面接で失敗した…面接の失敗を挽回するための対策とは!?

面接での失敗例

pixta_9729050_M

面接に失敗したという話はよく耳にするところですが、失敗とはいくつかの要素と段階で発生するものです。

そのため、何が理由で面接に失敗したかを知り、自分はどれに該当したかを把握することが、二度目の失敗を避けることになります。

そこで、シチュエーション別に、そして内容別に細かく面接での失敗例を紐解いていきます。

面接前

面接前の行動が原因で失敗する例として多いのが、道に迷ってしまって時間通りに行きつけなかったり面接場所が違っていたりすることが挙げられます。

前者は、スマートフォンの地図アプリなどだけでなく、事前に訪れるなどして、しっかりと場所を調べておくことで回避できたでしょう。

後者は、支店や工場がたくさんあるような会社の面接であれば、面接会場がどこなのかをしっかり把握していれば、面接場所を間違うことはなかったはずです。

そのほかにも、寝坊して寝ぐせがついた髪と曲がったネクタイで息せき切って駆け込んだといったケースもあり、この場合は時間に間に合ったとしても、まともな面接にならなかったことは容易に想像できます。

交通機関に遅れが生じ、その対策を講じていなかったばかりに間に合わなかったり、当日風邪を引いて動けないといった体調管理のまずさもあったります。

さらには、当日必ず持参するように指示されていたものを忘れていったケースも失敗の原因として多く、まさかそんなことはないだろうと思うようなことが、意外と多いのです。

面接中

失敗につながる要因として多いのが、応募先の会社の事業内容や業績の推移などをしっかりと記憶し、万全の態勢で臨んで行ったところ、社長の名前を知らなかったというケースです。

スラスラと企業の事業内容や業績について答え、手ごたえを感じていたところ、不意に当社の社長の名前をお答えくださいといわれ、答えに詰まることが少なくありません。

大きな企業から中小企業に至るまで、せめて社長の名前を覚えておくことは必須条件であり、失敗するのも当然です。

これは、準備不足が原因なのは言うまでもありません。

さらに、マナーがなっていなかったことが原因の場合もあります。

勧められないまま椅子に腰かけたり携帯をマナーモードにしたりしていなかったことなどがよくあります。

普段めったに着信などないのに、大事なときに限ってにぎやかなメロディーが流れて場が凍り付いたといった具合に、笑えない状況もしばしばで、どちらもマナーに対する意識の欠如が原因です。

面接後

終わって会場を後にするとホッとしてしまい、素の自分が出てしまうことはよくあります。

気持ちはわかりますが、どこで見られているかわかりません。

会社内のエレベーターに乗ったときに誰もないとなると、だらしなくエレベーターの壁に寄りかかったり、乱暴にボタンを押したりといった行動は慎まなけれななりません。

特に近年、エレベーターは防犯上の理由から防犯カメラが設置されていることが多いため、意外なところで見られており、素の姿が判明してしまっている場合も多いのです。

そのほかにも、終わるなりスマートフォンを取り出してメールをし出したり、会社から出てもいない間に電話をかけ始めたり、仕事をしている人がいる中、電話で話しながら歩いたりするといった行動も、せっかくうまくいったのを台無しにするケースといえます。

面接の失敗をさらに具体的に見ていきましょう

自分自身が納得のいく面接になれば、たとえ落ちていたとしてもすっきりします。

けれども失敗したと感じてしまうと、いつまでも悔しいものです。

よくありがちな面接の失敗事例を知って、予防対策につなげましょう。

面接中に緊張してうまく話せなかった

誰しも面接中は、多かれ少なかれ緊張するものです。

しかしながら緊張が大きい場合、人によっては頭の中が真っ白になり言いたいことが飛んでしまうこともあります。

せっかくいろいろと伝えたい思いがあったのにうまく話せないとなると後悔するでしょう。

けれども面接で大切なことは、スムーズにうまく話すことよりも話す内容です。

緊張してしどろもどろになってしまったとしても、筋の通ったブレない姿勢を見せることができれば問題ありません。

途中で詰まってもよいので、「これだけは言うべき」という点を事前に定かにしておきたいものです。

基本的な質問に回答できなかった

面接では、知っていて当たり前のような基本的な質問を投げかけられることがあります。

たとえば「今の総理大臣の名前は?」や「弊社の社長名を答えてください」というような問いかけです。

こうした質問は、社会人としての常識や企業研究をしているかどうかを見極めるための質問です。

回答できない場合は、あまりよい評価は得られないといえるでしょう。

最低限の社会のニュースや受ける会社概要についてはきちんと把握しておくべきです。

けれどもこうした質問に答えられなくても、ほかの質問や自己PRで光るものがあれば無事に通る可能性もあります。

答えられなかったからといって落ち込むのではなく、それ以外の問いに対して全力で挑むようにしましょう。

面接に遅刻する

当日寝坊して面接に遅刻するというのは言語道断です。

けれども電車の遅延などやむを得ない理由なら、面接官もわかってくれます。

重要なのは、向かう途中で遅刻しそうな場合は早めに連絡を入れることです。

無断での遅刻だけはやめましょう。

選考を受けている企業の批判をしてしまう

企業の方針などを聞かれた際に、批判的な意見を述べてしまう人もいるのではないでしょうか。

あとから、「あんなこと言わなければよかった」と後悔するかもしれません。

批判した内容があやふやだったり的外れだったりすると、評価は悪くなるでしょう。

しかし「なるほど」と面接官をうならせる意見もあります。

何でも「そうですね」と言う人材よりも、自分を持っており鋭い目線の人材の方が必要とされるケースがあることも確かです。

批判的な意見を述べたからといって、すべてが失敗につながるわけではありません。

しかしながら、反対論を述べることは賭けにもなるので控えたほうが無難です。

面接官から指摘を受ける

面接中に、「そんな考え方では甘いよ」などと厳しい指摘を受けることもあります。

失敗したなと動揺してしまうかもしれませんが、採用したい人材だからこそ厳しいことを伝える場合も見られます。

身だしなみなどの指摘はどうしようもありませんが、話した内容に関する指摘はそこまで気にしなくてもよいでしょう。

面接中に面接官の反応が無反応だった

無反応な面接官は、感情を見せないようにわざと冷淡に振る舞っているパターンもあります。

また回答が長すぎて、適当な反応になってしまうケースも少なくはありません。

質問の回答は、要点を抑えて簡潔にまとめることが大切です。

面接で失敗したときの企業からの見られ方

pixta_24407143_M

失敗の原因として挙げられる要素は多いものの、先述したすべてのことが失敗につながるとは限りません。

境界線となるのは企業から見て、本人の責任であるかそうでないかです。

最もわかりやすいのは、公共交通機関の遅れによって時間に間に合わなかったケースです。

もちろん、電話で公共交通機関が遅れてしまっているために、時間に間に合わないのですがという連絡を入れるのは必須ですが、この場合、遅れた非は本人にはありません。

しかも、きちんと連絡をしてきたとなれば、企業としてはまたチャンスを与えようと考えています。

改めて機会をもらえたときは、速やかにお礼とお詫びの手紙やメールを送るなどの対処があればなお良いでしょう。

現代社会ではメールの方が早くやり取りができますが、きちんとした挨拶は手紙になります。

正しい書き方で手紙が書け、しかも字もきれいという人は、手紙を書いて速達で送るとより心証が良くなることうけあいです。

企業として、これは到底採用できないダメな応募者と見られるのは、遅刻の原因が他でもない当人にある場合です。

時間配分を誤る、電車の路線を間違えての遅刻や風邪を引いた場合も、体調管理ができないとしてアウトとなります。

面接で失敗しないための事前準備

面接での失敗を防ぐためには、事前の下準備をしておくことが非常に重要です。

きちんと準備することで気持ちの余裕も生まれますし、当日になって焦ることもありません。

しておくべき事前準備にはどのようなものがあるのでしょうか。

会社情報は事前に確認しておく

細かい企業研究をする時間が取れなかったとしても、最低限の会社概要については把握しておかなければいけません。

会社のホームページやパンフレットなどを見て、社長名を覚えたり力を入れている取り組みなどを確認します。

企業について知っていれば、自信を持って面接を受けることができます。

会社についての質問をされることも多いので、会社情報を頭に入れておくことは大切です。

スーツや靴などの身だしなみを整える

服装においては面接では社会人のマナーとして、しっかりとチェックされます。

当日の朝にスーツにアイロンをかけるのは、遅刻の原因にもなります。

前日までに当日の服装をすべて用意して、靴も磨いておきたいものです。

面接開始30分前には会場の最寄り駅に着いておく

面接会場は土地勘がない場所では迷う可能性もあります。

時間に余裕を持って家を出て、30分前には会場に着いておきましょう。

ギリギリの到着では気持ちの整理もできませんし、焦りがいろいろな失敗につながりやすいです。

早めに着いてトイレで身だしなみも整えて、リラックスした状態で面接に挑むことが理想です。

方向音痴の人は、前日までに会場への行き方も調べておきましょう。

履歴書のコピーを持参する

履歴書に書いたことと面接での回答がちぐはぐであると、よい印象は持たれません。

面接の待ち時間に履歴書を見直せるように、コピーしたものを持参して内容の再確認をしておけば安心です。

面接の失敗を挽回!3つの解決策

pixta_53136428_M

不採用の結果が届けば、誰しもガッカリして落ち込んでしまうものですが、落ち込んでばかりもいられません。

失敗を挽回するために必要な3つの解決策として重要なのが、なんらかの理由で迷惑をかけたとしたら何よりも謝罪が一番大事です。

そのうえで改めて基本的なマナーの再確認と、よく聞かれる質問内容の確認が必要です。

面接前の失敗しないための対策

上記の3つの解決策を踏まえ、再び失敗しないために必要な対策をより細かく考えることで、次は成功へと近づく可能性が高くなってくるはずです。

そこで、3段階に分けてより細かく注意点を見ていきます。

1時間前行動

会場には1時間程度前に着いていても、特に問題ないでしょう。

ただ、待てる場所が会場にない場合、早めに行くことで迷惑と取られる場合もあります。

そのため、近くにコーヒーショップなどを見つけておき、そこで改めて事前準備を確認して過ごします。

時間が近づいてきたらお手洗いに行っておき、会場で借りずに済むようにしておくのがベターです。

体調管理

誰もが風邪を引きたくて引くわけではありませんが、薄着でいると風邪を引きそうだと思っていたのにそのままにしていたり、睡眠不足になるとわかっていながら、まだ日にちはあるからと夜更けまで起きていたりといった生活をしていると、当日にとんでもない落とし穴にはまることがあります。

できるだけ早寝早起きを心がけ、寒い時期は防寒や風邪対策をしっかりすることが大事です。

早寝早起きをすることで寝不足を避けられますし、早起きができれば寝坊して大慌てで駆け込むといった失態を演じることもありません。

面接中の失敗しないための対策 

失敗の原因はうまく話せなかったという自覚がある場合や、事前の下調べが十分でなかったという自覚がある場合は、話をするという点に気をつけて対策を練ることがポイントとなってきます。

面接練習をこなす

応募動機や入社後にはどのような仕事をしたいと考えているかなど、聞かれることはある程度予測がつきますので、誰か練習相手になってくれる人を探し、練習をこなすのがおすすめです。

このとき、いろいろな人に練習に付き合ってもらうのがコツです。

その人の実際の経験を元に聞いてくれるようにお願いすれば、人によっては意外な質問をしてくれる可能性があります。

さまざまなパターンを練習することによって、より会社に対する知識と理解が深まるほか、思いもしなかった質問にも対応できるようになります。

この練習は、これから就活に挑む就活生にとっても、非常に効果がありますので、就活市場においても事前にしておくことをおすすめする効果的な対策です。

話す内容はKWで覚える

こうした質問にはこう答えるといった、いわゆる公式を覚えるように答えを覚えてしまうと、尋ねられ方が変わったときにしっくりこない返答になってしまいます。

そのため、この質問に対するキーワードとなる言葉は何かを頭の中に叩き込んでおき、キーワードを使いこなして答える練習をするのがベストです。

文章を丸々覚えてしまうと、どうしても文章を思い出そうとしてしまいますので、質問者の問いに対してとんちんかんな答えになってしまいがちです。

例えば、会社の主用製造品についてどう思うかといった質問をされた場合、主要製造品が何かがキーワードの1つとなりますし、その品の特徴もキーワードとなってきます。

質問からキーワードを見つけ出す練習をしておけば、キーワードに基づいた話し方をすることによって、相手の質問に合わせた文章構成が自然とできるようになるはずです。

面接後

ドキドキの時間を終えたら、誰もがホッとするのも無理もないところです。

けれど、終えるまでに費やした時間と努力を考えると、終わった後こそしっかりと気を引き締めなければなりません。

帰宅するまで気を抜かない

先述した中においてはエレベーター内での行動と重なる要素で、家に帰りつくまで、どこで見られているかわかりません。

終わったと開放的な気分になり、帰りにちょっと一杯と居酒屋などにでも寄ろうものなら、それを見られていたら一発アウトです。

電話やメールマナー

終わった直後は、まだ採用か不採用かということはわかりません。

採用されたとなれば、お礼の電話やメールをするでしょうが、実は面接を終えた直後の電話とメールも忘れないようにしましょう。

電話は相手の状況がわからないこともあって、迷惑になる可能性もあることからメールがベターです。

あくまでも感謝の気持ちを伝えるため、丁寧な文章で、それでいてシンプルな内容にするのが大事です。

長々としたメールは、かえって迷惑になります。

具体的な内容については、参考になるテンプレートをまとめたサイトが数多くありますので、参考にできます。

まとめ

失敗をしてもぜんぜん落ち込まないという人など、世の中にはほとんどいません。

ただ、大事なのはいつまでも落ち込んでいないで、今度は成功へとつなげていくことです。

そのためには思い出したくなくても頑張って振り返ってみて、あれがまずかったと思われるところは修正し、足りなかったところを追加していくことが成功へとつながります。

面接時にやっちゃいけないマナー違反、
知らず知らずのうちにやってませんか?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ