業界別志望動機と例文。地銀編

地方銀行、通称地銀は就職活動で人気の職種の一つです。

Uターン就職などで、帰省して働く人も多い関係上、地方の求人だからといって馬鹿にすることはできません。メガバンクのような全国展開している銀行とは違い、地方への転勤等の心配などもないので、地元に腰を据えて働きたいと考えている人にはとてもオススメな職種です。

しかし、メガバンクほどの華やかさや特徴もない場合も多いので、志望動機を考えるのに苦戦してしまうのも事実です。そこで今回は地方銀行を志望する人が、どのように志望動機を書けば良いのかということをご紹介していきます。

金融業界とは

地方銀行に就職したい方は、さまざまな業種や業態がある金融業界の中で、なぜ、他の業態ではなく、地方銀行を選んだのかを明確にすることが大切です。

そのためには志望している地方銀行だけでなく、他の業態を含めて金融業界について理解し、その違いを知ったうえで、その中でも、なぜ地方銀行を選んだのかを明確にしなくてはなりません。

そのために、銀行、証券、保険がどんな業態なのか、基本的な点を理解しておきましょう。

銀行

銀行は預貯金という形で個人や法人からお金を預かり、それを運用して増やして生活や経済活動を支える役割と、与信業務を通じて経済活動を支える役割を果たしています。

預貯金は与信を通じて個人や法人に貸し出され、そこから得た利息が預貯金の利息として還元されていきます。

また、銀行としても投資などの運用を行って預貯金を増やす業務も担っているのです。

銀行にも種類があり、全国展開し世界とも競争力を持ち、国や大手企業をはじめとして取引を行い日本経済を担う都市銀行と、中小企業や住民の生活に根差して地方経済を担う地方銀行があるほか、近年では店舗を持たないネット専業の銀行も成長してきました。

証券

証券会社は株式の売買の仲介や、FX、投資信託、国債や社債などの取引をサポートする役割を果たすほか、企業の上場のサポートや資金調達をサポートする役割を担っています。

規模の大きな大手証券会社をはじめ、地方に拠点をおくような中小の証券会社もあります。

また、証券会社でも店舗や営業職員を持たないネット専業証券会社が続々と参入しているのが特徴です。

店舗の運営費や人件費が抑えられることで、口座の維持管理費や取引手数料などが安いのが魅力で、24時間いつでも気軽に投資をする機会が与えられるのも魅力です。

これまで株式取引やFXなどをしたことがない方にも注目され、コストを抑えたい方や夜間などに取引を行いたい人に人気を集めています。

保険

保険会社は大きく分けて、生命保険、損害保険に分かれます。

生命保険は人の死亡で遺族の生活が困難にならないように保険金でカバーしたり、病気やケガで治療が必要になった際に十分な治療が受けられるよう給付金で経済的に支えたりする保険です。

時代のニーズに合わせ、ガンや三大疾病、介護や老後の年金をカバーする保険なども取り扱っています。

損害保険は火災や自然災害などで自宅や店舗、工場や事務所などに生じた損害を補填したり、自動車事故における人身事故や物損事故の損害賠償や自損事故の損失補填などに備えたりする保険、ケガをした際や介護になった際の補償などを取り扱う分野です。

保険業界でも、従来の営業職を中心にした保険販売ではなく、店舗や営業職がいないネット専業保険会社が登場しています。

この中でなぜ銀行にしたのか?を明確に!

金融業界と言ってもさまざまな業種がある中で、なぜ、地方銀行を選んだかを明確にできないと、内定獲得には結び付きません。

証券業界や保険業界ではなく、なぜ銀行業界にしたのかという点をはじめ、銀行業界の中でも、有名な都市銀行や近年注目を高めているネット銀行ではなく、なぜ、地方銀行なのかを具体的に説明できるようにしましょう。

有名な金融機関より、地方銀行のほうが競争率が低そうだから、内定がもらえそうだからなど、甘い考えで志望するのでは選考には通りません。

また、銀行業界には信用金庫や信用組合も存在しています。

営業地域が限定され、地域に暮らす人、勤務している人、地域で営業する中小企業に向けた会員サービスを提供しています。

地域に根差す点では地方銀行と同様なので、なぜ、地方銀行にしたのか、自分なりに明確にすることが大切です。

地方銀行とは

地方銀行とは

地方銀行、通称地銀に就職する上ではそもそも地銀がどのような銀行なのかということを知らなければいけません。地銀とは、その名の通り地方に集中して展開している銀行のことを指します。さらに詳細にいえば、全国地方銀行協会に加盟している銀行のことです。

地方銀行は、冒頭でも書いた通り人気の職種でもあるため、ライバルが大勢います。Uターン就職をする学生の他に、その地方で育ってきた就活生も当然ライバルとなることでしょう。メガバンクと比較したときに、規模の小さい銀行という風に捉えられがちですが、実際にはそのようなことはなく、その名の通り全国地方銀行協会に加盟する地銀の規模はとても大きなものです。

Uターンや就職を希望している地銀がある場合には、経営規模や特色、理念といったことを入念に言及しておくようにしましょう。

地方銀行の特徴

地方銀行の主な使命は、特定地域の有望な企業を支援することです。

中小企業に融資して成長を支えることや顧客企業を取り持ち、新たなビジネスや企業価値を生む活動がメインとなります。

もちろん個人顧客に住宅ローンや教育ローンなどのサービスを提供することで、地域生活者を経済的に支える役割も果たします。

各地域に産業や生活基盤を持つ多くの人にとって、なくてはならないとても身近なパートナーといえるでしょう。

地域経済に関してはメガバンクより大きな影響力を持つことも多く、細かい情報に精通し、地域社会との信頼関係も厚いのが特徴です。

基本理念は地域とともに発展し、地域社会に活力を与える存在となることです。

中小企業だからといって貸し渋りや貸し剥がしも少なく、利用促進のためにエリア内には多くの支店やATMなどを設けていることも特徴でしょう。

特に郊外になるとメガバンクの支店は存在しないことが多いですが、地方銀行であればどこでも利用が可能なほど高い利便性を誇るのが一般的です。

他にも地域密着型イベントの主催や協賛に力を入れており、文化セミナーやスポーツイベントなどで名前を見る機会も非常に多くあります。

地つまり方銀行は単なる金融機関ではなく、地域経済そのものを担う存在であることが大きな特徴です。

地方銀行の将来性

地方銀行への就職を目指すなら、その将来性についても研究が必要です。

現在各地方銀行は大きな変革の波の中にあり、従来の経営方針を変えていくことが迫られています。

2016年ころからは地方銀行同士の合併や経営統合が進み、その姿もかなり変わりつつあります。

将来を見据えてIT技術や海外融資などでいくつかの地方銀行が連携して事業投資を行うケースも登場しました。

地方銀行は、自行の経営体力を強化するために収益源の多様化や新たな貸出先の発掘などが課題とされているのは事実です。

地方大学との連携やベンチャービジネスへの投資などが盛んに進められているのもそうした流れの一環です。

地域とともにある地方銀行はその地域に有力産業を育てることが必要不可欠なため、積極的に地方大学や自治体、商工会議所などと連携し、地方創生に取り組んでいる真最中といえるでしょう。

観光支援ファンドや再生可能エネルギー事業への投資ファンド設立やエリア外からの移住者を募るため住宅ローン金利を優遇するなど、新たな地域活性化企画が精力的に進めらているのが現状です。

こうした取り組みの成果は各地方によって異なりますので、自分がどの地域の銀行へ就職を目指すべきかは、こうした実績も含めてしっかり研究する必要があります。

地銀を志望する理由を突き詰める

地銀を志望する理由を突き詰める

地銀に就職したいと考えている方は先ず、志望する理由を突き止めなければいけません。これは地銀に限らずあらゆる業界に対して共通していえることですが、就活生の多くはこの部分を意外に怠ってしまいがちです。調べる際には給料や自宅からの近さなどといった自分都合のことだけではなく、企業側が求める人材や、企業理念といった部分も綿密に調査するようにしましょう。

その上でなぜ自分がその地銀に入社したいのかということを、しっかりと考えるようにしてください。その際には自己分析や企業研究といったことは当然行うのが前提です。

例えば、地方に根付いている地銀に就職する場合は、その地域に対する地域愛などが一般的な志望動機として挙げられます。こういったものは志望動機としては有効である反面、それだけでは弱いというのが正直なところです。地域愛があることは前提として、その部分に加えて独自の志望動機を考えるようにしましょう。

地方銀行の志望動機を書く際のポイント

地方銀行を志望する以上、その銀行の特徴を理解し、どのような取り組みを行っているかを踏まえて志望動機を作成する必要があります。

学生からの人気が高い割には新卒者の採用枠は決して多くないため、ライバルに打ち勝つためには準備や調査を入念に行い、意欲を認めてもらわなければなりません。

どのように書けばその熱意が伝わるか、3つのポイントに分けて解説します。

なぜその銀行を選んだのか

学生としては、自分の出身地の地方銀行であるだけでも志望理由になるような気もしますが、実際には特に地元優先ではなく、県外の人でも問題なく採用しています。

とにかく優秀な学生の取り合いになっていますので、縁もゆかりもない出身者でも認められれば内定を得ることができます。

ただし何度も述べているように、地方銀行の使命はその地域の活性化ですから、受ける銀行が担当している地区の情報は必ず知っておかなければなりません。

当該銀行がどの地域でどのような取り組みを行っているかも知らずにどんな志望動機を書いたところで、面接官の質問に答えられず落とされてしまうでしょう。

なぜその銀行を選んだのか、その銀行が取り組んでいる事業を踏まえたうえで説得力あるアピールをしてこそ、採用担当者に響く志望動機になります。

そこならではの経営方針が必ずありますので、それもきちんと調べておきましょう。

多くの地方銀行には長い歴史があり、永らく地方経済を支えてきた自負があります。

そうした地方貢献に触れ、その銀行の取り組みの一端を担うために志望したという軸で、熱意を伝えることがポイントです。

その地域にどう貢献していきたいのか

出身者のほうが説得力を持たせやすいのは事実ですが、県外の人でもそこに就職すればその地域に貢献する事業に携わることになります。

そこで志望動機に盛り込むべきは、地方銀行が担当するエリアに関する自身の体験です。

過去その地域に関わったなんらかの経験があり、その時感じたことからこれからも地域貢献していきたいと強く思ったのであれば、説得力のある動機になります。

地方銀行で働くには地方を支える誇りが必要ですので、どのように貢献していきたいかを踏まえてエピソードをまとめましょう。

体験はなんでもかまいませんが、根底にはその地域に対する深い愛情が感じられることがポイントです。

就職後、どうなっていきたいのか

自分がその地方銀行でどのような活躍をしたいのか、入社後の具体的なイメージを思い浮かべてもらうことがポイントです。

就職後にどんな仕事をしたいのか、どのように地域とともに活動したいのか、実際に自分が入社したと仮定して仕事ぶりを想像してみてください。

当然、入ったばかりの新入社員にできることなど限られていますが、どのような活動を通じて銀行員として成長していきたいのか、キャリアパスも含めて構成してみましょう。

またそのための努力についても触れ、入社後もスキルアップのための努力を怠らない志を伝えてください。

たとえば、優れた銀行員は法律にも精通し、不動産の知識も豊富です。

働きながらより高みを目指して専門知識を勉強し、より活躍できる銀行員に育ってくれるなら、ぜひ採用したい人材です。

地銀の志望動機でNGなポイント

地方銀行で内定を得るためには、エントリーシートや面接でのさまざまな質問の中でも志望動機が大きなカギを握ります。

なぜ、その地方銀行を選んだのか、入社意欲の高さや貢献できることをしっかりアピールできないと、内定をもらうことはできません。

そのため、志望動機の内容をいかに構成するかはとても重要です。

ここでは志望動機として内容に盛り込むにはNGとなる、地方銀行の志望動機として書いてはまずいポイントをご紹介します。

経済発展に関与したいはNG

経済発展と言っても、国全体をイメージした経済発展を強調することはNGです。

なぜなら、国の経済発展を担うのは都市銀行の役割であり、そうであれば、都市銀行を志望するべきだからです。

地方銀行を志望する場合には、地域経済の発展を挙げる必要があります。

その地方銀行が展開する地域を理解し、地域社会でどのような問題を抱えており、どのような役割が地方銀行に期待されているかを、よくリサーチしましょう。

その課題解決をするには、自分がどのような貢献ができるのかや、地域から期待されている地方銀行の役割を担っていくうえで、自分がどのような貢献ができるかをアピールすることが大切です。

数字に強いからだけはNG

数字に強いことは金融業界を志望するうえでは必須の要素ですが、それだけがアピール材料になってはいけません。

なぜなら、志望する人たちはほぼ数字に強く、他の応募者と差別化が図れないからです。

地方銀行で仕事をしたいと考える以上、数字に強いのは当たり前だとの前提で、他の応募者と差別化できるプラスアルファの強みや特技、スキルなどをアピールできるようにしましょう。

ただ、数字に強いと言っても、どれだけ強いのかは伝わりません。

たとえば、簿記1級を取得している、珠算で段を保有しているなどのスキルを披露したり、数字に対しての正確性が高いことのエピソードなどをセットで紹介できたりすることが求められます。

給料にフォーカスを当てるのはNG

地方銀行を志望する方は、IターンやUターン志向の方、都心より、地元や地方で働きたい方などが多いかもしれません。

地方の中小企業などの選択肢もある中で、地方銀行が最も収入がいいからとか、信用金庫や信用組合より年収が高いからといった理由を志望動機にしてはいけません。

給料がいいからというのは、志望動機の1つにはなると思いますが、自分の気持ちの中だけにとどめておきましょう。

企業の側では、自社にとって貢献してくれる人材を求めています。

給料をもらいたいだけの人材を求めているのではなく、高い給料を支払うにはそれに見合った人材でなくてはなりません。

そこを履き違えず、自分が高い給料をもらうに値するだけの人物であり、どれだけ、志望している地方銀行に貢献できるのかをアピールすることが必要です。

地銀の志望動機例文

例文

私はもともと、大学を卒業したら地元に帰ると決めていました。

就職をする際には、人の役に立つ仕事をするというのを第一条件として考えていました。

そして自分が得意としている数字面の力も発揮できれば良いという風に思っていました。

そういった条件に絞って探してみた結果、貴行に辿り着きました。

それまでの私は、地方銀行に対して地味であるという印象を抱いていましたが、調べれば調べるほどその魅力に気付くこととなったのです。

地方経済を根幹から支えながら県内外問わず取引がある貴行は、地方経済を盛り上げるために不可欠な存在となっていました。

何十年と住むこの土地で「やりがいのある仕事をしたい」そう考えた時、私が働きたいと思える場所は貴行だけでした。

終わりに

地方銀行の志望動機を考える際は、銀行と自分双方の利益を強調するようにしましょう。自分自身がその場所で働きたい、成長したいという風に思う気持ちは大切ですが、それだけでは弱いです。資格や熱意、きっかけはなんでも構いませんが、相手に与えられることは具体性があるほど望ましいでしょう。

その業界のこと、ちゃんと知ってますか?
1人でわからない事はプロと2人で​。​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ