面接中の急な体調不良!どう対処すればよい!?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

2019年卒限定 早期マッチングイベント
就職活動中は、過密なスケジュールで動くことが求められます。忙しい就活を乗り切るためには日頃の健康管理も仕事の一つと考えることが必要です。そうは言っても、生身の人間なので、どれほど気をつけていても体調を崩してしまうこともあるものです。大事な面接の直前に急な体調不良が起きてしまって面接をキャンセルせざるを得ないということもあるでしょう。面接に行ったものの、面接中に体調が悪くなってしまった場合にはどんな対処をすれば良いのでしょうか。

早めが肝心!最悪の事態は避けよう!

忙しい就活中は知らず知らずのうちに体にも無理がかかっているものです。そんな疲れがピークに達しやすいのが大切な面接の時です。面接を受ける人の5人に1人が実は体調不良を感じていたというデータもあり、面接中に急に具合が悪くなるというのは誰にでも起こりうる事態です。そんなときは、限界まで我慢をするのではなく早めに面接官に体調不良になってしまったことを伝えるのがベストです。面接中に嘔吐したり、漏らしてしまったり、倒れたりしてしまっては企業側にとって大迷惑です。また、万が一採用されたとしても、後々まで恥ずかしい思いを引きずることでしょう。そうならないためにも、体調不良で迷惑をかけてしまいそうだと感じたらできるだけ早く素直に状況を伝えて指示を仰ぐことが肝要です。

事前の体調不良はあらかじめ伝えておくのがよい!?

何となく体調不良だったものの面接の時間だけ我慢すればよいと考えて面接に臨む人もいることでしょう。でも、無理して体を動かしたことや、面接のストレスや緊張感が原因でますます体調が悪化してくるというケースもあります。そうしたケースでは面接の始まる前に面接官に体調不良であることを伝えて理解を得るのも賢い方法です。体調不良で途中席を立ってトイレに行ったり、鼻をかんだりマスクをしたりする可能性がある場合には、そのことを伝えておきましょう。「面接前にトイレは済ませたものの、体調が不安定なので面接中に席を立たせていただくかもしれません」と一言断っておけば理解してもらえ減点を抑えてもらいやすいでしょう。

体調不良で退出する場合の声かけ

体調がいよいよ悪くてこのまま面接を続けられないと感じたら、無理をするのはよくありません。それでも、できれば席を立つことを申し出るタイミングを計るのは大切です。たとえば、面接官が盛り上がって話しているタイミングで話の腰を折ってしまうのはあまり印象がよくありません。会社の紹介をしてくれている時に中座するのでは、会社への興味が低いと判断される危険性もあります。できるだけ話が途切れたタイミングを見計らって失礼にならないような形で申し出ましょう。簡潔に、「大変申し訳ありません。お腹が痛いのでトイレに立たせていただけますか」などと尋ねるのがベストです。「我慢できないのですか」と聞かれたら、「ご迷惑をお掛けすると申し訳ありませんので」と謙虚にお願いしましょう。

ピンチがチャンスに変わることも!?

面接当日に体調不良になってしまうというのは決して印象の良いことではありません。自己管理ができていないととらえられて減点の対象になってしまうこともあります。しかし、体調不良というトラブルが生じても正直に対応し、誠実にお詫びの気持ちを伝えることができれば、ポイントアップに繋がることも考えられます。将来生じる職務中のトラブルに落ち着いて対応できる危機管理能力をアピールできるチャンスとも言えるでしょう。面接が続けられずリスケジュールをしていただいた場合には、次の面接の日時を出来るだけ企業側に合わせるとともに率直なお詫びを伝えましょう。

不測の体調不良を視野に入れて面接準備をしよう

面接中に体調不良になってしまった場合、我慢しすぎず早めに申し出ることや事前に理解を得ること、お詫びの気持ちをしっかりと伝えることなどいくつかの対処のポイントがありました。日頃の体調管理に務めるのはもちろん、体調不良になる可能性もシュミレーションして面接に臨みましょう。  
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!