業界別志望動機と例文。不動産編

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

オリンピックなどの影響を受け、都心を中心にして地価が高騰している昨今、不動産業界も就活生が見逃すことのできない業界の一つとなっています。実際不動産業界に興味を抱いている学生の割合は少なくありませんが、目当ての企業で内定を獲得するためには、完成度の高い志望動機が必要不可欠です。そして業界に対する理解も重要となってきます。そこで今回は、不動産業界とはどのような業界なのかということと、志望動機の書き方のポイント、実際の志望動機例をご紹介していきます。

不動産業界の概要

不動産業界とは、土地の売買や賃貸住宅の契約仲介、利用しなくなった土地の活用補助など、土地に関連する様々な事業を行う業界です。どういった事業を行うかは企業毎に微妙に異なりますが、経営規模が大きい程、様々な分野に手を伸ばしている傾向にあります。

不動産業を営むためには多種多様な資格が必要となり、それらは従業員単位でも求められることになるでしょう。資格を保有していなければ進めることができない手続きなども当然存在するので、入社前、或いは入社後に受験を促されることになります。

古い物件を買い取った後、リノベーションやフルリフォームをして売りに出すという手法も最近は流行っているので、物件売買だけではなく、そういった分野に対する理解も必要となってくるでしょう。

不動産会社は増え続けている

不動産コンサルティングや賃貸仲介、管理、不動産開発など種類は色々ありますが、不動産関連の企業は増加傾向にあります。そのため、志望動機を記入する際には、自分が数ある企業の中から、なぜその企業を志望したのかということを具体的に説明しなければいけません。

また、不動産業界の魅力の一つはインセンティブですが、その額も当然企業や細かい専門の違いなどによって変わってくることになります。

自分が不動産に関連するどういった仕事をしたいのか、そしてどれだけ稼ぎたいのかといったこととも擦り合わせつつ、入念に企業研究を行うようにしてください。

不動産業界の志望動機例(賃貸仲介)

例文

私は、利用者の物件契約に対する不安を解消したくて、御社に志望いたしました。

田舎の秋田を出て、東京で初めてアパートを借りた学生時代、私はとても心配でした。

変な物件をあてがわれないか、不当な契約を締結させられないかなどがその一例ですが、その理由は不動産業者の不親切な説明でした。

そんな中で「借り手は常に不安である」ということを前提とした御社の理念は深く共感できるもので、私もそういう視点から、お客様がわかりやすく、安心して物件探しができるお手伝いをしたいと考えています。

志望動機を書く際のポイント

次に、志望動機を記入する際のポイントをご紹介します。例文では書かれていなかった技術もあるので、自身で記入する際には意識してみてください。

結論をわかりやすく

志望動機を伝える際には、最も大切な結論をわかりやすく伝えるように意識してください。具体的には、結論を一番初めか、序盤に述べるという方法が有効です。実際就活生の多くはこのような構成で志望動機を記入することで、上手に主旨を面接官に伝えています。

キャリアプランを伝える

内定を獲得するための意気込みを語って終わりではなく、その後のことも重要になってきます。将来的にはどのような仕事を覚えたいか、どんな役所に就いて何処で働きたいかということまで伝えられると相手もイメージしやすいでしょう。

終わりに

不動産業界の注目度は今後益々上がっていくことが予想されます。直前になって準備をするのではなく、今回ご紹介したポイントを意識しながら、志望動機の作成など、早め早めに行うように心がけてください。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「面接」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ