【例文付き】自己PRは書き出しが大切!重要な3つのポイントを解説!

【自己PRの書き出し】はじめに

就活で志望動機や自己PRを書く際、書き出しに注意している人はどのくらいいるでしょうか。

文章を考えたり書いたりするのが苦手という人は大勢いますが、それぞれが工夫をこらして相手に伝わりやすい文章や構成にしようと努力していると思います。

しかし、闇雲に挑戦しても失敗してしまったり躓いてしまったりすることがあります。そもそもコツを理解していないのに完璧な自己PRが書けるようにはなりませんよね。

今回は、書き出しの重要性パターン別のおすすめの例文書き出しに使ってはいけないワードをご紹介します。

【自己PRの書き出し】自己PRとは

そもそも自己PRとはなんなのでしょうか?

自己PRでアピールすべき内容がわかっていなければそもそもどのように書き出せばいいのかすらわかるはずがありません。

ここでは、企業が自己PRでどのようなポイントをチェックしているのか詳しく解説していきます。

企業が求めているポイントを把握することで他の学生と差別化し、選考の通過率をあげましょう

あなたの強みや人柄をアピールする

自己PRでは、あなたの強みや人柄を企業に対してアピールするチャンスです。

ESに限らず、面接でも大切なのは限られた時間や文字数の中であなたの魅力を最大限アピールする必要があるということです。

企業がわざわざ自己PRを聞いているということはそうしたあなたの魅力を簡潔に伝えてほしいと考えているからです。

そのため、自己PRではあなたが企業に対して最もアピールしたいと考えていることを述べる必要があります。

企業に合うかどうかを判断している

採用担当は、あなたの自己PRを通し、この企業でやっていけるのか、この企業の社風などに合うかどうかを判断しようとしています。

企業の社風などに合わないまま入社してしまっては、入社後のギャップから早期離職につながってしまいます。

そうなってしまうと企業のせっかくの採用計画にずれが生じ、また、あなたのせっかくの新卒カードが無駄になってしまいます。

そうならないためにも、企業はミスマッチがないか見極めるために採用に慎重になるのです。

自己PRのおすすめの書き方

本記事では自己PRの書き出しについて解説していきますが、自己PR全体の書き方についても確認していきましょう。

自己PRは採用担当がイメージしやすいよう、端的かつ具体的に述べる必要があります。面接などの限られた時間ではなおさらです。

以下の、効果的にアピールできる自己PRのおすすめな構成を確認しましょう。

①結論
②理由
③エピソード
④結論(エピソードの経験を生かし、企業に貢献したい)

①の結論は、書き出しの部分が該当します。後ほどポイントについて述べますが、ここでは自分が1番アピールしたい長所や性格を端的に述べます。

②の理由では、なぜそれが自分の長所だと言えるのか、その根拠を述べます。

③のエピソードでは、②で述べた理由を裏付けるエピソードを紹介します。エピソードを書く際は、そのエピソード内で起きた問題に対し、自分がどんな行動を起こし、どんな結果になったかを書くと具体的かつ効果的に伝えることが出来ます。

④の結論では、③で述べた過去の経験を生かし、企業に貢献したいという旨を述べましょう。

志望動機と混同しないように注意

自己PRは、自分の長所や性格は企業にどう生かせるかをアピールするための項目です。

一方、志望動機は、自分がなぜその企業を志望するのかという理由をアピールするための項目です。

二つの違いを理解していないと、どちらも似通った内容になってしまいます。

そうなると、採用担当に違いが分かっていないことが見透かされ、マイナスなイメージを与えてしまいかねません。

自己PRを書く際も、志望動機を書く際も、その項目では何を聞かれているのか意識して書きましょう

【自己PRの書き出し】自己PRの書き出しはどうして重要なのか

就活生の実に8割は自己PRの書き出しで躓いたり悩んだりしています。

自己PRは志望動機などとは違い、自分を企業に良くアピールするための文章ですから、悩むのは無理もありません。

しかし、だからと言って書き出しをなおざなりにしてはいけません。

自己PRで書き出しが重要な理由は、文章全体のまとまりに影響するからです。

書き出しで結論や一番に伝えたいことが書いていないと、文章全体にまとまりがなくなってしまいます。

ですから、書き出しには自分の得意なことや、長所、強みなど、企業にアピールしたいポイントを端的に書かなければいけません。

当たり前ですが文章を途中から読み始める人はいませんよね。書き出しは読み手を引き込み、自分自身に興味を持ってもらうための窓口の役割を果たすのです。

【自己PRの書き出し】自己PRの書き出しで工夫するポイント3点

自己PRの書き出しで悩んでしまう方も多いのではないのでしょうか。

ここでは書き出しについて押さえるべきポイントを紹介していきます。

ぜひ参考にしてください。

ポイント①:アピールポイントを冒頭に書く

自分の強みや長所を、冒頭で端的に伝えるのがベストです。

短い一文でかまいませんので、ダラダラと書かないようにしましょう。

これはビジネスの基本でもあり、論理的に話すことで話し上手な印象を与えられます

何事も、結論から話す・書くことで、一目見ただけで採用担当者にアピールポイントが伝わりやすくなります。

ポイント②:ありきたりなものは避ける

自己PRは、自分を売り込むための時間です。

他の人より抜きん出ている人に採用担当者は興味を抱きます。

しかし、ありきたりなエピソードやPRをしてしまう就活生は多いです。

よく「責任感が強い・責任感がある」と言う言葉をアピールする学生がいますが、このようなありきたりな言葉は、採用担当者は嫌と言うほど聞き飽きているものです。

この際、単に「責任感が強い・責任感がある」と伝えるのではなく、「最後までくじけずにやり通す熱い思いがあります」「一度こうしようと決めたら決してあきらめずに取り組みます」など、表現を変えて伝えるとよいでしょう。

また、自己PRは一つだけでなく最初にいくつか考えて書き出しておきましょう。

その中で企業が求める人材に近い自己PRを選ぶとよい印象を与えられます

企業の新卒サイトなどでは、求める人材や人物像が書かれていることが多く、また社長や先輩社員などのインタビューなども参考になるでしょう。

そして、自分らしさを表現できる、シンプルで印象に残りやすいキャッチフレーズを付け足すと、より強く印象づけることが出来ます

その際は、比喩表現を使うなど、わかりやすい表現を使うとより強い印象を与えやすくなります。

ポイント③:曖昧に終わらせずに言い切る

自己PRの書き出しを書く際は、必ず断定の言い方で言い切りましょう

例えば、「~だと思います」という言い方をしてしまうと、自信がない印象を与え、また自己分析が足りていないと思われてしまいます

自己分析した結果、自分はこうだというものをずばり断定して伝えましょう。

これはビジネスシーンでも同じです。

何か質問をされたときに、「私は〇○だと思います。」というと自信のない表現になりますが、ずばり「○○です」と伝えると相手も安心を与えられますし、説得力があります。

【自己PRの書き出し】自己PRの書き出しに使うべきでない、NGワード

書き出しは読み手を引き込むための重要なものです。自分の魅力を盛り込む大切な一文なので、以下のような表現、ワードは避けましょう。

曖昧な表現

「私はとても器用な人間だと思います」

例文のような「〜だと思います」あるいは「〜かもしれません」といった曖昧な表現は使わないようにしましょう。自信のなさが見受けられますし、信用性にも欠けます。書き出しは「〜です」といった断定する表現にします。

ネガティブなワード

「私は内気な性格です」

自分の苦手なことや自信のないことをあえて書く必要はありません。自己PRは自身の魅力を企業に伝えるために書きます。そこで自分で自分の評価を下げてしまっては元も子もないので、自分に自信を持ってポジティブなワードを使うようにしましょう。

【自己PRの書き出し】自己PRの書き出しの例文を5つ紹介

自己PRでよくあるパターンにおいて、そのアピールポイントを伝えることで、どのようなことをアピールができるのでしょうか。

各例文のアピールポイントで伝えられる、あなたの魅力についてご案内します。

エントリーする各企業の求める人物像や、志望する職種ややりたい仕事にマッチするアピールポイントを見つける参考にしてください。

例文①:私は負けず嫌いです

「負けず嫌い」というアピールで伝わるのは、「負けず嫌い」であることだけでなく、粘り強さや忍耐力、同僚や他社との競争力、最後までやり遂げる精神などを伝えることが出来ます。

営業職や販売職、また開発職や技術者、企画職などを志望する人がこのアピールをすると効果的でしょう。

例えば、営業職や販売職はノルマが課されたり、一定の成果を上げることが求められます。

開発職や技術者は新しい製品の開発や他社に負けない製品の開発などの成果を出すことが求められます。

企画職は、他社とのコンペティションなどでプレゼンなどの役割を担う部門や職種、プロジェクトチームを組んでプロジェクトを達成したり、成果を出したりすることが求められます。

これらの職業では「負けず嫌い」という性格が十分なアピールポイントになります。

「負けず嫌い」をアピールする際の自己PRの書き方は、次の記事を参照してください。

例文②:私は常に笑顔で対応ができます

「常に笑顔」は人当たりの良さやコミュニケーション力の高さ、温厚さや穏やかさ、人への思いやりが持てることや常に冷静に対応できる、落ち着きがあることをアピールできます。

人と接する機会が多い接客業や営業職、販売職はもちろん、カスタマーサービス部門などクレーム対応の多い部署を志望する際に効果的な自己PRです。

また、介護や医療など、責任のある専門的な仕事の提供が求められるヘルスケア業界でもアピールポイントになります。

特に、介護分野では、仕事でストレスが溜まった職員による利用者への暴力などのトラブル事例が問題となっているのが現状です。

「常に笑顔」でいられる人は自分を取り乱さず、人に怒りを覚えず、常に冷静に対応できる人であることのアピールにつながります。

また、医療分野では時に生命の危機に直面する場面もありますが、本人や家族の不安を取り除いて安心を与えるためにも、真剣な表情の中にも患者に接するときの笑顔は重要なポイントです。

「常に笑顔」をアピールする際の自己PRの書き方は、次の記事を参照してください。

私は責任感が強いです

「責任感が強い」ことは、あらゆる仕事においてアピールポイントになります。

なぜなら、責任を持たずに遂行して良い仕事などあり得ないからです。

例えば、品質管理や施工管理など一定の品質の維持が求められる管理部門や、目的や目標の達成や成果が求められ、自分の役割を担う必要があるプロジェクト単位で稼働する仕事などをはじめ、コツコツとした事務作業や、納期などが求められる技術職や製造職などでもアピールポイントとして使えます。

建築現場や医療関連など安全対策を徹底すべき分野や、店長などリーダー的な職種で従業員の管理や店舗の運営を任せられる立場の職種などに応募したいときにもオススメです。

もっとも、汎用性のある自己PRポイントだからこそ、責任感をアピールする根拠となるエピソードに具体性を持たせ、企業や志望する仕事にどう役立てられるかをしっかりと伝えなくてはなりません

「責任感がある」をアピールする際の自己PRの書き方は、次の記事を参照してください。

私はリーダーシップがあります

「リーダーシップ」は仲間を率いる能力をはじめ、その場をまとめる能力、一つの物事を仲間とともに達成しやり遂げようとする能力、積極性などのアピールにもつながります。

チーム単位で仕事をする職種や仕事店長や管理職などを目指す方、システムエンジニアやWebプロデューサーなど、プロジェクトメンバーをまとめていく必要がある職種に応募する際にアピールポイントの一つの候補となります。

また企業が求める人材に、「次世代を担うリーダー」といった人物像が描かれているときなどにもオススメです。

「リーダーシップ」をアピールする際の自己PRの書き方は、次の記事を参照してください。

私はチャレンジ精神があります

「チャレンジ精神」は未知のことに立ち向かう精神力や勇敢さ、度胸の良さをはじめ、好奇心旺盛で初めてのことにも物怖じしないこと、チャレンジした以上は成し遂げる遂行力があることなどがアピールできます。

研究開発職や企画職をはじめ、営業職や店舗運営の仕事、ITや機械関連など常に新しい技術の開発が求められる分野にも適しています。

時代に乗り遅れたり、時代のニーズがなくなったりし、新たな事業開拓が求められている業界や、経営状態が下火になるなどで新たな打開策や新たな取り組みなどが求められている企業などに就職を希望する際にも向いていると言えます。

「チャレンジ精神」をアピールする際の自己PRの書き方は、次の記事を参照してください。

 

【自己PRの書き出し】自己PRの例文

自己PRの書き出しに続くのは自己PRの本文です。

先ほど紹介した自己PRの構成に則った例文を紹介しますので、自己PRの作成時に役立ててください。

また、書き出しに迷っていただけで、既に自己PRの本文は完成しているという人も例文を一度確認し、参考にできる部分を生かしてみてください。

「私は負けず嫌いです。(①結論)

私は小学校から大学まで野球をしていました。 (②理由)

大学2年生の頃、肩をケガしたため休養のため野球ができなくなってしまいました。(③エピソード:問題)

しかし、今できることを考え、ストレッチや筋力トレニングをできる範囲で行い、周りのメンバーに後れを取らないように努力しました。 (③エピソード:行動)

完治した後の試合ではホームランを2本打つことができ、チームを優勝に導くことに貢献できました。 (③エピソード:結果)

以上の経験を生かし、貴社に貢献したいです。(④結論)

【自己PRの書き出し】まとめ

自己PRの書き出しで重要なのは、シンプルさです。たくさん書けば書くほどいいというものではなく、ダラダラと文章を長続きさせるのは良くありません。

書き出しのコツを覚えても、書き出しがどうしても浮かばないという人は、恐らく自分のアピールポイントが見えていないのかもしれません。その場合は自己分析や他己分析を行うなどして、自分がどんな人間なのか、どんな強みや長所を持っているのかを理解するところから始めましょう。書いた文章を一度他人に見てもらうという方法も効果的です。

就活の選考において、自己PRが占めるウェイトは、非常に大きなものです。中途半端な完成度で妥協せず、何度でも書き直して、問題点を改善することで内定に繋がるでしょう。この記事を参考に、最高の自己PRを仕上げてください。

そんな自己PRでほんとに大丈夫?
1人でわからない事はプロと2人で​。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ