就活生必見。エントリーシートの書き方 困難な状況編

シートに書く内容の中に「困難な状況とそれを克服したエピソード」という項目があります。 他にもエントリーシートの中では書かなければいけない項目が多数ありますが、その中でもこの部分の記入でつまずく学生が非常に多いです。 実際にエントリーする時期になってから慌てなくても済むように、早い段階からエントリーシートの準備を進め、その後の面接や筆記試験にも万全に準備をした状態で臨めるようにしておきましょう。 今回はエントリーシートを書く上での、今までに経験した困難な状況についての考え方と、書き方のポイントについてご紹介します。

この項目の難易度は比較的高い

多くの学生がこの項目の記入につまずき、苦戦していますが、なぜそれほどまでにこの項目の記入は難しいのでしょうか。 結論から言ってしまえば、20年弱の人生の中では、それほど困難な状況に直面した人が少ないから、というのが最大の理由です。 考えてみると、今までの人生を振り返ってみても誰かに語れるような困難にぶつかって、それを乗り越えた経験というのは、社会に出てから経験している人が多いような気がしますよね。 では学生がこの項目を書く際には、どのように記入すればいいのかということですが、これは困難という部分にスポットを当てないことがポイントです。 単純に困難な状況に陥っただけの話で終わってしまったら、そこに成長がありません。 考え方の順序としては、最初にどのようなことに挑戦しようとし、そしてその挑戦の過程でどういった困難にぶつかったのか、という順番です。 そして最後に、困難を乗り越えた先にはどういった成長が自分にあったのか、といった一連の流れをストーリー仕立てのように順序立てて記入していくことがポイントです。 このように考えれば、この項目を記入する際に何を考えなければいけないかが見えてきます。 自分がいつ頃困難に陥ったのかではなく、自分が今までどういったことに挑戦してきたのか、ということを思い出すようにするのです。 高校や大学の受験や、部活動の大会など、エピソードは人それぞれですが、その中で自分が何かしら挑戦したことがあれば、そのことを書いてみましょう。

面接官がみるポイント

では次に、エントリーシートに書かれているこの項目を見て、採用担当者はどのようなポイントに注目しているのかを説明していきます。 採用担当者が見るポイントは、学生がそれまでの人生の中でどのようなことに挑戦してきたのか、そしてどういった困難に直面したのか、そして最終的にはどのように解決したのか、ということを最初に見ます。 つまり多くの面接官は、前項で紹介した書き方の順番に沿ってエントリーシートに注目するのです。 そのため、挑戦、困難、解決(成長)の要素の中で一つでも抜けているものがあると、注目されるエピソードとしては弱い、ということになります。 しかし、注目されるポイントはそれだけではありません。 最もこの項目で重要なのは、その学生が、体験した困難に対して論理的に解決することができたかどうか、ということです。 このポイントでは、その人の思考や困難に陥った際の解決能力などが間接的に見られています。 また、そのような状況に陥った際にも、気持ちを強く持つことができたかという精神的な部分も見られています。 そのため、困難な状況について記入する際には、前述した要素に加えて、論理的な思考力とメンタル面での変化という部分についても記述を忘れてはいけません。

書く場合には分かりやすい文章で

困難な状況を書く際には、パーツごとに記入することを意識してください。 パーツというのは、「挑戦」「困難」「解決(成長)」の3つです。 この軸に対して、思考やメンタルといった部分を肉付けしていくとエピソードに深みが増します。 もちろん書き方はこれだけが正解というわけではなく、今回紹介したのはあくまで一つの例です。 またこの項目を書く上では、自分一人で取り組んだ話ではなく、仲間と共に困難を乗り越えた話などが書けると好ましいです。

終わりに

困難という字面に怯んでしまってどうしても書き出しに悩んでしまうこの項目ですが、エントリーシートを見る側の人間もテーマとしてはそこまで壮大なものを期待しているわけではありません。 むしろ重要なのはテーマではなく、「成長」である、ということを意識して書くようにしましょう。

履歴書の書き方がわからない?ウカル履歴書、教えます。​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ