適正検査で落ちる人の特徴や対策を徹底解説!

適正検査で落ちる人の特徴や対策を徹底解説!

はじめに

就活で適性検査を受けて落ちてしまったらショックでしょう。

適性検査は受かって当然で、面接やグループディスカッションが勝負だと考えている人も多いです。

また適性検査で落ちてしまったらどうしようか不安に感じている人もいるでしょう。

ここでは、適性検査で落ちる可能性や落ちないための対策について解説していきます。

就活の適性検査で落ちる可能性は?

就活の適性検査で落ちる可能性は?

新卒採用で企業が適性検査を実施する目的は、いくつかありますが、そのうちの1つとして企業に合う人物像を見極める目的が挙げられます。

履歴書を見れば、学歴や保有資格などが分かります。

しかし、どんな性格の人なのかは履歴書の記載内容からは分かりません。

特に新卒で就活をしている人の場合には、まだ社会に出ていないため、履歴書の記載内容で自社に合うかどうか判断するのはかなり難しいでしょう。

出身大学が同じ人であれば、履歴書はほぼ似通った内容です。

適性検査を実施することで、応募者の性格を把握できます。

面接前に自社の風土に合わない性格の人をふるいにかけられるでしょう。

応募者の多い企業では、人事担当者の負担も大きいですが、適性検査で自社に合わないと判断できる応募者をふるいにかければ、面接まで進める応募者の人数が絞られます。

人事担当者の負担も軽くなるでしょう。

適性検査を実施するのは、人材の見極めだけでなく、応募者をふるいにかける目的もあります。

そのため、適性検査で落ちる人も当然出てくるでしょう。

落ちる人がほとんどいなければ、ふるいにかける目的が達成できません。

適性検査に落ちてしまうと、気持ちが沈んでしまう人が多いですが、目的から考えれば、応募者の一定割合の人はどうしても落ちてしまうことになります。

また、適性検査は面接での評価を補完する役割を果たしています。

面接ではほとんどの人が自分の長所をアピールするでしょう。

しかし、自己評価に基づくアピールであるため、客観的な評価が難しい場合も多いです。

面接官の主観が評価に影響することもあるかもしれません。

これに対して、適性検査なら客観的な評価が可能です。

また、適性検査は心理学的な要素を用いて作られています。

面接ではなかなか見抜けない潜在的な意識も、適性検査で分かることが多いです。

適性検査で落ちる人の特徴

冒頭で適性検査を実施するのは、人材の見極めだけでなく、応募者をふるいにかける目的もあると述べました。

そこでここでは適性検査で落ちる人の特徴を3つご紹介します。

一つの問題に時間をかけすぎる人

一つ目は一つの問題に時間をかけすぎてしまう人です。

これは主に能力検査に当てはまる特徴です。

解答の確認に時間をかけることはいいことですが、適正検査は時間との勝負です。

そのため、少しでも多くの問題を解けるように対策しましょう。

また、解けないと感じた問題に時間を割かずに、次の問題に取り組むという意識を持つことも大切です。

回答に一貫性がない人

二つ目は回答に一貫性がない人です。

これは主に性格検査に当てはまる特徴です。

実際に「自分の感情や気分を外に出さない方だ」という質問に対して当てはまらないと回答したのにもかかわらず、「感情的になり、冷静な行動が取れなくなることがある」という質問に対して当てはまると回答してしまうと一貫性がない人という印象を与えてしまいます。

必ず素直に質問を答えるようにしましょう。

企業との相性が合わない人

三つ目は企業と相性が合わない人です。

これも主に性格検査に当てはまる特徴です。

企業によって求める人材は異なります。

そのため、あらかじめ志望会社の企業理念や求める人材がどんな人なのかを理解した上で適正検査に臨むようにしましょう。

就活の適性検査の内容とは?

落ちる可能性もある!適性検査の内容とは?

適性検査にはいくつか種類がありますが、能力検査と性格検査を行う企業がほとんどです。

そこでこの二つの試験内容を詳しく見ていきましょう。

能力検査編

能力検査は正解のある問題が出題される試験です。

国語の試験に近いような内容の言語テストと、数学の試験に近いような内容の非言語テストがあります。

いずれも、中学校程度の国語や数学の学力があれば無理なく正解できる問題が多いです。

比較的難易度の高い問題でも、高校レベルの学力で対応できます。

学校の勉強が得意な人は有利でしょう。

ただし、高校や中学校の定期テストや入試などとは出題の傾向がやや異なります。

高校や中学校のテストはやや知識偏重の傾向が見られますが、適性検査の能力検査では、知識よりも発想力や論理的思考力を重視した内容です。

そのため、学校の勉強が得意な人や偏差値の高い大学の人でも落ちることがあるかもしれません。

能力検査では、柔軟な発想と筋道を立てて考えることを心がけましょう。

能力検査としてはリクルート社のSPIが有名です。

SPIは能力検査の他に性格検査もあり、非常に多くの企業が利用しています。

就活をすればどこかしらの応募先でSPIを受ける機会があるでしょう。

能力検査では、HLS社の玉手箱というテストを実施している企業もあります。

性格検査編

性格検査は心理テストのような内容です。

能力検査と異なり、正解は決まっていません。

正直な答えが正解です。

性格検査を実施すると、受験者の内面が露わになります。

企業が求めている人物像に近いか、かけ離れているのか分かるでしょう。

自分では気が付かない潜在的な意識も分かってしまう場合があります。

性格検査では非常に多くの設問があり、全ての回答を総合的に見て判断するため、嘘の回答をしてもバレてしまうことが多いです。

どのくらい嘘をつく人なのかを試している場合もあります。

性格検査でもSPIを利用している企業が多いです。

他にYGPIやクレペリン検査を実施する企業もあります。

SPIは2択で回答しますが、YGPIは「はい」「いいえ」「分からない」の3択で回答するのが特徴です。

クレペリン検査は何らかの作業を行わせて、正答率やテンポなどの変化を見ます。

実際の仕事の場面で、どのような働きぶりをするのか判断するのに役立つでしょう。

就活の適性検査で落ちるのを防ぐ対策を!

ここからは適性検査で落ちるの防ぐ対策を能力検査と性格検査の二つに分けて解説していきます。

適性検査で落ちないための対策を!

能力検査編

適性検査のうち、能力検査に関しては対策を立てやすいでしょう。

問題集やテキストなども多数あるため、問題を解くのに慣れておけば、通過するのに必要な点数を取れるようになってきます。

出題される問題の内容もそれほど難しくありません。

能力検査に通らないのは、対策不足であることが多いです。

高校や中学校で習った内容は忘れていることも多いため、一通り復習しておきましょう。

能力検査では、1つ1つの問題の難易度は高くなくても、時間内に全部解けない人も多いです。

時間が足りなくなったことのある人は、何度も問題集をやって早く解けるようにしておきましょう。

また、時事的なことや応募先企業に関することも調べておかなければなりません。

SPIや玉手箱の他に、企業がオリジナルの能力検査を実施することもあります。SPIや玉手箱での点数が高くても、企業に関してあまり調べていない人は落ちるかもしれません。

性格検査編

性格検査は能力検査と比べて、対策が立てにくいと感じるでしょう。

能力検査のように決まった正解はありません。

しかし、なるべくプラスイメージを与えられるような回答が望ましいでしょう。

企業によってプラスイメージと受け取られる人物像は異なりますが、積極性や協調性、向上心などが強い人は、ほとんどの企業でプラスに捉えてくれます。

決まった正解はないものの、マイナスイメージにつながる回答をするのは、あまり得策ではありません。

企業が求めている人物像がある程度分かっている場合には、それに適合する回答をするのも1つの対策法です。

ただし、嘘の回答は避けましょう。

2択でどちらか迷ったときに、企業の求めている人物像に合う方を選択する程度にしておきます。

あくまで正直に回答するのが無難です。

 

適性検査で落ちないための準備

就活選考の1つとして、適性検査を行う企業が多くあります。

企業の多くは、その結果を採用情報として重視しているのです。

そのため、適性検査だからといって手を抜いてはいけません。

それでは、適性検査で落とされないためには、具体的にどのような準備をしたら良いのでしょうか。

ここからは、適性検査で落ちないためにするべきことを解説していきます。

適性検査を受ける前にしっかりと準備をし、就職活動を成功へと導きましょう。

企業が取り扱う問題の種類を把握する

適性検査には、3種類の問題形式があります。

そのなかには、時間制限が短いものもあるため、志望する企業がどのような問題形式を出題するのか、前もって把握しておきましょう。

まず「玉手箱」は、1問あたりにかけられる時間が短く、同じ問題形式から複数の問題を出題されるのが特徴です。

「SPI」は、適性検査の代表的な問題形式であり、もっともポピュラーな問題形式です。

「GAB」は、言語の問題や計数の問題が多く出題されます。

本番形式で練習しておく

本番と同じ時間制限などを設けて、本番を想定とした練習をしておくと良いでしょう。

練習することで、自分の回答傾向やどこに時間がかかるのかなどを知ることができます。

「玉手箱」は、言語が10〜32問で制限時間は10分〜15分です。

計数は20〜50問で制限時間は9分〜20分です。

英語が制限時間は10分で24問出題されます。

玉手箱の場合、GABやGABの問題が出題されることもあるので、いろいろな形式の練習をしましょう。

「SPI」は基礎能力検査に約35分、性格検査に約30分の制限時間です。

「GAB」は言語が25分、計数は35分、パーソナリティは約30分が制限時間です。

同じ問題集を繰り返す

適性検査の対策として、多くの問題集に手を出すよりも、同じ問題集を繰り返し解くのがおすすめです。

それによって、どのような問題が苦手なのか・得意なのかなどの傾向をつかみやすく、回答にかかる時間の短縮も目指せます。

また、適性検査は過去問が使われていることも多いといわれています。

もちろん新しい問題も追加されていますが、複数の問題数を準備する必要はないでしょう。

さらに、問題集は問題形式別に特化されていることが多いので、志望する企業の問題形式を把握し、形式に合った問題集を準備することが重要です。

企業・業界分析

適性検査では、面接では見えない応募者それぞれの人間性を判断できます。

したがって、企業や業界がどのような人材を求めているのか、ニーズを正しく把握しておくことで回答しやすくなるでしょう。

企業や業界によって、プラスにもマイナスにもとらえられることがあります。

たとえば、集団でペースを乱さずに働ける「協力性」が必要な会社と、必要ではない会社があります。

基本的に嘘はいけませんが、直感的に答えられない問題は、企業・業界のニーズに合わせて答えても良いのではないでしょうか。

就活の適性検査で嘘をついてもいい?

適性検査で落ちないために!?してはいけない事!

適性検査で落ちないように意識しすぎるあまり、つい嘘の回答をしてしまう人も多いでしょう。

応募先企業についてある程度調べてみれば、どんな人材を求めているのかだいたい分かってきます。

適性検査のうち性格検査では、企業の風土によくマッチするような性格の人を演じたくなるでしょう。

自分を少しでも良く見せようとすることは、多くの人にとってよくあることです。

しかし、適性検査で無理に自分を大きく見せようとしたり、企業の理想に合った性格の人を演じたりすることがかえって仇になるケースも少なくありません。

性格検査で回答しなければならない設問の数は非常に多く、嘘の回答をすることで、矛盾が生じてしまう場合もあります。

じっくり考えて回答できれば、矛盾なく嘘の回答もできそうですが、制限時間が設定されているため、熟考するくらいの時間的余裕はありません。

矛盾なく嘘の回答をすることができないようになっています。

正直に回答することで企業の風土に合わないと判断されてしまうケースもあるかもしれません。

しかし、面接やグループディスカッションが上手くできていれば、大きなマイナスにはならないでしょう。

嘘の回答をしたときの方が落ちるリスクが高いです。

もし適性検査で上手く矛盾しないように嘘の回答ができたとしても、面接での発言と矛盾してしまうことが多いです。

面接での発言との矛盾を避けたいなら、性格検査のときに面接官が質問をしている場面をイメージしながら回答するといいでしょう。

性格検査で出題される質問の中には、正解が決まっているものもいくつか混ざっています。

例えば「飽きっぽい性格である」や「他人への気遣いをしたくない」などの質問に対して「はい」か「いいえ」の2択で答えるものです。

例え当てはまると思った場合でも「はい」と回答するのはマイナスになってしまいます。

また、極端な回答も避けましょう。

「絶対に」や「一度も」などの文言が含まれている質問には注意が必要です。

極端な回答をしたことが原因で落ちることもあるかもしれません。

適性検査対策をするなら就活市場にも目を通しておきましょう。

就活全般に関して詳しい内容を掲載しています。

適性検査で落ちないためのポイント

採用の材料として重視している企業が多いため、適性検査の結果はとても重要なものです。

面接ではわからない性格や学力を判断するものですが、適性検査で落ちてしまう人も少なくありません。

また、性格を判断する適性検査は対策が難しいともいわれているのです。

適性検査で落ちないためのポイントは、大きく分けて4つあります。

ここからは、その4つのポイントについてくわしく解説していきます。

ぜひ、回答練習とあわせてしっかりと把握しておきましょう。

丁寧に解きすぎない

問題を読むことや回答を考えることに時間を割きすぎてしまうと、制限時間が迫り、間に合わない可能性が高くなります。

適性検査は選択問題がほとんどなので、できるだけ悩まず、深く考えすぎないことを心がけましょう。

また、制限時間が設けられているので、時間を気にして焦ってしまいがちですが、落ち着いて回答することが重要です。

制限時間内でスムーズに回答できるよう、問題集を繰り返し練習し、適性検査に備えることも大切です。

未回答をなくす

選択問題が多いので、わからなかったとしても、とりあえず回答しておきましょう。

全問回答したからといって必ず合格するわけではありません。

しかし、未回答をなくすことで正解する確率が高くなり、結果的に合格へつながるのです。

もちろん、未回答をなくそうとするあまり、投げやりに回答してしまうのもよくありません。

選択問題でない問題は、わからない場合はとりあえず飛ばしておき、最後にじっくり考えることも1つの手段です。

正直に回答しよう

適性検査を受ける前に、自分自身と向き合い正しい性格を知っておくことが重要です。

そうすることで、矛盾のないスムーズな回答ができます。

回答に矛盾が生じてしまうと、性格などを正しく判断できず、採用担当者に不信感を与えてしまいます。

その結果、適性検査で落ちてしまうことがあるので、回答には注意が必要なのです。

あまり難しく考えず、正直に回答することで矛盾が生じにくくなり、適性検査で落ちる可能性は低くなります。

適性検査に落ちてしまった時にすべきこと

就活で多くの企業を受けていると適性検査に落ちることも珍しくありません。

落ちたショックで就活が手につかない状態になるのを防ぐためにここからは適性検査に落ちてしまった時にすべきことを2点ご紹介します。

自己分析し直す

一つ目は自己分析をし直すということです。

これは必ずやらなくてはいけないという訳ではありませんが性格検査の影響で適性検査に落ちてしまったと考えている方は自己分析をもう一度してみることも一つの手です。

というのも自己分析を再度することで自身の回答に一貫性を持たせることができるからです。

他の人から自分のことを聞くなどして客観的に自分を捉えられるようにしましょう

落ちたことを引きずらない

二つ目は適性検査に落ちたことを引きずらないことです。

適正検査で落ちてしまった際に自分のなにがダメだったのかを分析することは効果的ではありません。

なぜなら学生は検査結果を知ることができないからです。

そのため、適性検査で落ちてしまっても引きずらずに次の就活に臨むようにしましょう。

まとめ

適性検査のうち性格検査は正直に回答し、極端な回答を避ければ、落ちる可能性は低いです。

無理に自分を大きく見せないように注意して回答しましょう。

また、能力検査は正解が決まっており、内容的にもあまり難しくはありません。

慣れていないと時間が足りなくなることが多いため、問題集を使って問題を解く練習をした上で臨みましょう。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ