就活面接の自己PR、好奇心旺盛はアピール材料になる?

はじめに

物事に対して興味を持つこと探究心があることは仕事をする上で重要な要素となります。その理由は、好奇心旺盛な人は、仕事に対しても積極的に取り組んだり知らないことを意欲的に知ろうとしたりする特徴があると思われているからです。

就職活動の面接でも、自己PRで好奇心旺盛を長所として話す学生は多いです。ある調査では、就職・転職活動の面接での自己PRで「好奇心旺盛である」と話したことがある割合が、半数近くにものぼりました。

それほどまでにポピュラーなテーマでもある好奇心旺盛ですが、周りの就活生に埋もれないようにこのテーマを話すには、どういった部分に注意しながら話を進めれば良いのでしょうか。効果的な言葉選びがわかる自己PRの例文なども交えてご紹介していきます。

本記事のポイント
  1. 好奇心旺盛をアピールするときは独自のエピソードを準備する必要がある
  2. 好奇心旺盛はさまざな業界・職種で重宝される
 
好奇心旺盛は、就活生にとって話しやすい自己PRになります。

ただし、話しやすいから他の人も選ぶ項目のため、差別化が重要なポイントとなってきます。

自己PRの重要さとは

就活生の中には、自己PRってどれくらい重要なものなのかわからないという人もいるのではないでしょうか。

必ずと言っていいほど履歴書や面接では自己PRが関わってきます。

普段、自分のアピールポイントを意識して生活する人は少ないですので、自分の良さって何なんだろう?と悩んでしまう人も多いでしょう。

自己PRは、履歴書や面接でとても重要となっており、採用担当者に自分の人間性をアピールするものでもあります。

相手の人間性をしっかりと知ることができ、企業側にとって一緒に安心して働ける人物であるのかを、自己PRを通して見極めているのです。

履歴書や面接でもっとも重要なものは志望動機なのでは?と思っている人がほとんどです。

確かに志望動機も高確率で質問されるものですが、より重要性が高いと言われているのが自己PRです。

志望動機は、マニュアルを参考にして答えることもできるため、さほど頭を使わなくても、採用担当者に好印象を与えられる回答を用意できたという人も多くいます。

しかし、自己PRは自分のことをよく知り得ていないと上手に答えることができないため、難しく感じてしまう人も多いです。

自己PRを嘘ばかり並べて答えてしまうと、多くの就活生に対応してきた採用担当者からは、すぐに真実を見抜かれてしまう可能性もあります。

自己PRがとても重要だということを知れば知るほど、どのように答えればいいのか頭を悩ませてしまうという人も多いかもしれません。

ですが、しっかりと自己分析し、自分の良さをアピールできれば、採用担当者からの評価を得ることもできます。

また、期待できる人物であると思ってもらえる可能性もあるでしょう。

自己PRの場は、自分の最大限の力を発揮して自分の良さをアピールすべきです。

多くの就活生が面接を受ける際には、自己PRをする時間はわずか1分ほどしか与えられないこともあります。

たった1分で自分のことを最大限にアピールすることは難しく感じてしまいますが、ここで採用担当者に面白みのある人物だと思ってもらうことができれば、内定を勝ち取るチャンスをつかめます。

自己PRする際にもっとも大切なことは、採用担当者に興味を持ってもらうことです。

もっとこの就活生から話を聞いてみたい、一緒に仕事をしてみたいと思ってもらえるように一生懸命、自分の良さをアピールしてみてください。

【自己PR:好奇心旺盛編】自己PRを作る際の構成

好奇心旺盛は、自分の強みをアピールするための好材料で、企画系や技術系の職種をはじめ、研究職やプロモーション、新商品開発など様々な分野で役立つと言われています。

好奇心旺盛について、自己PRに書こうと考える人も多くいますが、ただ単に上手にできる、深い知識があることをアピールするだけでは、自己PRとして弱いと言わざるを得ません。

社会人は常に結果を出すことを求められるため、企業の採用担当者は、好奇心が旺盛であることが、どんな成果を伴うかに採用基準を合わせています。

つまり、自己PRでは、好奇心を発揮することで、それがどのような形で企業に貢献するのかを伝えることが必要になります。

上手に自己PRを展開するには、結論・理由・エピソード・問題・行動・結論という構成に沿って書くことがポイントです。

結論:私の自己PRは好奇心旺盛なところです(アピールポイント)

最後まで読んでもらえる確率が高くなる自己PRは、結論を先行させます。

一番初めに結論を述べることで、企業の採用担当者に自分の強みを印象づけ、その後の展開に注目してもらいやすくなります。

書き出しが肝心

採用担当者に良い印象を与えたいなら、書き出しは特に注意を払いましょう。

書き出しの内容次第で自己PRの良し悪しは決まると言われています。

好奇心旺盛が自分のアピールポイントであれば、書き出しに持ってきます。

この場合、自分の強みを相手に伝えやすくすることを考え、簡潔な言葉で表現することがポイントです。

冒頭で自分の強みについて冗長気味になることや他の強みも加えてアピールしてしまうと、「好奇心旺盛」という印象が薄れてしまいます。

「好奇心旺盛です」とアピールポイントを一つに絞り、言い切ったほうが、相手により明確に伝わります。

ありきたりの表現はNG

企業の採用担当者がチェックしているエントリーシートの数は、1枚や2枚ではありません。

これが何を意味するかと言いますと、ありきたりの表現で自分の強みをアピールしても、印象に残りにくいということです。

「好奇心旺盛」という言葉は、恐らく多くの就活生が自己PRに使います。

採用担当者が、「この学生は違う」と興味を持ってもらうためには、書き出しの表現を工夫する必要があるのです。

ありきたりな表現を避けるには、「私は好奇心旺盛です」を、他の表現に変えます。

たとえば「私は常に視野を広く持ち、興味のあることに関しては、探究心を持ってとことん取り組む性格です」というふうに言い換えられます。

「好奇心旺盛」という言葉を残したければ、補足的な文章を付け加えるというのも良いでしょう。

たとえば「私は子供の頃から好奇心旺盛で、興味のあることなら何でも物怖じせずに挑戦してきました」とすると、「好奇心旺盛」の部分が強調されます。

理由:なぜならば、〇〇で〇〇ということがあったからです

好奇心旺盛が自分の強みであるということを、企業の採用担当者に上手く伝わったとしても、それだけでは十分ではありません。

なぜなら、採用担当者が持つ「本当に好奇心旺盛なのか」の疑問に答えていないからです。

そこで、結論を述べたら次はその根拠を提示して、採用担当者の疑問を解消させる必要が出てきます。

説得力のある理由を述べるには、エピソードが一番です。

好奇心旺盛の面を持っていることがよくわかるエピソードを思い出し、ノートにその概要をまとめてみましょう。

複数ある場合は、一番良いと思われるものを選びます。

もし好奇心を発揮することで結果が得られた場合、それも忘れずに書いてください。

この点が一番重要で、「好奇心をきっかけに誕生したのがこのアイデアで、その結果雑誌の企画に採用されました」というふうに、アピールできるからです。

結果が出るというのはとてもインパクトがあることで、内容によっては企業の採用担当者を「へえ」と唸らせることが期待できます。

エピソード:私は〇〇で〇〇をしていました

好奇心旺盛をアピールするエピソードが浮かんでこない場合、あっと驚くような経験でなければ意味がないと思っていないでしょうか。

そんなことはなく、地道に努力して目標を達成したことでもかまいません。

子供時代、学生時代に夢中になったこと(部活や趣味など)、アルバイト、試験勉強など、これまで経験したことにスポットを当てると、好奇心を発揮してうまくいったことが必ず一つは出てくるはずです。

エピソードを分析してアピールポイントを見つける

そのエピソードがなぜ好奇心旺盛な自分をアピールできるのか、分析してみましょう。

たとえば子供の頃、アリに興味を持ち、アリが巣の中でどうやって生活しているのかどうしても知りたくなったため、自分で観察キットを自作したとします。

アリの巣を観察していくうちに、どうやってアリの女王は誕生するのかなど、知りたいことがたくさん出てきました。

その都度自分で調べ、納得の行く答えを見つけていった結果、ただの観察が研究レベルになり、校内で高く評価されるようになりました。

この経験からアピールできる点は、興味を持ったことに対して積極的に取り組む姿勢と疑問に思うことを意欲的に調べる探求心で、それをそのまま仕事に対する姿勢につなげることができます。

エピソードは具体的に伝える

エピソードの中で、自分の強みを伝えるときは数字を使い、できるだけ具体的に伝えるようにしましょう。

たとえば「中学校の3年間学級員を務めていた」「大学時代所属したサークルで実施した、マーケティング戦略が当たり、前回よりも売上が2倍になった」など、具体的に数字で伝えると、相手は結果をイメージしやすくなります。

好奇心旺盛をアピールするなら、興味を持ったことをきっかけに「リサーチにかけた時間がどのくらい増えたか」「どのくらいの期間続けたか」「何人のグループをまとめ上げたか」といった情報を伝えることが効果的です。

エピソードを具体的に語ることで、好奇心旺盛以外にも、企画力やリサーチ力、協調性やリーダーシップといった点をアピールすることも可能になります。

結果や期間などを数字で示すことで、エピソードに説得力が増し、好奇心旺盛の根拠として適当なものになります。

問題:その経験で〇〇という問題に直面しました

好奇心旺盛を強調するために、自己PRに書く場合「積極的に取り組んだ」「頑張った」「好奇心を示した」「深く探求した」などの視点からエピソードを語りますが、直面した問題や課題についても盛り込むようにしましょう。

相手に自分を知ってもらいたい気持ちから出発すると、内容はエピソードを語ることだけ、という展開になりがちです。

そうすると、自分の強みを語りきれないで終わってしまうおそれがありますので、注意しましょう。

問題に取り組む姿勢を伝える

企業の採用担当者や面接官は、その人が企業にとって必要な人間かどうかという目で見ていますので「何を経験してきたか」というよりも「その経験から何を得たのか」という面により注目します。

それを伝えるには、直面した問題にどう取り組み解決したか、というエピソードを伝えるのが一番です。

好奇心旺盛と問題に取り組む姿勢をリンクさせる

好奇心旺盛な人は探究心が強く、粘り強く課題に取り組む傾向があります。

こうした姿勢を裏付けるようなエピソードを探してみましょう。

見つかったら、それをもとに自己PRを一度書き、話の部分と強みをアピールする部分のバランスがよく取れているかどうか、好奇心旺盛と行動に関連性があるかどうかなどについてチェックします。

もし適当なエピソードが思いつかないという場合は、自分のことをよく知っている友人や身内に聞いてみると良いでしょう。

行動:私は〇〇と考え、〇〇を行いました

直面した問題や課題に取り組む姿勢だけでは、結果がわかりません。

企業の採用担当者は、問題を解決する力も重視しますので、問題解決のために起こした行動や工夫したことなども、自己PRに書くようにしましょう。

行動を説明するときはできるだけ詳しく具体的に

行動について「問題を解決するまで投げ出さないぞと、心に誓って頑張りました」と説明しても、相手には伝わりません。

自己PRでは、「具体的にどう動いたか」を書くことがポイントです。

この点を忘れてしまうと、これまで積み重ねてきた自己PRが台無しになってしまいますので注意しましょう。

具体的にどう説明するか

行動を起こすきっかけとなった問題点について書きます。

たとえば学生時代、急にサークルの参加率が減ってしまった、という問題点に直面したとします。

メンバー一人ひとりから事情を聞いたところ、新しい部長が苦手と感じるメンバーが増えたことが原因とわかりました。

部長とメンバーの間でコミュニケーションが不足しているのでは、と考え、メンバーと部長が話し合う機会を設定したり、部長とメンバーという上下関係をなくし、企画にはメンバーの意見を積極的に取り入れたりと、全員が気持ちよく参加できるよう提案しました。

このように具体的に説明すると、行動を起こした理由や問題に対してどう努力をしたのか、ということがわかります。

結論:その経験を活かして貴社では〇〇で貢献していきたいと考えております

長所をアピールするだけでは、自己満足で終わってしまいがちです。

自己PRは、その長所を仕事にどう活かせるか、というところまで踏み込んで書く必要があります。

そうすることで、採用担当者は入社後にどう活動してくれるかイメージしやすくなります。

好奇心旺盛をどう仕事に活かすか提案する

多くの企業は好奇心旺盛な人材を求めています。

好奇心旺盛な人は、積極性がある、物怖じしない、興味のあることに関しては地道に努力するなど、ポジティブな面が多いからです。

表現の仕方によっては、どの職種にも有利になりますが、対応する幅が広い分、希望する職種に絡めながらアピールする必要があります。

たとえば研究職なら探究心の強さや新しいものを発見する喜び、目標を達成するための集中力や忍耐力などが、アピールポイントになるでしょう。

マーケティングであれば、SNSなどの使い方を工夫して、新たな販売促進方法を提案したり、多くの人が興味を示すようなキャンペーンを発案したりと、企画力や柔軟性、チャレンジ精神などを強みとしてアピールしましょう。

【自己PR:好奇心旺盛編】好奇心旺盛なところをアピールした例

好奇心旺盛なところをアピールするには、どのように自己PRに書いたら良いのでしょうか。

基本的には説明してきたように構成に沿って説明するのはもちろん、注意点やアピールのポイントをしっかりと押さえた文章を作れるよう心がけましょう。

いくつか例文を挙げますので参考にしてください。

例文①好奇心がきっかけで結果がでました

私は好奇心が強く、常に新しいものに挑戦し、とことんのめり込みます。

初めてパソコンのキーボードに触れた時、強い好奇心に駆られ、誰よりも早く打てるようになりたいと考えました。

担任からマニュアル本を借り、時間の許す限り夢中でキーボードを叩いたものです。

その結果、クラスの誰よりも早くPC検定1級の合格証を手にし、好奇心が良い結果をもたらすことを体験しました。

時代を先取りする貴社で、この長所を活かしたいと考えています。

ポイント

好奇心旺盛を伴うことで結果が出たエピソードは、訴求力の高い根拠になります。

実際に結果が出たので、その好奇心を仕事にどう活かすかという説明まで、スムーズにつなげることができるでしょう。

自己PRでは、強い好奇心を持っているという点をアピールするよりも、例文のように、「それがどんな結果をもたらしたか」に重点を置くことがポイントです。

例文②努力が結果を結びました

私の長所は、常に好奇心旺盛で、興味を持ったことに対して夢中になるところです。

中学生の頃はバスケットボールに夢中になり、毎日練習に励みました。

本当にバスケットボールが大好きで、どうしたら得点につなげられるか、プロ選手の動きを動画で確認したり、本や雑誌から情報収集したりと、自分なりに研究を続け、練習に反映させることもありました。

仲間とともに厳しい練習に耐え、ついに中学校3年生の時、全国大会出場への切符を手にしました。

ポイント

好奇心旺盛な人は、興味を抱いたことに対して行動を起こし、納得の結果が出るまで努力し続ける傾向があります。

そのため、努力したというエピソードも、好奇心旺盛をアピールするのに効果的です。

単に「努力した」で終わらせるのではなく、「努力を続けた」ことを強調することがポイントになります。

努力して得られた結果にも言及すると、なおさら良いでしょう。

例文③持ち前の好奇心を仕事に活かして貴社に貢献します

私は物心ついた頃から非常に好奇心旺盛で、興味を惹かれたことなら何でも、深く掘り下げて調べる傾向があります。

失敗する不安よりも、どうなるか知りたい、という冒険心のほうが強く、難しい問題も乗り切ってきました。

新しい分野を開拓する貴社で、持ち前の好奇心を仕事に活かし、貢献したいと考えています。

ポイント

好奇心旺盛は、どんな分野でも大きな武器となりますが、希望する仕事にリンクさせないと意味がありません。

積極性がある、チャレンジ精神が旺盛、知りたいことを追求する粘り強さがあるなど、好奇心旺盛の特徴をいくつか挙げ、その中から、希望する職種が求めている人材と関係するものを選びましょう。

後はその特徴を、自分の言葉で自己PRに落とし込むだけです。

就活で「好奇心旺盛」をPRする際の注意点

まず、「好奇心旺盛」を自己PRで話す際の注意点をいくつかご紹介します。自身で台本を作る際の参考にしてみてください。

注意点
  1. 好奇心旺盛なだけで終わらせない
  2. 分かりやすいエピソードが1つあるといい
  3. 話している人の人物像が見えるストーリー展開にする

好奇心旺盛なだけで終わらせない

長所は言い回しによっては短所と捉えられてしまうことがあります。単純に好奇心旺盛ということだけですと、その後、興味をもった対象がどうなったのかが語られず、

  1. 興味は持ちやすいけれど飽きやすい
  2. 最後までやりきれるのか分からない

と思われかねない子供っぽい短所の自己PRとなってしまいます。

ですから、話の切り出しは好奇心旺盛なことをアピールするということで良いのですが、その好奇心が何に繋がりどんな行動に移されたか、というところまで言葉で表現できるようにしておきましょう。

分かりやすいエピソードが1つあるといい

これは他の要素をPRする場合にも言えることなのですが、自分の長所について実際に自分が過去に体験したエピソードや実例を交えて話すと、話のリアリティが増し、意味のある自己PRになります。

過去に自分は何に興味・関心を持ったのかどうして好奇心旺盛な性格だと思ったのかという、そのトリガーになるエピソードを自己PRに取り入れると、聞いている側をぐっと引き込むことができます。

話している人の人物像が見えるストーリー展開にする

3つ目は、エピソードの内容についてです。具体的なエピソードを話す中で、自分の物事に対する理解自分の短所途中で体験した挫折に対する対処法など、人間が見える展開を盛り込むようにしましょう。

自己PRの中でこういった言い換えの工夫を加えると、メインとなる好奇心旺盛ということ以外にも、

  1. 積極性がある
  2. 英語力がある

など多くのことを相手に伝えることができます。

あなただけが話せる独自のエピソードを準備しておこう!

自己PRで好奇心をアピールする際の3つのポイント

好奇心は新商品開発や新しい技術や成分の開発を行う研究職や企画職、新たなアプローチをする広報やプロモーションの仕事など、さまざまな職種であると役立つものです。

ですが、子供が好奇心旺盛で遊びや学び、スポーツにといろいろなことにチャレンジして、人生に必要な体験を積むことや才能を開花させるのとは異なり、社会人となったら結果や成果も伴わなくてはなりません。

好奇心旺盛であらゆることに顔を出し、手を出し、でも、何も形が残らない、成果が出せないでは企業に貢献ができません。

好奇心を発揮した後、どんなことができるのかが重要です。

自己PRで好奇心をアピールする際の3つのポイントを抑えておきましょう。

仕事に好奇心をどう活かすか伝える

好奇心が役立つ仕事や業務は数あれど、子供のようにワクワクと楽しんでいるだけでは困ります。

会社という組織で仕事をしていく以上、なんらかの成果や結果に結び付けていかなくてはなりません。

製薬メーカーや化粧品メーカーの研究職なら、好奇心を活かして今はない新たな成分を見つけ出し、難病で苦しんでいる人たちのための治療薬の開発に結び付けたいとか、画期的なコスメを作りたいといった自分が成し遂げたいことをアピールします。

周囲があきらめることやもう無理だと思えることも、持ち前の好奇心を活かし、あきらめずに開発に取り組むといった姿勢をアピールするなども考えられます。

好奇心の仕事での活かし方を、その企業で志望する職種に合わせて伝えましょう。

好奇心を発揮したエピソードを紹介する

好奇心があるといっても、漠然としています。

いつまでも少年のような心を持っているだけで仕事や業績に結び付かないのでは、企業としては採用したい人材として魅力が足りません。

好奇心を発揮して成し遂げたことや発見したことなど具体的なエピソードを紹介しましょう。

好奇心を活かすために努力したことを話す

好奇心を持っても、手当たり次第に首を突っ込み、どれも中途半端に終わってしまうのでは意味がありません。

幼い子供ならそれでよくても、企業人としては役に立ちません。

いろいろなことに興味を持てる好奇心を活かし、どのように成果に結び付けようと努力したのか、発見したことをどう活かそうとしてきたかを話しましょう。

興味を持ったことを追求して、徹底して調べ上げ、自由研究のテーマとして賞をもらったとか、大学の卒業論文として発表したなどでもよいでしょう。

「好奇心旺盛」を自己PRする学生の印象

好奇心旺盛をアピールする時に伝え方によっては、長所だと思ってもらえるのではなく、短所として捉えられてしまうこともあるので注意しなければいけません。

多くの就活生が長所として好奇心旺盛なところをアピールしています。

好奇心旺盛は、さまざまなことに自信を持ってチャレンジし、経験豊富なイメージがあります。

また、諦めずに立ち向かうなど好印象なイメージを持たれることがほとんどです。

どんなことにでも素直に興味を持ち、関心意欲も盛んなため、企業側に前向きな気持ちで物事にチャレンジしてくれる人物だということを知ってもらうこともできるでしょう。

「長所は好奇心旺盛なところです」と聞いてマイナスなイメージを持つ方はそう多くはありません。

とても明るく活発で、誰とでも円滑にコミュニケーションを図れる人物だとみなされることもあるようです。

社会人になると一からさまざまな知識を身に付けていかなければいけないため、積極的に質問し行動しなければいけません。

このような場合にも好奇心旺盛でコミュニケーション能力が高い人物であれば、強い力を発揮し業績を上げられることもあります。

しかしながら、採用担当者によっては、好奇心旺盛をマイナスに捉えてしまう人もいます。

たとえば、さまざまなことに興味を持ち、どんなことにでも怖気づくことなくチャレンジし続けてしまい、1つのことに集中できない人物なのではないかと判断されてしまうこともあるのです。

好奇心旺盛な人物は、チャレンジ精神や意欲はとても高いですが、最後までやり遂げることができなかったという残念な経験をしている人も意外と多いのではないでしょうか。

もし、せっかく興味があることに思い切ってチャレンジしたのに途中で挫折してしまったという経験があるのであれば、これは改善しなければいけません。

社会人にとって最後まで諦めず粘り強く頑張ることは、とても大切なことです。

一度やると決めたことを途中で諦めて投げ出してしまっては、社会人として周囲の人たちに認めてもらうことは難しくなってしまうでしょう。

好奇心旺盛は長所だと思ってもらえることが多いですが、伝え方によってはネガティブなイメージを与えてしまうこともあるので注意しなければいけません。

面接で好奇心旺盛をアピールする時には、これまで自分が経験してきたエピソードなどを盛り込んで伝えてみるといいでしょう。

また、好奇心旺盛を活かしてどのように活躍できるのかを伝えることも大切です。

好奇心旺盛な人材を求めている業界

好奇心旺盛な人は、探求心集中力といった長所を持っています。また、好奇心から趣味の世界を広げていくことによって、男女問わず同じ趣味を持った人との友情を育み人脈を広げることもできます。好奇心が旺盛なことから向上心を持ち挑戦や研究といったことにも繋がっていくため、あらゆる分野で重宝されます。

分かりやすいところで言えば、開発職研究職といったところでは歓迎される資質です。さらに営業内勤小売でも課題を見直し解決する力や、より良いものを生み出すという気持ちの根幹になる好奇心は重要視されています。

好奇心旺盛は、どんな職種でもアピールができる万能な自己PRです!

好奇心旺盛を関連づけた自己PR例文

今から紹介する例文は、開発職に志望する学生の自己PRです。こちらを参考にしながら自分なりのPRを考えてみてください。

例文

私は何事にも興味をもち、探究心をもって努力することができる性格です。

母が料理好きだった影響で私自身も料理教室に通っていたのですが、当初受講していた和食以外にも洋食、中華といった部分にも興味のアンテナが伸びてしまい、独学で学び始めました。

大学時代にはアルバイトをして貯めたお金で、高いレストランに食事へ行き、厨房の様子を盗み見たり、時には交渉して見学させてもらったりもしていました。

料理以外にも、お菓子やデザートというジャンルにも強い興味を持ち、気がついたら食というものに対して、無限の興味を抱くようになりました。

単純な行程という部分だけではなく関連する資格や、調理器具に関する知識という部分も今では深まり、結果的に貴社の製品開発部にも強い興味と魅力を感じるようになりました。

貴社で働かせていただいた後も、この性格が変わることはなく、「料理」や「食」といったジャンルの中で無限に知りたい、作りたいという欲求が育っていくものと思われます。

そしてその好奇心や挑戦、研究の姿勢は必ずや役立つものと考えております。

まとめ

好奇心旺盛は、どんな業界・職種でもアピールできる自己PRになりますが、その反面、他の就活生との差別化が重要になってきます。

まずは、あなた独自の好奇心旺盛に関するエピソードを考えて、その後友達や家族にも添削してもらいながら、自己PRを作っていきましょう。

 
以上、就活面接の自己PR、好奇心旺盛はアピール材料になる?…でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

そんな自己PRでほんとに大丈夫?
1人でわからない事はプロと2人で​。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ