周りの住人の方々ともご飯を食べに行くほど仲良くなりました。

これを活かして、仕事でも社内の方々はもちろん、社外の方々とも積極的に交流して御社に貢献できると思っています。

留学までの準備でアピール

留学中は勉強をしていてほとんど特筆すべき内容がないという方は、留学までどのように準備してきたかをアピールするのもいいでしょう。

では、例文を見ていきましょう。

私の強みは、留学までの入念な準備をして、留学をとても有意義な経験にしたことです。

留学をすると決めてから、大学の留学した先輩からの体験談や留学セミナーの講義を積極的に聴いて、計画を立てていきました。

必要なスキルにTOEICのスコアがあったので、毎日大学の授業が終わってから英語を勉強しました。

その結果もあって、奨学金を得て留学することができました。

更には、留学先の国や大学についてもしっかりリサーチをしたため、留学先ではその国の文化について話し合うことができ、友達もたくさんできました。

御社で働くときはこの経験を活かして、プロジェクトや企画に携わるときに入念な準備を積極的に行えると思います。

【ガクチカで留学をアピール】まとめ

留学は、唯一無二のガクチカエピソードにはなりませんが、まだまだ留学者が少ない日本の就活においては強力な武器になりえます。

ただし、留学の理由留学先での経験については、深掘りされることが多いのできちんと準備をして挑みましょう。

これができればあなたにとって留学が非常に心強いガクチカになるはずです。

就活市場では、留学以外にもアピールポイントとなるガクチカの回答例から、その他就職活動で役立つ情報を多く掲載しています。

今からでも他の就活生との差をつけるために、情報収集に励んでみませんか?

 
以上、よく聞く留学アピールは本当に強力なガクチカになるの?を徹底検証!…でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ