インターンシップのお礼状はいらないの?期間終了後のフォローについて

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

2019年卒限定 早期マッチングイベント
一定期間、憧れの企業で実地体験をさせてもらえるインターンシップは、就活生の勉強になるだけでなく採用過程で有利に働くこともある体験です。貴重な体験をさせてもらったからには、お礼状を送りたいと考える人もいるでしょう。一方で、わざわざお礼状を書くとおおげさに思われるのでいらないと考える就活生もいます。インターンシップのお礼状は出すべきかどうか迷ってしまう問題であり、ここでは必要性を深く考えていきましょう。

インターンシップのお礼状を出さないと失礼なのか?

1707_2_12 (2) 結論から言うと、インターンシップのお礼状を出さなければいけないというビジネスマナーは特に存在していません。そして、お礼状を出さなかったからといって、その後の就活に影響が出るケースも特にないと言えます。必要性だけでいうと、お礼状がいらないインターンシップのほうが圧倒的に多いのです。インターンシップ期間では、一方的に研修生が企業のお世話になるだけでなく、対価として労働力を提供しています。いわば、密度の濃いアルバイトのような感覚でもあります。そのため、研修生が過度にへりくだって企業にお礼状を送らなくても十分に恩は返せていると見られます。最終日に口頭で社員にお礼を言って回る程度の挨拶でも受け入れてもらえるでしょう。

お礼状を出したほうが良いパターンもある

  ただし、お礼状がいらないケースばかりではなく、きちんと文面で感謝を伝えるべきインターンシップもあります。たとえば、大学の推薦枠を使ってインターンシップに参加できた場合です。参加者の態度は今後の推薦枠を左右する可能性があり、最後まで企業側に好感を持たれる努力は必須です。口頭で伝えるだけではなく、お礼状まで出して印象良く終わりましょう。また、応募枠がないのに無理を言ってインターンシップ経験をさせてもらったなど、企業に負担をかけたときにもお礼状は出したほうが良いでしょう。出さなかったところで気分を悪くする企業は少ないでしょうが、人間同士の礼儀として相手に感謝の気持ちをしっかりと残しておくことが大切です。

お礼状を書くことで社会勉強になることも

お礼状がいらないと言われていても、あえて書くことで社会勉強になるパターンもあります。お礼状では敬意や感謝は示しつつ、ビジネス文書としての精度も求められます。友達同士の手紙のように、ラフな文体が許されるものではありません。社会のルールを知り、実践するプロセスは学生生活だけではわからなかった経験を与えてくれます。また、お礼状をもらった経験が少ない企業に、感謝を文書で伝えると強烈なインパクトを残します。お礼状をきっかけにして交流が始まり、就活の相談に乗ってもらえるようになる可能性もあるでしょう。ともすれば、インターンシップ参加した企業で内定がもらえることもあり得ます。お礼状を出す必要はなくても、「出さないほうが良い」とは言えないのです。

お礼状はメールにするか手紙にするか

お礼状はメールで出したほうが望ましい企業もあります。忙しい担当者なら、いつでもどこでもチェックできるメールのほうが、すぐに目を通してもらえる確率が高まります。書くほうも時間をとられずに済みますし、楽な方法ではあります。しかし、丁寧さを考えるならやはり手書きの手紙にするべきでしょう。手書きでお礼状を書くと、もらった相手も「本当にこの会社に感謝してくれている」と実感しやすいものです。また、インターネットで拾ったテンプレートなどを流用しにくいので、余計に誠意が伝わります。注意点として、便箋や封筒をカラフルなものにせず、ビジネス用のフォーマルな商品を使いましょう。また、シャーペンではなくボールペンか万年筆で書くほうがおすすめです。

お礼状の文面に気をつけて送ろう

  1707_2_12 (1) お礼状の文面については、就職応援サイトのジョブコミットが参考になります。お礼状を出す決まりがなくても、出さないよりは出したほうが好感度は高まります。インターンシップの終わりには、勉強もかねてお礼状を書いてみましょう。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!