ITコンサルの志望動機の書き方が知りたい!スキルや例文も解説!

ITコンサルの志望動機の書き方が知りたい!スキルや例文も解説!

はじめに

就活を進める中で、世の中にはどのような職業があるのかを調べるのも重要な作業です。

なかには、今まであまり馴染みがなかった職業に興味が湧いたという就活生もいるでしょう。

ITコンサルも、学生時代には接点のない職業かもしれませんが、特にIT系に興味を持っている学生の有力な就職先候補です。

そこで今回は、ITコンサルの志望動機の書き方について解説していきますので、ITコンサルの志望動機で悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

【ITコンサルの志望動機】ITコンサルタントとは

ITコンサルタントとは、クライアント企業のIT関連分野全体において、アドバイスや新しいサービスの導入支援を行って、企業の円滑な経営をサポートする職業です。

ITを上手に利用して、その企業が抱えている課題を解決していく役目であると捉えれば良いでしょう。

具体的には、その企業の経営戦略に沿ったIT戦略の策定支援や、システム開発を提案したり、さらにそれを最適化したりするなどの業務があります。

クライアントである企業から課題を聞き出し、その課題を解決するための提案を行い、それが承認されれば、次は自社の開発担当にその要望を伝えなければなりません。

このように、システム開発においては、上流工程を担っているのがITコンサルです。

仕事内容

ITコンサルの仕事内容は幅広く、クライアント企業のIT戦略の策定からシステムの導入・見直しに加え、最適化や動作検証などが挙げられます。

また、システムを導入するためのインフラの整備も業務のうちです。

ITコンサルの最終的な目標は、クライアント企業の業績を高めていくことであり、1人よりはチームで仕事をすることが多いでしょう。

なお、さまざまな分野に特化したコンサルティングファームがあり、そこに所属するのが一般的です。

システム導入支援

ITコンサルの主な業務に、クライアント企業に対するシステム導入支援があります。

そのためには、まずクライアント企業の業務内容やすでに導入済みのシステムなどについてのヒアリングを行わなければなりません。

また、その企業が抱えている課題について聞き出し、クライアント自身が気がついていないような問題を指摘するのもITコンサルの仕事です。

そして、クライアントから聞き出した情報を分析し、その企業が必要としているシステムの導入を提案するほか、実際に導入する場合はその支援も行います。

ITに不慣れな会社に対しては、導入した後も手厚いサポートが必要となるため、ITコンサルはクライアント企業の経営戦略について熟知していなければなりません。

業務内容の提案

クライアント企業が抱えている課題は、ITシステムを新しく導入すればすべて解決するというものではありません。

システムの導入はあくまでも解決策のひとつであり、ほかにも課題を解決する方法はたくさんあります。

業務内容と経営課題を分析した結果、まずは業務内容を改善した方が良いと思われる場合もあるのです。

そういったときもITコンサルの出番であり、分析した結果から考えられる業務改善提案を行うことも珍しくありません。

企業の中には、インターネットをうまく活用する方法を知らずに損をしているところもあり、そういった部分の業務改善は急務です。

ITコンサルは、Webマーケティングやビックデータを活用する業務改善を提案し、成功させる役目を担っています。

インフラの整備

新しいITシステムを導入する際に必要なITインフラがきちんと整備されているかどうかも、クライアントからヒアリングして確認しなければならない項目です。

もし導入に必要なだけのインフラが整備されていない場合は、ITコンサルがインフラ整備についても対応しなければなりません。

たとえば、Webを介したビジネスに不慣れな企業には、セキュリティ対策が不十分な場合や、その重要性をよく理解していない場合もあります。

そのようなときは、ウイルス感染を起こして取り返しのつかない事態になることを避けるために、セキュリティソフトの導入を働きかけるのも、ITコンサルの役割です。

インフラ整備なくしてITシステムの導入は成功しないため、これも重要な業務なのです。

【ITコンサルの志望動機】必要なスキル

ITコンサルが担当するのはシステム開発の上流工程であり、それに見合ったスキルを持っていなければ、仕事を進められません。

クライアント企業の経営戦略を成功に導く重要かつ責任の重いポジションであり、簡単な仕事でも楽な仕事でもないのです。

そのため、ITコンサルとしての就職を希望しているのであれば、必要なスキルがどのようなものかを理解し、身に付けておくように努力しましょう。

ITコンサルとして活躍するために必要なスキルを、以下に3つご紹介します。

コミュニケーション力

ITコンサルにはコミュニケーション力が必要です。

ITコンサルは、クライアント企業の経営者や実務担当者に、自社からの提案内容を説明することでITシステムの導入を進めていきます。

先方に納得してもらうためには説得力のあるプレゼンが必要で、うまく説明できなければクライアント企業も新しいシステムの導入を見送らざるを得ません。

説得力に富んだプレゼンを行うには、コミュニケーション力が必須であり、ITコンサルとして働くにはなくてはならないスキルといえます。

また、クライアントからヒアリングを行って課題をあぶり出すこともITコンサルの大事な仕事です。

うまくヒアリングを行って問題点を聞き出すにも、コミュニケーション力は不可欠といえます。

論理的思考力

ITコンサルとして職務をまっとうするには、論理的思考力も必要です。

ITコンサルは、クライアント企業のIT分野での問題点を探し、それについての助言が仕事であり、問題点を発見して解決するには論理的に物事を考えなければなりません。

また、クライアントを納得させるプレゼンを行うにも、自社の提案に対する論理的な根拠が必要です。

論理的な根拠のない提案に賛同し、ITシステムの導入に資金を導入する企業はほとんどありません。

さらに、ITコンサルは、クライアント企業と自社のシステム開発部門をつなぐ役割も担っています。

どちらか一方の立場でものを考えるのではなく、常に俯瞰的な視点を持つように心がけることも、ITコンサルにとっては重要なことです。

IT分野の知識

当たり前のことですが、ITコンサルトとして働くにはITに関する深い知識も求められます。

システムの導入を提案して支援するには、システム開発に関する知識だけでは足りません。

ソフトウェア・ハードウェア・ネットワーク・データベースなど、幅広く深い知識が必要とされるのです。

自らがシステム開発に携わるわけではないので、プログラム言語に関する知識は不要かもしれませんが、テストなどは行えるようにしておかなければなりません。

そして、現在のIT技術の発展スピードはどんどん加速しており、常にアップデートが行われているような状況です。

したがって、自分のIT知識も普段から更新し続けなければならず、ITコンサルとして働く限り、継続的な勉強が必要になることも覚悟しておきましょう。

【ITコンサルの志望動機】企業はどこを見ているか

ITコンサルとして就職するためには、ESや面接などの選考に通過しなければなりません。

多くの就活生が集まっている中で、採用を勝ち取るためには企業は就活生のいったい何を見ているのかということを知る必要があります。

新卒の場合は、ビジネススキルやこれまでの実績で採否が決まるわけではありません。

その人の内面やポテンシャルが選考の合否を決めるため、志望動機や自己PRなどは特に力を入れて作成し、面接官に自身の魅力をアピールしましょう。

熱意

担当する面接官は、その就活生がどれくらい自社に就職したいと思っているかを見ています。

新卒の学生には、社会人経験はもちろん、大したスキルもないことがほとんどです。

スキルについては、入社後に研修や実際の業務で身に付けていけば良いのですが、その際に熱意を持って取り組めない人はいつまでたっても成長しません。

逆に、何事にも熱意を持って取り組み、どうしてもその企業に就職したいという気持ちが強い学生は、入社後に大きく成長する可能性が高いといえます。

以上のことから、企業は就活生の熱意をしっかり見ており、企業への熱意をアピールできれば内定に一歩近づくでしょう。

どうしても入社したいという気持ちや、将来の夢や希望を伝えるようにしてください。

性格

企業は就活生の性格や人柄にも注目しています。

なぜなら、入社後にその企業に良い影響を与えてくれそうな人物を採用したいと考えているからです。

たとえば、明るく前向きな性格の社員は、チームの雰囲気を良くするという点でその企業に対して貢献します。

また、何事にも一生懸命に取り組むタイプの社員は、着実に実績を上げ社内外から信頼される人材となるでしょう。

いずれにせよ、本人の性格がどのように会社に良い影響を与えるかが重要であり、そのためいくら人が良くても企業への貢献が望めないようであれば採用されるのは難しいでしょう。

内定を得るためには、自分の性格が企業にどのような影響を与えるのか、具体的なエピソードを織り交ぜながらアピールすることが大切です。

適性

ITコンサルを志望する以上、面接官はITコンサルとしての適性もしっかりと見ています。

もしITコンサルを志望していたとしても、適性がなければ仕事を続けられずに退職となってしまう可能性があり、面接官は採用の時点でそれを見極めなければなりません。

適性があるかどうかわかるのは主に志望動機であり、そのため志望動機をエントリーシートに書く際にはITコンサルへの適性が伝わるような工夫が必要です。

ITコンサルに必要な資質を持っていること、スムーズに仕事に打ち込めることをアピールできれば採用に一歩近づきます。

コミュニケーション力や論理的思考力が発揮されたエピソードを絡めつつ、ITコンサルへの適性を証明しましょう。

【ITコンサルの志望動機】志望動機作成のポイント

内定を獲得するために、ITコンサルの志望動機を作成するポイントを押さえておきましょう。

やはり大切なのは、ほかにもたくさん職業がある中で、どうしてITコンサルを志望したのかということです。

また、ITコンサル業として働ける企業はほかにもたくさんあり、どうしてそこに入社したいのかということも企業としては重視しています。

どこにでも通じるような志望動機ではなく、具体的なエピソードを加えながらその企業に刺さる内容を考えることが重要です。

なぜIT分野なのか

まず、どうしてIT業界を志望したのかを書く必要があります。

このとき、IT業界を志望するにいたった具体的なエピソードを入れるとなお良いでしょう。

IT業界は変化が激しい業界であり、近年はリモートワークもいち早く導入するなど、常に時代の最先端を走っている業界です。

それゆえにIT業界を志望する就活生も多く、大手の企業の中には大幅に倍率が上がっているところもあります。

多数のライバルがいる中から、採用担当者に注目してもらえるよう、志望動機は時間をかけて念入りに仕上げましょう。

自分がITサービスを利用したときの経験を記載したり、ITを利用して社会にどのように貢献したいのかを具体的に述べたりすると、オリジナリティがあって熱意が伝わりやすくなります。

なぜITコンサルタントなのか

IT業界にも、システムエンジニアやセールスエンジニアなどのさまざまな職種があります。

その中でなぜITコンサルを選んだのかも、志望動機の中で必ず触れるべき内容です。 ITコンサルの仕事のどのようなところに魅力を感じたのか、ここを具体的に書きましょう。

たとえば、ITコンサル以外の仕事は、どうしてもその企業が得意とする分野に限定されがちです。

一方、ITコンサルであれば、さまざまな業種の企業がクライアントになるため、経験できる業務の分野もそれだけ幅広くなるでしょう。

また自分の努力の成果が、顧客企業の業績アップといった目に見える形で現れることもITコンサルの魅力です。

自分自身が感じたITコンサルの魅力を志望動機に盛り込んでください。

なぜこの企業なのか

ITコンサルタントを志すにあたって、なぜこの企業を選んだのかということも必ず述べなければならないことです。

ITコンサルを行っている企業はたくさんあるため、ITコンサルを選んだ理由だけでは足りません。

ITコンサルを目指す理由とともに、企業独自のポイントは何なのか、ITコンサルとしてこの企業で何を実現したいのかなどを述べると良いでしょう。

また、企業が特化している分野などがあれば、それに合わせて志望動機を作成することも可能ですが、そのためには詳細な企業研究が必要です。

IT業界の業界研究と企業研究のどちらを怠っても、内定を得られる志望動機は作成できません。

面接官に納得してもらえるよう、十分に時間をかけてリサーチを行うようにしましょう。

【ITコンサルの志望動機】例文

私が御社を志望した理由は、御社が掲げている企業理念に深く共感したからです。

御社の「幅広い活動を経験して成長していく」という企業理念は、まさに私が以前から考えていた理想と近いと考えました。

私は、御社でITコンサルタントとして働きたいと考えています。

ただし、ITコンサルタントはなりたいと思ったらすぐになれるようなものではなく、それなりの経験を積まなければできない仕事です。

ITコンサルタントにとって大切な経験を十分積める御社は、私にとっては理想の会社だと考えています。

私は、ITコンサルタントには不可欠な論理的思考力が備わっていると自負しており、ありがたいことに他人からもそのように評価してもらっています。

学生時代はサッカー部のキャプテンを務めており、練習しても思うような結果が出なかった際は、なぜうまくいかないのかを考え、チームの改革を行いました。

その結果、チームは生まれ変わったかのように調子を取り戻し、試合でも勝てるようになったのです。

この経験から、問題点を分析し、適切な解決策を講じられる論理的思考力が身に付きました。

もし御社に就職できたときは、この経験を活かして御社に精一杯貢献したいと思います。

まとめ

ITコンサルは、ITを用いてクライアント企業の経営上の課題を解決する職種です。

ITコンサルとして活躍したいのであれば、コミュニケーション力・論理的思考力・IT知識を身に付ける必要があります。

ITコンサルトとして働くには採用選考を突破しなければならず、そこで見られているのは熱意・性格・適性です。

内定を獲得するためには、どうしてITコンサルを志望し、なぜその企業に入社したいのかがわかるよう、具体的なエピソードも絡めて志望動機を作成するようにしてください。

履歴書の書き方がわからない?ウカル履歴書、教えます。​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ