業界研究のやり方が知りたい。調べるべきポイントと手順を徹底解説

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就職・転職活動をする上で避けて通れないことに業界研究というものがあります。企業研究を行うことも大切ですが、順番として業界研究を先に行うことが一般的です。しかし、企業研究と比べて業界研究は曖昧な部分も多く、就活中の学生が調べられる範囲には限界もあります。

そこで今回は業界研究の効率的なやり方、行う上でのポイントをご紹介していきます。

業界研究の目的

業界研究のやり方を知る上で、知っておかなければいけないのは業界研究の目的です。そもそも何故業界研究を行うのか、その意味を理解していない新卒の就活生は意外に多いのです。

中には

「周囲の人間が業界研究をしているから」

「大学の先生に言われたから」

「取り敢えず就活っぽいことをしてみようと思って」

という適当な理由で取り組んでいる学生もいます。 しかしそういう気持ちで業界研究に取り組むのと、ちゃんと業界研究の目的や方法を知って取り組むのでは、実際に得られる成果が全く違います。

業界研究を行う理由は非常にシンプルで「自分が入りたい業界・職種、そして企業を明確にするため」です。最近は在学中の早い時期で内定をもらっている学生も多く、自分がどの業界・企業に興味を持ち、入りたいかを悩んでいると、あっという間に差が生まれてしまいます。

それ故に早め早めのうちに自己分析を行い、できるだけ時間をかけずに業界研究を行い、スムーズに就職活動を進めていく必要があるのです。その上で、業界研究をしなければ、という風に考えるのではなく、最終的に志望する企業に入るための手段の一つ、という風に考えてみるのが良いでしょう。

業界研究をするポイントは、業界の構造を理解すること

業界を分析する上で知らなければいけないことに「その業界はどのような構造・構成をしているのか」ということがあります。

単純に業界研究をするとなれば、仕事内容やその業界の景気を研究するということになりますが、実際のところ、それだけでは不十分です。 そこで必要になってくるのが、その業界の構造を徹底的に分析するということです。しかし業界研究の目的を理解していない方は、ここが疎かになってしまいがちです。

「構造を理解する」というのは分かりやすく言うと、「その業界のお金の流れを理解する」ということです。どのような相手がその業界の顧客で、その業界に集まったお金は次に誰に流れていくのか。 そういう全体の動きを把握することで、普段私達が目にするニュースなども表面だけではなく深い部分の動きまで見えてくるようになります。また、お金の動きを研究すると同時に、その業界のライバルや、脅威となりうる業界もしっかりと分析しておきましょう。 ライバル業界を分析することで、自分がメインで研究する業界の将来性なども見えてきます。

業界研究をする上で役立つ媒体

今ではスマートフォンが一台あればその業界のことをある程度調べ上げることができ、就職支援サイトへの登録や、企業情報を見ることのできるサイトやツールの確保は必須です。

しかし、まだまだ業界研究には紙の媒体も欠かせません。業界研究を行うための紙媒体には多くの種類がありますが、そのなかでも  「四季報」は就職活動をする学生は絶対に目を通しておくべきです。就職の基本的な流れや、自己分析といった面でも大いに役立ち、各企業の3年後離職率営業利益といった情報も確認することもできるので、入社する前後でのギャップをある程度解消することができます。 四季報を購入したら、何も考えずに眺めるのではなく、注目するべきポイントがどこなのかをしっかり考えながらチェックし、企業研究で集めた情報をノートやレポート形式で整理しておくようにしましょう。

業界研究を行うことで志望動機を固められる

 入念に業界研究を行うと、漠然と志望していた頃とは比較にならないほど、その業界について多くのことを学ぶことができます。 また、その業界で活躍している企業や自分自身が志望する企業に関して、より詳しくなるのが業界研究であり、詳しくなった分だけ就活の強みとなります。その過程で「自分は何故この企業に入りたいと思ったのか」という部分が更にはっきりとしてきます。 企業との面接の際にはそれを「志望動機」として話すことになります。業界を分析するとともに、その業界への就職を希望している自分と向き合うことができるので、履歴書に書く項目の内容志望動機の話題が広がることに繋がります。 自己分析、そして業界研究は就職活動をする上で絶対に取り組むべき作業なのです。

まとめ

  • 業界研究の目的は志望する業界や企業を明確にすることにある
  • 業界研究をする上で、業界の構造を知る必要がある
  • お金の流れを理解する
  • 四季報は業界研究をする上で読んでおくべき
  • スマートフォンなどとの併用が有効
  • 業界研究を通して志望動機を固める
内定が欲しい人以外は見ないでください
  • 就職活動の攻略本「就活ハウツー本」
  • 先輩の体験談も盛りだくさん「就活ストーリー」
  • 内定率は驚異の92%!「就活アドバイザー」
  • 5分で作れる「かんたん履歴書メーカー」
  • あッという間に内定GET「就活市場エントリー」
  • イベント参加で有利に就活「就活市場イベント」
  • あとで読み返したい記事は「お気に入り登録!」

今すぐ確認する!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ