3年後、5年後のキャリアプラン・ビジョンを面接時に聞かれたときの書き方・回答例文を徹底紹介!

キャリアプランとビジョンの面接時の回答例文や書き方の前に:3年後、5年後のキャリアプランについて質問する意図は?

最終面接でよく聞かれる質問の一つに、「3年後、5年後、(10年後)のキャリアプラン」があります。

面接官がキャリアプランを質問をする意図は

・受験者がただ入社したいだけなのか

・未来を見据えてきちんと活躍するイメージを持っているのか

こちらを判断するためにキャリアプランは質問をされます。

多くの就活生は、この質問に対して曖昧な回答をして評価を下げてしまいがちです。
では、どのような回答がNGでどのような回答が受かるのでしょうか?

今回は、キャリアプランの回答法について解説していきます。

山下佳佑
監修者

大学卒業後、大手人材会社に就職し、新人賞、MVPを受賞。その後、さらなるキャリアステップのため、ベンチャー企業にて人材コンサルティング事業部の立ち上げを行う。キャリアアドバイザー、採用コンサルタントを兼務し、1000名以上の学生と面談を実施し、100社以上の企業の採用コンサルティングを実施。また、就活セミナーの講師として、就活生に対して就活のノウハウも提供し、就活生、企業の目線から最適なアドバイスの提供を行う。

キャリアプランを答える際のポイント

企業の面接では

・どんなキャリアプランを描いていますか?

・キャリアプランを持っていますか

など質問されることがあります。

この質問について答えるには、あらかじめキャリアプランを考えておかないとすぐに答えられるものではありません。

面接官を納得させるキャリアプランについて答えられるよう、どのような点に注意して考えればよいのかポイントをご紹介します。

気をつけるポイント

・仕事に関するキャリアプランを話す

・その企業の企業理念とマッチしているかを確認する

・その企業だからこそ叶うキャリアプランなのかを確認する

仕事に関するキャリアプランを話す

キャリアプランというのは、仕事上のキャリア形成のためのプランニングを意味します。
ライフプランと混同しやすいので注意が必要です。

たとえば...

営業成績を上げて収入をアップし、マイホームを買う

というプランはライフプランに関する夢や目標であり、キャリアプランではありません。

その企業で仕事をしていくうえで、どのようなステップキャリア形成をしていくのかプランニングしなくてはなりません。

たとえば、飲食業や小売業であれば、

入社後3年でチーフに昇格し、5年目でマネージャー、7年目で店長になる、12年目には複数店舗を統括するエリアマネージャーになりたい

など、具体的なプランを描きます。

ただ、店長を目指します、いつかはエリアマネージャーになりたいですではなく、何年でという具体的な目標設定をするのがポイントです。

その企業の企業理念とマッチしているかを確認する

キャリアプランを考えるうえでは、その企業におけるキャリア形成の仕方とマッチしていることが大切です。

たとえば、チャレンジ精神が企業理念で、若手を積極的に登用している会社であれば、

入社3年目で店長を目指しますというプラン

は実現可能性があります。

一方、石の上にも3年というように確実性オールマイティ性を企業理念としている企業では「下積みはせず、自分の得意分野でいきなりリーダーを目指したい」などといっても、企業のことをわかっていないと思われてしまうので注意が必要です。

その企業だからこそ叶うキャリアプランなのかを確認する

企業の採用ページなどを見ると、先輩社員たちが実際に歩んできたキャリアプランが紹介されていたりします。

入社3年で店長に昇格した社員がいるといった企業なら、入社2年で店長を目指すといっても叶わないプランではありません。

一方、ホテルのようにあらゆる部署や業務を経験したうえで、一つひとつステップを上がっていくような企業で、入社2年で支配人を目指すなどといっても、何もわかっていないと思われてしまいます。

キャリアプランとビジョンの面接時の回答例文や書き方①3年後、5年後のキャリアプランを聞かれたときのNG回答

201703-13-2

まずは、NG回答例をあげていきます。

NG例

  • 貴社の製品についてきちんと勉強し、知識を深めていきたいです。
  • 営業の経験を積み、お客様に信頼されたいです。
  • 経験を積んで起業したいです。

このような回答は基本的にNGです。

まず、どこの企業でも言えてしまうような回答で、「この会社だからこそ」の回答になっていません。
また、もう学生ではないので「勉強」というフレーズは避けましょう。

「起業」というワードについては、好印象の企業もありますが、基本的には退職が前提となっているので避けたほうが無難でしょう。
※社内ベンチャーの場合は問題ないです

キャリアプランとビジョンの面接時の回答例文や書き方②3年後、5年後のキャリアプランを聞かれたときの回答法

201703-13-3

キャリアプランを聞かれた際は、まず

・自分の達成したいこと

・周囲に与えたい影響

について具体的に回答しましょう。
企業の組織体制を理解しているのであれば、役職なども意識してみましょう。

また、描いたキャリアプランに対してのアクションプランを回答することも重要です。

具体的なアクションについては、アクションプランだけでなく、目標達成に向けて「既に始めていること」を加えることができると好印象です。

最後に、某大手企業内定者が回答したアクションプランをまとめておきますので、是非参考にしてみてください!

例文

私は5年後、海外営業チームのリーダーとして、海外で流行しているファッションブランドを日本で流行させる仕掛けづくりをしたいと考えています。

 

これまでは誰かが仕掛けた流行に乗っかる側の人間でしたが、5年後には仕掛けを起こす側に回り、第二のモンクレールのような商品を流行させたいです。

 

そのためには、語学力だけでなく日本と海外の市場分析力や、営業力、マネジメントスキルなどの要素を身につける必要があると感じています。

 

英語に関しては、1年かけてTOEIC800点を獲得することができました。

 

また、休暇時には、ニューヨーク、パリなど欧米のファッション街にも足を運んで、日本ブランドとの違いを直に観察しレポート作成しています。

 

貴社へ入社後も、実務を通して市場分析や営業・マネジメント能力を身につけ、いずれはファションの分野において「日本と海外の掛け橋」になりたいと考えています。

3年後、5年後のキャリアプラン・ビジョンを面接時に聞かれた時の書き方・回答例文を徹底紹介!

3年後、5年後のキャリアプラン・ビジョンを考える方法

ここでは、3年後、5年後のキャリアプランやビジョンを考える方法を紹介します。

いきなり5年後のキャリアプランは、と聞かれても、ほとんどが言葉につまってしまうでしょう。

だからこそ、事前にしっかりと考えておくことが重要になってきます。

企業によっては5年ではきかず、10年後のキャリアプランやビジョンを確認してくることもありますので、基本的には10年目までの自分を想像しておくことが重要になってくるでしょう。

また、10年後までのその企業で働く自分を想像できるのならば、その企業は自分に合ってる可能性が高いという逆説的な考え方もできます。

自己分析

自己分析をする意味ですが、自己分析をすることによって、今までの経験を振り返ることであなたが現在どんな気持ちを持っているのかがわかります。

また、どんなことに興味があって、どんなことなら頑張れるのか知ることで将来の姿がわかります。

そんなことをわかっていると思っている学生も多いですが、実際にはわかっていないことが多いです。

この時期は、将来についてはじめて真剣に考える時期でもありますので、本当に真剣に考えなければ、しっかりとしたビジョンが見えてこないのです。

将来の自分の姿をイメージする

自己分析においては、将来の自分の姿をイメージすることが重要になってくると言えるでしょう。

自己分析は過去から現在を振り返る作業です。

自己分析をもとに3年後にはどんな仕事をしていて年収はいくらなのか、5年後にはどんな働き方をしているのかといったことを考えていきましょう。

そして、そんな3年後、5年後の自分に納得できるか、後悔はないのかを考えてみてください。

意外とこういった将来像の想像によって、失敗を未然に防げることは多いです。

たとえば、ある仕事をしている自分を想像した時に、あまり楽しそうではなかった、という場合は、選ぶ仕事や業界を間違えている可能性が高いです。

3年後、5年後のキャリアプラン・ビジョンを考える際の注意点

ここでは3年後や5年後といったキャリアプランやビジョンを考える際の注意点を紹介していきます。

極端に不可能なものを避けることや単純に想像するだけというのは避けましょう。

想像するだけだと、そもそもキャリアプランとも言いませんし、明確なビジョンが見えていることにもなりません。

しっかりとした自己分析をできていれば、なぜそういった将来の自分を想像できるのかの筋道が見えるようになります。

極端に不可能なものは避ける

自己分析をする際に、極端に不可能なものを想像してしまう人がいます。

たとえば、5年後には趣味の野球でプロになりたいと言われても、どこまで本気で言っているのかわからないうえ、無理でしょという気持ちになられてしまいます。

自己分析した結果を、自己RPなどで披露することになりますが、かなわぬ夢を語るよりも、現実的な夢を語るようにしましょう。

特に、これまでに自己分析をほとんどしてこなかった人ほど、突拍子もない夢を語ることが多いです。

これについては、丁寧に少しずつ自分の将来を予想するしかありません。

また、この時点で、叶いそうもない夢を見ている場合には、少し危険な傾向がありますので、将来就活を成功させるためにも、しっかりと考えを改め直したほうが良いかもしれません。

どうやってそれを達成するのかも考える

自己分析で重要なのは、将来に至るまでの道筋を予測することです。

特に何の具体性もないのに7年後に社長になる、などと言っていては、とても自己分析がしっかりとできているとは言えません。

こうこう、こういう理由があるので、昇進することができるという理由付けをしっかりとしましょう。

就活ではキャリアプランやビジョンを伝えるだけで終わってしまう学生も多く、これでは不十分です。

企業は、どのようにそれを達成するのかという視点を知りたいと考えています。

ここには、その人がどのように思考を組み立てるかの評価も含まれていますので、非常に重要なポイントです。

具体的に説得力を持って説明できるのであれば一見実現不可能なものであっても企業は評価してくれるはずです。

〇〇年後のキャリアプラン・ビジョンの答え方のコツ

ここでは数年後のキャリアプランやビジョンの答え方のコツを紹介します。

せっかく、洗練されたキャリアプランやビジョンを持っていても、それを表現できなければ宝の持ち腐れです。

相手に伝わらなければ悪い評価をされてしまう可能性があるので、しっかりと表現力も身につけましょう。

3年後

まずは3年後の予想をしてみます。

3年後というと、一般的には仕事も落ち着いてきて部下もできた状態であることが多いでしょう。

ある程度その会社でスキルがついた状態でどうなっていたいのかという部分を知りたいと考えているため、なるべく具体的でその企業にマッチしたものをアピールすることが重要です。

この部分が企業理念などと合致していることや企業の求める人材と合致していれば、相手側も評価しやすいのではないでしょうか。

また、3年後というのはとても近い未来なので、ある意味、もっとも予測しやすいと言えます。

5年後

5年後には、すでにスキルも身についていて、ベンチャーなどでは事業部を任されているという人もいます。

その企業にかかわらず、どのようなスキルを身につけていてどんな仕事をしたいのかをアピールすることがおすすめです。

たとえば、なんらかのプロジェクトを任されるリーダーになって、社会への影響が大きな仕事をしたいというのも良いでしょう。

このくらいの時期になってくると、企業側は、あなたに対して、より実利を求めてきます。

急成長の期間は終わりを迎えつつあり、現実的な目線で見られるようになってくるのです。

そのため、5年後の自分がその企業に対して、どういった恩返しをできるのかをアピールすることも重要になってくるでしょう。

10年後

10年後にはすでに立派な社会人と言えます。

また、同じ企業で10年働けば、ベテラン、もしくはスペシャリストと言えるかもしれません。

どんな先まで見据えているのか、どれだけ先のことまで考えられているのかを見ています。

そのため、多少不可能に近くても、そのためにどれだけ頑張れるのか、頑張っているのかをアピールするようにしましょう。

自己RPでは、割と現実的な部分を求められますが、やはり企業で働く上で、夢を語れないようでは話になりません。

10年後まで正確に予測するというのは不可能に近いので、だからこそ10年後の自分は夢を語る場所だと割り切ってしまうのも良いです。

そうすれば、自己PRにメリハリが出てくるでしょう。

3年後、5年後のキャリアプランを考える際の構成

キャリアプランを立てるには、仕事をしていくうえでの、将来の自分の現実的かつ、理想的な姿を、なるべくハッキリとイメージすることです。

その理想を実現するためにはどうしたら良いのか、構成に従って考えていくと、より詳細なプランを作ることができます。

キャリアプランの構成には、結論と、それに至るまでの工程が必要なのです。

3年後、5年後の、キャリアプランを考える際の構成について、例文とともに紹介していきます。

結論

まずは、就職を希望している企業の業務内容や社風を詳しく調べます。

企業のHPなどを参考にすると良いでしょう。

その企業への就職を希望している理由と調べた仕事内容や社風を照らし合わせて、将来の自分の姿を想像してみましょう。

キャリアプランとは、基本的にキャリアアップした自分を想定するものです。

企業で仕事をしていくうえで、自分自身が3年後や5年後に社内でどのような仕事をし、どのような立場でありたいのかを明確にします。

その際、抽象的な言葉ではなく、将来の自分のビジョンをあくまでも具体的な言葉で表現しなければなりません。

どのような役職に就きたいなどの「結論」を最初に決めることが、キャリアプランを立てるうえで重要となります。

理由

具体的な「結論」が決まれば、次に、なぜそうなりたいのかという「理由」を考えます。

「理由」を付けることで、自ら考えた目標である「結論」に、より厚みを持たせることができるのです。

ただ漠然と目標のみを述べるだけではなく、「理由」を付けることにより、企業はあなたの仕事に対する考え方を把握することができます。

また、「結論」や「理由」が明確であればある程、その企業について事前にリサーチしていることがわかるので、企業への就職に対する意気込みともみなされるのです。

仕事に対する考え方は、企業での仕事や社風が、あなたと合うかどうかの判断材料にもなるので、どの企業でも採用の際に重要視されます。

企業はもちろんのこと、自分自身も納得のいくような「理由」を考えてみましょう。

そのために必要なこと

自ら考えた目標とも言える「結論」を実現するために、どのようなことが必要なのか考えます。

そのために、現在努力していることや将来どんなことをしたいのかという計画を述べることは、まさにキャリアプランの真骨頂とも言えるでしょう。

企業側としても、採用後のあなたの姿を明確にイメージすることができるのです。

計画性は、実際に仕事を進めるうえで必須であり、計画性の高い人材はどの企業でも求められています。

また、「結論」を実現するために、将来○○をしたいという、具体的な想定は、就職後の仕事に対するやる気と捉えられるのです。

想定した、「結論」を実現するための計画について、それがどのようにキャリアプランにつながっているのかということも紐づけて考えてみましょう。

結論

以上のように、キャリアプランは、将来の自分の理想像である「結論」、なぜそうなりたいのかという「理由」、結論を実現するために必要なことの三部で構成されます。

構成に従って書くことで、考えた「結論」により現実味が増すのです。

「結論」を軸にして具体的な詳細を紐付けしていくことで、3年後、5年後のそれぞれに、キャリアアップしたあなたの姿を企業側がよりイメージしやすくなります。

キャリアプランを実現できるような人材は、仕事をしていくうえでもキャリアアップが望めます。

キャリアプランは、就職後の単なる計画だけではなく、あなたの仕事に対する考え方とも捉えられるのです。

採用となった際の自分自身の明確な目標ともなりますので、構成に従ってキャリアプランを立ててみましょう。

3年後、5年後のキャリアプランの例文

3年後、5年後のキャリアプランは、どのようなものが適切でしょうか。

就職後、働いていく年月によって、キャリアプランは異なることでしょう。

働く年月が、長くなればなるほど、できる仕事が増え、キャリアアップしていきます。

3年後というのは、仕事上の日常業務に慣れてきて、部下や後輩もできる頃です。

5年後は、日常業務に加え、新たな仕事に挑戦することや重要な役割を担うこともあるでしょう。

実際に、どのようにキャリアプランを立てると良いのか、それぞれ、構成を意識した例文を紹介していきます。

3年後のキャリアプラン

「結論」3年後には、部下を持つ一人前の営業マンになりたいです。

「理由」学生時代、部活動でも部長をずっとやっており、後輩などに頼られることが好きだからです。

「そのために必要なこと」そのためにも、最初はわからないことだらけだと思いますが、誰よりも結果を出すことで、3年後には部下の育成ができるような一人前の営業マンになりたいと考えています。

営業職の場合、一人前の営業マンというのは、誰しもが目指す「結論」です。

ところが、その「結論」に対して、部活動で部長を担っていて、後輩から頼られることが好きなことを「理由」として付け加えることで、面倒見の良い人間性の持ち主だと捉えてもらえるのです。

それに紐付けし、一人前の営業マン=部下の育成もできる、または部下の育成に力を入れたいというように構成することで、企業側がよりイメージしやすいキャリアプランとなります。

5年後のキャリアプラン

「結論」5年後には、新規事業の立ち上げに携わりたいと思っています。

「理由」与えられた仕事をこなすだけでなく、企業からの期待に対して、それ以上の成果を出して答えたいからです。

「そのために必要なこと」そのためにも、入社してからは、日々の業務で目標以上の成果を出し続け、新規事業を立ち上げる際に任せてもらえるようになりたいと考えています。

5年後には、誰しも日々こなしている日常業務については、滞りなくできるようになっていることでしょう。

そのうえで、それだけではなく、日常業務において努力し業績を上げて認められることで、新規事業というワンランク上の仕事を任せてもらいたいという、向上心が読み取れる一例です。

企業側としても、新規事業というのは、信頼と実績のある社員にこそ任せたいと考えているので、やる気と将来性が感じられるキャリアプランと言えるでしょう。

まとめ

将来像を考えることはワクワクするように聞こえますが、追求していくと新しい気づきや新たな悩みにぶつかる事もあるでしょう。

一般的に将来像は最終に近い選考フェーズで聞かれることが多いと言われています。

ですのでしっかりとハキハキ将来像を、あなたの言葉で表現できる状態にしておくことが理想かと思います!

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ