【例文】入社後にやりたいことはなんですか?回答する際のポイントや例文を紹介

面接では、入社後にやりたいことについて聞かれることは多いです。

企業側にとっての質問の意図を知り、落ち着いて自分の考えを伝えることができるよう準備しておきたいものです。

回答の仕方のポイントや良い回答例について見ていきましょう。

なぜ企業が入社後やりたいことを聞くのか

lp044_cont05-2

入社後にやりたいことを聞く意図は、何も就活生のプライベートにおける夢を聞いているわけではありません。

そこを理解しておかなければ、意図にそぐわないおかしな返答をしてしまうことになります。

やりたいことは入社してから決めるというのでは、その会社で働きたい意欲が伝わりにくくなります。

なぜこうした質問をするのか、まずはしっかりと企業側の意図を掴んでおきましょう。

企業理解をどこまでしているのかを知るため

自分が受ける会社がどんな分野でどういった仕事をしているのか具体的にわかっていなければ、入社してからやりたいことは明確になりにくいです。

企業側はこの質問により、就活生がどの程度自社について研究し理解しているのかを知ることができると考えています。

たとえば営業職を受ける場合に、「御社に入社できた際は、優秀な営業マンになりたいです」という回答ではあまりにも曖昧で仕事内容の知識不足とみなされるかもしれません。

具体的に、「御社のチーム営業という営業スタイルにおいて、自分の協調性やリーダーシップ能力を活かして社内でトップレベルの営業マンをまずは目指したいです」というような回答が望ましいでしょう。

ちぐはぐな回答にならないためにも、会社説明会やOB会を活用したりホームページを見たりして、しっかりと企業研究をしておきたいものです。

働くイメージが湧いているかどうかを把握するため

面接官は、就活生が将来の自分に対して明確なビジョンを持っているかどうかも知りたいと考えています。

具体的にやりたい仕事を答えることができる人は、働くイメージが湧いている証拠です。

そうした人材であれば、入社してから目標を持ちそれに向かってしっかりと成長していけるはずです。

またこの質問は、その人の仕事に対する価値観を知る意図もあるでしょう。

職場というものは、自分のキャリアやスキルを形成していける場でもあります。

そこで伸びていける人かどうかも、企業側は判断しています。

ミスマッチを防ぐため

いくらやる気を感じられる就活生でも、その人がやりたいことと実際の会社での仕事内容が違っていてはどうしようもありません。

就活生は「孤独に強く一人で何でも決めて勇気を持って行動できるので、単独で回る営業職で成績を上げたい」と述べたとします。

しかしながら実際のところその会社では、単独営業ではなくチーム営業スタイルの場合には、この人の性格は合わないことになります。

こうしたミスマッチが生じると、企業側にとっても戦力になりませんし、就活生もストレスを感じ思うように働けないでしょう。

入社してから、「思っていた会社と違っていた」と感じて辞めてしまう人も出てきます。

企業側としては、自社の方針に合い自社で活躍できる人材が欲しいわけです。

互いにとって良い方向に結び付くためにも、面接の時点でミスマッチがないかを確認しておく必要があります。

「入社後にどんな仕事がしたいか」は、企業と就活生のミスマッチを予防する意図もあるのです。

入社後やりたいことを答える際のポイント

スムーズに回答するためには、その企業の仕事内容について触れるべきポイントがあります。

業界分野や職種、そして扱っている商品やサービスに関する話を取り入れるようにしましょう。

そして自分自身の特技や長所の活かし方をプラスすることで、グッと説得力のある回答になります。

具体的な仕事内容や事業について話す

抽象的な回答は、面接ではあまり良い評価はされません。

「企業のことをそこまで理解していないので曖昧な言い方をしているのでは」と思われてしまう可能性があります。

回答する際には、その会社の実際に行っている仕事の特徴やオススメ商品・サービスについて触れるようにしてみましょう。

たとえば介護業界を受ける場合に、「御社のIT×介護という独自のサービス方法に関心があります」というようにその会社ならではの特徴に触れます。

そして「多くの人の力になりたいという目標からシステムエンジニアを志望する私にとって、最適な会社である」という点を伝えることで、この人はしっかり自社について研究しているなと感じてもらえるはずです。

ただ「御社の介護職に興味があります」では、意欲も何も伝わらないので気を付けましょう。

会社の知識について述べる際には、頭でっかちにならないことも大切です。

知識ばかりが増えていっても、それを実際に何らかの行動に移すことができなければ無駄になってしまいます。

その点にも気を付けるとともに、「まだまだ勉強したいことがあります」と謙虚で前向きな姿勢を見せたいものです。

自分の強みがどのように活かせるかを話す

面接では、できる限り自分の良さや強みをPRしたいものです。

企業側としても、その就活生が持つ才能やスキルを知り、それが自社で活躍できるものであるかどうかを確かめたい気持ちがあります。

入社後にやりたい仕事を述べる際には、受ける会社が求めている能力とリンクしそうな強みに関してはしっかりとアピールしていきましょう。

自己アピール方法としては、学生時代の部活動やボランティア活動の他アルバイトでの経験や獲得した資格などを話すようにします。

ただし、受ける会社が必要としていない能力についてアピールしても意味がありません。

また、別質問での自己PRの時に話したことと明らかに異なる答えを述べるのも一貫性がなくおかしいです。

自己PRの時には「縁の下の力持ちタイプです」と言っていたのに、入社後にやりたいことを回答する際には「率先してリーダーとして頑張っていける力を活かしたい」などと調子の乗って話してしまわないようにしましょう。

今やっていること、今後やっていくことなどその仕事につくために努力することを話す

内定をもらい入社して頑張っている自分をイメージして、すでにその準備を始めている姿は、面接官からすると非常に意欲的に映ります。

仕事でキャリアアップするために必要なことを把握して、計画を立ててビジョンを持ち行動できる人材を企業は求めているのです。

たとえば外資系の会社であれば、語学能力が必要になってくるのは当然です。

「よりトップクラスの営業ができるよう、英会話教室に通って語学力を付けようと勉強しています」などと、今時点で行っている努力や習慣についても述べると良いでしょう。

ありがちなのが、「○○しようと思っています」というような実際にはまだしていない行動を語ることです。

これはやるかやらないかわからないことであり、話してもあまり意味がないといえます。

ただし、入社後に現場にて取り組みたいことがあるならば話してもかまいません。

また「〇〇を頑張っています」という抽象的な言い方もせっかくの頑張りが伝わりにくいです。

「何をどう頑張っているのか」できるだけ具体的にわかりやすく説明したいものです。

具体的に、そして現実味のある話をすることがポイントといえます。

面接で入社後にやりたいことを聞かれたときの4つのポイント

面接官が入社後にやりたいことを聞く理由には、さまざまな意図があるということを覚えておくと高評価につながる回答を導き出すことができます。

まず企業のことを理解しているか、また仕事に対する意欲はあるかという点に注目し、就活生にやりたいことを質問しているということを覚えておくと適切な回答を作り出せるのです。

ここからは、入社後にやりたいことを聞かれたときに適した回答を導き出すポイントを解説していきます。

事業内容や会社のビジョンと関連させる

ただ闇雲に入社後にやりたいことを述べても面接官の心を掴むことはできません。

企業への理解度が高いことをしっかりアピールするために、入社後にやりたいことを回答する際には事業内容や会社のビジョンを知ったうえで的を射た答えを述べることが大切です。

入社後の意欲や目標を述べるにあたって、企業の事業内容にまったく当てはまっていない的外れな回答を述べてしまうと「自社には合わない人物だ」と判断されてしまうこともあります。

そのため、入社後にやりたいことをポジティブな話すだけでなく、事前に事業内容や会社のビジョンを把握しておき、企業の価値観とマッチした回答を用意しておくことが必要です。

あなたの将来ビジョンに沿った回答を行う

就活の面接では、将来の目標に関する質問をされることもあります。

そのため、入社後にやりたいことに関する回答だけでなく、あらゆる質問に的確に答えられるように将来のビジョンに目を向けておくことも大切なことです。

将来のビジョンに基づいて入社後にやりたいことを述べていくと入社の意欲や仕事への価値観のほか、自己分析がしっかりと行えていることをアピールすることができます。

もちろん将来のビジョンに沿って入社後にやりたいことを述べていくのであれば、その企業で成し遂げられることを挙げて答えなければいけません。

自分の将来のビジョンと企業で成し遂げられることがマッチしていなければ、企業研究がしっかり行われていないとみなされてしまいマイナスイメージを持たれることがあります。

企業研究を行っておくことは、入社の意欲をアピールにもつながるので、自分の将来のビジョンを明確にしておくのはもちろんのこと、事前に企業に関する情報をきちんと集めておきましょう。

キャリアステップごとにどうなっていきたいかを伝える

自分の目標を伝え、どのようにその目標を成し遂げていくかを伝えていくことも上手に入社後にやりたいことを回答する方法です。

キャリアステップごとに自分の目標を明確に伝えることで面接官が入社後に仕事に向き合う姿をイメージしやすくなります。

入社してから半年後や1年後といった短期のキャリアステップだけでなく、10年後、20年後の自分の目標や希望を明確に伝えておくことも評価アップにつながります。

キャリアステップごとの目標を面接官が知ることは、就活生の入社後の適正を知るためにも欠かせません。

入社後やりたいことを答える3つの例

pixta_13003378_M

回答する際には、結論から述べることが大切です。

自分が何をやりたいのかを簡潔かつ明確に伝えた後に、それに関する事例や過去の体験を話します。

そして最終的に再度自分の意志を主張する形で、回答しましょう。

具体的な回答例を3つ紹介します。

例文①

「私は御社の仕事方針の中で業界でも注目されている販売促進チームに非常に関心があります。

優れた販売形態だと感じており、入社後はそのチームにぜひとも参加したいと思っております。

私自身、学生時代は電機屋にて接客販売のアルバイトをしておりました。

そこで販促イベントにも参加し、売上向上のための対策も勉強してきました。

御社の販売促進チームでも、そうしたアルバイト経験やコミュニケーション能力をフル活用して優秀な販売アドバイザーを目指したいと思っております」

例文②

「私は御社の〇〇開発システムに興味を持ち、それに自分自身も携わりたいと思っております。

もちろん実物を操作したことはありませんが、パンフレットやホームページなどの概要を拝見しましたところ、幅広い年齢層のお客様にニーズがあると感じました。

ものづくりの仕事で達成感を得たい私にとって、〇〇開発システムにより製造した商品が子どもからおじいちゃんおばあちゃんまでの役に立つのは実に幸せなことです。

コツコツと集中して物事に取り組める長所を活かして、御社の〇〇開発システムの一員として頑張りたいです」

例文③

「私は現職でも文具の営業をしておりますが、御社のインセンティブ制や成果主義に関心を持ち、さらに自分の営業力を試したいと考えております。

現職でも、月間売上に関しまして社内では優秀な成績を収めてまいりました。

しかしながら現職の営業スタイルはチーム制であり、メンバーの成績を総合するとノルマ達成には至りません。

どこか物足りなさを感じる日々が続いておりました。

御社は車の業界内でもトップクラスの営業成績であり、個の力を評価してくださる環境です。

入社後は、営業力をさらに磨き、No.1の営業マンになりたいと思っております」

入社後やりたいことがない場合の面接での回答方法

lp043_cont02-4

実際のところ、入社してみなければわからないことはたくさんあります。

やりたいことが具体的にわからないという人も少なくはないはずです。

けれども面接の際にそれを正直に言ってしまうのは、やはりNGです。

やる気がない、もしくは社会人として頑張る覚悟が見えてこないなどとみなされてしまうでしょう。

やりたいことが明確になっていなくても、自分がそこで働いている姿をイメージして働き方の軸を作ってみることで回答が生まれてきます。

やり方としてまずは、自分なりの仕事をするうえでの目標を明らかにしてみます。

自分がどうなって、社会にどう貢献していくかをはっきりさせるのです。

そうすると、少しずつやりたいことが見えてきます。

そして過去の経験や自分の性格をいかに活かすかをプラスすれば、十分良い回答ができるのではないでしょうか。

面接で入社後にやりたいことを聞かれたときの失敗例

入社後にやりたいことを聞かれた際には、将来のビジョンに沿ってポジティブな回答をすることもポイントですが、企業に寄り添った回答になっているか、また仕事内容をきちんと理解したうえで的確なことを述べているかに気を付けながら自分の思いを伝えることが大切です。

ここからは、NG例文を挙げながら失敗ポイントと改善点を解説していきます。

どんな点に注意すべきなのかを確認し実践に役立ててみてください。

例文①

私は、短期間で社内成績を上げ、同期の中でナンバーワンの業績を築くことが目標です。

そのためには、自身ができるすべてのことに目を向け努力することを怠りません。

できる限り、自身の時間を仕事に費やし、同期に負けないくらいの高成績を上げながら御社に貢献していきたいです。

また、御社では、海外事業にも力を入れているため、自身も将来は海外で活躍できると確信しております。

私は、子供の頃から海外を拠点にキャリアステップしていくことが夢でした。

入社3年以内に海外で活躍することを実現したいと考えておりますので、短期間での海外勤務を希望します。

失敗ポイントと改善案

こちらの例文は、企業や同僚に寄り添っておらず、自分のことしか考えていない回答になってしまっています。

入社後の意欲や目標のほかにも子供の頃からの夢を交えてキャリアステップを明確にすることは間違いではありません。

しかし、入社後に仲間と切磋琢磨しチームワークを大切にしながら自身を高めていくという志を読み取ることはできません。

企業側は、成長を期待できる人物だけでなく、周囲の人間も大切にできるコミュニケーション能力の高い人物を求めています。

面接官の質問に回答する際には、自分勝手な答えになっていないかを考えてみることが大切です。

自分の目標や夢ばかりを大きく話しすぎてしまうと面接官からはマイナスイメージを持たれてしまうこともあります。

企業に寄り添った回答になっているかを考えながら、入社後にやりたいことを述べてみると良いでしょう。

例文②

私は入社後、販売職のエキスパートとして御社で活躍していきたいと思っております。

学生時代には、雑貨店や家電量販店などさまざまな販売のアルバイトに携わってきました。

その経験を活かして社会人としてのスキルを伸ばしていきたいです。

御社のことは、OBから評判をお聞きし、スキルを伸ばしながら成長できる企業であるということを知りました。

入社後に御社でどのような業務から携われるのか期待で胸が高鳴っております。

私自身、御社の事業内容や経営コンセプトなど、まだ理解できていないことが多いので、入社後は人一倍努力しなければいけません。

御社に入社できた際には、先輩方に仕事の基本から教えていただき、1日でも早く戦力になれるよう頑張ります。

失敗ポイントと改善案

こちらの例文は、企業の仕事内容を理解できておらず、OBからの情報をもとにした回答になっています。

これでは、仕事に対する意欲を感じ取ることはできません。

面接官が入社後にやりたいことを質問する意図の1つに事業内容を理解しているかを見極める点が挙げられます。

また、将来のビジョンを通して就活生と企業で価値観にミスマッチがないかを判断しています。

そのため、OBからの評判だけをもとに回答を用意するのではなく、自分自身で企業の事業内容や経営理念などの情報をきちんと集めることが欠かせません。

企業の事業内容に合った入社後の意欲や目標を伝えなければ、自社には合わない人物だと判断されてしまうこともあるため注意が必要です。

まとめ

就活というものは、内定をもらったからそれで終わりというわけではありません。

内定をもらってからが、すべてのスタートなのです。

社会人として立派なスタートを切るためにも、就活の時点でしっかりと将来を見据えて自分なりの目標を立てておきたいものですね。

その準備は、必ずこれから先の人生に役に立つといえます。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ