受付事務の履歴書!自己PRの書き方を例文付きで解説

受付事務は企業の窓口になるだけではなく、細かい事務処理能力も求められる大切な仕事です。

女性を中心に志望している就活生も多いでしょう。

そして、就職活動では履歴書がつきものです。

特に自己PR欄は企業が重点的にチェックしている項目であり、自己PRの印象度は書類選考を左右します。

受付事務に求められる要素を把握して、採用担当者の目を引く自己PRを完成させましょう。

ここでは、受付事務の自己PRを例文付きで解説します。

受付事務とは?

企業の第一印象を決めると言っても過言ではないのが、受付です。

ビジネスマナーはもちろん、臨機応変に対応する柔軟性が求められ、ホテルの受付では外国語が必要になるケースもあります。

受付事務は、未経験でも挑戦することができます。

実際に企業の求人広告では、未経験者歓迎と記載されているの目にしたこともあることでしょう。

受付を設置している企業は多く、受付事務の内容も多岐にわたります。

企業の受付だけでなく、美術館などの文化施設や病院、ホテル、スポーツジム、美容サロンなどにも受付がいます。

受付事務の経験は、同業種の転職の際にも有利になることがあります。

まずは、受付事務全般の主な仕事内容について紹介します。

主な仕事内容

受付の主な仕事内容は、来客の対応業務、スケジュール管理、電話対応、データ入力や資料作成、会議室などの管理、郵便物の保管業務などがあります。

接客業務をこなしながら事務作業を行うため、迅速かつ臨機応変に対応する能力が求められます。

病院やクリニックの受付では、保険証の確認やカルテの作成、具合の悪いお客様の対応など、専門的な知識と丁寧な対応が重視されます。

ホテルの受付ではチェックインやチェックアウトの手続き、モーニングコールに加えて、海外からの来客など、通常の受付業務にプラスして英語のスキルが求められることもあります。

仕事を通してビジネスマナーやコミュニケーション能力、外国語などのスキル磨くことができ、経験を積むことで受付の責任者といったポジションに昇格できます。

自己PRで人事が見るポイント

受付事務に応募する際は、自身の長所をPRする必要があります。

しかし、それだけではなく応募する企業の人事担当者が、自己PRで何を求めているかを知る必要があるでしょう。

受付に最も求められていることは、コミュニケーション能力だと言われています。

しかしそれ以外にも、企業の顔としてふさわしいかどうか判断するために、人事は次の4つのポイントについてチェックしています。

印象

企業や施設に訪問した際、受付の人の態度や印象によって第一印象が決まると言われています。

来客時の対応や電話での受け答え次第で、企業そのもののイメージが大きく変わることでしょう。

相手の目を見ながら話をし、ハキハキとした言葉遣いでわかりやすく説明するなど、明るい姿勢で接することが受付に求められます。

社会人としてふさわしいマナーや言葉遣いができているかどうかは、人事が最も重視するポイントです。

受付事務に応募する際は、自分の第一印象や話し方など、外見や見た目の印象についても考慮する必要があるでしょう。

マナーについては自分では自覚していない可能性もあります。

いくら知識や資格などがあっても、無意識に失礼な態度を取ってしまうと相手の気分を害してしまいます。

マナー研修に参加して専門家のアドバイスをもらうなど、自分の印象について事前にしっかりと確認するようにしましょう。

自己理解ができているか

自己PRでは自分の特技について採用担当者に説明しますが、そもそも自己理解ができているかどうか、もう一度確認する必要があります。

長所や短所については紙に書き出し、自分の性格や傾向についてあらかじめ理解するようにしましょう。

就職活動では自己分析をすることが大切と言われています。

自身の強みや弱みをしっかりと理解したうえで自己PRを考えるようにしましょう。

自己PRでは、会社でどのように貢献できるか、具体的にイメージを持ってもらうことも大切なポイントです。

企業が求めている人材としてふさわしいかどうか、過去の具体的な経験をもとにアピールするようにしましょう。

起承転結ができているか

人気の企業の場合は、受付事務に多くの人が応募する可能性があります。

選考に残るためには、起承転結ができている自己PRを考える必要があるでしょう。

面接の場合はコミュニケーション力を使うことができますが、書類選考の場合は話に一貫性を持たせることが大切です。

文章にまとまりがないと、せっかくのPRポイントも相手に伝わらない可能性があるため、注意が必要です。

具体的には、まずはこれまで自分が努力してきたことを最初に説明し、その中でどのような困難や課題があり、いかにして困難に立ち向かったのかを説明します。

最後に何を学ぶことができたかを説明して締めくくれば、具体的なエピソードから応募者の性格や仕事に対する姿勢、問題解決能力などを相手に伝えられます。

その会社が良い理由が明確

自己PRでは、なぜその会社で働きたいのか、理由を明確に示す必要があります。

その会社の受付事務でなければいけない理由など、具体的な志望動機を盛り込むとわかりやすいでしょう。

たとえば外資系企業の受付事務の場合は、留学経験や語学のスキルがあれば、会社の事業内容に共感できる部分もあるかもしれません。

過去に受付事務と接した経験があったり、アルバイトなどで働いた経験があったりする場合は、会社に惹かれたエピソードを説明できます。

コミュニケーションの大切さや、パソコンスキルを活かすことなども志望動機になりますが、企業研究をしたうえで会社に貢献したい理由や熱意を伝えることも大切です。

なぜその会社が良いのかについては、必ず明確に説明できるよう、前もって考えるようにしましょう。

受付事務に向いた人間性とは

受付事務に向いた人間性を自己PRで強調すれば、採用担当者の印象に残りやすくなります。

受付事務では丁寧な口調と会話力が求められています。

そのため、礼儀正しくコミュニケーション能力に長けた人は、受付事務の適性が高いと言えるでしょう。

一方で、受付事務は単なる接客業ではなく事務処理能力も必要なポジションです。

来客に対して的確な対応をしつつ、事務作業も完璧にこなさなくてはいけません。

そこで、几帳面な性格、真面目な性格の人も受付事務に向いています。

また、「向上心」や「協調性」といったキーワードも就活のポイントとして頻繁に挙げられます。

受付事務の自己PR文でも効果的に盛り込みたいところです。

受付事務に活かせる経験や資格とは

1709_1_78 (2)

受付事務や受付をアルバイトで行っていた人は自己PRの大きなチャンスです。

具体的な業務内容や期間を書いて採用担当者に経験を示しましょう。

受付事務の就職活動では未経験者が不利になるとまでは言えませんが、経験をアピールして損することはまずありません。

受付以外にも接客業や営業など、人と接するアルバイト経験は大きな武器となります。

受付事務は来客からの印象が問われるポジションなので、接客に慣れている人ほど企業から興味を持たれやすいでしょう。

一方で、受付事務には事務的なスキルが不可欠。

パソコンやマイクロソフト・オフィスの検定に受かっている人は自己PRに含めましょう。

また、簿記の資格なども就職では有利に働きます。

受付事務の自己PR例文1.性格を強調する

以下、受付事務の自己PR例文です。

この例文では「自分が受付事務に向いている性格だ」と主張する内容になっています。

「私は性格的に受付事務のような細かい作業に向いています。

私は高校時代に生徒会で会計を務めていました。

私の通っていた高校では例年、予算の収支予測が上手くいっておらず、生徒会の事業計画が立てづらい状態でした。

そこで、私は過去の記録を参考にしながら予算案を正確に作り、事業計画に役立てました。

それほど、私は几帳面な性格です。

生徒会では、ほかのスタッフとミーティングを重ねるうち、コミュニケーション能力と協調性に磨きがかかりました。

これらの能力は必ず、貴社に採用していただいた後でも貢献できると自負しています。」

受付事務の自己PR例文2.能力を強調する

以下の自己PR例文は「私には受付事務をこなせるだけの能力がある」と強調しています。

具体的な資格や経験を書くのがコツです。

「私は受付事務の仕事をこなすのに必要な能力をそなえている人材です。

私は学生時代、アパレルでアルバイトをしており、接客業のノウハウを指導されました。

そのため、来客の方々に対して愛想よく礼節を持って接することができます。

また、アルバイト先で会計に興味を持ち、エクセルや簿記の勉強を行い、検定も受けました。

特に簿記では2級の資格を持っており、現在も勉強中です。

受付事務に求められる処理能力が私にはあり、入社後も先輩方のご指導を受けながら成長していくことができます。

どうぞよろしくお願いいたします。」

自己PRでは「求められている要素」をリサーチする

 1709_1_78 (3)

自己PRで大切なのは「この仕事に何が求められているか」をしっかりとリサーチすることです。

採用担当者の考えに一致する自己PRが書ければ、内定の確率も上がるでしょう。

ジョブコミットなどの就活応援サイトで幅広く企業研究を行うのがおすすめです。

履歴書の書き方がわからない?ウカル履歴書、教えます。​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ