就活で「八方美人」を短所として伝えるには?ポイント・例文を解説

就活で「八方美人」を短所として伝えるには?ポイント・例文を解説

就活の面接時に聞かれることといえば、長所と短所の質問が定番ではないでしょうか。しかしどうやって質問の返答を考えればいいのか分からない、という声をよく聞きます。

そこでこの記事では八方美人という性格に絞って、面接での返答を考える時に押さえておくとよいポイントを解説しています。

この記事を読めば八方美人を短所として返答する時に、なにを意識してどのように答えればよいのかが理解できるので、面接官が満足する返答を考えられるようになるでしょう。また返答の例文もありますので、自分に当てはめて考えやすくなっています。

八方美人を短所とした場合の返答を考える時に、どのように返答をしたらよいのか分からないという方は、ぜひ参考にしてください。

八方美人の人の特徴

面接官が長所と短所を質問する理由は、当然何かしらの意図があります。八方美人を短所として返答する時に、面接官の意図を汲み取って答えるには八方美人について良い面も悪い面も理解しておくことが重要です。

まずは八方美人の特徴をしっかりと把握しましょう。

誰に対しても愛想が良い

誰に対しても分け隔てなく笑顔で接します。不機嫌なところはほとんど見せず、急なお願いや多少無理な頼みごとにも嫌な顔一つしないで引き受けるところも八方美人の特徴のひとつでしょう。

断ることが苦手なので頼みごとを安請け合いしてしまう傾向があり、あとで後悔することが多いようです。

相手に同情・同調しやすい

物腰は柔らかく相手の意見や考えを受け入れ、否定したり批判したりしません。ひとりひとりをよく見ているので、相手が心地良くなるような言動を取ることができます。

自分の考えや気持ちを抑えて相手に合わせる傾向があり、なにを考えているのか分からない人と思われることがあるようです。また同調が行き過ぎると相手によって言うことが変わるため、信頼を失い不信感を持たれる可能性があるでしょう。

人当たりが良く親切

常に表情は穏やかで話しかけやすいため、自然に人が寄ってきます。聞き上手で自分のことを話すよりも他人の話を聞くことの方が多いので、よく相談を持ちかけられやすいでしょう。親身になって相手が前向きになれるように答え、ネガティブな発言はあまりしません。

気配りの人でもあり、困っている人を見かけると率先して声をかける優しい人です。

就活で「八方美人」を短所とするときのポイント

面接官は短所の質問を通して、あなたの人柄や自社にとって適した人材なのかを見極めようとしているため、答える時は質問の意図に沿うように返すことが重要です。

返答のポイントを押さえ、面接で質問された時に焦らないように備えましょう。

「八方美人」がどう受け止められるのかを理解しておく

八方美人と一口で言ってもいろいろな特徴があるため、八方美人のどんなところが短所なのかを伝えないと返答としては不十分です。八方美人と答えるだけでは、真剣に短所と向き合っているのかと疑問を持たれる可能性があります。

八方美人がどのような印象を与えているのか理解することで、八方美人としての具体的な短所が見えてきます。

なぜ「八方美人」を克服したいのかを示す

仕事をしていればいろんな問題に遭遇します。起こった問題に対して冷静に分析し、適切な判断ができる会社にとって適した人材なのかを面接官は知りたいのです。

あなたが問題とする八方美人という短所について、どのように捉えどのように向き合っているのかを示し、あなたの分析力や問題に立ち向かう姿勢をアピールしましょう。

短所を克服するために具体的に実践していることを示す

八方美人という短所について考えを述べるだけでは、答えとしては不足しています。

問題に取り組む時に一番重要なのは、実際に行動に移すことではないでしょうか。具体的にどのようなことを実践しているのかを説明して、あなたの実行力や努力を伝えることが大切です。

「八方美人」を短所として伝えるときの例文

面接で短所の質問に答える時のポイントを解説しましたが、それでも上手い返答が思い浮かばないという方もいるでしょう。

八方美人の特徴の中で、短所となりやすいものを3つピックアップして例文をご紹介します。あなたに置き換えて面接の返答の参考にしてください。

例文「自分の意見が言えない」

自分の意見が言えないところが、私の短所です。相手に嫌な思いをさせたくない、他人に嫌われたくないという気持ちが強く、意見を求められても同意することがほとんどで、反対意見は特に言えません。

昔から意見を言うことが苦手で、小学校の時の学級会では当てられないように議長の子と目が合わないようにしていました。これでは良くないと思ったきっかけは、大学でのグループディスカッションの時に意見を言わず責められる経験をしたからです。

内観して自分のさまざまな感覚を意識するようにしたことと、その日の些細なことでも感じたことを日記に書いてアウトプットする練習を始めました。まだ率先して意見を言うことはできませんが、以前よりは言えるようになってきています。

例文「人に合わせてしまう」

私の短所は、人に合わせてしまうところです。頼まれごとや誘われると断れず、安請け合いして後で後悔する傾向があります。

改善しなくてはと感じたのは、大学の時に本当は入りたかったサークルがあったにもかかわらず、誘われるままに別のサークルに入りました。当然ですが楽しさを感じられず、自分の貴重な時間を無駄にしていると気づいたからです。

何冊も自己啓発本を読むうちに、まずは自分を大切にすることが重要であること、自分は何も言わないのに相手には私のことを察してほしいと都合よく考え、相手に甘えていたことに気づきました。

自分の気持ちや事情などを素直に言うように心がけていますが、急な誘いや相手が困っているのだろうと感じてしまうと、無理して引き受けてしまう傾向が未だにあります。

返事を保留にできる場合はすぐに返事をせず、少し考えてから引き受けるか断るかを決めるようにすることで後悔することが以前よりは減りました。

例文「誰にでも好かれようとしてしまう」

私の短所は誰にでも好かれようとして、あちらこちらで良い顔をしてしまうことです。克服しようと思ったのは、いろんなところで良い顔をしていたら、親友に距離を置かれたという経験をしたからです。

なぜ親友が離れていったのかを分析したところ、人の悪口を言うグループと無理して一緒にいて好かれようと話を合わせていたからだと気づきました。悪口を言うグループと笑顔で一緒にいる私に嫌気がさしたのでしょう。

そのようなグループにも好かれようとしていた理由は、嫌われたら今度は自分の陰口などを言われるのではと恐れていたからです。誰にでも好かれようと良い顔をしすぎると、最終的には大切にしたい人の信用を失うということを学びました。

それからは、いろんな人と接することができるのは長所としつつも、人と付き合う上で無理して付き合おうとしないことと、人との距離感を意識するようにしています。

「八方美人」を長所とする言い換え

短い面接時間の中で効果的に自己アピールするには、内容を一つに絞ることがポイントです。

例えば短所を「人に合わせてしまい主体性があまりない」と説明したとします。しかし長所の説明や自己アピールする時に「ひとつのことを一途に努力してきた」というような話をしてはつじつまが合わず、あなたのことが理解されにくくなります。

短所を長所に言い換えて返答に一貫性をもたせた自己アピールができれば、あなたのことが面接官に伝わりやすくなりますし、あなたも返答が考えやすくなるでしょう。

聞き上手・褒め上手である

八方美人の人はとても聞き上手で、相手を批判することなく寄り添うように話を聞きます。さまざまな人の意見に耳を傾けることができるのも、協調性が高い八方美人ならではです。相づちも上手なので、話す相手はますます八方美人の人と話したくなるでしょう。

褒め上手なのも八方美人ならではの良さでしょう。気配りができて細かなところにもいち早く感じ取れるからこそ、ちょっとした変化にも気づき褒めて相手を喜ばせられるのです。

柔軟性がある

洞察力や観察力があるため、その場の雰囲気や状況、相手に合わせて柔軟な対応ができるのも八方美人の長所のひとつでしょう。上司や先輩、目上の人はもちろんですが、後輩や年下の人の声も聞き入れる懐の広さを兼ね備えています。

沈着冷静でフラットに物事を考えられるので、臨機応変な対応も可能で行動も素早いでしょう。相手を尊重して気配りもできるため、サポート役は適任です。

他者に好かれやすい

人に対して警戒心があまりなく、自分から進んで相手に話しかける人懐っこい性格です。

分け隔てなく人と接し、困っている人や落ち込んでいる人などにも気づいて積極的に声をかけるので慕われやすいでしょう。八方美人の人は感情の起伏も穏やかで、とっつき難い印象がないのも好かれやすい要因です。

「八方美人」を短所として伝えるときのポイントを理解しよう

就活の面接で八方美人を短所として返答する時の重要なポイントを解説しました。

八方美人は短所と捉えられる傾向がありますが長所としてみることも可能ですので、両側面を理解し説明できるようにしておきましょう。短所の返答を考える時には、克服しようと思ったきっかけや克服するためになにをしているのかを伝えることがポイントです。

面接の時に質問され答えられなくて後悔することがないように、ポイントを踏まえた返答を準備しておきましょう。

そんな自己PRでほんとに大丈夫?
1人でわからない事はプロと2人で​。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ