平均値はどれくらい?説明会は数をこなすべきか

企業説明会は就活生がはじめて企業担当者と会う大切なイベントです。

なかにはその後の選考過程を進むために説明会参加を必須としている企業もあります。

学生にとっては、志望企業の情報をより収集できる貴重なチャンスではないでしょうか。

しかし、やみくもに参加数を増やし、数をこなすことが目的になってしまっては、効率的な就活とは言えません。

ここでは、企業説明会の回数と内定の関係性や、説明会参加のコツについて説明します。

説明会の参加は何件くらいが平均値?

pixta_39869545_M

企業説明会への参加は何件くらいが妥当なのでしょうか。

アンケート調査結果によると、大体20社から40社くらいの企業の説明会に参加している学生が多いようです(※1)。

はじめから志望する業界が決まっている学生などは、説明会参加数が少ないのに対し、まだ絞り切れていないためにさまざまな業界を見てみたいという学生は、説明会に参加する数が多いのでしょう。

また、内定がなかなか出ずに就活が長引いている学生も参加数が多い傾向にあります。

もちろん、就職に対する意識が高い学生ほど早くから活動を開始し、多くの説明会に参加しているとも言えるでしょう。

※1キャリアパーク:https://careerpark.jp/40377

数が多ければ良いとは限らない

22_65_2_33924244 説明会の数が少なければ、比較対象情報が乏しいために志望動機をまとめることが難しいケースもあります。

逆に、説明会に多く参加している学生は、同業他社との比較をきちんと行い、質疑応答での質問も的確に行うことができるかもしれません。

説明会に参加した後に応募企業を絞るわけですから、母数が少なければその分内定を獲得する社数も統計的には少なくなるわけです。

とはいえ、あまりに多くの説明会に参加すると、しっかり予習をする時間がない、一社一社の印象が残らないなど、結局参加して終わりになってしまうなどの問題もあります。

多く受ければ良いというわけではなく、目的意識を持って参加することが大切でしょう。

説明会参加のメリット

pixta_40350802_M

それでは、説明会に参加することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

まずは、当然ながら、その企業についての理解をより深めることができます。

直接企業担当者の話を聞くことで、ホームページだけではわからなかった会社の雰囲気なども感じ取ることができます。

特に自社オフィスでの説明会に参加する場合には、在籍社員オフィスの様子が見えることもあるでしょう。

質疑応答を通して、疑問に思っていたことを解消し、さらには人事担当者にアピールをする機会ともなり得ます。

また、説明会に参加した他の就活仲間のネットワークを広げることもできます。

他の学生と交流することで、自分の調査だけでは知り得なかった情報が聞ける可能性もあるため、その後の就活にとって大変有益と言えます。

有意義な説明会参加にするためには

pixta_45601455_M

説明会の参加を最大限有意義なものにするためには、事前の情報収集が欠かせません。

何も考えないで参加しても的確な質問をすることは難しいでしょう。

質疑応答時に企業担当者に質問する場合には、ホームページで簡単に調べられることや、すでに説明会で説明があった内容は避けることが基本です。

説明会で得た情報をもとに志望動機を組み立てる気持ちで、なるべく積極的に質問をするといいでしょう。

また、説明会の後に個別に人事担当者に質問することも可能であることがほとんどです。

適切な質問であれば、意欲が高い学生として良い印象を与えることもできるのではないでしょうか。

ある程度の数の説明会には行くべき

■撮影用に作成したオリジナルのカレンダーを使用しています。</p><p> このように、実りの多い説明会参加にするためには、計画的に説明会に参加する必要があります。

また、業界研究のためにもある程度の数の説明会に参加することが重要です。

できれば、20社以上は参加するようにし、しっかり自分が行きたい会社を見極めるようにしましょう。

企業説明会で就活を有利に!
あなたの就活を二人三脚で内定までサポートします​。

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ