インターンシップの選考で押さえておきたい志望動機・「学びたいこと」の書き方

インターンシップをしたいと思える企業に応募する時には、ただやみくもにやる気をアピールするだけでは足りません。

なぜなら、応募者はそれなりに意欲があるからこそ、応募をしてくるからです。

他のライバルたちに差をつけるために、「志望動機」をしっかりとアピールしていく必要があります。

応募書類を書く時に志望動機をよく練り込んでいないと、面接時に焦ってしまうなんてこともあります。

どういったポイントを重視するべきかを見ていきましょう。

志望動機を書く時に外してはいけないポイント

志望動機を書く時には、自由に書いてしまうのではなく、押さえるべき1つの流れというものがあります。

自己分析を重ねていくと、つい自分のことばかりを主張してしまいがちですが、まずは応募先をよく知っておく必要があるでしょう。

採用担当者は応募者が、自社のことをどれくらい勉強しているのかを見ます。

応募先の企業のホームページを見たり、業界研究を重ねることで、説得力のある文章を書くことが大切です。

その企業が行っているビジネスの特徴や業界内でのポジションなど、少なくとも他の応募者も調べているであろうことは、きっちりと押さえておく必要があります。

その上で、インターンシップを通じて、どんなことを学んでいきたいのか展開していくことが大切なのです。

ライバルに差をつける自己分析の大切さ

応募企業や業界研究が一通り済んだら、「自己分析」をしっかりと行っていくことが重要です。

よくありがちな志望動機として、「小さな時から○○が好きで、業界内でも有名な御社を受けました」といった書き方では弱い部分があります。

これでは誰でも言えそうな志望動機になってしまい、あまり注目されません。

主観的に自分の感想だけを述べてしまうのではなく、ビジネス的な側面で物事を見ていく必要もあるでしょう。

単に応募先企業の商品やサービスを褒めるのではなく、「もっとここを改良したら、良いと思います」といった提案型のアピールも必要です。

採用担当者からすれば、応募者が自社のことについて熱心に勉強してくれているのは嬉しいものなのです。

インターンシップを通じて学びたいこと、成長したいという意志をアピールする

1705_1_115(2)

実際にインターンシップに応募する時に、必ずしも就職したい業界や職種が決まっていない場合もあるでしょう。

そんな時には、むやみに背伸びをしようとせずに、「インターンシップを通して、多くのことを学び成長したい」とストレートにアピールするのも有効です。

熱意をもってアピールするということですが、あえて付け焼刃の知識で語るのではなく、実力不足だという面を素直にさらけ出してみるのも好印象につながっていきます。

ただ、そうした時であっても自分だけにしか語れないエピソードを盛り込んでいくことは大切です。

インターネットや本などの文例集を参考にしつつも、一度書いたものを見直す作業は必ず必要でしょう。

インターネットなどでは取り上げられていない、自分なりの語り口を盛り込んでみてください。

インターンシップで学べること

インターンシップで学べることは実にたくさんありますので、そこを改めて考えてみることで、自分が真に学びたいことを明確にできるでしょう。

業界理解・企業理解ができる

過去、実際にインターンシップに参加した先輩たちのほとんどが、業界理解や企業理解が深まったと実感しています。

外側から見ている立場と、実際に内側に入ってその一員として働く立場とでは、ものの見方も考え方も大きく変わって来るでしょう。

想像以上に大変な点もあれば、想像以上に楽しさや意欲をかき立てられる点もあるはずです。

同じ業界でも企業方針によってまったく違った戦略がありますし、社風や社内ルールを知ることで企業の実態が垣間見えるはずです。

就活の予行演習になる

多くの場合、大学3年の夏頃にインターンシップ制度が始まります。

まだ本格的な就活には早すぎると考える学生も多いですが、あっという間に4年の春が来て、気がついたら就活真っ只中というパターンも多いです。

インターンシップは就活の予行演習としてとても役立ちますし、中にはインターンを本選考にダイレクトに結びつけて考える企業もあります。

参加して自分の将来のマイナスになることは何もありませんので、ぜひ積極的に応募しましょう。

自己分析が深まる

インターンとはいえ、働く以上は企業の一員です。

もちろん、与えられる仕事には限りがありますが、相応の責任を持って取り組む必要があります。

実際に責任ある仕事に携わりながら企業を内部から見てみると、実は自分の知らない自分の一面を発見することも多いです。

自己分析でとらえていた自分の長所や短所とは違った内面が見えてきて、もっと自分に合う職種や将来の方向性に気付くパターンもあります。

こうした経験は、実際に就活するときのミスマッチを防ぐうえでも大変重要です。

自分が本当に活躍できる場はどこなのか、自己分析を深めるのにも役立ちます。

社会人とのコミュニケーションを取る経験ができる

企業で触れ合う人は全員が社会人です。

学校でコミュニケーションを取れる社会人は非常に少ないですし、アルバイトやサークルなどで触れ合える相手もかなり限られています。

右を向いても左を向いても社会人という環境で、自分もその一員として正しくコミュニケーションを取ることができるかどうか、インターンシップは訓練の場でもあります。

面接などはごく限られた時間だけの接触ですが、インターンシップでは朝から晩までずっと社会人としての振る舞いが求められます。

たとえ親しくなっても度を超さない、相手をきちんと敬う姿勢を持つ訓練ができることは、のちに大変大きな財産になるでしょう。

ビジネススキルが知れる

企業に就職するためには、自分が企業の求める人材にならなければなりません。

そこには学生とは言え必要なビジネススキルがあり、立ち居振る舞いから話し方、生きたビジネスマナーなどの要素がたくさんあります。

スキルと言っても単に技術を意味するだけでなく、心構えやスケジュール管理能力、仕事の効率的な進め方など多種多様です。

電話応対一つとっても、メールの送受信一つとっても、そこには重要なビジネススキルが詰まっていますので、それを肌で学び取りましょう。

人脈が広がる

インターンシップの魅力は、学生のうちから企業に人脈を作れることです。

人事や担当部署の人たちに顔と名前を覚えてもらえますし、OBやOGとも交流がしやすくなるでしょう。

同じくインターンシップに参加している仲間ともコミュニティを築けますし、たくさんの学びがあります。

その企業に就職するしないは別としても、そこで得た人脈は貴重な財産になるはずです。

これまでの体験やエピソードを盛り込んでいく

どんなに見栄えのする文例集よりも、体験したことに勝るものはありません。

自分一人で考えているとなかなか分からなかったりするものなので、身近な人たちとコミュニケーションを取ってみてください。

他の人の話を聞いていて、「自分ならこうする、こう考える」といった点に注目してみましょう。

なぜ、そう考えるのかを掘り下げていくと、本人しか語れない体験に行き着くものです。

そうした体験は他の人と比べる必要はありません。

なぜなら、採用担当者はどういった考えで応募してきているかに注目しているからだといえます。

自分自身の体験と結びつけて、インターンシップを通じて「学びたいこと」をアピールすれば、無理のない志望動機を練り上げていけるでしょう。

インターンシップで学びたいことを聞かれた際の回答例

インターンシップに応募するときには、そこで学びたいことは何かという質問に答えなければなりません。

どのような答え方をすれば相手に響くのか、回答例を紹介します。

商社の1dayインターンシップ

私には世界の高いレベルで活躍するという夢があり、世界各国で重要な働きをする商社マンの業務をより深く理解したいと考えております。

ゼミでは貿易を中心に専攻し世界経済の基礎を学んでおりますが、何分にも実務を経験したことがないため、商社で具体的にどのような能力が求められるのかが見えない状況です。

そこで貴社のインターンシップで業務の一端を体感したいと強く感じ、応募いたしました。

世界に通用する営業力を誇る貴社の営業社員の方々が、どのようなスキルと意欲を持って働かれているかを学びたいと存じます。

ITベンチャーの長期インターンシップ

私は貴社の長期インターンシッププログラムを通じて、IT機器開発の工程を学びたいと考えております。

現場においてどのようなスキルを持つ方たちがどのように連携し機器開発を実現していくのか、実際に自分もその一端を担うことで具体的に学び取りたりと存じます。

大学のゼミでは現在3名でIT機器の開発と論文に取り組んでおりますが、人数が少ないながらも仲間の発想に大きく刺激を受けることが多々あります。

御社のチームに加えていただくことで新しい発想を学び、プロジェクトの遂行において自分にどれほどのことができるのか、全力でチャレンジしたいと考えます。

無難なアピールにならないためにも、「学びたいこと」を明確にする

1705_1_115(3)

採用担当者は応募者に対して、何も完璧であることを求めているわけではありません。

応募者の熱意や学んで、成長していこうという姿勢を見ています。

説得力のある志望動機をアピールするためには、「学びたいこと」をきちんと整理しておく必要があるでしょう。

なぜ、応募先の企業でなくてはならないのかを深く掘り下げて考えていく必要があります。

面接時に学びたいことをしっかりとアピールできれば、他のライバルに差をつけることができるでしょう。

企業側からすれば、応募者を受け入れるということは、それなりに人材教育に熱心であるということです。

学ぶことに対してひたむきな姿勢は、重要なアピールとなります。

実際の面接を想定して、OB・OGなどに協力してもらい、面接の練習をしてもらうのも有効な方法です。

堂々と自分の意見を言える志望動機を練り込んでみてください。

インターンシップで就活を有利に!
あなたの就活を二人三脚で内定までサポートします​。

あなたのビジョンを実現させるための​
就活のサポートを実施

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ