これでバッチリ!業界別志望動機と例文~広告業界編〜

【広告業界の志望動機を書くコツ】はじめに

華々しいイメージのある広告業界は、就活生に人気の高い業界です。

しかし一方で、難関としても知られており、有名企業や大手企業での内定を獲得するのは簡単ではありません。

多くのライバルの中を勝ち抜いて、内定を得るためには志望動機が重要です。

今回は広告業界の概要と、志望動機を書く際の注意点、実際の志望動機例などをご紹介していきます。

これでバッチリ!業界別志望動機と例文~広告業界編〜

 【広告業界の志望動機を書くコツ】志望動機を書く前に広告業界のことを知ろう!

広告業界への就職を目指すなら、もちろん業界研究は欠かせません。

いきなり志望動機を書こうとしても、華やかなイメージや憧れしか頭に浮かんでこないようでは、書きようがないからです。

就活生の人気は依然として絶大な広告業界ですが、実際の内容はもちろん一口に語れるようなものではありません。

厳しくもあり、やりがいもあり、たとえ先輩たちから話を聞けたとしても、一人ひとり千差万別の感じ方があるはずです。

まずはそうした主観は置いておいて、客観的に業界の基本的な部分を押さえることで概要から学んでいきましょう。

 まずは広告代理店のことを知っておこう

広告といえばテレビCMを思い浮かべる人が多いですが、そこだけに憧れを持って臨むのも片手落ちです。

大学や専門学校でデザインや広告論、マーケティングを学んできた学生も少なくないでしょうが、広告業界といっても現在では実にさまざまな形態の企業があります。

業界を知るためには広告代理店を知ることが必須ですが、その業態はメディアの広告枠の販売です。

簡単に言えば、広告が出せる枠を、広告を出したい相手に売り、その手数料を得るのが基本のビジネスモデルとなります。

ただ、従来はそれだけの事業だったところが時代とともに変化し、実際に広告を制作する役割も担うようになったことが大きな転換を呼びました。

社内やグループ内に制作部門を持ち、広告制作と同時にクライアントの商品開発や企業・製品のイメージ構築なども手掛け、イベントプロデュースなども行う企業へと変わったのです。

そんなにも多岐にわたる広告代理店にはどんな種類があるのか、それぞれ解説しておきましょう。

 総合広告代理店

就活生に人気で誰もが知る有名企業は、ほぼ総合広告代理店に属すると言えます。

特徴は、1つのメディア媒体ではなく、実にさまざまな種類の広告枠を取り扱う点です。

テレビはもちろん、新聞・雑誌などメディアというメディアを網羅し、横断的アプローチを可能にする大企業です。

クライアントのマーケティング活動も担当し、広告主と消費者を結ぶのが社会的使命と言えるでしょう。

すべての広告において企画から制作まで総合的に手掛け、業界の中心に座す企業と言えます。

メディア媒体を複数またいだ広告の打ち出しは、消費者が同時に同じ情報を目にする機会を生み出します。

例えばテレビCMと同時にインターネット広告を配信し、電車内など交通広告にも同じ情報が露出することで高い訴求効果を生むことができるでしょう。

それぞれの出稿がバラバラでは広告主の対応も多大な手間になってしまいますが、総合広告代理店であれば全部まとめて依頼することが可能です。

イメージの統一化も図れるため、労力の面でも費用対効果の面でも非常に高いアドバンテージがあります。

 専門広告代理店

専門広告代理店は、1つのメディア媒体に特化し、広告枠を販売する代理店を指します。

例えば新聞広告を専門に取り扱う広告代理店もありますし、屋外広告の枠だけに特化した専門広告代理店などもあります。

この後述べるインターネット広告に関しても、専門に取り扱うという意味では専門広告代理店に属するとも言えるでしょう。

専門であるがゆえの独自のノウハウを持ち、理想的な費用対効果を生み出すという特徴があります。

ただ一番大きな特徴は、その立ち位置にあると言えるでしょう。

専門広告代理店はメディア側に立った代理店であり、専門メディアの枠を販売する活動をします。

新聞社やテレビ局、出版社などが最たる例ですが、時代とともに総合広告代理店へ転進する流れがあることもまた事実です。

ただ、ターゲットユーザーがある程度明確で、広告を出したい枠が絞れているような場合には、クライアントがわざわざ総合広告代理店に頼む必要がありません。

そうした場合は特定の媒体に強い専門広告代理店に依頼した方がコスト面でも良いという判断になることは至極当然です。

 インターネット広告代理店

近年急成長し、とても無視できなくなったインターネット広告に特化した広告代理店です。

媒体別広告費を見ても急激に伸びており、ほかのメディア媒体が低迷する中、火のついたような勢いを見せている市場で活躍する代理店になります。

インターネット広告代理店はあらゆる種類のインターネット広告を駆使し、提案から広告を実施する会社です。

クライアントの商品やサービスをプロモーションするためには、どのようなインターネット広告媒体が最適であるかから調査し、最も費用対効果の高い広告を提案します。

すでに名の売れた大手企業も続々と登場しており、リスティング広告やバナー広告、動画広告などのほか、メール広告、アフィリエイトなど実にさまざまな展開をしているのが特徴です。

コンテンツマーケティングやソーシャルマーケティングなども専門にし、特に若い世代のユーザーへの高い訴求力は群を抜いています。

おそらく現在の就活生なら、テレビCMよりインターネット広告のほうがずっと目にする機会が多いでしょう。

 広告業界の仕事内容とは

広告業界に入りたいと考えていても、具体的にどのような仕事を担うつもりかがハッキリしていない就活生は、ふるいにかけられたときに、落とされてしまう可能性があります。

詳しい職種は代理店ごとに異なりますが、ここでは入社後どのような仕事を担当することになるか、一般的な内容をまとめておきましょう。

広告業界の仕事は大きく分けて3つあり、それぞれが役割を分担して業務にあたっています。

基本的にはすべてクライアントあっての仕事になりますが、それぞれの部署が企業内で具体的にどのような業務を担っているかを解説します。

 営業・サポート

営業・サポートは、メイン業務である広告枠の販売を担う部署です。

広告主に出稿やプロモーションの実施を提案したり、広告主から案件の依頼を受けて提案を行ったりすることで、仕事を受注する業務です。

高いコミュニケーション能力で広告主の課題やニーズを引き出すとともに、それを制作部署に伝え、受注につなげることが命題と言えるでしょう。

コスト面も含めてプロジェクトをまとめ上げる必要があるため、予算はもちろんスタッフ編成なども含め、広告主の要求に応えられるよう全体の調整を行います。

受注後は納期を守るために進捗管理し、予算オーバーとならないようマネジメントする業務も担います。

 企画

営業からの情報をもとに、広告主が求める企画を練り上げるプランナーが企画部署です。

真のニーズや課題を掘り起こし、どのような戦略で消費者へ訴求するかを考えるのが命題です。

マーケティングの実施はもちろん、効果的な広告手法や最新技術なども常にアンテナを張って調査し、いかにクライアントの要望に応えられるプランにするかが腕の見せ所と言えるでしょう。

受注はコンペティションになることが非常に多いので、競合に勝ち、案件を獲得するための企画を練りこみ、クリエイティブへ的確に依頼することも重要です。

 クリエイティブ

企画から渡された内容を、具体的に形にする部署がクリエイティブです。

広告表現に関するすべての業務を担い、コピーライターやアートディレクター、グラフィックデザイナーなどもここに所属するのが一般的です。

代理店によってはCMの構成を考えるCMプランナーなども存在します。

肩書きはさまざまですが、実際に制作を行う部門であり、広告の最終的なクオリティを左右する重大な任務を持つ部署と言えます。


 

【広告業界の志望動機を書くコツ】業界の概要について

広告業界は、雑誌の広告やテレビCMといった広告を扱う職種です。

近年ではWeb媒体をメインとして扱う広告も台頭してきているので、今後は雑誌、テレビ、Webの三つの中から、自分がどの分野の広告を扱いたいのかということを考えていかなければいけません。

広告業界の大手企業には「電通」「博報堂」「ADK」といった企業があり、毎年大勢の学生がエントリーしています。

それぞれの企業の特徴をしっかりと理解し、的確な志望動機を練っていくことが重要になるので、企業研究はしっかりと行うようにしましょう。

上記の企業は四季報などでも詳しく取り上げられているので、直近の動向は最低限理解しておくと、他の広告系企業を志望する際にも役立つかもしれません。

広告業界の志望動機を作る前の3つの準備

広告業界は、他の業界とは異なり応募者が殺到するため競争率も高くなります。

そのため、広告業界で働きたいと考えている学生は、志望動機をしっかり考えなければなりません。

全国から優秀な学生が応募するので、他の学生との差を広げるような志望動機を考えるようにしましょう。

志望動機を考える際は、次の3つの準備をしっかり行うようにしてください。

準備をしっかり行うことで、他の学生にはない魅力的なエントリーシートを書き上げることができるのでぜひ実践しましょう。

広告業界へ入社後のキャリアプランを考える

志望動機を書く際は、入社後のキャリアプランを考えましょう。

広告業界にはさまざまな仕事があります。

テレビのコマーシャルをつくる人もいれば、自治体とタッグを組んでSNSで話題になるような仕掛けを考える人もいます。

自分が一体広告業界で何をしたいのかを具体的に考えれば自分が広告業界でどのような働き方を希望しているのかが見えてくるので、ぜひキャリアプランを考えましょう。

この時キャリアプランが思いつかない場合は企業研究や業界への研究が足りない証拠でもあるので、徹底的に調べるように心がけてください。

憧れではなくなぜ広告業界を志望しているのかを考える

広告業界に憧れる就活生は少なくありません。

しかし、憧れだけでは説得力のある志望動機を書くことができないので、より具体的な目線で志望動機を考えるようにしましょう。

この時やってはいけないことは、「かっこいい業界」「おしゃれだから」という理由を志望動機に書かないようにすることです。

一見華やかな世界の仕事に思えますが、実際のところは泥臭い仕事もあれば、板挟みになって辛い思いをすることもあります。

広告業界の現状を分析し、自分がどうして広告業界で働こうと思ったのか、自分はどんなことに興味を持ったのかを考えてみましょう。

入社後、あなたがその会社に提供できる価値が何かを考える

広告業界で自分がどのような価値を提供できるかを考えることも大切です。

広告業界は他の仕事とは異なり、クリエイティブ性も求められます。

自分が広告業界に入ることで、会社にたいしてどのようなことを提供できるか、自分のスキルと広告業界を掛け合わせた価値は何かを考えましょう。

一見すると難しいことに思えますが、広告業界で本気で働きたいと考えて自分が貢献できることを考えていけば、それが何かは見えてくるようになります。

自分のスキルが広告業界でどうやって貢献できるかを志望動機に書くことができれば他の学生と差別化を図ることができます。

ぜひ、自分の貢献できることは何かを探してみましょう。

広告業界の内定が取れる志望動機の構成例

広告業界は就活生に人気の業界の一つであり、内定を取るためには高い競争率を突破しなくてはなりません。

一方で、広告業界は体力的にも精神的にも強いことが要求される業界でもあるため、面接において厳しい質問が投げかけられるケースも少なくなく、志望動機も極めてシビアに審査されます。

そのため、広告業界で内定を得るには、内定が取れる志望動機の構成を踏まえるとともに、どのような内容を盛り込んでいくかも、よく吟味していくことが必要です。

広告業界においては職種にもよりものの、プレゼンをする機会や相手と交渉する機会が多いです。

そのため、人に話をする際にはいかに分かりやすく、明確にポイントを伝え、人を自分の話に引き込んで説得をするかが重視されます。

プレゼンスキルや営業トークの基本ともなるのが、次の構成です。

まずは結論からはじめる点を間違えずに、構成の基本ステップを踏んでいきましょう。

結論:私は〇〇という点で貴社を志望しました

広告業界を志望する方は早期から業界研究や企業研究、就活対策に取り組んでいる人も多く、ゼミなどを通じてプレゼンの練習などもしているかもしれません。

そのため、話のスタートは結論からというのは、当然の常識として身につけているかもしれません。

もっとも、結論と理由が混在してしまう方や、余計な前置きを入れたくなる人も多いため、注意が必要です。

志望動機を回答する際の最初は結論から、端的にその広告会社を志望したポイントを伝えましょう。

理由:なぜならば、〇〇という経験で〇〇と考えたためです

結論を述べた後に、その理由を述べます。

なぜ、その企業を志望するに至ったか、志望動機を抱くキッカケとなった経験とそのときに考えたことを伝えます。

エピソード:私は〇〇で〇〇ということをしていました

続いて、その広告会社で活躍するために必要となるような、自分の魅力や強みをアピールするためのエピソードを話します。

面接官に、この人物は見込みがある、うちで活躍できるタイプだと思わせるような魅力を伝えるエピソードであることがポイントです。

単なる自慢話や美談に終始せず、結果が出せたという具体的なエピソードでなくてはなりません。

学生生活やアルバイト、ボランティア、海外留学や海外旅行、インターンなど経験の内容は問いませんが、何らかの問題に直面し、それを乗り越えるために自分の強みを発揮させ、解決に至るといった結果が出せたエピソードを選ぶ必要があります。

問題:その経験で〇〇という問題に直面しました

エピソードの概要を簡潔に分かりやすく述べた後、直面した問題について説明しましょう。

ドラマ仕立てにする必要はありませんが、面接官が瞬時に状況をイメージできるように分かりやすく明快に伝えることがポイントです。

面接官はあなたの経験を見聞きしたのは初めてですので、あなたの話を聞いて、映像が思い浮かぶように直面した状況を伝えましょう。

行動:そのため、私は〇〇を行いました

次にその問題に対して、あなたが取った行動について説明します。

あなたが広告会社で活躍できることをイメージし、自分の強みを発揮させた行動であることがポイントです。

結果:その結果、〇〇になりました

行動に出ただけで終わりにするのではなく、きちんとその結果を伝えましょう。

問題が解決した、事なきを得たと一言で済ませるのではなく、具体的に成果を示すことがポイントです。

問題が生じていた時点と、あなたの行動を取った後でどう変わったのか、ビフォーアフターを比較して示せると説得力が増します。

具体的な数値の違いなどデータを示して、客観的な指標を用い、行動前と行動後の違いを示せるとベストです。

結論:その経験を生かして貴社では〇〇で貢献していきたいと考えております

志望動機の話を締めくくる結論として、その広告会社で、エピソードを通じて得た経験を踏まえ、具体的にどう貢献できるかをアピールしましょう。

エピソードの話に熱くなりすぎて、結論を忘れ、時間切れにならないように気をつけましょう。

結論はあなたの入社意欲の高さや、その企業でなくてはならないという熱意をアピールするために欠かせない構成要素です。

○○でという点は、その企業ならではの仕事のスタイルや社風などを踏まえて、具体的に示せることがポイントになります。

そうすることで、他の広告会社ではなく、その企業で活躍したい、貢献したいことが伝わりやすくなるからです。

広告会社で内定を得るには、話し方の構成やエピソードを通じて有能な人材であることをアピールするだけでは足りません。

広告会社としては有能な人材であるだけでなく、内定を出せば、確実に入社してくれるであろう人を求めています。

どの就活生も複数の広告会社にエントリーしていることは了承済みですから、ぜひとも御社にという熱意が伝えられるかが、志望動機の最初と最後の結論における重要なポイントです。

【広告業界の志望動機を書くコツ】志望動機の例をご紹介

ここでは志望動機の例を紹介します。
例を参考にオリジナリティあふれる志望動機を書いてください。

例文①

私は広告というものを通して、人々の消費の最適化を手助けしたいと考えています。

何かを買うとき、無数に提示される選択肢の中から、何がその人に一番合っているのかということを広告という目線から推奨したいと考えています。

御社のWeb広告ではユーザーの検索履歴などから興味の動向をチェックし、条件を絞って最も理想的な商品を表示するというサービスを展開されていますが、この手法と私の理想が非常に強くマッチしていると感じました。

今後はこういった広告の打ち出し方が益々ポピュラーなものになっていくと思いますが、その中でもWeb広告業界最大手として活躍している御社で、私も最先端のサービス、技術を学んでいきたいと考えています。

例文②

私が御社を希望したのは、商品がきちんと記憶に残る魅力的な広告を作りたいと考えたからです。

御社の広告は非常にデザイン性が高く、人の心を感動させるのと同時に、商品やサービスの印象が強く記憶に残る作品が多いと感じました。

~の映像は、今でも忘れることができません。

私は大学時代にデザイン学科を専攻し、ゼミでも広告デザインの研究や実験制作などを行っていましたが、一目見るだけで記憶に定着させる映像を制作するのは非常に難しいと実感しました。

デザイン会社でアルバイトをしたり教授のサポートをしたりすることで評価を得られるようになりましたが、経験を積めば積むほど、御社の広告の秀逸さを実感します。

私は大学時代に色彩の技術を中心に学びましたので、自身の経験を活かし、商品を際立たせる映像制作で御社に貢献したいと考えております。

例文③

私は広告宣伝によって人と人とを結び付ける仕事がしたいと考え、御社を志望しました。

現在広告業界で注目されているインターネット広告は、それまで大手企業と人とを結び付けていた広告の在り方を大きく変えつつあると考えます。

御社はインターネット広告の分野に精通しており、よい商品やサービスがあっても広く発信することができなかった生産者側と消費者一人ひとりとを強く結び付けています。

私は大学時代に村興しイベントを主催する団体でアルバイトをしており、そこで地方から世界に情報を伝えるノウハウとコミュニケーション能力を学びました。

御社に入社し、培ったコミュニケーション能力を活かし、世界中の人と人とをつなげる営業分野で活躍したいと希望します。

【広告業界の志望動機を書くコツ】書く際のコツとポイントを整理!

実際の志望動機例をご紹介したところで、次に志望動機を書く際のポイントをご紹介していきます。

結論を序盤に持っていく

志望動機で落とされてしまう理由の一つには「何を伝えたいのかわからない」というものがあります。

熱意はあるし、何となく想いは伝わってくるけれど、伝えたい内容が定まらず、ピンとこない志望動機というのはどうしても印象に残りません。

伝えたい内容、最大の志望動機を見失わないためにも、一番重要な結論は可能な限り先頭に持ってくるようにしましょう。

その企業でなければいけない理由を説明する

その企業を選んだ理由というのも重要です。

広告業界といっても、大手三社や、それ以外にも無数の企業が存在します。

「広告業界であればどこでもいい」という学生ではなく、「御社でなければ意味がない」と断言する学生を雇用したいのが企業の本音です。

その想いをストレートに伝えるためには、他の企業ではなくその企業を選んだ確かな理由を明記するようにしましょう。

自分の熱意も忘れずに

熱意ばかりではいけませんが、熱意が全くないのも問題です。

主旨を明確にして論理的に伝えることを意識する一方で、熱意も込めるように意識してください。

ドライな性格の学生ではなく、情熱や希望に満ちている学生の方が、企業の担当者は採用したいと考えるでしょう。

【広告業界の志望動機を書くコツ】NGな志望動機例

採用担当者がNGと感じる志望動機にはいくつかの共通点があります。

多くの場合、理由が漠然としすぎている、どの業界・企業でも通用する文言といった点が挙げられています。

また「待遇がよさそうだった」などという志望動機がNGなのは当然ですので注意しましょう。

例文①

私は大学時代にデザイン科を専攻し、広告制作について学びました。

大学では~や~の広告賞に応募し、入賞したこともあります。

御社は素晴らしい広告を制作していらっしゃいますし、新人研修にも力を入れておられるので、ぜひ学ばせてもらいたいと感じました。

大学時代で培ったことを活かし、よりよい広告を作ることで貢献したいと考えています。

注・企業へ貢献できる能力のアピールではなく、自分が学びたいために入社したいという動機になってしまっています。

賃金をもらって企業で働くということは、学費を支払って学校に入学するのとはまったく違います。

最初から教えてもらう気しかないと判断されると、とても企業に貢献できる人材には見てもらえませんので注意してください。

例文②

私は大学時代に~や~など、たくさんのアルバイトを経験しました。

サークルも~や~など複数に所属し、常にたくさんの人と触れ合うことでコミュニケーションスキルを磨いてきました。

また、休み期間中は~や~などさまざまな国へバックパック旅行に出かけ、現地の人たちと触れ合うことで幅広い価値観も身につけることができました。

私はこうしたたくさんの経験とコミュニケーションスキルを活かし、御社で活躍したいと考えています。

御社は業界大手で、さまざまな業界のクライアントと取引をされています。

私は御社に入社して、クライアントと意思疎通を図り、業績アップに大きく貢献したいと考え、志望しました。

注・さまざまな経験やコミュニケーションスキルをアピールしていますが、広告業界を志望する理由が不明確です。

もちろん実体験が多いのはよいことですが、ほかの仕事にも通用することであり、なぜ広告業界でなければならないのかがわかりません。

何となく名前の通った大手を選んだだけで、業界研究や企業研究はなされていないと判断されても致し方ないでしょう。

例文③

私は広告で感動を生む仕事をしたいと考え、御社を志望しました。

特にテレビ広告は大きな感動を生むため、ぜひテレビ広告の仕事で活躍したいと考えています。

現在、広告業界はインターネット広告のシェアが急激に伸びていますが、テレビが生活からなくなることはないと考えます。

私は子どもの頃からテレビが大好きで、毎日何気なく見ているテレビ画面から思わず感動する映像が流れてくるところにドラマを感じていました。

テレビ広告に強い御社に入社し、人々に感動を生むCMに携わる仕事で貢献したいと考え、志望しました。

注・広告が感動を生むという持論ですが、範囲が広すぎて曖昧であり、広告業界を志望する理由としては弱くなっています。

なぜテレビ広告が大きな感動を生むのか、どのようにそれを確信したのか、客観的に納得できる根拠が示されていないため全体が漠然としたまま進んでいます。

また、自身のアピール内容が明確ではなく、すべてが主観的な内容になっています。

終わりに:広告業界の志望動機を書くコツ

冒頭でも述べた通り広告業界の人気は高く、第一志望でなくとも広告業界に興味があるという学生を含めると、志望人数は相当な数に上ります。

しかし、その中でも完成度の高い志望動機を書ける学生の割合はそれほど多くありません。

面接官の目に止まる、数少ない素晴らしい志望動機を書けるよう、今回ご紹介したポイントを参考にしてみてください。

そんな志望動機でほんとに大丈夫?
1人でわからない事はプロと2人で​。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ