ベンチャー企業に就職したい!就活で好まれるベンチャーの志望動機は?

「普通の企業とは違う環境で働きたい」

「IT企業で新しい分野で経験を積み、意味のある成長したい」

「リスクを取ってでも、今まで世の中になかった新しいITサービスを生み出していきたい」

中小企業とは違い、新しいサービスやビジネスチャンスをつくるベンチャー企業に興味を持つ大学生が最近は増えています。 2016年と2018年の短期でも著しく増加しています。就活でベンチャー企業へ積極的に挑戦する大学生の姿も目立ってきました。また転職先としてもベンチャー企業は注目されているため、ベンチャーの求人を探す社会人も多いでしょう。しかし、内定獲得に向けて、どのように就職・転職活動を進めるのかという基本的な部分で躓いてしまう人もいます。

一般的にはベンチャー企業の就活も、一般企業の就職・転職活動と基本的には大きな違いはありませんが、特徴としては志望動機を重視する、という点がベンチャー企業には見られます。 では、志望動機で失敗しないために、どのような内容を書けばベンチャー企業の採用担当者に好印象を与えることができるのでしょう。

ベンチャー企業で志望動機が大切な理由

pixta_39869405_M

ベンチャー企業への就職・転職では学歴よりも意欲や積極性が重視される傾向にあります。

その理由としてはいくつか挙げられますが、まずは求人が少ないという点です。 成長段階にあるベンチャー企業では、少人数の採用を推し進めています。 その上で学歴というのも大切な基準なのですが、学歴ばかりにとらわれてしまうと、やる気や経験のある社員は集まらないという考えも存在します。

一人当たりの業務量も一般企業と比べて多いベンチャー企業では、積極的に業務に参加し、自ら成長できる社員を探しています。 だからこそ就活では、あなたがいかに企業の一員として積極的に参加していく姿勢があるか、というのを強調するために志望動機の面を強化してES作成や面談・面接に挑む必要があるのです。

ちなみに学歴、志望動機の他には資格などのスキルも就活を有利に進める要素となります。自ら学び、成長する意欲がみられる人材は重宝するからです。ベンチャー企業での就職を目指している場合には、簿記や語学などのスキルは最低限磨いておきましょう。

ベンチャー企業の志望動機で重要な6つのポイント

ベンチャー企業は事業内容が画期的であるだけでなく、社長をはじめ役員陣も個性的なケースが少なくありません。

どの程度の規模のベンチャー企業を志望するのかにもよりますが、最初の書類選考自体を社長が行うケースもあります。

面接も最初から社長と人事担当者、代表的な社員などが行うケースも多いので、会社の特徴をよく理解して志望動機を伝えることが大切です。

ベンチャー企業の志望動機で重要となる、6つのポイントについてご紹介します。

入社へのやる気を見せる

なぜ、歴史と伝統のある企業や知名度の高い大手企業、安定した中小企業などではなく、ベンチャー企業を選んだのかをしっかり伝えることがポイントです。

入社へのやる気が見られないと、大手企業や創業からの実績が古い中小企業が本命で保険的にエントリーしたのではないか、ほかが落ちたから仕方なくベンチャー企業にエントリーしたのではとみなされてしまいます。

ベンチャー企業の選考は大手企業の選考が始まる前か、逆に内定が出されたあとに行われることが多いので、選考の練習にした、ほかがダメだったから応募したなどとわかれば、どうせ入社しないだろう、あまり能力がない人だと思われてしまいます。

ベンチャー企業は起業からの年数や成長実績などにもよりますが、一から新人を育てるというよりは、最初から即戦力として活躍してくれる人材が欲しいと考えている企業が少なくありません。

そのため、その企業をしっかり理解して、どんな活躍をしたいのか、どんな貢献ができるのかをアピールしましょう。

どんな質問がくるか想定しておく

ベンチャー企業では面接に行っても、社長がTシャツとジーパンで現れるなど、自由な社風があります。

性格や仕事への姿勢、ビジネスに関する感覚もユニークなことが多いので、どんな質問がくるかわかりません。

大企業や中小企業における一般的な、面接の質疑応答例を用意しても通用しないケースがあります。

あらかじめ企業のサイトや公式ブログ、社長のSNSや社員のブログやSNS、社長や社員のインタビュー記事などをチェックして、どんな質問がきそうか、どんな人材を求めているか検討しておきましょう。

そのうえで、求められる人物像に即した自分の強みなどをアピールできるとベターです。

なぜ成長したいのかを考える

ベンチャー企業への志望動機としては、ほかではできないチャレンジなどをして成長したいとアピールする方が多いです。

ですが、社会人としての成長はどの企業でもできることです。

なぜ、そのベンチャー企業で成長していきたいと考えるのか、どのような成長を遂げたいのか、それによって何を得ていきたいのか、しっかりアピールできるようにしておきましょう。

多少ユーモアも混ぜる

gahag_0012453532

志望動機を強化する上では、ユーモアを混ぜることが非常に有効です。

ベンチャー企業の求人においては会社としてだけではなく、採用担当や経営者自身も大学生と近い若手の場合が多いのです。 そのため従来の大手企業の書類選考、志望動機とは少し傾向が違ってくることもあります。特に銀行系とは大きく違うでしょう。

単純に志望動機を書くだけではなく、自分の将来のビジョンなどに壮大な夢などを書いてみても面白いでしょう。 実際にそのことについて面接官から質問された場合には、上手く相手の印象に残すチャンスなので自分の得意な分野や大学での経験、趣味などに関連してそういったユーモアを散りばめるのが理想的です。

ただしこれは少々レベルが高いので、実際に志望動機を提出したり、面接の場面で口にしたりする前に、友人や家族などの反応を見るのが良いでしょう。

インターネットを参考にする

gahag_0070447550

ESにおける志望動機の書き方などは、web上でも一覧を調べることができます。 最近では就活支援サイトや求人サイトなどでも優良な例文などが多く掲載されています。 それらを参考にすれば、志望動機の書き方がいまいちわからないという大学生や高校生でも一定の水準に達する志望動機を書くことができます。最終的には社長に認められる質になります。

ですが完全にそれを丸写ししてしまうと何の面白みもないので、自分が志望する企業の雰囲気や、経営者の情報なども確認しながら書いてください。また、面談や面接でも志望動機を問われることは多いので、ESの内容を膨らませられるよう対策を練っておきましょう。

ここにも基本的なESの志望動機の回答例を掲載しますので、こういったものを独自にアレンジして練習してみてください。

私は貴社の事業内容、経営理念に対して強く共感し、この度志望致しました。

これまで世の中になかった革新的な商品を開発し、人々の生活をよりよくしたいという点において魅力を感じた次第です。

私自身も一社員として働かせていただき、営業という面で商品を広く紹介、販売することでこの事業に携われたらと思っております。

そして貴社では、新入社員でも多くの業務に関わらせていただけるということもあり、私の熱意や積極性を活かし、会社とともに成長していけるのではないかとも強く感じました。

是非ともよろしくお願いいたします。

将来像などを具体的に

gahag_0115114572

志望動機を書く上で大切なのは、自分の明確なビジョンです。 会社で積極的に仕事に取り組む姿勢をアピールすることも大事ですが、具体的にどのように仕事に取り組むのか、どういったことを頑張りたいのかということをなるべく詳細に伝えるのが基本です。また、「自分の就活軸」や大学での経験で根拠づけると良いでしょう。

ベンチャー企業の場合は、将来的に経営者になりたいと考えている社員も多いので、そういった思いがあなたにもあるのであれば、素直に書いてみても良いでしょう。 採用担当者の中には、そういうハングリー精神のある社員を好む人もいます。最初はなんだか気恥ずかしく感じるかもしれませんが、慣れてくれば自信を持って堂々と自分の目標を語ることができるようになります。

ベンチャーの求める人物像

ベンチャー企業は、企業自体が、老舗企業やすでに成功している大手企業が作ったマーケットに、新たにチャレンジする精神にあふれています。

そんなモチベーションの高い企業の一員になることを目指すなら、相手が欲しがる人材であることをアピールする必要があるでしょう。

その企業がどんな社員を求めているのか、人物像をあらかじめ知ることがとても大切になってきます。

一概に言えませんが、ベンチャーが求める傾向の強い人物像についてまとめてみましょう。

成長意欲のある人

ベンチャー企業は企業自体が高い成長意欲を持っています。

そんな企業が求めるのは、企業の成長スピードに負けないくらいの勢いで成長してくれる人員です。

これは真面目に仕事を覚えてコツコツ育つ人材というよりも、すでに備わっている資質に近い部分が強いでしょう。

マーケットのスピードを追い越すくらいの勢いで学び、本気で考え、先へ先へと進んで行くような意欲にあふれた人が好まれます。

自分で考え行動する人

言われた仕事を丁寧に納めることも大切ですが、ベンチャー企業では自分で考え、自分で行動できる人が好まれる傾向にあります。

これは大手企業のように、新入社員研修や教育などに時間や人員を割く余裕がないことも理由です。

新人は手取り足取り教えてもらえるものだと考えているなら、ベンチャーには向きません。

黙って指示待ちしているような人物ではなく、自分から積極的に現場で学ぶ主体性が求められます。

変化に対して柔軟な対応ができる人

経営ノウハウも組織運営ノウハウも、ベンチャー企業は今まさに作っている最中です。

すでに定まったルールがあり、従業員はそれに従っていれば良いという落ち着いた環境ではありません。

事業においても、目まぐるしく方針転換する可能性があります。

朝決まったことが夕方には180度変わっている、そんな状況にも臨機応変に対応できる資質を持った人が理想でしょう。

またほとんどが新規事業なわけですから、課題も山積み、トラブルも多発するのが日常茶飯事です。

過去の事例も解決例もありませんので、その都度状況に合わせた対応が求められます。

「これで果たしていいのだろうか」と悩むこともたくさんありますし、ときには判断ミスが発生し、対応に追われるケースもあるでしょう。

そうしたことも恐れずに、むしろ望むところだと言える柔軟な頭の人が向いています。

ベンチャー企業の志望動機例

それではベンチャー企業の志望動機で、好まれやすい例文を紹介します。

ITベンチャー

私はITインフラで社会を変えたいと思い、御社を志望しました。

現代はITインフラが生活に欠かせないものとなっていますが、過去に敷かれたインフラはすでに飽和状態にあり、この先社会をより豊かにするためには土台から作り直す必要があると考えております。

御社は高度な技術を一般のマーケットに開放し、人々の快適な生活のための基盤作りにチャレンジされています。

そのことはまさに自分がやりたいと考えていたことであり、他社にはない唯一無二の魅力と感じました。

大学ではプログラミングを学び、趣味でスマートフォンのアプリ制作やポータルサイトの運営も行っております。

御社に入社し、自分が本当にやりたいと思う仕事で社会を変える一端を担いたいと考えております。

営業職

私が御社を志望したのは、御社が常に顧客を大切にし、今のマーケットにないサービスを生み出す姿勢と熱意に強く惹かれたためです。

私は御社のサマーインターンシップに参加させていたき、御社が一人ひとりの個性を活かし、営業も開発も垣根を越えて顧客満足を追求するフィールドに大変魅力を感じました。

私はサービスを提供する相手を第一に考えることをモットーに、アルバイトでは接客を学びました。

必要なのはマニュアルではなく、一人ひとりの顧客を満足させることだと考える御社だからこそ、私が強みとするホスピタリティが存分に活かせると確信しております。

入社後は自分の強みと経験を活かし、世界中に御社のサービスのファンを作るため、全力を尽くしたいと思います。

コンサルティング業界

私の夢は、たくさんの経営者と一体となり、あらゆる課題を乗り越えることで自分の視野を広めることです。

御社が特定の業界に特化せず、世界の幅広い企業をクライアントとして事業展開していることに強く惹かれ、志望いたしました。

解決すべき課題は企業の数だけあり、特定の業界で学べることには限りがあると思います。

御社のようにあらゆる企業にソリューションを提案するスタンスは、業界だけでなく社会全体を変えるきっかけになると確信しております。

御社のサイトで社長や先輩社員の方々のお考えに触れ、本気で社会に変化を起こすのだという熱い意志を感じました。

入社後は御社で経営コンサルタントとして、大学時代に学んだ経営学の専門知識を活かし、活躍したいと考えております。

ベンチャー企業とは?

ベンチャー企業とは新たな技術やこれまでにないサービスを発案して事業を行う小・中規模の新興企業を指します。

ベンチャーは英語で冒険的という意味を持ちますが、新たなビジネスに果敢にチャレンジする企業をベンチャー企業と名付けたのは日本の独自の呼び方であり、他国ではそのような呼び方はされていません。

最新の技術を採り入れたり、これまでにないビジネススタイルを展開したりし、新たな市場やニッチ市場で事業をスタートさせます。

事業が認められると、個人投資家やベンチャーキャピタルなどから資金提供を受け、ビジネスを成長、企業規模を拡大させながら、やがては株式の上場を目指すケースも少なくありません。

スタートアップとの違いは?

スタートアップは日本では新たに起業することや、新規事業の立ち上げを意味し、ベンチャー的な事業内容か否かを問わず、立ち上げたばかりの企業を指すことが多いです。

ですが、本来のスタートアップ企業の意味は異なります。

アメリカのシリコンバレーで生まれた言葉で、新しいビジネスモデルを開発し、EXIT(出口戦略)のもとで極短時間で急激な成長を目指し、一獲千金を狙うビジネス集団と解されています。

ベンチャー企業のように成長して規模を大きくして大手企業に肩を並べようと頑張るのではなく、企業を急成長させて価値を高め、株を売却することで、創業メンバーやファンドの利益を得ようとするのが、本来のスタートアップ企業の意味です。

アーリーベンチャー

アーリーベンチャーとはベンチャー企業の成長段階を示す用語です。

ベンチャー企業を起業して、事業が軌道に乗るまでのおよそ5年の時期を指します。

事業経営としては赤字の段階であり、運転資金や設備投資など、事業の種類にもよりますが、資金ニーズも高い時期です。

一般的な金融機関からの融資は難しく、エンジェル投資家やベンチャーキャピタルなどに売り込みをかけ、投資を引き出すケースも少なくありません。

創業社長とそれに賛同したビジネスパートナーなど数名程度の小規模な企業が多く、2年から3年程度経って、ようやく社員を募集するようになりますが、即戦力となる人材を1名から数名採る程度で新卒採用をしても、まだ人材育成が難しい段階です。

ミドルベンチャー

アーリーベンチャーの段階の倒産リスクを乗り超え、事業が軌道に乗り出し、商品やサービスが認知されてくる段階をミドルベンチャーと呼びます。

もっとも、利益はまだ出ていないか低収益のケースも多く、安定的で持続的な成長を目指し、資金意欲が旺盛となる時期でもあります。

少しずつ取引規模も増えていくため、人材の確保にも積極的になり始めます。

即戦力となる中途採用を中心に、新しいビジネスに興味を持ち、企業理念や社風に共感した若手が少しずつ集まってくる時期です。

一方で創業時のビジネスパートナーが新たな事業の立ち上げを目指して独立したり、社員の出入りにも流動性があったりする企業が少なくありません。

新たな事業やサービスにも着手する企業も出てくるなど、成長の可能性に差が出て来る時期でもあります。

メガベンチャー

メガベンチャーはアーリー段階を乗り越え、ミドル段階でどんどん力をつけ、ビジネスの認知度を高めて取引先や顧客などの利用者も増やし、成長し続けるために人材の採用にも積極的です。

創業からの年数も長くなり、認知度も企業規模も大きくなり、もはやベンチャーとは呼べないレベルまでに成長を遂げた段階です。

新興市場マーケットへの上場だけでなく、東証一部に上場するなど大手企業と比肩する企業も出てきます。

若者から高齢者まで企業名が認知され、新たなビジネスモデルで成功したパイオニアとして経営基盤も安定してきます。

次々に新たなサービスや事業を立ち上げたり、企業買収などを行ったりするなど、ベンチャーならではのチャレンジ精神や戦略的な手法にも磨きがかかっていく段階です。

志望動機で重要なポイント

ベンチャー企業を志望する場合には、志望動機が重要視されます。

有名な大手企業や歴史もある安定した中小企業ではなく、なぜベンチャーを選んだのか、その意欲をしっかりと示さないと採用に至るのは難しいと心得ましょう。

ベンチャーでは成長段階を問わず、自ら考え、自ら行動できる人が求められます。

なぜベンチャーを志望するのかから始まり、自分がどう活躍できるのかしっかりアピールすることが重要です。

なぜその会社なのか?

なぜその会社なのかは、なぜ、大手企業や中小企業ではなくベンチャーというジャンルを選んだのかに始まり、ベンチャーの中でも、なぜその会社なのかを明確にすることがポイントです。

自分の経験談や、その会社の企業理念や社風、新たなビジネスの魅力など、その会社を志望するに至った動機や理由を具体的にアピールしましょう。

そのためには企業研究をしっかりと行い、他社との違いや差別化ポイント、これまでの成長プロセスをしっかりと理解しておくことが大切です。

展開する商品やサービスの理解をはじめ、どのような人材がどのような働き方をしている会社なのか、将来展望などしっかりリサーチし、分析しておきましょう。

なぜその業種なのか?

ベンチャーと言うとITベンチャーがイメージされますが、ベンチャーと言ってもITだけではありません。

また、ITなどの業界の中でも事業スタイルや、BtoBかBtoCかなど業種が異なります。

志望する会社の属する業種をなぜ選んだのかも、盛り込むのがポイントです。

数ある業種の中で、なぜその業種を志したのかを、自分の経験談などをもとにアピールできると説得力が増します。

その業種を志す理由としては自分の経験や大学で学んだこと、アルバイトで得た経験やノウハウがもとになることもあれば、その会社に最初に注目して後付けで業種が付いてきた方もいるかもしれません。

いずれにしても業種の研究を行い、どうしてその業種なのか明確な動機と理由を持っておくことが重要です。

会社で何ができるか?

アーリーベンチャーの段階はもちろん、ミドルベンチャーでも人材を育成する環境はまだ整っていないケースも多く、採用する人材の能力や意欲を重視して人選するのが基本です。

メガベンチャーとなり新卒から中途採用まで積極的に採用する段階に入っても、基本は自ら考え自ら動くを重視した仕事スタイルが出来上がっているため、自分が入社して何をやりたいのか、何ができるのかを明確にしておくことが大切になります。

現在展開している事業だけにとどまらず、自分の新たなアイディアでサービスを創出していきたいくらいの心持ちで臨みましょう。

自ら成長しようという意欲ある人材でないと、ベンチャー企業には響きません。

ベンチャー企業の志望動機を書く際のオススメの構成

ベンチャー企業の志望動機を書くには、内容として盛り込みたいポイントを押さえるだけでなく、構成にも気を払うことが大切です。

どのように伝えていくかの構成によって、伝えたいことがうまく伝わらなくなったり、逆に、しっかりと伝わり、説得力を持たせたりできます。

アピールしたい内容や入社意欲の高さ、自ら行動し成長していける姿勢などを効果的に伝えるためにオススメの構成をご紹介します。

結論:私は〇〇という点で貴社を志望しました

最初に結論として、なぜその会社を志望したのかをストレートに述べましょう。

結論を最初に明らかにすることで、あなたがアピールしたいポイントがしっかり伝わります。

ベンチャー企業は志望動機を重視しているので、志望した動機の一番のポイントを最初に明確になることで、採用したい人材かどうかの判定もしやすくなり、その後に続く内容を読み込んでくれるかにも影響を与えるためです。

どの点で志望したのか、明確なポイントを1つ挙げるようにしましょう。

いくつも並べ立てる、他の会社でも通用するような差別化できないポイントを挙げるのは避けましょう。

理由:なぜならば、〇〇という経験で〇〇と考えたためです

次に結論に至った理由を述べます。

なぜ、その会社を志望するに至ったのか、そのキッカケとなったご自身の経験を理由にするのがポイントです。

成長している企業だから、知名度が高いから、自由そうだからなど表面的な理由や抽象的な理由ではなく、自分の経験という具体的な面を打ち出しましょう。

これにより、しっかり考えたうえで志望していることがわかります。

また、具体的な経験を通じて志望したいと考えた点で、入社意欲の高さや、入社して頑張っていきたいという姿勢を伝えることにもつながります。

エピソード:私は〇〇で〇〇ということをしていました

構成の3ステップ目として、ベンチャー企業にマッチする人材であること、その会社に貢献し、活躍できる人材であることをアピールできるようなエピソードを紹介しましょう。

なぜ、エピソードを紹介する必要があるかと言えば、いかに自分の能力や大学で学んだことを伝えたところで、本当にその能力を発揮できるのか、大学で学んだことがどの程度役立つのかが、書面だけではわからないからです。

具体的な自分の経験談を示すことで、活躍できる人材であるという説得力を高められます。

エピソードの内容は特にシーンは問われません。

部活動やアルバイトの経験、ボランティア活動や海外留学の経験、幼少期から取り組んできたことなど、ベンチャー企業での活躍につながりそうなエピソードを選びましょう。

問題:その経験で〇〇という問題に直面しました

エピソードを紹介するにあたっては、その経験において問題に直面し、それを自分の行動で乗り越えた、解決した、改善したといった内容であることがポイントになります。

問題を乗り越えた経験を話すことで、ただの昔話や美談、自慢話になるのではなく、会社に貢献できる活躍ができる人物だと示せるためです。

そのため、エピソードを選ぶ際には、何らかの問題に直面し、それを自分の行動によって解決できた経験を選ぶようにしましょう。

問題を紹介する際は、初めてあなたのエピソードを読む選考者が、直面している状況をイメージしやすいよう、わかりやすく簡潔に説明することが大切です。

行動:そのため、私は〇〇を行いました

直面した問題に対して、どのような行動をとったのかを説明しましょう。

誰からに指示されたり、誰かに行わせたりした内容ではなく、自ら積極的かつ能動的に行った行動であることがポイントです。

志望する会社で活躍するのにマッチする行動であれば、アピールポイントになります。

自分の強みや能力を発揮できた行動、大学で学んだ知識や技術などを活かせた行動などをアピールできるとベストです。

アピールしたいからと、だらだらと冗長的に伝えるのではなく、行動を明確にしてわかりやすく説明しましょう。

1文程度で伝えるのが基本です。

結果:その結果、〇〇になりました

エピソード紹介の最後のステップとして、行動に出た結果、どうなったのかをしっかり書きましょう。

ただ行動に出ただけで話が終わってしまっては、直面した問題がどうなったのかがわからずじまいになります。

ビジネスを行っていくうえでは、行動に出るというプロセスも大切ですが、その結果も求められます。

企業が利益を出し、継続的に成長を遂げていくうえでは結果を出すことは欠かせません。

そのため、行動の結果、どうなったのかまで、しっかり伝えるようにしましょう。

単に「問題が解決しました。」で終わらせるのではなく、具体的にどういう成果が出せたのかを説明しましょう。

問題が生じた時点と行動に出た後の違いをわかりやすく紹介し、数値などの客観的な指標を示して説明できるとベストです。

結論:その経験を活かして貴社では〇〇で貢献していきたいと考えております

エピソードの結果を伝えて、おしまいではありません。

最後のまとめとしての結論を述べることが必要です。

紹介したエピソードの経験を活かし、志望した会社でどのように活躍し、どう貢献できるかをアピールしましょう。

「とにかく頑張ります」、「成長したいです。」と、どの会社でも通用するような結論づけは避けてください。

具体的に〇〇という点で貢献したいと、その会社ならではの側面に着面して、どのような面で貢献できるかを明らかにすることがポイントです。

これによって、入社意欲の高さや、どの程度期待できる人物かが伝わりやすくなるからです。

終わりに

大手の企業でもベンチャー企業でも、大学生の新卒・転職問わず、志望動機においては意欲を見られる論理的な文章を書くことが重要です。日時を問わず考えれば、最終的には良い志望動機が欠けるはずです。しかしベンチャー企業の場合は、一般企業以上に個性や貪欲さを出してみるといいでしょう。

ベンチャー企業は学生のナニを重要視してる?
専属のエージェントが就活を徹底サポート​!​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ