説明会でも見られている!男女別、好印象を与える髪型とは

就活には段階がいくつもあり、いきなり企業の面接に進めるわけではありません。

企業が催す就職説明会に参加することも、就活を成功させるために必要不可欠なものです。

しかし、就職説明会は面接とは違うので、どこまでフォーマルな格好をしていくべきか、ラフな格好が許されるのか、いまいちわからないという人も多いかもしれません。

特に髪型は個性を出しても良いのかどうか、悩んでいる人もいることでしょう。

今回の記事では、説明会でしておきたい髪型について詳しく解説していきます。

基本的にさっぱりした印象を与える髪型がグッド

まず、企業の説明会はその先に企業の面接があると考えることが大切です。

説明会で顔を合わせても相手は自分のことを覚えていないと考えるのは間違いで、説明会は就活の成否を決める重要な役割を果たすことがあります。

人に好印象を与えるためには、清潔感が大きなポイントとなります。

顔や体型はなかなか変えることはできませんが、髪型や服装はきちんとするだけで清潔感を漂わせることは可能です。

清潔感を与える髪型はいろいろありますが、寝癖がないこと、髪を縛っている場合は縛り損ねて落ちてきている髪がないことが前提です。

寝癖を作らないためには、朝シャワーを浴びて髪を洗うことが効果的です。

耳周りやうなじから髪の毛が飛び出さないようにするには、ヘアピンで髪を固定することが有効です。

パーマや茶髪は説明会でもNG

1706_1_31(2) 面接に行くときは大抵パーマをかけている人はストレートに戻し、髪の色を明るくしている人は黒に染めなおすことでしょう。

その理由は、それが日本人の髪の毛としてごく一般的なものであると同時に、相手に威圧感を与えない髪型として、マナーの一種となっているからです。

説明会でも、面接のときにするような髪型をしていくことが大切です。

ただし、業種や企業によっては、自然に見える程度の明るさの髪色や、ゆるふわパーマは問題視されない場合があります。

その一方で面接時に黒髪指定をしている企業もあるので、お目当ての企業の昨年の面接時の指定事項をよく読んでおくと良いでしょう。

1日でいくつもの企業の説明会を回る場合は、黒髪ストレートでまとめると応用が利きます。

男女共通:説明会での髪型ポイント

説明会を受ける際、髪型における注意点をお伝えします。

ますは男女共通の基本的な注意点について理解しておきましょう。

以下のポイントは絶対に意識するようにしましょう。

表情が見える顔周り

就活において、あなたの表情はとても重要となります。

表情がよく見えない髪型は絶対に避けましょう。

特に気を付けるべきは前髪です。

男女ともに、眉毛が見えない前髪はいけません。

眉毛は表情を読み取る上で重要な印象を与えます。

そのため、眉毛が見えないことで暗い印象や幼い印象を与えてしまいます。

他にも、耳の周りの髪型も気を付けましょう。

髪型は意外と顔色や印象に影響を与えています。

いらない髪の毛はきちんとまとめて明るい印象を獲得できるよう心掛けてください。

眉毛の印象は清潔感に影響アリ

先ほど、眉毛を基準に前髪の長さについてお話しました。

眉毛が見えていると表情が読み取りやすく、また明るい・清潔感など良い印象を与えることができます。

しかし、眉毛が見える髪型にすると、今度は眉毛の形や毛量が印象に影響してしまいます。

眉毛は、長さの調整、形を整えるなど、工夫しましょう。

眉毛が細すぎるととげとげしい印象、太すぎると野暮ったい印象を与えます。

そのため、あくまで自然な形、太さを意識してください。

寝ぐせに注意

寝ぐせはだらしないイメージを与えてしまいますから絶対に整えてください。

説明会だからといって気を抜いてはいけません。

悪い印象は記憶に残りやすいです。

説明会がウェブで開催される場合も、余裕をもって起床することを心がけましょう。

寝ぐせを直すのに時間がとられてしまうと困ってしまいます。

どこからも見られている印象で、正面のみならず後ろにも気を配って髪型を整えましょう。

男性が説明会で気を付けるべき髪型ポイント

次に、男性が気を付けるべき髪型のポイントについてお話します。

男性はどのような髪型が良い印象を与えるのでしょうか?

また、どのような髪型が悪い印象につながってしまうのでしょうか?

キーワードは短髪

男性が清潔感を出すためには、髪の毛は短い方が望ましいです。

横の毛は耳にかからないように、前髪は眉毛と同じかやや短いくらいが良いでしょう。

決して目元に前髪がかかる長さにはしないでください。自分では気がつきにくい襟足も、きちんとチェックしておきましょう。

襟足も短く整え、襟にかからない程度の長さにします。後ろの毛が長いと不真面目な印象を与える可能性があります。

もみあげも清潔感を左右する重要なパーツのひとつです。

耳たぶ以上の長さのもみあげはヒゲと捉えられることもあり、清潔な印象を与えません。

顔の輪郭がスッキリ出ることが清潔感には大切なため、もみあげも短くカットしておきましょう。

いうまでもなく、ヒゲは剃っておいてください。

セットしすぎ、しなさすぎはNG

男性は髪型をセットすることできっちりとした印象に繋がります。

しかし、セットの仕方によってはむしろ悪い印象を与えてしまうので注意が必要です。

セットする場合はあくまで自然なラインを意識しましょう。

ガチガチは避けてくださいね。

ワックスを利用するのもいけないわけではありませんが、髪質によってはオイルやドライヤーだけで整えられることが殆どです。

清潔感を重視しましょう。

女性が説明会で気を付けるべき髪型ポイント

女性が説明会を受けるとき、気を付けるべきポイントはいくつかあります。

女性は髪の長さが男性よりも長いですから、その分髪型が与える印象も大きいです。

髪が肩よりも長い場合、束ねる

女性は男性と比べて髪型や髪の長さのバリエーションが豊富です。

そのため、間違えた髪型の選択をする人も見受けられるので注意しましょう。

ロングヘアの人は後ろでひとつにまとめ、顔の輪郭が見えるようにします。

まとめるときはポニーテールやツインテールにせず、後ろの下の方でひとつに縛ってください。

前髪がある人は目にかからない長さまで切るか、ピンで留めたりワックスで固めたりして横に分けると良いでしょう。

髪を結うときのゴムは、黒か濃い茶色を使います。

髪の毛が縛るほどの長さではないミディアム・ショートの場合は、横の毛を耳にかけて顔の輪郭を見せるようにします。

途中で髪の毛が耳から落ちてこないように、ピンで留めておくと良いでしょう。

前髪は長さを調節

女性は前髪がある髪型をしている型が多いのではないでしょうか。

しかし、前髪の量や長さに注意が必要です。

まず、量については、眉毛が見えるくらいを意識しましょう。

ぱっつん前髪や、流すような前髪も量が多い場合は注意が必要です。

前髪が多いことでどうしても野暮ったく見えたり、幼い印象を与えてしまいます。

また、長さについても、目や眉毛にかかる前髪は暗い印象や清潔感に欠く印象を与えてしまいます。

基本的に、ピンでまとめてしまうのが一番明るく清潔感を与えます。

もし前髪を残す場合は、流すように、且つ量は少ない事を意識してください。

前髪があった方が可愛いかもしれませんが、就活は清潔感が何よりも好印象を与えます。

そのため、就活時は前髪の可愛さを我慢しましょう…。

清潔感が印象を左右する!

 1706_1_31(3) 髪型は就活においてとても重要な役割を果たします。

第一印象を好印象にするためには清潔感が必要不可欠なため、髪型の選択を誤らないようにすることが大切です。

説明会といえども企業はひとりひとりの就活生を見ています。

相手に不快感を与えない髪型をして、就職成功へと一歩近づきましょう。

企業説明会で就活を有利に!
あなたの就活を二人三脚で内定までサポートします​。

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ