性格の穏やかさを自己PRとして伝える方法

はじめに

就活の自己PRで良く使われるキーワードと言えば、「気配りができる」「責任感が強い」「社交性がある」などがあります。それらと比較すると、「穏やかな性格」というのは就活の自己PRとしてはふさわしくないようにも思えます。それがどのように仕事の成果に結びつくかわかりにくいからです。

しかし逆に言えば、その点をわかりやすく示せば穏やかさも立派な自己PRの素材となり得るのです。

その点について、具体例を示しながら説明していきます。

山下佳佑
監修者

大学卒業後、大手人材会社に就職し、新人賞、MVPを受賞。その後、さらなるキャリアステップのため、ベンチャー企業にて人材コンサルティング事業部の立ち上げを行う。キャリアアドバイザー、採用コンサルタントを兼務し、1000名以上の学生と面談を実施し、100社以上の企業の採用コンサルティングを実施。また、就活セミナーの講師として、就活生に対して就活のノウハウも提供し、就活生、企業の目線から最適なアドバイスの提供を行う。

性格が穏やかな人の特徴

まず、性格が穏やかというのはどのような状態であるのかを考えてみます。「物腰が柔らか」「物事に対してあまりイライラしない」「優しげで落ち着いている」「何事に対してもおおらか」などといった状態が連想できます。あとは、それらの状態が仕事の場面においてどのような効果があるかを分析すれば、それが自己PRの材料となります。

例えば、物腰が柔らかというのは対人関係に有利に働く場合が多く、接客や取引相手との交渉の場において相手が好感を抱いてくれやすいというメリットがあります。

このように、性格の穏やかな人の特徴を挙げつつ、仕事を行ううえでの利点と結びつけていきましょう。

困難な状況でも冷静でいられる強み

1707_2_69 (2)

多くの人は仕事でミスがあった時にイライラしたり、パニックになったりしてさらにミスを繰り返しがちです。しかし、穏やかな性格の人はトラブルに見舞われた時でも自分を見失わずに問題に向き合うことができます。

そもそも、日頃から気持ちに余裕があるのでミス自体が少ないのも心の穏やかな人の特徴です。また、もしミスをしてしまったとしても自分ひとりで物事を解決しようとせず、素直に他人に助けを求めることもできるので、傷口が広がらずにすみます。

それに、他人のミスに対しても感情まかせに怒ることもありません。したがって、就活での自己PRでは「困難な状況でも冷静な判断を下せる」「他人のミスを厳しく追及するよりまず、一緒になって解決を図ることでお互いの成長に結びつけられる」などといった表現が可能になります。

信頼関係を構築できるムードメーカー

心穏やかな人は、多くの場合ムードメーカー的存在でもあります。ギスギスしている職場でも優しげで落ち着いている人がひとりいれば、雰囲気を和やかにすることが期待できます。また、会議が白熱しすぎて紛糾した場合でも冷静に話しをまとめてその場を収めることが可能です。

積極的なリーダーシップを取るタイプではありませんが、人間関係の緩衝材として組織に貢献することができます。さらに、常に客観的で冷静な判断を下せるということは、周囲との信頼関係を築く場合にも有利に働きます。

就活の自己PRをするのであれば「他人の意見に素直に耳を傾け、信頼関係を構築できる」といったところでしょう。

周囲に振り回されない安定感

心穏やかな人は、外部からの刺激に対しても耐性が高いので、周りに振り回されないという特徴もあります。それは、周りの状況に関わらず一定の成果を期待できるということにもつながります。また、周囲の意見に必要以上に引きずられて判断を誤るということもあまりありません。

さらに、自分のペースを乱さない態度には周りの人を冷静に立ち返らせる効果も期待できます。これらの要素は仕事を行ううえで決して目立つものではありませんが、長いスパンで考えると得難い資質だと言えるでしょう。

そこから、自己PRのフレーズとしては「どんな状況でも一定の結果を出せる安定感」「周りに流されない判断力」などがあります。

自己PRで穏やかさをアピールする例文

自身のよさを最大限にアピールできるように自己PRの正しい書き方をチェックしてみましょう。

穏やかな点を長所や自身のよさとして伝える際の例文をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

例文①

私は、子どもの頃から穏やかな性格だと恩師や友人たちに言われます。

ちょっとしたことでイライラすることはありませんし、常に笑顔で過ごし落ち着いた生活を送っていたので、周囲の方たちには穏やかな性格だと思っていたのかもしれません。

私のこの穏やかな性格は、家族の影響を大きく受けていると思います。

両親ともに穏やかでいつでも居心地のよい温かな環境で大切に育ててもらいました。

私が御社に入社した際には、社内を和まし共に切磋琢磨しながら貢献できるよう努力したいと思います。

また、あらゆる問題に落ち着いて向き合い、周囲と力を合わせながら対処できる社員として活躍できればうれしく存じます。

例文②

私は、これまでどんな状況においても冷静に判断し、穏やかな気持ちでさまざまな物事を乗り越えてきました。

友人や家族と意見が衝突してしまったときにも冷静さを心がけることで相手の気持ちを読み取り、関係を悪化させることなくトラブルに対処することができました。

さまざまな困難にぶつかったとしても、その問題点や相手の意見を受け入れることを見失わずに対応できる自信があります。

御社に入社できた際には、私の穏やかな性格を活かして業務に邁進するだけでなく、社内の雰囲気を明るく穏やかにできるよう力を注いでいきたいと思います。

例文③

穏やかな性格は、私の一番の長所だと思っております。

私は小さな頃から穏やかな性格で人と揉めた経験がありません。

穏やかな分、消極的でおとなしいと指摘されることもありますが、落ち着きがあり、周りに癒しを与えられるのも自身の強みだと考えております。

学生時代はアルバイトを経験し、さまざまなお客様に対応しました。

中には、理不尽なクレーム対応に向き合わなければならず頭を抱えてしまうこともありましたが、不思議と相手に苛立ちを感じることはありませんでした。

上司や同僚にもどんなお客様にも穏やかに対応することができ素晴らしいと褒めていただき、現在でもその言葉が励みになっております。

今後も自身の強みである穏やかな性格を最大限に活かして、冷静に仕事に向き合うのはもちろんのこと、社員と歩調を合わせて業務に邁進するなど貴社に貢献できるよう努力して参ります。

自己PRは実際の体験に基づいて行おう

1707_2_69 (3)

以上のように、「穏やかな性格」という一見扱いが難しそうなキーワードでも表現を変えて仕事と結びつければ、立派な自己PRとして成立することがわかります。

ただし、それを就活で使う際は、必ず自分が体験した具体的なエピソードに基づいて行ってください。それがあるのとないのとでは説得力に大きな差が生じてしまいます。

そんな自己PRでほんとに大丈夫?
1人でわからない事はプロと2人で​。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ