就活の業界研究のやり方が知りたい。調べるべきポイントと手順を徹底解説

業界研究のポイント

業界研究は志望する業界が決まっていても、まだ決まっていなくても行うべきものです。

やりたい仕事や就職したい会社が決まっていない方にとっては、どんな業界があり、自分が興味を持てるところがあるかを知る大切な機会です。

一方、すでに就職したい業界がある方にとっても、より自分の興味や、やりたいことに合う業界がないかを探せるキッカケとなります。

また、志望する業界の関連業界の特徴や役割を知ることで、志望業界の特徴がより明確化することも可能です。

もっとも、時間をかけて掘り下げていっては、時間が取られ、就活のメイン活動に出遅れてしまいます。

どのような点に気を付けて業界研究を行えばいいのか、ポイントを抑えて効率的に行いましょう。

業界の全体像を把握する

業界研究においては、1つひとつの業界を詳しく調べるのではなく、ざっくりと全体像を把握することがポイントです。

大学1年生の段階から興味本位で行うなら別として、就活をスタートする手始めとして行うには、1つひとつ深く掘り下げていっては時間が足りません。

自分がやりたい仕事や気になっている企業がどの業界に属しているのか、その他の業界はどんなものがあるのか、まずは全体像を把握しましょう。

各業界の特徴を見極める

各業界がどんな事業を行っているのか、どのような製品やサービスを展開する業界なのか、主な特徴を把握しましょう。

今の時代は異業種間の参入も盛んでわかりにくい面もありますが、メイン業務を軸にチェックします。

わかりにくいと感じたら、各業界の大手メーカー、名前を知っている企業の事業を中心に見ていくとわかりやすいです。

業界研究で見ておくべき項目

全体像を把握すること、主だった特徴を把握することで業界を知ると共に、各業界を比較する視点も重要です。

自分が目指そうとしている業界にどの程度の競争力があるのか、将来性はあるのかを知り、より安定成長や今後が期待できる業界があるかを知って、志望対象にするか判断するにも役立ちます。

業界の市場規模

業界の市場規模がどのくらいあるのか、ターゲット市場はどの市場なのかを確認して比較してみましょう。

ターゲット市場は消費者なのか、法人などのBtoBなのか、また、国内シェアはどのくらいか、海外進出はしているか、世界でのマーケットシェアはどのくらいか、どの国や地域に強いのかなどもチェックします。

今の時代はビジネスがグローバル化しており、少子高齢化で先細りになる国内市場のシェアだけでは、将来的な安定成長が望めなくなるリスクもあります。

国内シェアを見る場合、BtoCなら、主なターゲット層がどこなのか、シニア向けなのか、若者なのか、子育て世代なのかといった点もチェックするとわかりやすいです。

業界全体の仕事内容

各個別企業の事業内容ではなく、業界全体のメイン事業についてチェックしましょう。

どのような位置づけにあって、どんな仕事をしているのかを把握します。

たとえば、1つの製品が製造されて消費者のもとに届くまでには、製造・メーカー業界、卸売り業界、流通業界や運送業界を経て小売業界へと到達します。

そのどの位置づけを担っている業界なのかがわかると、仕事内容も把握しやすいです。

業界の過去・現在・将来について

各業界のメインの仕事内容がわかったところで、過去の変遷や現在メインとしている事業やその売り上げの変遷、将来の展望や見通しなどを調べてみましょう。

たとえば、お菓子メーカーは過去は子供向けのお菓子がメインでしたが、少子高齢化に伴い、大人向けのお菓子や血圧や血糖値をコントロールできる特保認定のチョコレートなどを開発したり、高齢化などを見越してサプリメントや介護食などの開発にも取り組んだりするようになっています。

今後はどのように動いていくのかも、チェックしましょう。

また、タバコメーカーでは、タバコの健康被害などが世界的に問題視されることで、タバコ以外の分野にも積極的に乗り出し、環境に良い企業を目指そうとするなど、企業経営を守ろうと躍起です。

一方、今をときめくIT業界は日進月歩で技術が進化しており、今後どのような動きをするのかは興味深いところです。

とくに技術系やIT系を目指したいと考える方にとっては、現在と将来の見通しをチェックすることがポイントです。

このように過去からの変遷や現在の状況、将来の見通しは日本社会の構造や世界の動き、時代のニーズなど取り巻く環境が大きく影響します。

業界研究をしていくと、日本社会が置かれている状況や抱えている問題、世界で巻き起こっていることや課題が見えてきます。

時代が置かれている環境を知ることは、就活において志望動機などを書くときにも役立ち、自分の考えを深めることにもつながるのがメリットです。

業界の過去から現在、将来性を知ることで、自分が進みたい業界はどこなのか、よく検討しましょう。

就職・転職活動をする上で避けて通れないことに業界研究というものがあります。

企業研究を行うことも大切ですが、順番として業界研究を先に行うことが一般的です。

しかし、企業研究と比べて業界研究は曖昧な部分も多く、就活中の学生が調べられる範囲には限界もあります。

そこで今回は業界研究の効率的なやり方、行う上でのポイントをご紹介していきます。

就活での業界研究のやり方のコツ①業界研究の目的

業界研究のやり方を知る上で、知っておかなければいけないのは業界研究の目的です。

そもそも何故業界研究を行うのか、その意味を理解していない新卒の就活生は意外に多いのです。

中には

「周囲の人間が業界研究をしているから」

「大学の先生に言われたから」

「取り敢えず就活っぽいことをしてみようと思って」

という適当な理由で取り組んでいる学生もいます。

しかしそういう気持ちで業界研究に取り組むのと、ちゃんと業界研究の目的や方法を知って取り組むのでは、実際に得られる成果が全く違います。

業界研究を行う理由は非常にシンプルで「自分が入りたい業界・職種、そして企業を明確にするため」です。

最近は在学中の早い時期で内定をもらっている学生も多く、自分がどの業界・企業に興味を持ち、入りたいかを悩んでいると、あっという間に差が生まれてしまいます。

それ故に早め早めのうちに自己分析を行い、できるだけ時間をかけずに業界研究を行い、スムーズに就職活動を進めていく必要があるのです。

その上で、業界研究をしなければ、という風に考えるのではなく、最終的に志望する企業に入るための手段の一つ、という風に考えてみるのが良いでしょう。

就活での業界研究のやり方のコツ②業界研究をするポイントは、業界の構造を理解すること

業界を分析する上で知らなければいけないことに「その業界はどのような構造・構成をしているのか」ということがあります。

単純に業界研究をするとなれば、仕事内容やその業界の景気を研究するということになりますが、実際のところ、それだけでは不十分です。

そこで必要になってくるのが、その業界の構造を徹底的に分析するということです。

しかし業界研究の目的を理解していない方は、ここが疎かになってしまいがちです。

「構造を理解する」というのは分かりやすく言うと、「その業界のお金の流れを理解する」ということです。

どのような相手がその業界の顧客で、その業界に集まったお金は次に誰に流れていくのか。

そういう全体の動きを把握することで、普段私達が目にするニュースなども表面だけではなく深い部分の動きまで見えてくるようになります。

また、お金の動きを研究すると同時に、その業界のライバルや、脅威となりうる業界もしっかりと分析しておきましょう。

ライバル業界を分析することで、自分がメインで研究する業界の将来性なども見えてきます。

就活での業界研究のやり方のコツ③業界研究をする上で役立つ媒体

今ではスマートフォンが一台あればその業界のことをある程度調べ上げることができ、就職支援サイトへの登録や、企業情報を見ることのできるサイトやツールの確保は必須です。

しかし、まだまだ業界研究には紙の媒体も欠かせません。

業界研究を行うための紙媒体には多くの種類がありますが、そのなかでも  「四季報」は就職活動をする学生は絶対に目を通しておくべきです。

就職の基本的な流れや、自己分析といった面でも大いに役立ち、各企業の3年後離職率営業利益といった情報も確認することもできるので、入社する前後でのギャップをある程度解消することができます。

四季報を購入したら、何も考えずに眺めるのではなく、注目するべきポイントがどこなのかをしっかり考えながらチェックし、企業研究で集めた情報をノートやレポート形式で整理しておくようにしましょう。

就活での業界研究のやり方のコツ④業界研究のやり方の5ステップ

自分がどんな業界でどんな仕事をしたいのか、将来の職業人生を考えるうえで、業界研究は外せないプロセスです。

自分に適した仕事やそれを実現できる企業を見つけるうえで、十分な業界研究を行うための5ステップをご紹介します。

興味のある業界、企業で練習する

業界研究では自分と相性がよい業界探しややりたいと思える仕事探し、働きたい企業を見つけ出すうえで必要なだけでなく、その業界の将来性や安定性、抱えている問題なども確認することが大切です。

今は需要が高く、業績がよい業界であっても、自分が長く働いていく間には需要が落ち込み、業界の生き残り競争が起こる可能性があるケースもあります。

外部的な要因、たとえば少子化や高齢化による市場ニーズの変動や技術革新による製品やサービスの成長可能性や不要となる可能性など、将来起こり得る問題などを踏まえて、安定的に働ける業界や企業かを研究することが必要です。

将来のリスクを踏まえて検討するには、自分の興味ある業界や企業から始めたほうが、状況も把握しやすく、予測力や想像力も働きます。

まずは、興味のある業界、企業から始めてみましょう。

その企業が業界の中でどの立ち位置にいるのかを調べる

次に1つ目で調べた企業が、その業界の中でどのような立ち位置にいるのか調べます。

資産規模や毎年の収益額や上場、非上場の有無といった基本情報から、業界でのシェアはどの程度かや業界ランキングでは何位かなどを確認しましょう。

他社との違いや強みは何か、他社からどう思われているのか、経済評論家などから見た業界での評判や評価はどうかなどもリサーチします。

別の業界も同じように調べてみる

一つ実施してみて、やり方が理解できたら、別の業界も同じように調べてみましょう。

次に興味がある業界や1つ目の業界研究をした結果、興味が湧いた関連業界や対立する業界などでもかまいません。

また、1つ目のリサーチで人口減少により需要が減る将来性のない業界だと予想した場合に、逆にこれから将来性が出る業界はどこかという観点から研究してみてみると面白いです。

実際に説明会などに参加して、より興味が出たらどの部分に興味があるのかを深堀りしていく

業界研究の結果、働いてみたいと思った業界やもっと知りたいと感じたら、業界フォーラムや会社説明会などに参加しましょう。

独自のリサーチとは異なり、実際にその業界で働いている人たちから直接話を聞いたり、質問できることで、より理解が深まったり、誤った認識を正すことができます。

最後に興味を持った業界や企業の共通点を探す

興味を持った業界や企業がいくつかに絞り込めてきたら、その共通点を探しましょう。

自分は何に興味を示して、その業界や企業で仕事をしてみたいと思っているのか、客観的に分析します。

就活での業界研究のやり方のコツ⑤業界研究を行うことで志望動機を固められる

 入念に業界研究を行うと、漠然と志望していた頃とは比較にならないほど、その業界について多くのことを学ぶことができます。

また、その業界で活躍している企業や自分自身が志望する企業に関して、より詳しくなるのが業界研究であり、詳しくなった分だけ就活の強みとなります。

その過程で「自分は何故この企業に入りたいと思ったのか」という部分が更にはっきりとしてきます。

企業との面接の際にはそれを「志望動機」として話すことになります。

業界を分析するとともに、その業界への就職を希望している自分と向き合うことができるので、履歴書に書く項目の内容志望動機の話題が広がることに繋がります。

自己分析、そして業界研究は就職活動をする上で絶対に取り組むべき作業なのです。

まとめ:就活での業界研究のやり方

  • 業界研究の目的は志望する業界や企業を明確にすることにある
  • 業界研究をする上で、業界の構造を知る必要がある
  • お金の流れを理解する
  • 四季報は業界研究をする上で読んでおくべき
  • スマートフォンなどとの併用が有効
  • 業界研究を通して志望動機を固める

その業界のこと、ちゃんと知ってますか?
1人でわからない事はプロと2人で​。​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ