就活面接の自己PR、忍耐力はアピール材料になる?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

忍耐力というのは、社会に出てから非常に重要になってきます。大学時代にもテストや課題、アルバイトなどの様々な局面で忍耐力を試された学生も多いのではないでしょうか。そしてそれを自信に変え、就職活動の面接で忍耐力をPRしようとしている学生もいるでしょう。

忍耐力を企業の担当者にアピールするとどのような効果があるのか。そして忍耐力をPRする際のポイント、実際のPRの書き方などを例文も交えて、今回はご紹介します。

忍耐力をアピールすることで狙える効果

忍耐力をアピールすることで、様々な効果を狙うことができます。そもそも多くの人が働く上では忍耐力を求められています。お客様や上司、取引先から理不尽に怒られた場合にも忍耐が必要です。

締め切りが近い仕事を遅くまで会社に残って取り組むのも忍耐力が必要です。そして、毎日早起きをして会社に通うということにも、忍耐力は求められます。このように、忍耐力という要素自体は社会人、企業に大変求められる資質であるということが大前提に挙げられます。

しかし忍耐力をPRする上で気をつけたいのが、いかにその忍耐力を企業のために役立てられるかを伝える、ということです。「朝起きて会社に行くことができます」と担当者に伝えても相手にはされません。一口に忍耐力があることを伝える、と言ってもその切り口や伝え方、タイミングは様々です。そこを上手に見極めて、自分が持っている魅力を伝えられるようにしましょう。

実際の体験談を交える

話にリアリティや重みを持たせるためには、実際の事例を紹介するのが有効です。

忍耐力を自負するからにはそれを裏付けるエピソード、忍耐力を強いられる体験を過去にしたことが前提になります。そして、その体験談と合わせて「どうしてその辛い状況を、忍耐力をもって乗り切ることができたのか」という具体的な根拠があると更に分かりやすいです。

人は、理由やモチベーションがない状態で辛い状況に耐えることができません。その辛い状況を耐えてまで勝ち取りたい成果や報酬が存在して、忍耐力は成立するのです。その部分を語らずに「私には忍耐力があります」と言われても、人事の担当者としては信用することができません。

自分には忍耐力がある、という風に思った体験談をピックアップして、そこからPRの内容を構成しましょう。

忍耐力を関連づけた自己PR例文

私の長所は、環境やプレッシャーに負けないということです。

大学時代、私は弓道部に所属していました。

同輩には弓道未経験者もいましたが、大学全体が弓道に力を入れていることもあり、高校から弓道部に所属していた人、個人的に練習をしている人など、全体的にみて経験豊かな人が多い印象を受けました。

その中で私は弓道自体未経験だったこともあり、周りの練習や実力に付いていくことに当初大変苦労しました。

周りの学生も退部したり、部活をさぼりがちになったりしました。

このままではいけないと思い、私は弓道に関する書籍を読んだり、道場で経験者に話を聞いたり、先輩に練習を遅くまで手伝ってもらったりすることで実力の底上げを図りました。

その中で自分自身の姿勢に根本的な原因があることを発見し、整体に通うことで背骨と姿勢の矯正に力を入れました。

その甲斐あってか、2年、3年と学年を重ねるうち、次第に上達し、4年次の全国大会では主将として大会に参加することが叶ったのです。

途中に何度も辞めよう、逃げ出そうと思ったことはありましたが、学びたい、上達したいという欲求や、弓道に対する想いが私を部に引き止めました。

結果として、弓道部で学んだ4年間はかけがえのない財産となりました。

私が社会人になってからも、弓道部で培った執着や研究熱心な部分、そして環境やプレッシャーをはねのける力は必ず役立つ筈です。

終わりに

上記の例文では、大学時代の部活の経験を体験談として紹介しています。忍耐力という言葉を上手に言い換えることで、忍耐力以外の要素も企業の担当者にアピールすることができていますね。

自身の魅力が最も伝わる体験談は何か、じっくり検討してみてください。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「面接」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ