ベンチャー企業に就職したい!就活で好まれるベンチャーの志望動機は?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

「普通の企業とは違う環境で働きたい」

「IT企業で新しい分野で経験を積み、意味のある成長したい」

「リスクを取ってでも、今まで世の中になかった新しいITサービスを生み出していきたい」

中小企業とは違い、新しいサービスやビジネスチャンスをつくるベンチャー企業に興味を持つ大学生が最近は増えています。 2016年と2018年の短期でも著しく増加しています。就活でベンチャー企業へ積極的に挑戦する大学生の姿も目立ってきました。また転職先としてもベンチャー企業は注目されているため、ベンチャーの求人を探す社会人も多いでしょう。しかし、内定獲得に向けて、どのように就職・転職活動を進めるのかという基本的な部分で躓いてしまう人もいます。

一般的にはベンチャー企業の就活も、一般企業の就職・転職活動と基本的には大きな違いはありませんが、特徴としては志望動機を重視する、という点がベンチャー企業には見られます。 では、志望動機で失敗しないために、どのような内容を書けばベンチャー企業の採用担当者に好印象を与えることができるのでしょう。

ベンチャー企業で志望動機が大切な理由

gahag_0116878566

ベンチャー企業への就職・転職では学歴よりも意欲や積極性が重視される傾向にあります。

その理由としてはいくつか挙げられますが、まずは求人が少ないという点です。 成長段階にあるベンチャー企業では、少人数の採用を推し進めています。 その上で学歴というのも大切な基準なのですが、学歴ばかりにとらわれてしまうと、やる気や経験のある社員は集まらないという考えも存在します。

一人当たりの業務量も一般企業と比べて多いベンチャー企業では、積極的に業務に参加し、自ら成長できる社員を探しています。 だからこそ就活では、あなたがいかに企業の一員として積極的に参加していく姿勢があるか、というのを強調するために志望動機の面を強化してES作成や面談・面接に挑む必要があるのです。

ちなみに学歴、志望動機の他には資格などのスキルも就活を有利に進める要素となります。自ら学び、成長する意欲がみられる人材は重宝するからです。ベンチャー企業での就職を目指している場合には、簿記や語学などのスキルは最低限磨いておきましょう。

多少ユーモアも混ぜる

gahag_0012453532

志望動機を強化する上では、ユーモアを混ぜることが非常に有効です。

ベンチャー企業の求人においては会社としてだけではなく、採用担当や経営者自身も大学生と近い若手の場合が多いのです。 そのため従来の大手企業の書類選考、志望動機とは少し傾向が違ってくることもあります。特に銀行系とは大きく違うでしょう。

単純に志望動機を書くだけではなく、自分の将来のビジョンなどに壮大な夢などを書いてみても面白いでしょう。 実際にそのことについて面接官から質問された場合には、上手く相手の印象に残すチャンスなので自分の得意な分野や大学での経験、趣味などに関連してそういったユーモアを散りばめるのが理想的です。

ただしこれは少々レベルが高いので、実際に志望動機を提出したり、面接の場面で口にしたりする前に、友人や家族などの反応を見るのが良いでしょう。

インターネットを参考にする

gahag_0070447550

ESにおける志望動機の書き方などは、web上でも一覧を調べることができます。 最近では就活支援サイトや求人サイトなどでも優良な例文などが多く掲載されています。 それらを参考にすれば、志望動機の書き方がいまいちわからないという大学生や高校生でも一定の水準に達する志望動機を書くことができます。最終的には社長に認められる質になります。

ですが完全にそれを丸写ししてしまうと何の面白みもないので、自分が志望する企業の雰囲気や、経営者の情報なども確認しながら書いてください。また、面談や面接でも志望動機を問われることは多いので、ESの内容を膨らませられるよう対策を練っておきましょう。

ここにも基本的なESの志望動機の回答例を掲載しますので、こういったものを独自にアレンジして練習してみてください。

例文

 

私は貴社の事業内容、経営理念に対して強く共感し、この度志望致しました。

 

これまで世の中になかった革新的な商品を開発し、人々の生活をよりよくしたいという点において魅力を感じた次第です。

 

私自身も一社員として働かせていただき、営業という面で商品を広く紹介、販売することでこの事業に携われたらと思っております。

 

そして貴社では、新入社員でも多くの業務に関わらせていただけるということもあり、私の熱意や積極性を活かし、会社とともに成長していけるのではないかとも強く感じました。

 

是非ともよろしくお願いいたします。

 

将来像などを具体的に

gahag_0115114572

志望動機を書く上で大切なのは、自分の明確なビジョンです。 会社で積極的に仕事に取り組む姿勢をアピールすることも大事ですが、具体的にどのように仕事に取り組むのか、どういったことを頑張りたいのかということをなるべく詳細に伝えるのが基本です。また、「自分の就活軸」や大学での経験で根拠づけると良いでしょう。

ベンチャー企業の場合は、将来的に経営者になりたいと考えている社員も多いので、そういった思いがあなたにもあるのであれば、素直に書いてみても良いでしょう。 採用担当者の中には、そういうハングリー精神のある社員を好む人もいます。最初はなんだか気恥ずかしく感じるかもしれませんが、慣れてくれば自信を持って堂々と自分の目標を語ることができるようになります。

終わりに

大手の企業でもベンチャー企業でも、大学生の新卒・転職問わず、志望動機においては意欲を見られる論理的な文章を書くことが重要です。日時を問わず考えれば、最終的には良い志望動機が欠けるはずです。しかしベンチャー企業の場合は、一般企業以上に個性や貪欲さを出してみるといいでしょう。

内定が欲しい方へ
就活市場会員限定の特典
  1. 1.大手企業内定者推薦、就活の攻略資料プレゼント
  2. 2.内定率92%の、就活アドバイザーが徹底サポート
  3. 3.特別選考ルートのイベント情報を提供!その他多数

会員登録で内定に近づく
(無料)

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ