アルバイトで売上を伸ばした経験を自己PRとしてアピールするコツ

アルバイトで売上を伸ばした経験を自己PRとしてアピールするコツ

就職活動の自己PRの際、アルバイトで売上を伸ばした経験を伝えようと考える人がいるでしょう。

しかし、なんとなくエピソードを伝えるだけでは面接官に評価される自己PRとはいえません。

わかりやすい話の構成やエピソードの伝え方などいくつかのポイントがあります。

せっかく売上に貢献したというアピール材料があるからには、ポイントを押さえた自己PRで面接官に評価されたいものです。

ここでは、アルバイトで売上を伸ばした経験がしっかり生きる自己PRの方法についてまとめています。

まずは自己PRの型を理解しよう

自己PRはわかりやすい型に沿って話すことで、より伝わりやすいものになります。

基本的な型は以下の通りです。

はじめに「私の長所は〇〇です」のように、自己PRのポイントをわかりやすく伝えます。

次に「その長所を生かしアルバイトで○○の売り上げを○○パーセントアップさせました」など、長所を生かした具体的な成果を明示。

その後「その際○○という問題に取り組み、問題解決のために○○を実践しました」など売り上げを上げるために取り組んだ問題点と、問題解決のために取った行動をわかりやすく伝えます。

最後に「結果○○パーセントの売り上げアップにつながりました」と締めくくるというものです。

これにより、自分の長所や人間性がどのように売り上げアップにつながったかが伝わるでしょう。

1705_2_99 (2)

アルバイトで売上を伸ばした経験を自己PRするコツ

アルバイトでアルバイト先の売上を伸ばした経験を自己PRのアピールとする際のコツをについてお話します。

アルバイト先の売上に貢献した経験のある学生は、企業にとっても、貢献度の高い学生であるという期待を持たせます。

アルバイトで「自分が」売上を向上させたという学生は多くありませんから、上手にアピールできれば好印象に繋がります。

売り上げを伸ばした結果を伝えるだけでは響かない

自己PRの際、アルバイトで売上を伸ばした事実だけを面接官に伝えてしまっては目に留まる自己PRとは言えません。

採用側はバイト経験を知りたいのではなく、あなたの人柄や企業への熱意、今後の可能性などを重要視しているのです。

そのためアルバイトでの売上アップの成功体験は、自分の長所(人柄)を裏付ける事例として活用しましょう。

「私は分析力があります」や「私は創意工夫で現状打破につながる行動をとることができます」など自分の長所を伝えた後に、その根拠として売り上げアップにつながったエピソードを伝えるというものです。

その際の注意点として、自分の長所とエピソード内容がマッチしているか慎重に考えます。

分析力をアピールしていながら、分析力とは関係のない要因で売り上げアップにつながっているエピソードを伝えてしまっては矛盾が生じるからです。

過程での課題や努力をアピール

アルバイト先の売上を向上させるにあたってどのような課題を見つけましたか?

また、どのように努力してそれを解決したのでしょうか。

売上を上げるためにはかならず課題を見つける作業が必要になります。

そのため、過程を説明し、課題を見つける力や課題解決能力をアピールしましょう。

課題解決能力や自分で考える能力のある学生はとても魅力的です。

また、このポイントを詳しく掘り下げることで自分らしさをより強調することができるのです。

経験からどのようなことを学んだ?

アルバイトの売上に貢献した経験からどのようなことを学びましたか?

自分なりに何らか得たものがあるはずです。

自分が売上を上げるために必要だと感じたことや、何を大事にして働くべきか、自分なりの考えを整理してみてください。

ただ売上に貢献しただけでなく、自身にも成長を見出す必要があります。

企業に貢献できることをアピール

自分の能力をアピールしたら、最後に企業に貢献できることをアピールしましょう。

企業に貢献できることをアピールすることで企業はあなたと一緒に働くイメージを付けやすくなります。

企業は貢献してくれる人材を探していますから、入社後のビジョンを持っていることをアピールすることであなたに好印象を抱いてくれること間違いなしです。

アルバイトでの成果をアピールする際の注意点

アルバイトで売上に貢献した経験を企業に上手にアピールするには、ポイントがありました。

ここからは、アルバイトでの功績をアピールする際に意識すべきポイントについてお話します。

アルバイトで売上を上げた経験を上手に自己PRするために、以下のことも意識してみてください。

アピールする長所は企業が求める能力か考えよう

アルバイトで売上をアップさせたという根拠とともに自分の長所を伝えることができても、その長所は企業が求める能力でなければ意味がありません。

例えばアパレル関連企業とコンサル関連企業では重要視する能力に大きな違いがあるでしょう。

分析力や論理的思考力を求められるコンサル関連企業の面接を受ける際に、全く違う長所をアピールしては欲しい人材と思ってもらえません。

自分が働きたい会社が求めていると思われる能力と自分の長所がマッチしていることが大事です。

また、アピールする長所がどれくらい優れたものかという点も重要視しています。

アルバイトの売上アップの成果が目を見張るものであれば、面接官はよりあなたに注目するのです。

だからこそ、売上アップした数値がどれくらい凄いことなのか、わかりやすく伝えましょう。

「従業員の売り上げ平均より〇パーセント多い」や「従業員の売り上げの中で1位」など比較する対象があるとより理解してもらえます。

結論は最初に示す

結論は最初に示すことを意識しましょう。

最初に要点を伝えることで、初めてあなたの話を聞く人も話が印象に残りやすくなります。

自己PRの場合、一番に伝えるべきはアピールポイントが何であるかです。

アピールポイントをきちんと最初に明確にしておくと、その裏付けとなるエピソードも有効です。

自分らしさが大切

自己PRにおいて大切なのは自分らしさです。

自分らしさを十分にアピールするために、エピソードを具体的に説明したり、課題や努力、なにを学んだかなどを示す必要があるのです。

これらを説明することで、自分らしい考え方や価値観などを間接的に伝えることができます。

自分らしさを意識して、詳しく掘り下げた説明をするよう心掛けましょう。

自分の長所を会社でどう生かすのかで締めくくる

自己PRの最後は、自分の長所を会社でどう生かすのかを自分なりの言葉で伝えます。

面接官が知りたいのはあなたの長所というより「長所が会社でどう生きるか」という点です。

面接官に「この人なら会社でこんな風に活躍してくれるだろう」と感じてもらうことが重要。

そのために、まずは自分自身が長所を生かし活躍する姿を具体的にイメージしておきましょう。

また、締めくくりの言葉に限らず自己PRする際の声のトーンや雰囲気が重要です。

自己PRの際におどおどとしていては評価が下がり、堂々とした雰囲気でしっかりと話せば面接官に響く自己PRになります。

どんなに素晴らしい内容の自己PRでも、話し方や雰囲気でイメージダウンしてしまうことを認識しておきましょう。

1705_2_99 (3)

売上を伸ばした経験は長所の根拠として活用する

自分の長所の根拠となる事例として、アルバイトで売上を伸ばしたエピソードを伝えましょう。

その際、アピールする長所が会社の求める能力とマッチしているかが大事です。

また、売上を伸ばしたことをわかりやすく伝えるために、従業員の売上と比べるなど比較しながら表現すると良いでしょう。

そんな自己PRでほんとに大丈夫?
1人でわからない事はプロと2人で​。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ