OB訪問にベストな時期はいつ?最も効果的な時期を把握しよう!

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就活において、OB訪問は必ずしも行かなければならないものではありません。しかし、自分が志望している企業や業界をはじめとする、さまざまな業界や企業に所属している先輩社員に話を聞くという経験は、就活中にしかできない経験です。

 

自分の就活や社会人生活を充実させたいと思っている人は、一度はOB訪問をしておくとよいでしょう。

 

会社説明会やエントリーシートの提出、筆記試験以降の選考などは、それぞれの会社によってスケジュールが決まっています。

 

一方、OB訪問は自分からアクションを起こして先輩社員に時間を作ってもらう必要があります。したがって、どの時期が適切かを自分で判断し、先輩社員にオファーを出す必要があるのです。

 

では、OB訪問を行なう時期として適切な時期はいつなのでしょうか。

「OB訪問がピークになる時期」

「ピーク時期よりも早い時期」

「ピーク時期よりも遅い時期」

 

のそれぞれについて、メリットやデメリットをご紹介します。適切な時期を見極めて、OB訪問を充実させましょう!

 

OB訪問でピークな時期はいつ?

OB訪問でピークな時期はいつ?

 

まずは、就活生が最も多くOB訪問を行なっている時期を見てみましょう。現行の就活スケジュールにおいて、OB訪問の数がピークになるのは2月~5月くらいといわれています。

 

3月に大手の就活サイトがオープンするため、それに向けて就活への意識が高まったり、実際に就活サイトを見て興味を持った企業の先輩社員にOB訪問を申し込んだ、といった人が多いのですね。

 

2月~5月にOB訪問をする人が多いのですが、このピークの時期にOB訪問の日程を合わせる必要はまったくありません。ピークの時期には、OB訪問の相手となってくれる先輩社員もたくさんの就活生に会わなければなりません。そのため、日程を合わせにくくなりますし、疲れなどから話をしっかり聞いてもらえない可能性もあります。

 

また、一般的な就活生と同じ時期にOB訪問をすることで、熱心さが伝わりにくいというデメリットもあります。

 

そして、この時期は自分自身も就活に追われるようになってきます。3月に大手就活サイトがオープンし企業へのエントリーが始まる前に、自己分析や業界研究を終わらせる必要がありますし、エントリーが始まるとすぐに会社説明会への出席やエントリーシートの提出といった予定が入ってきます。

 

これらのことを複数の会社についてこなさなければならない上に、学業もおろそかにはできません。OB訪問はピーク時期を避けたほうが無難なのです。

 

OB訪問を早い時期に行うのはメリットが多い

OB訪問を早い時期に行うのはメリットが多い

 

OB訪問はピーク時期を避け、できるだけ早期に行なうことをおすすめします。自分自身も就活に追われている時期ではありませんし、OB訪問の相手となる先輩社員も、その年度の就活生にはまだほとんど会ったことがないので、フレッシュな気持ちで迎えてくれるでしょう。

 

もちろん、OB訪問を早い時期に行なうメリットはこれだけではありません。

 

OB訪問は、志望する企業や業界の情報を得る重要な機会です。OB訪問を早い時期に行なうことで、ほかの就活生よりも一歩リードした情報を得ることができるというわけです。

 

また、OB訪問は志望企業や志望業界がある程度定まっていないとなかなかできないので、早い時期にOB訪問を行なうことで「志望度が高く熱心な学生」という印象をもってもらうこともできるのです。

 

先輩社員は忙しい合間をぬって、就活生のために時間を作ってくれています。ピーク時期にはOB訪問で時間がおされてしまい、自分の本来の仕事をする時間をとることができないことでイライラしている先輩社員も少なからずいます。

 

しかし、ピーク時期よりも早い時期であれば、就活生に会うというのも先輩社員にとっては新鮮な体験ですので、その分丁寧に対応してもらえる可能性が高くなるのです。また、早い時期であれば、ほかのOBに会う余裕もあるため、志望する職種に近い別の先輩社員を紹介してもらえる可能性もあります。

 

OB訪問を早い時期に行なうことには、非常に大きなメリットがあります。ただし、OB訪問を早い時期に行なうためには、準備も早めにしなければならないということです。

 

自己分析や業界研究は、早いに越したことがありません。自己分析や業界研究をしっかり行ない、OB訪問やそれ以降の就活に備えておきましょう。

 

OB訪問が遅くなるとデメリットが多い

OB訪問が遅くなるとデメリットが多い

 

それでは、ピーク時期を避けてピーク時期よりも遅い時期にOB訪問を行なうのはどうでしょうか。

はっきり言ってしまうと、あえて遅い時期にOB訪問を行なうのはおすすめできません。

 

遅くなると先輩社員と予定を合わせにくくなりますし、採用選考の準備をしている企業側の迷惑になる可能性もあります。

 

OB訪問をまったく行わないよりもマシかもしれませんが、6月以降の遅い時期にOB訪問を行うのはやめておきましょう。

 

まとめ

OB訪問は、多くの就活生が行なう2月~5月のピーク時期を避け、早めに行なうのがベストです。早め早めに動いて充実したOB訪問を行ない、その経験を就活や社会人生活に活かしましょう!

OB・OG訪問関連記事

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「就活準備」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ