就活生はワックスをつけるべき?ジェルをつけるべき?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就活において学生の見た目が選考に与える影響はかなり大きいものです。見た目が不潔であったり、だらしなかったりしたら企業側としても雇いたいとは思わないですよね。男女に共通してよく言われているのは顔を出す、顔に光が当たるようにするといったことだと思います。

 

それらを実現する上で工夫しやすいのは、何と言っても髪型ではないでしょうか。男性の場合、就活中、髪が顔にかからないようにセットする機会は多いはずです。そんなとき、ワックスを使うかジェルを使うか迷った学生も多いのではないでしょうか。またはこれから就活をする男子学生で、どちらを使ったほうがいいのか考えている人もいるかもしれません。今回は、就活で好印象を持たれるために、就活生はワックスで髪をセットするべきか、それともジェルを使うべきかをご紹介していきます。

就活は清潔感が重要

髪型をセットする上で何よりも重要なのは清潔感です。それは言ってしまえば髪以外にも共通することで、清潔感を意識した身だしなみを常に心がけるようにすることが重要です。スーツはあらかじめクリーニングに出し、シャツは洗濯をしてアイロンがけをする、靴は磨く、カバンも紐がほつれていないか、キズだらけではないかチェックする。

 

こう言った注意を怠って髪がボサボサだったり、スーツが汚れていたり、髪で顔が見えなかったりしたら、面接官にマイナス評価を与えてしまうのは自明の理です。そうならないため、清潔感を出すために、整髪料を上手に使いこなしましょう。

短髪にはジェルよりワックス

就活に合わせて髪を短く切る学生は非常に多いですが、短髪の学生はジェルよりもワックスを使用するようにしましょう。髪を短くする学生が多い理由としては、一般的に就活において好印象を与えることができる男性の髪型が短髪である、という単純な理屈に起因しています。具体的には前髪は眉毛のあたりか、それよりも上。サイドは耳にかからないくらいで、もみあげも整えます。襟足は襟にかからないように短くするか、軽く刈り上げるのがポイントです。

 

そんな短髪にはガチガチに固まるジェルより、ふんわりナチュラルに仕上げられるワックスがオススメです。無闇にジェルで固めればいいというわけではなく、あくまでも自然に清潔感を演出できるようにすることが重要です。前髪は少し分けて軽くサイドに流したり、寝癖を落ち着かせたりしてナチュラルに仕上げれば、真面目で爽やかな印象をアピールできるでしょう。

無闇に盛らない

髪をセットするのは大事なことですが、盛りすぎるのは悪印象です。髪を無闇にいじりすぎてチャラチャラした印象になったり、気合いを入れすぎたりしている雰囲気を出すのはNGです。程よいツヤ感や束感を出すように調整しましょう。そのためには、ワックスをつける前にドライヤーで根元をしっかり乾かすのがポイントです。

慣れているのであればジェルも

ジェルは整髪力も高く、速乾性があるので慣れていれば使い勝手のいい整髪剤です。しかし一度失敗してしまうとなかなか元に戻せないので、普段ジェルを使い慣れていない人は使用を避けましょう。ジェルの場合はワックスに比べて髪にメリハリをつけやすく、束感やツヤ感を簡単に作れるので大人っぽい仕上がりになるというメリットがあります。

 

タイトに仕上げたい場合にもオススメですが、ワックスのようなふわっと感は出ないので注意が必要です。また、束感が生まれることで地肌が露出しやすくなるので薄毛の人には向いていません。

終わりに

冒頭にも書いた通り、就活において清潔感は非常に重要視されている項目です。そして髪型は清潔感を演出する上で大切な要素になります。普段から髪のセットを練習しておけば、本番でもスムーズにできるので、整髪剤を使い慣れていない人は事前に練習するのもいいでしょう。特にジェルは初心者には難しく、何度も繰り返し練習する必要があります。短髪にはワックス、とご紹介しましたが、それだけが正解というわけではないので、自分が演出したいと思う人物像に合う方を選ぶのもいいでしょう。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「ビジネスマナー」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ