大学生はどうやってアルバイトを選ぶ?おすすめのアルバイト紹介!

大学生はどうやってアルバイトを選ぶ?おすすめのアルバイト紹介!

はじめに

大学生になって初めてアルバイトをしたいと考えてはいるけど「どうやってアルバイトを探したらいいのか分からない」や「どのようなアルバイトを選べばいいか分からない」、「どのくらいシフトを入れればいいのか」などたくさんの分からないことがある人がいるのではないでしょうか。

そのような人のためにこの記事では「アルバイトを探すおすすめのアプリ」や「アルバイトごとの長所・短所・仕事内容」、「面接の事前準備・当日にした方がいいこと」をまとめました。

大学生になって初めてのアルバイトを始めたいと思っている方はこの記事を参考にしてみてください。

大学生はどうやってアルバイトを選ぶ?

まず、大学生になって初めてアルバイトをしたいけど何を使ってアルバイトを探せばいいかが分からない人のために、おすすめのアルバイトの探し方2つを紹介します!

HPを見て調べる

1つ目の方法はお店のホームページを見て調べることです。

ホームページではお店の情報が詳細に載っているため、​​​​自分が働きたいお店が明確に決まっている場合、そのお店のホームページでお店の情報を確認し、ホームページから直接応募することをオススメします。

ホームページでメールアドレスなど個人情報を入力し申し込み、その後お店から電話やメールアドレスで連絡が来た際に面接の日程などを決めることが一般的な流れです。

チェーン店の場合現在求人募集している店舗が掲載されているため、その中から自身が希望する店舗に申し込むことができます。

アプリで求人を探す

2つ目の方法は求人アプリから探すことです。

最近の大学生の多くはアプリからアルバイトを探しています。

カフェや居酒屋などの接客業や塾講師だけでなくイベントスタッフなどの単発のアルバイトなどたくさんの種類の求人募集が掲載されているため自分が興味のあるアルバイトがないことは少ないでしょう。

勤務地や勤務時間・日数、時給や髪型が自由かなど自分が望む条件によってアプリが自動でアルバイトを探してくれるため、自分がやりたいアルバイトが簡単に見つかります。

アルバイトを探すおすすめのアプリの紹介

「大学生になってアルバイトを探したいけど、たくさんの求人サイトやアプリがありどれを使えばいいかが分からない」という人がいるのではないでしょうか。

そのような方のためにまずおすすめのアプリを3つご紹介します。

興味があるアルバイトや希望のシフトなど自分が求める条件に合うアプリを選び、まずアルバイト探しのきっかけをつかみましょう!

タウンワーク

「バイトするなら、タウンワーク」でお馴染みのリクルートが運営する「タウンワーク」は求人数が豊富であり、全国どこに住んでいてもアルバイト探しがしやすい知名度の高いアプリとなっています。

求人数が豊富なため自分が興味のあるアルバイトを見つけやすく、アルバイト探しにどのアプリを利用するか迷っている方はまず「タウンワーク」を使うことをお勧めします。

マッハバイト

マッハバイト」の1番の特徴はアルバイトに採用されるだけで『マッハボーナス』と呼ばれる最大一万円のお祝い金がもらえることです。

日払いや単発のアルバイトも多数掲載しているため、自分に合ったアルバイトを選びながら、さらにお祝い金ももらえる若者や学生に人気のアプリです。

マッハバイト」を使って自分に合ったアルバイトを『最短』で見つけて、さらに『マッハボーナス』を受け取りましょう!

タイミー

タイミー」は「お金は即日入金」「面接・履歴書なし」など他の求人アプリとは違った特徴のある単発バイトを主に求人しているアプリです。

1番の特徴は「好きな時間に働ける」で興味のあるアルバイトを選び最短1時間から働くことができることです。

掲載しているアルバイトも飲食店や倉庫作業、イベントスタッフなど種類が豊富であるため、興味のあるアルバイトが見つからない人はまずタイミーですぐ働いて自分に合ったアルバイトを見つけることもおすすめです!

大学生が初バイトで選ぶ仕事

初めてのアルバイトとして多くの大学生が選ぶものは「塾講師」と「カフェ・喫茶店」のアルバイトです。

そこで多くの人が初めてのバイトに「塾講師」と「カフェ・喫茶店」のアルバイトを選ぶ理由を紹介します!

塾講師

多くの大学生が塾講師を選ぶ理由は「他のアルバイトに比べ時給が高いこと」です。

その他の理由として「高校や大学受験で学んだことをそのまま活かせること」や、「生徒が成長することによってやりがいを感じやすいこと」が挙げられます。

カフェ・喫茶店

アルバイトに大学生が多いためバイト友達を作りやすい」ことや「おしゃれなカフェの雰囲気が好き」「コーヒーやドリンクが好き」といった理由でカフェのアルバイトを始める人が多いです。

大学生に多いバイトのメリット・デメリット

次にアルバイトごとのメリット・デメリットを紹介します。

アルバイトするお店によって仕事の内容やお店の雰囲気、求められるスキルなどが全然違います。

そのため、アルバイト選びに後悔をしないために自分がしたいアルバイトのメリット・デメリットを知ることが重要です。

この記事では「コンビニ」「カフェ・喫茶店」「塾講師」の3つのアルバイトのメリット・デメリットを紹介します。

コンビニ

コンビニのアルバイトではレジ打ちと接客がメインの仕事となりますが、その他にも商品の陳列や発注、店内の清掃、宅配便の対応など多くの仕事をこなす必要があります。

そのため最初に多くの仕事を覚える必要がありますが一度覚えればできるような簡単な作業が多いため、バイト初心者にはおすすめのアルバイトとなっています。

マルチタスクをこなす必要のあるコンビニのアルバイトでは仕事の効率を考える力や、他のアルバイトにも活かせる基本的なスキルを身につけることができます

カフェ・喫茶店

カフェアルバイトは接客を通して様々なお客様と関わるため、コミュニケーション能力を鍛えることができます

またカフェには高校生や大学生などたくさんの同世代が働いており、アルバイトをしながら友達を作ることができるため楽しくアルバイトをしたいという人に特におすすめのアルバイトです。

しかし、カフェのアルバイトではたくさんのメニューを覚える必要があります。

それとともにお客様の要望によってはドリンクにトッピングを追加したり、またシーズンごとに新商品が出るため、その都度メニューの情報やレシピを覚える必要があります。

塾講師

塾講師のアルバイトは中学・高校・大学受験など教える年代に違いはありますが、自身が高校や大学受験で勉強したことを直接生かすことができるアルバイトです。

塾講師のアルバイトでは生徒に教えることによって相手に伝える力、聞く力、コミュニケーション能力を身につけることができます

また、賃金が高いことも魅力です。

しかし、シフトの融通が効きにくいことが多く、希望の時間にシフトを入れられないことや、授業の準備が必要なため時間外労働が必要なことがデメリットとして挙げられます。

各アルバイトの仕事内容

次にアルバイトごとにどのような仕事をするのかを紹介します。

アルバイトごとに行う仕事の内容が全然違うので、アルバイトを選ぶ前にどのような仕事をするのかを知っておかないと「こんなことをするなんて知らなかった」など選んだ後になって後悔することになるかもしれません。

この記事では「コンビニ」「カフェ・喫茶店」「塾講師」の仕事内容を簡単に紹介します。

コンビニ

コンビニのアルバイトでは主にレジ打ちと接客を行います。

レジでは公共料金やチケット類の支払い代行サービス、宅急便の対応などを行います。

メインの接客・レジ業務を行わない間には店内やトイレの清掃、レジ横のホットスナックの調理、また商品が少なくなってないかや賞味期限などを確認し、商品の補充や陳列、発注などを行います。

朝や昼のピークの時間帯には他の従業員と分担し、仕事を効率よくこなしていくことが求められます

カフェ・喫茶店

カフェや喫茶店のアルバイトではカウンターで接客するお店と席で接客するお店に分かれていますが、どちらのタイプであっても接客がメインとなります。

カウンターで接客するタイプのカフェではお客様の注文を受けると同時にドリンクを作り、すぐに提供する必要があります。

お客様によってドリンクのトッピングやフードの注文などがあるため、その都度柔軟に対応する必要があります。

その他の業務として、ドリンクやフードを運んだり、店内の清掃、ゴミ出し、テーブルの片付けなども行います。

塾講師

塾講師のアルバイトでは小学生から高校生に学校のテストや受験対策のために授業をしますが、塾によって個別指導と集団指導の2種類に分かれています。

個別と集団の大きな違いは教え方が異なることです。

個別指導の塾では講師一人に生徒数名という形で生徒ごとに文字通り「個別」の対応が求められ、一人ひとりの学力に合わせて教える必要があります。

集団指導の場合は大勢を相手にするため、学校の先生のように全員にとってわかりやすい授業をすることが求められます。

一般的な大学生のアルバイトのシフト

アルバイトをしている大学生の平均的な労働時間は「週に11〜15時間」と言われており、たとえば週に3日間シフトを入れたのなら1日あたりに4〜5時間程度、週に4日間の場合は1日3〜4時間程度の勤務ということになります。

一般的な大学生のアルバイトの給料

大学生の平均的な給料は、地域ごとに最低賃金の差はありますが東京都を例に考えるなら、東京都最低賃金は時給1072円であるため平均的な労働時間である「週に11〜15時間」働く大学生の月収は「約6万円」程度になると考えられます。

また、大学では春休みや夏休みなど長期休みがあるため、長期休みのうちに多くのシフトを入れてガッツリ稼ぐ大学生も多いです。

アルバイト面接の事前準備

アルバイト面接の持ち物として多くの場合履歴書が必要となります。

面接の事前準備として、面接当日に質問された際、答えに詰まらないようにある程度事前に質問の答えを用意しましょう。

面接でよく聞かれる質問としては「応募したお店の志望理由」「希望のシフト」「自分の長所・短所」などがあります。

面接当日にした方がいいこと

面接当日にした方がいいこととして、面接の際に好印象を与えるため派手な服装や汚らしい服装は避け、就職活動のようにスーツである必要はありませんがなるべくシンプルで清潔感のある服装で行くことをオススメします。

また、お店側は忙しい合間を縫って面接の時間を作っているため、遅刻することなく、5分前に到着することが望ましいです。もし遅刻する際にはお店に遅刻することをしっかり連絡しましょう。

まとめ

ここまでアルバイト探しにおすすめのアプリやおすすめのアルバイトやその長所・短所・仕事内容、面接の事前準備と当日にした方がいいことを紹介しました。

アルバイトによって仕事の内容や雰囲気、時給などは千差万別のため、必ず自分に合ったアルバイト先は見つかります。

初めてのことで分からないことが多いかもしれませんが、この記事の内容を参考にしてシフトやお店の場所、興味があるかなど自分が望む条件に照らし合わせて素敵なアルバイト先を見つけてください


 

自己分析から面接対策、入社準備まで、
1人1人に合ったアドバイスを​。​​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ