インターンのグループワークの内容・テーマと進め方のコツを紹介

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就活生が企業のインターンに参加することで得られるメリットは、非常に大きいと言われています。社会人経験や仕事のスキルが身につく、志望企業や業界の情報を得られる、内定に近づくなど就活生にとって良いことばかりです。

そんなインターンの活動の中で就活生が気になるのは、グループワークではないでしょうか。同じインターンに参加した就活生たちでグループを作り、様々な作業やディスカッションをして結果を出すのがグループワークです。

グループワークでは何をするのか、どう進めれば良いのかなど就活生が知りたいグループワークのコツをご紹介します。

インターンの種類

インターンの種類

具体的なグループワークの話に入る前に、企業が就活生を対象に行うインターンの種類をご紹介します。インターンには、大きく分けて1dayインターン、短期インターン、長期インターンの3つの種類があります。まずはそれぞれの特徴について見ていきましょう。

1dayインターン

1dayインターンは、1日限りで行われるインターンのことで、その企業の事業内容などの情報を1日で凝縮して伝えてくれます。そのため、就活生は気軽に参加しやすく、多くの企業の情報を得られるというメリットがあります。

ただ、たった1日の実施なのでその企業のことを深く知ることは難しいでしょう。また、内定につながるような活動になることは、まずありません。企業説明会に参加するような気持で、興味がある企業の1dayインターンに参加すると良いでしょう。

短期インターン(約1週間)

約1週間の短期インターンに参加すると社員たちとの交流会やグループワーク、就業経験などができます。

何日かその企業の社員と交流することで、より深い企業研究をすることができるというメリットがあります。実際の社員たちが働いている様子を直に見ることで、志望企業で働くイメージを具体的にすることができます。直接社員に働き方やその企業の良さなどを聞くこともできるでしょう。

また、短期インターンで実施されることが多いグループワークを経験し実績を残せば、就職活動時のアピールポイントにもなります。

長期インターン(1週間以上)

長期インターンは、1週間以上行われるインターンで、中には1か月など長期にわたり実施されることもあります。長期インターンのメリットは、短期インターンと同じで多くの企業情報を知ることができます。

短期インターンよりも期間が長いため、社員との交流や企業理解をより深めることができるでしょう。そして、長く企業で就業経験をすることで内定につながりやすいというのが最も大きなメリットです。

一方で、長期間実施されるため気軽に参加できないというデメリットもあります。長期インターンに参加する場合、企業選びは慎重に行いましょう。

こういったたくさんの種類のインターンの中には、体験型のグループワークやディスカッションが多く含まれています。

これからの社会人生活で必要になってくる、発言する姿勢や協調性、リーダーシップなどを体験する重要な場となってきます。

それでは、実際にインターンの時にどんなグループワークやディスカッションが行われているのか見ていきましょう。

グループワークとグループディスカッションの違い

グループワークとグループディスカッションのと違い

グループワークとグループディスカッションの違いは、何なのでしょうか?それぞれについて詳しく見ていきましょう。

グループワークとグループディスカションは異なる

グループワークとグループディスカッションは、どちらもグループ内で与えられた時間の中でテーマに取り組み結果を出すものです。その違いについてご説明します。

グループワークとは

グループワークとは、グループ内で作業を行って結果を出すものです。例えば、実際に手を動かして何かを作り上げる作業をする、課題を与えられて討論し結論を出す、選択肢を与えられてどちらを選ぶかを決め、その根拠を発表するなど様々です。

画用紙を与えられて何かを作り上げるなど、そんなことをして意味があるのかと思ってしまうようなテーマが与えられることもあるかもしれません。

しかし実は、グループワークで結果を出すためには、様々なスキルが必要なのです。限られた時間の中で結果を出すためにテーマを理解し、グループ内で意見を出し、協力し合わなければなりません。グループワークには、社会人として必要なスキルが凝縮されていると言えるでしょう。

グループディスカッションとは

グループディスカッションは、作業系というよりは、グループ内で話し合い結論を出すという方に主眼が置かれています。

例えば、どうすれば待機児童はなくなるのか?5年後にこの業界はどうなっているか?などのやや難しめのテーマが与えられます。このような難しいテーマに取り組み、積極的に意見を出し合う主体性やお互いの意見を聞くことができる協調性が見られます。

グループワークとグループディスカッションの練習方法

では、インターンのグループワークやグループディスカッションに備えてどのような練習をしておけば良いのでしょうか?具体的な練習方法についてご説明します。

セミナーなどを利用して実践的な練習をする

最も効果的なのが、実践的な練習をして場慣れするということです。実際に参加して場慣れするだけで、コツをつかんで上手く話すことができるようになります。

大学のキャリアセンターが主催している練習会でも、所属するゼミでのディスカッションでも何でも構いません。グループワークやグループディスカッションを実際にやってみることで、ディスカッションのスキルやテクニックが身につくでしょう。

業界知識や時事問題について勉強しておく

グループワークやグループディスカッションで与えられたテーマが全く知らないものだった場合、良い結果を残すことは難しいでしょう。そのため、日ごろからテーマになりそうなことを勉強しておく必要があります。

目指す企業や業界に関する業界知識と一般的な時事問題について、新聞を読むなどして日ごろから知識を身につけておきましょう。

例えば、金融業界なら株価の状況や最近上場した企業、IT業界であれば最新のIT技術についてなど、業界に関する最新情報や基本知識は、必ず勉強しておくべきです。政府の政策や最新の時事問題もテーマにされやすいのでおさえておきましょう。

グループワークのよくあるテーマや内容

グループワークのよくあるテーマ・内容

グループワークでは、どのようなテーマが出されるのでしょうか?グループワークの形式には、どのようなものがあるのかなど詳しくご説明していきます。

グループワークの形式には、主に3種類あります。どのような形式なのかによって対応の仕方が異なります。それぞれの形式でどう動くべきかをあらかじめ考えておくと良いでしょう。

作業型

作業型は、実際に手を動かしてグループ内で協力して何かを作り上げるという形式です。例えば、与えられた画用紙でできるだけ高いタワーを作り上げなさい、与えられた情報だけで正し地図を作り上げなさいなどという課題が与えられます。

課題を達成するためには、グループ内で意見を出し合い、最も良い方法を限られた時間内で見つけなければなりません。良いアイデアを出す力、協調性、実行力など多くのスキルが求められるでしょう。

課題解決型

解決策や正解がない課題を与えられ、限られた時間の中で解決策を出して発表する形式です。

例えば、世の中から働かない人をなくすためにはどうすれば良いのか?パンを売って最も売り上げを出すためにはどうすれば良いのか?などという課題が与えられます。

この課題を解決するために持っている知識や経験を活かして、解決策をグループ内で討論します。そして、時間内にグループの中で解決策をまとめ、最後に発表しなければなりません。

積極的に討論する主体性や状況を正しく把握する能力、情報を分析してまとめる能力、プレゼン能力など様々な能力が求められます。

選択型

いくつかの選択肢が与えられ、選択肢を選びその根拠を説明する形式です。Aという商品とBという商品の情報が与えられ、どちらの商品を主力商品にすべきかなどという選択肢が与えられます。

どちらが正解ということはなく、どういう根拠でそれを選んだのかを論理的に説明することが求められます。もちろん、グループ内で意見をすり合わせる協調性やディスカッション能力も求められるでしょう。

グループワークで評価されるポイント

グループワークで評価されるポイント

グループワークをする上で気になるのが、企業側からどのような点を評価されるのかということです。企業のインターン担当者は、就活生の何を見ているのかを具体的に説明します。

インターン・就活におけるグループワークの合格者の人数は決まっていない

インターンや就活において、グループワークを実施する際に、優秀な対応ができた就活生から合格者を決めることがあります。合格することは、インターンで実績を得たことになり、今後の就職活動のアピールポイントになるでしょう。就職活動を有利に進めるために合格しておきたいところです。

ただし、それぞれのインターンにおいて、いつも合格者が出るわけではありません。いつも合格者の数が決まっているわけではなく、企業側に合格の基準が定められていて、その基準を満たす就活生がいなければ、合格者が0人ということもあるのです。

グループワークに参加した他の就活生よりも優れた対応をし、目立つことができれば合格というわけではないということです。

見られているポイント

では、企業側は、就活生のどこを見ているのでしょうか?企業側が見るポイントについてご説明します。

コミュニケーションスタイル

グループ内でどのようにコミュニケーションを取っているのかを見られます。自分の意見だけを主張しているタイプなのか、それとも、自分の意見をしっかりと出しながら周りも見ているかということは確実に見られます。自分の意見は出しつつ周りの意見もしっかり聞くようにしましょう。

そして、集団の中でどのようなコミュニケーションを取るタイプなのかも見られています。例えば、リーダーとして周りを引っ張るタイプ、じっくりと人の話を聞いて意見をまとめられるタイプ、アイデアをどんどん出すタイプなど様々なタイプの人がいます。自分の持ち味を生かしてコミュニケーションを積極的に取ることが重要です。

論理的思考力

グループワークで与えられるテーマや課題は難しいものが多く、論理的な思考を積み上げていかなければ解決できません。AだからBという論理的思考を正しく積み上げていく能力も見られています。

積極性

グループ内で意見を出し合う時にあまり意見を言わない、もう時間がないから無理などという消極的な態度を取るのは、絶対にいけません。常に積極的に意見を出し、難しい問題にも積極的に取り組む姿勢は評価が高いでしょう。

協調性

1人で仕事ができるだけではなく、グループ内で協力し合ってより良いものを作り上げるための協調性も特によく見られるポイントです。自分の意見を無理やり通そうとする、大きい声を出して周りを威圧するなどという態度は、減点対象です。

自分と違う意見が出ても相手の話を聞いて納得できたのであればそれに従う、グループ内で必要な行動は何かを常に考えるということが重要です。

グループワーク・グループディスカッションの進め方のコツ

グループワーク・グループディスカッションの進め方のコツ

グループワークやグループディスカッションは、どのように進めれば良いのでしょうか?具体的な流れや話し合いの進め方のコツをまとめましたので参考にしてみてください。

時間配分をする

与えられた時間には、限りがあります。最初にグループ内で時間配分をしましょう。例えば、制限時間が30分の場合、テーマの確認3分、アイデア出し10分、内容のブラッシュアップ5分、結論のまとめ5分、発表内容のまとめ5分、発表の練習2分などです。

時間を割り振ってみると意外に時間がないことがわかり、時間の区切りをグループ内で共有することができます。

役割分担をする

リーダーやタイムキーパー、発表者などの役割を決めます。発表者は、話し合いの結果で決めても良いでしょう。

テーマの確認と方向性の確認

与えられたテーマをグループ内で認識し合い、話し合いの方向性を決めます。最初にグループ内でテーマに対する認識と方向性を合わせないと、その後の話し合いがバラバラになってしまいます。

アイデアを広げる

最初に決めた話し合いの方向性に沿って、まずはどんどん意見を出し合いアイデアを広げます。ブレーンストーミングでどんどん意見を出し、付箋に書いて机の上に広げたりホワイトボードに書いたりします。そうすることで意見をまとめやすくなり、記録にもなります。

意見をまとめて選ぶ

ある程度意見が出つくしたら、よく似た意見をまとめて分類していきます。そして、議論の中でどの意見を選ぶかを話し合います。

アイデアをブラッシュアップする

グループ内で選んだアイデアや結論を、より良いものにするために議論を深めます。詳細に内容を詰めていくことで思い付きレベルのアイデアに根拠を持たせることができます。

発表準備

発表の準備を行います。プレゼン内容をまとめて発表の役割分担も決め、発表練習を行います。

まとめ

インターンで行われるグループワークやグループディスカッションでは、テーマが与えられ、時間内に課題を解決して意見をまとめ、発表する必要があります。そして、その中で企業側は、コミュニケーションスキルや積極性、論理的思考力など様々な能力を見ます。

インターンで成功を収めるためには、日ごろから業界知識や時事問題について情報収集を行い、実践的な練習をしておく必要があるでしょう。

インターンのグループワークの情報を得るためには、具体的で役立つ情報が満載の就活市場がおすすめです。ぜひ、インターンに参加する際に役立ててください。

インターン選考お役立ちBOOK

記事内インターン

インターンの選考は対策が重要です!

就活準備のつもりで、インターンの選考もしっかりと対策をしておくと安心ですよ。

内定が欲しい方へ
就活市場会員限定の特典
  1. 1.大手企業内定者推薦、就活の攻略資料プレゼント
  2. 2.内定率92%の、就活アドバイザーが徹底サポート
  3. 3.特別選考ルートのイベント情報を提供!その他多数

会員登録で内定に近づく
(無料)

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ