志望動機を書こう!あなたの志望する業界別の例文集

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

志望動機は就活で重要な項目の1つになります。ただ、しっかりと業界研究、企業研究をしないと書けないので苦手な人も多いと思われます。そこで、この記事では業界別の志望動機例を紹介しますので、あなたの志望業界を見つけ、例文を参考にあなたの志望動機を作成しましょう。

志望動機の書き方

志望動機を書かなければいけないけど、「何を書けばいいのかわからない」「どんな内容の志望動機が企業のウケが良いのか」とあなたも悩んでいませんか?0から書き始めるのは難しいので、この後紹介する業界別例文を参考にしてあなたの志望動機も考えてください。

商社の志望動機

商社は誰もが憧れる大人気業界になります。ただ人気だけあってかなり内定までの道のりは険しくなります。何万人と応募してくる中からあなたは狭い枠に入ることができるでしょうか?さらに、商社=かっこいいというイメージだけで選考を受けてしまうと必ず落ちてしまいます。

そのため、専門商社と総合商社に分かて志望動機の例文を紹介していきます。

総合商社の志望動機

総合商社は誰もが知っている7大商社を筆頭に人気企業ランキングの常に上位を占めています。なので、どの業界よりも内定への道は熾烈になります。しっかりとあなた自身が総合商社のことを理解して志望動機の作成を行ってください。

専門商社の志望動機

専門商社は、総合商社よりも人気は低いものの他の業界に比べると高倍率な業界になります。また、専門商社は扱う品目が総合商社よりも少ないため、より企業研究が肝になってきます。

あなたもしっかりと企業研究をしながら志望動機を書くようにしてください。

メーカーの志望動機

日本のメイン産業であるものづくりを行っているメーカーは特に理系には人気の業界になります。自動車や電機メーカーなど理系の中で人気の業界は商社と同等の高倍率になります。そのため、「御社の製品が好きで志望しています」などと言ってしまうと内定からかなり遠ざかってしまいます。

しっかりとなぜその会社じゃないといけないのかを考えて志望動機を作成していきましょう。

自動車メーカーの志望動機

自動車メーカーは世界一であるトヨタを筆頭に日本の主要産業になっています。ただ、自動車が好きだから自動車メーカーに就職するだと志望動機として甘いのでしっかりと自動車メーカーに就職してどんな仕事がしたいのか、その理由もしっかりと考えて志望動機を作成することが内定への近道になります。

総合電機メーカーの志望動機

総合電機メーカーは安定した売上を上げ続けているため、就活生にとっても人気の業界です。ただ、志望動機で安定しているからと伝えてしまうとほぼ100%落ちてしまうので、その会社がどんな製品を扱っているのか、他の会社との違いなども明確にし、志望動機を作成するのをおすすめします。

化粧品メーカーの志望動機

女性は化粧品を必ず使用しますよね。化粧をしていく中で化粧品メーカーで働きたいと思う方が多く、女性人気の高い業界になります。ただやはり人気の業界のため、ありきたりな志望動機だと見向きもされない可能性もあるため、しっかりと対策をして志望動機の作成を行っていってください。

金融業界の志望動機

金融業界は人気であるが、その分同じような志望動機をもってくる就活生が多く、他の学生との差別化が難しくなってきます。また、日頃使用する銀行と違い、生命保険、損害保険や証券会社などはサービスの詳細などを把握しにくい部分になりますので、志望動機を書くのが難しくなってきます。

そのため、あなたが金融業界を志望するなら、まずは金融業界がどんな業界なのかをしっかり理解し、無形営業で力がつくからではなく、その会社でなければいけない理由をしっかりと作成することで、他の人とあなたの志望動機の差別化を行うことができます。

食品業界の志望動機

人が生きていく中で必要な食事。なくてはならない業界なので志望する学生も多いです。ただ、食品業界の志望動機で「なくてはならないから」と言ってしまうと基本的に落ちてしまいます。そのため、しっかりと食品業界がどういうところなのか、志望する会社の強みがなんなのかをしっかりと把握しておきましょう。

不動産業界の志望動機

扱う金額がとてつもなく大きな金額の不動産業界なので、営業力を身に着けたいあなたにはうってつけになります。しかし、「営業力をつけるために志望しています」だけ伝えても他のライバルとの差別化が非常に厳しいので、プラスアルファで志望動機に盛り込めると内定率もかなりアップします。

あなたの不動産への志望度を全力でぶつけられるように準備しておきましょう。

広告業界の志望動機

広告業界は無形営業になるため、営業力を身につけることができます。また、企画やマーケティングを行うためかなり華やかな業界になります。だからこそ競争率が高いため、「企画がしたいから」「マーケティングがしたいから」と志望動機で伝えるとかなり弱くなってしまいます。

まずは、広告業界の仕事内容をしっかりと理解し、あなたがなぜ広告業界を目指しているのかをはっきりとさせましょう。

IT業界の志望動機

世界的に急成長中のIT業界ですが、実際に大学中にITに関して経験している人はごくわずかです。そのため、どんな仕事をするのかを理解している人が少ないです(パソコンをカタカタしているようなイメージが多いです)。未経験でも採用してくれる企業はかなりありますので、あなたがIT業界に就職を考えているならば、「なぜITなのか」という部分を明確にしてから志望動機を作成するようにしましょう。

鉄道業界の志望動機

就職先としては少しニッチな鉄道業界なのですが、今電車はなくてはならないものなので、かなり需要はあります。また、鉄道だけでなく不動産やホテル、小売などを運営している場合もあるため志望動機を考えるのも一苦労です。

まずは、あなたが志望する企業をある程度絞り込み、そこから志望動機を考えるのも1つの手であります。

アパレル業界の志望動機

アパレル業界は女性に人気の業界になります。そのため、少ない内定の権利を勝ち取るためには生半可な志望動機では通用いたしません。ただ「服が好き」だからという志望動機ではなく、しっかりとあなたの熱意が伝わるような志望動機を考えて選考に臨むようにしましょう。

ブライダル業界の志望動機

ブライダル業界も女性人気なのですが、力仕事などもあるため男性が求められている現状を就活生はご存知でしたか?なので恥ずかしがらず男性が志望するのも問題ありません。

ただ、男性が求められているからと言って志望動機の手を抜いていいという話ではありません。しっかりとなぜブライダル業界じゃないといけないのかを明確にしておくことが内定への近道です。

ホテル業界の志望動機

女性に根強い人気のホテル業界ですが、なぜホテル業界を志望しているのかをしっかりと伝えられないと説得力のある志望動機にはなりません。さらにホテルで接客をする理由も明確にしておく必要があるため思ったよりもハードルが高くなります。

まずはあなた自身がホテル業界を目指したきっかけを思い出し、志望動機を考えるようにしましょう。

小売業界の志望動機

アルバイトで小売業界と関わることが多いためより身近な業界で志望する学生も多いです。ただアルバイトで経験している人はわかると思いますが、決して楽ではない業界なので、本当に小売業界でない理由を伝えられないと途中でやめてしまうと思われるため内定を勝ち取ることができません。

しっかりとなぜ小売業界なのかを過去の経験を折り込みながら伝えられるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?あなたの志望する業界の志望動機はこれで書けそうですか?

筆者としてはかなり情報盛りだくさんなのですが、もしあなたにとって情報が少ないと感じた場合は、こちらから問い合わせください。頂いた意見をもとに記事の修正を行わさせて頂きます。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「面接」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ