就活で「服装自由」と言われたらどんな服を着ればいい?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!
就活で困ってしまうのが、インターンや説明会、採用面接での「服装自由」という指定です。本当に何を着ていっていいのか?私服だとマイナスポイントにならないか?といった不安が生じがちなこの指定について、その意図や望ましい服装をご紹介します。

☆就活における「服装自由」の意図とは?

インターンや説明会、面接などで「服装自由」と記載されていた場合、何を着ていこうか迷ってしまう人もいることでしょう。この「服装自由」とはどういう意味なのでしょうか。まずは、ほかのパターンと照らし合わせながら「服装自由」の意味を確認しておきましょう。企業から服装についての指定がない場合は、スーツを着用していくことが一般的です。また「スーツ着用のこと」「私服でお越しください」といった指定がある場合は指示に従います。それに対して「服装自由」「私服可」「自分を表現できる格好で」などの場合は、基本的にスーツでも私服でも問題ありません。自分が最もリラックスできる服装で臨むようにしましょう。インターンや説明会、採用面接など、状況別におすすめの服装をご紹介します。

☆インターンや説明会の場合

インターンや説明会という場は、必ずしも採用に直結していないことがポイントです。そのため、最低限の常識は守りつつも、リラックスできる自分らしい格好を選びましょう。特にインターンの場合は、歩いたり物を上げ下げするなど、身体を使う業務に就くことがあります。業務に支障のないよう、動きやすい服装にすることも大切です。男性の場合、上はジャケット、カーディガン、シャツやカットソーを組み合わせ、下はチノパンなどの爽やかなパンツスタイルという、いわゆるオフィスカジュアルが一般的です。女性は男性ほど服装チェックが厳しくないため、上はジャケット、カーディガン、ブラウスやカットソーを組み合わせ、下はパンツスタイルか膝丈のスカートであれば問題ありません。靴は男性なら革靴、女性ならパンプスですが、動きやすさを考えてヒールがないものや低いものでも大丈夫です。また、男女ともにスーツが最も落ち着くのであれば、スーツを着用しても問題ありません。

☆採用面接の場合

採用面接は、その場での受け答えや服装すべてが採用に直結することがポイントです。そのため、常識を守りつつ、自分を表現していくことが大切になります。採用面接で「服装自由」と指定された場合、面接時に「どうしてその服装にしてきたのか」を問われることがあるため、簡単な理由を述べられるようにしましょう。たとえば、スーツであれば「自分にとってこの面接は重要な場であるため、スーツで気を引き締めた」、私服であれば「普段の自分を表現したかったため」「勝負どころでは、いつもこの◯◯を着用している」など、相手にも納得できる理由が望ましいです。1次面接では私服でも、最終面接では誠意をみせるためスーツを選ぶといった方法も可能です。採用面接で私服を選ぶ場合は、インターンや説明会と同じく、オフィスカジュアルで爽やかな服装を心がけましょう。

 ☆NGな服を覚えておこう

服装でマイナスポイントとならないために、インターンや説明会、採用面接で適していない服装を覚えておきましょう。男性の場合は、ジーンズやハーフパンツなどカジュアルすぎる服装はNGです。女性の場合は、胸元の開きすぎたカットソーやミニスカートなど、露出度の高い服装を避けるようにしましょう。男女ともにスニーカーはやめ、女性はヒールが高すぎたり、華美な装飾がついたりしているパンプスも履かないようにしましょう。これらの服装や靴を避けたうえで、さらに気をつけたいのは清潔感です。シワやほつれ、汚れのある服は悪印象なため、前日までに当日着ていく服をチェックしておくことが大切です。ハンガーにかけて、全体的によく目視するようにしましょう。

☆ポリシーを持って選べば問題ない

「服装自由」という指定の場合、スーツでも私服でも問題ありません。ただし、採用担当者からなぜその服装を選んだのか尋ねられることがあるため、理由を述べられるようにしておきましょう。私服の場合は、男女ともにオフィスカジュアルにし、清潔感のある服装を心がけましょう。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット