就活面接の自己PR、ゼミはアピール材料になる?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就職活動の面接選考で、ゼミでの経験や学習内容を長所や特技として自己PRしようと考えている学生は一定数存在するのではないでしょうか。特に、大学4年の際に参加しているゼミでは多くの学生が学業で卒業論文に取り組んでおり、自己の大学・大学院生活の集大成となる課題を作成しています。

それらの内容に絡めて自身の大学生活や強み、長所を面接先企業にアピールする理由は、とても語りやすいからです。対してその話を聞く企業としては、ゼミの話を自己PR材料にする学生をどう思っているのでしょう?そして、学業やゼミの話を面接選考でする際には、どのように工夫して話を進めていけば良いのでしょうか。

今回は、就職活動の選考における自己PRでゼミの話をする際のあれこれについて、例文を含めてご紹介します。

ゼミを面接でアピールする意味

先ず、面接の場面でゼミの話を自己PR材料として用いる理由ですが、やはり「勤勉に研究・学問に向き合ってきた」学生というイメージを分かりやすく伝えやすい、というのが大きい理由でしょう。話す側の学生も自己の真面目さを一番強調していきたいというケースが大半です。

部活やサークルなど、表立った活動や、面接で話しやすい話題を持っていない学生でも、ゼミや研究室には所属しているので、話の展開をしやすいというのも一つの魅力です。しかし残念ながら、話を聞く企業としては、大学生・大学院生のゼミ課題やレポート、GPAの話にそこまで興味はない、質問しづらいという回答が正直なところです。

ある調査では、学生のゼミ・研究の勉強の話に興味を示している企業の割合は5%程度という結果が出ており、その関心の低さが伺えます。受験についても同じです。公務員や金融系ならともかく、可能性や自己の人柄、熱意といった、もっと分かりやすい部分、将来に直結している情報の方が企業としてはニーズがあるようです。

ゼミをアピールする人の特徴

ゼミやGPAを就活の面接で強み・自己PRポイントとして話す大学生・大学院生は、既に書いたように「目立った活動をしてこなかった」学生です。

学業・ゼミよりも、部活やサークル、アルバイトや海外経験といった活動の強みの方がインパクトは強く、それらの経験を積んでいる学生の大半は、ゼミや研究ではなくそちらの話題を話します。勿論例外も存在し、ゼミや研究で学んだことで自己の長所を見出したエピソードや、ゼミで学んだことを具体的に企業の採用担当者にPRしたいと希望する学生は存在します。

しかし悪いことに、前述した通り、企業としても大学生・大学院生のゼミ課題・レポートの話に対する関心が薄いので、どうしても話題としては弱いと言わざるを得ません。

ゼミをアピール材料として使う際のポイント

ここまでの内容を把握した上で、ゼミや研究の話題を就職面接でどうしても話したい理由がある学生は、選考で極力話の軸をゼミや研究に据えない書き方や話し方にしましょう。

ゼミ課題や研究で自己が何を学んだかが主旨になってしまうと関心を集めることが難しいので、ゼミや研究で学んだことを通して、自己がどういった発見をしたか、それが企業に対してどのように役立つか、ということを上手に伝えられるようにしましょう。そういった回答の展開であれば、話を聞く担当者も「ゼミや研究の話」ではなく「ゼミから何かを学んだ話」として聞く・質問することができるので、強みを自己PRできる可能性もぐっと跳ね上がります。

ゼミを関連づけた自己PR例文

最後に、ゼミの内容で長所をアピールした例文をご紹介させていただきます。こちらの書き出しを参考にあなたもゼミで自己PRを行ってみましょう!

私は周りの人の意見をまとめることが得意です。

大学のゼミではその能力が存分に発揮されました。

学生達が順番に論文の内容を発表していく時間に、教授からの指名で私が各々の感想や意見をまとめることになりました。

ゼミは参加したり意見したりする学生も多く、非常に活気があることから私のようなまとめ役の学生が指名されたのですが、それぞれの意見を聞きつつ、ゼミの時間内で発表、感想を予定していた人数分済ませる必要がありました。

単純に意見を取りまとめるだけではなく、タイムキーパーとしての役割を果たすこともできたので、その時のゼミの時間は私自身にとっても非常に学ぶべき点の多いものとなりました。

私は御社の製品開発部を志望していますが、自らが企画することだけではなく、部署やチームの意見を工夫して集め、整理した上で最適解を導き出すという能力は大いに貢献できるのではないかと考えております。

まとめ

ゼミの活動は、大学生活でほとんどの方が行っているものになります。そのため、ゼミを就活でアピールする方が多く差別化が難しくなってきます。そのため、あなた自身の経験ではなく、その経験で得たこと、考えたことも一緒に盛り込むように、独自の自己PRを作成するようにしましょう。

内定が欲しい方へ
就活市場会員限定の特典
  1. 1.大手企業内定者推薦、就活の攻略資料プレゼント
  2. 2.内定率92%の、就活アドバイザーが徹底サポート
  3. 3.特別選考ルートのイベント情報を提供!その他多数

会員登録で内定に近づく
(無料)

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ