【例文付き】通信業界の志望動機!人事に響く志望動機の書き方を徹底解説!

【例文付き】通信業界の志望動機!人事に響く志望動機の書き方を徹底解説!

はじめに

「志望動機の書き方はなんとなくわかるけれど、通信業界の人事に響く内容とはどういったものか」と頭を悩ませる学生は大勢います。

ポイントをいくつか整理しておけば、誰でも自分の経験に落とし込んだオリジナリティあふれる志望動機が書けるでしょう。

そこで今回は、採用担当者や人事の心に刺さる内容をテーマに、通信業界の志望動機の書き方について解説します。

「志望動機の書き方がわからない」「書いているうちに何が言いたいのかわからなくなってしまった」という方はぜひ参考にしてください。

【通信業界の志望動機】企業は志望動機のどこを見ているか

企業が履歴書やエントリーシートの志望動機を通じて見ているのは、熱意・人柄・適性の3つです。

モチベーションを保ちながら働くには、業界や企業に対する熱意は、必要不可欠なものだと考えています。

また、志望動機では人柄や職業に対する適性も働くうえで重要な要素となるため、必ず見られます。 志望動機の書き方を学ぶにはまず、企業が志望動機を通じて、学生の何を知りたいと思っているのかを整理しましょう。

ポイントを理解しておくことで、より刺さる志望動機が書けるようになります。

熱意

企業は志望動機を通じて、仕事に対する熱意を見ています。

業界や企業に対して「どうしても働きたい」と想う熱意は、就職後の仕事に対する姿勢やモチベーションと直結すると考えられます。

思うように成果があがらなかったり、仕事でミスをしてしまったりしたときも、熱意があれば持ち直せるでしょう。

なかには、仕事はお金を稼ぐための手段と考える人もいるかもしれませんが、そう長くは続きません。

内定辞退や早期離職といったミスマッチを起こさないためにも、企業は志望動機から熱意を読み取り、採用判断の基準にしているのです。

人柄

書かれたエピソードから物事に対する考え方や、行動のプロセスが読み取れるため、志望動機は人柄の判断材料としても活用されます。

一般的にスタートアップ企業から大企業まで、どのような会社にも企業文化や、独自の風土があります。

実際に勤めている社員には、仕事の進め方や意思決定を下すプロセスに、似通ったところがあると考えて良いのです。

つまり、人柄に正解はないものの、企業は会社に馴染めるかどうかや、将来的に活躍できる可能性が高いかどうかを人柄によって判断しているのです。

自らを偽る必要はありませんが、好まれやすい人柄の傾向があると理解しておきましょう。

適性

志望動機は業務や企業風土といった、全体的な職業適性を見極めるのにも役立てられています。

お伝えした通り、志望動機には少なかれ学生の人となりの見える部分があります。

責任感が強い・主体性がある・粘り強いといった個性を、どう活かして職務遂行するつもりなのかを知りたいのです。

一方、スキルがあるかどうかについて、企業はさほど重視していません。

スキルのあることが前提となる技術職を除き、志望動機における適性の部分で、職務スキルを必要以上にアピールする必要はないでしょう。

【通信業界の志望動機】そもそも通信業界とは

通信業界とは一般的に、インターネットなどの通信インフラを支える業界のことを指します。

大まかに分けると固定回線と無線回線の2つに分けられ、職種としては技術者・営業職・制作業など多岐にわたる仕事があります。

ここでは、通信業界の二大巨頭とも言える、固定回線事業と無線回線事業について見ていきましょう。

通信業界の仕事を知ることで、どのような人材が活躍しているか想像しやすくなります。

自分が通信業界で、具体的にどの職種を目指すか迷っている方もぜひ参考にしてください。

固定回線

通信業界における固定回線事業とは、企業や個人宅におけるインターネットの固定回線の設置に携わる仕事です。

自宅に固定電話を設置したり、インターネットを楽しんだりする場合はもちろん、地域によってはテレビを見るのにも固定回線は欠かせません。

固定回線事業では、導入の受付から機器設置工事、アフターフォローといったサポートを包括的に担う仕事です。

高速かつ大容量の通信を可能にする回線で、具体的な事業としてはフレッツ光やドコモ光といった事業が該当します。

無線回線

通信業界の無線回線とは、スマートフォンやパソコンなどのインターネット通信事業に携わる仕事です。

いわゆる電波を利用した回線のことで、4Gや5Gといったサービスが該当します。

スマートフォンが急速に普及している背景を受けて、無線回線は今後とも発展が期待される事業といわれているのです。

ドコモやau、ソフトバンクといった大手キャリアの3社の動向が注目されるほか、近年では楽天モバイルのような新規参入企業もたくさんあります。

格安の料金プランを謳う企業もあり、シェア獲得に向けて今後も大きく動きがあると予測されるでしょう。

【通信業界の志望動機】通信業界の動向

通信業界に対する志望動機を書くには、業界の最新の動向についてもしっかりと頭に入れておきましょう。

業界として取り組む課題や注目されている技術などを知ることで、自身の将来的なキャリアアップについても考えを巡らせられます。

注目すべきポイントとしては、Iotの活用・セキュリティの強化が課題・地域格差の解消が課題・低価格プランの登場といった4つです。

通信業界の動向にはどういったものがあるのか、詳細を見ていきましょう。

Iotの活用

最近の通信業界は、Iotの活用が1つのトレンドに上がっています。

Iotとはモノのインターネットのことで、家電製品や家の設備にセンサーを搭載してネットワークにつなぐことを意味します。

取得した情報はサーバーなどに蓄積され、相互交換されることで生活をより便利にするため、役立てられているのです。

Iotを使えば既存システムの無駄を省いたり、サービスの質や速度が担保しやすくなったりするため、業界全体を活性化する一助となると考えられています。

セキュリティの強化が課題

インターネットが普及したことで、ネットワークの使い勝手やサービスは飛躍的に向上しました。

しかし、その一方でサイバー攻撃のようなリスク対策も、喫緊の課題として取り沙汰されるようになります。

たとえば、テレワークのような働き方は、社内だけで事足りていたセキュリティ管理の範囲を、より広げなければ対応できません。

サービスによっては、ユーザーを含む包括的なセキュリティ対策が必要となる場合もあり、ネットワークの安全性強化に向けた取り組みは、通信業界全体の課題となっています。

地域格差の解消が課題

通信業界には、先進技術を積極的に取り入れていくことと並行して、地域格差の解消も求められています。

わかりやすい事例で言えば、5Gが主要都市では使えるのに、地方では圏外になってしまうことがあげられます。

地域によっては、根本的にインターネットへのアクセスが困難なエリアも存在するうえに、こうした格差は時間の経過と共に開いていってしまうでしょう。

こうした地域格差は自然に解消するものではないため、通信サービスにおける格差をなくすことも、通信業界における課題の1つと言えるのです。

低価格プランの登場

低価格プランといえば、記憶に新しいのはモバイル事業に参入した、楽天モバイルの超大幅割引プランではないでしょうか。

携帯料金については、政府からも料金を引き下げるよう業界全体に通達があり、大手キャリア3社は相次いで新たな料金プランを打ち出しました。

ahamoやLINEMOといった大手キャリアの子会社や、別の通信事業を取り扱う企業の台頭も目立っています。

携帯という生活に必要不可欠なツールを支える通信事業が、今後どのような動きを見せるのか注目が集まっています。

【通信業界の志望動機】通信業界の職種

通信業界で働くとなると、具体的に想定される職種は営業・企画・開発職の3つです。

職種によっては特定のスキルをあらかじめ学んでいる必要があったり、学部を限定したりするものもありますが、基本的に志望すればどの職種にも就くことができます。

志望動機は、こうした職種に応じて書く内容をコントロールできると、より内容の濃いものになるでしょう。

3つの職種が普段どういった仕事をしているかを学びつつ、求められる人物像についてイメージするヒントをつかんでください。

営業

通信業界における営業職は、企業や個人に向けた営業活動を担います。

自社の通信プランをプレゼンテーションし、新規契約や継続申し込みを取り付けることが主な仕事です。

場合によっては、すでに契約を結んだ企業や個人に対して、操作や契約更新などのアフターフォローを通じて関わることもあります。

仕事の評価基準は基本的に営業のノルマがベースです。

新規契約の獲得数が問われる場合もあれば、企業によっては契約してくれた顧客の継続率が評価に加味される場合もあります。

企画

通信業界における企画職とは、新商品やプランの立案・企画、事業全体の方向性の決定からプロモーションの詳細決定など多岐にわたります。

お伝えした通り、通信業界の動向は日々目まぐるしく変化しています。

そうした変化に対応するために、通信プランの見直しや事業として何を推進し、どういった売り上げを立てていくかといった戦略を立てる人材が必要なのです。

企画職はそうした事業全体の方向性を舵取りする役割があります。 ときには、自社やサービスのプロモーションを企画するような業務も担う場合があるでしょう。

開発職

通信業界の開発職とは、通信機器の開発やネットワークの構築といった、システム運用全般を担う仕事です。

入社してすぐに専門的なスキルを要するということもあり、この職種のみ、理系学部向けの仕事ということになります。

もちろん、文系の学生であっても趣味でプログラミング言語を学んでいた、またはエンジニアとして長期インターンに参加したという経験があれば十分なアピール材料になります。

保持している資格や実践に活かせるスキルを持っているなら、志望動機の中でもしっかりとアピールすると良いでしょう。

【通信業界の志望動機】通信業界に求められる人物像

通信業界で働くのに適している人柄、求められる人物像は以下の4つです。

まず、お伝えした通り日々変化の激しい通信業界では、就職してからも新しい知識を吸収し続ける継続力が欠かせません。

職種に限らず粘り強さのある人材のほうが、仕事において成功を収めやすいと考えられ、社内外の人と関わるコミュニケーション能力も欠かせません。

また、仕事をよりスムーズにしてくれるのはきめ細やかな対応ともいわれており、こうした能力をバランスよく持っている人材は重宝されます。

継続力

通信業界とはほかの業界と比べても変化の速い業界にあたるため、続けて仕事に必要な知識をインプットし続ける継続力が欠かせません。

1年前まで主流とされていたやり方が、翌年には古いとされるようなことは多々あり、働きながらでも勉強し続ける必要があります。

企業が主催するセミナーや交流会に顔を出すなどして、そうした仲間内でコミュニケーションを取りながら、トレンドとなる技術の情報を集めるのも1つの手です。

何年働いても、こうした新しい知識を取り入れ続けなければならないため、継続力が必須となるのです。

粘り強さ

通信業界に属する多くの企業は、技術的な革新やサービスの向上が求められているため、チャレンジ精神や1つのタスクをやりぬく力が試されるとも言えます。

既存のやり方を守り抜くというよりは、基本をベースにした新たな試みにチャレンジして、結果を残すことが評価されやすいのです。

こうしたチャレンジで成功を収めるには、どの職種でも粘り強さを発揮して、しっかりと仕事と向き合っていくほかありません。

日々の業務に小さな目標を立て、諦めずに取り組んでいく姿勢が求められるのです。

コミュニケーション力

通信業界で働くにはコミュニケーション能力も欠かせません。

一般的に、コミュニケーションが必要となるのは、他社との交渉や商談が想定される営業職です。

しかし、サービスの作り手となる企画職や開発部門でも、1つのプロジェクトを遂行するために、社内の他部署と連携して仕事を進めていきます。

ときには納期や予算の兼ね合いを調整するため、他部署の人間と折衝していく必要もあるのです。

つまり、通信業界で働くなら営業職以外でもコミュニケーション力は必須と言えるのです。

きめ細やかさ

通信業界で働くには職種を問わず、きめ細やかな対応が求められます。

そもそも、通信業界が支える通信インフラは、多くの人の生活に広く深く浸透しているものです。

自然災害などで通信インフラの接続が寸断されるなど、システムの不具合によって発生するトラブルは、もはや甚大なリスクとも言えるでしょう。

つまり、些細な欠陥であってもすぐに対応する必要があり、顧客の悩みに対しては真摯に向き合わなければなりません。

レスポンスの速さも、そうした対応のきめ細やかさに通ずるものであるため、顧客の立場に立つ意識をもちましょう。

【通信業界の志望動機】志望動機のポイント

通信業界の志望動機を書くポイントは大きく分けて以下の4つです。

まず、なぜ通信業界を志望しているのかを書き、さらになぜその企業で働きたいのかを書きます。

根拠を示すために自身の人柄が伝わるエピソードを添え、最後に通信業界で働きながら、どういったキャリアを形成したいかについても言及しましょう。

志望動機には意気込みだけを書くのではなく、こうしたポイントが押さえられた内容を書きます。

ポイントさえ整理できていれば、より人事の心に響く志望動機が書けるようになるでしょう。

なぜ通信業界なのか

志望動機を書くにはまず、通信業界を志望する理由についてきちんと言及しておきましょう。

就職するにあたり、企業のネームバリューや福利厚生といった、会社独自の魅力に惹かれることは誰しもあります。

しかし、メリットだけを並べる志望動機には、仕事に対する熱意が感じられません。

業界の最新動向をまとめておくことはもちろん、将来性に対して期待感を抱いていると伝えてください。

業界に対する志望理由が思いつかない人は、通信業界でしか携われない仕事を軸にして考えるとスムーズでしょう。

なぜその企業なのか

同じ通信業界に位置する企業といっても、会社によって取り組んでいる事業や特色は大きく異なります。

会社案内や、企業の公式ホームページから得られる上辺だけの情報だけではなく、より会社の内部を物語るエピソードがあると説得力が増すでしょう。

そこでおすすめしたいのが、OB/OG訪問やインターンへの参加です。

実際に働く社員の人柄や自分が感じた企業への印象をベースに、他社比較を交えれば、志望企業の強みを明確に理解した状態で志望動機が書けます。

あなたはどんな人なのか

志望動機には、自分がどういった人柄であるかについてもしっかりと書いておきましょう。

仕事に取り組む姿勢や困難に直面した際にどう立ち向かうかは、個人の価値観や人柄に左右されます。

自己分析を行ったうえで、自身の人柄を交えながら仕事に対する熱意をアピールしましょう。

たとえば「自分は忍耐強い人間だから、日々勉強を欠かさず変化の激しい通信業界の動向にもついていける」と伝えられるとベストです。

企業が求める人物像や職業適性を考慮したうえで、最適な価値観や人柄が引き合いに出せると、志望動機に対する評価も上がります。

あなたの思い描くキャリアは何か

志望動機には、就職してからの自身の姿についても言及しておく必要があります。

具体的には、どういった活躍を見せて、どのようなキャリア形成をしていくかをしっかりと伝えましょう。

企業は人を雇い入れる際に、将来的にどういった活躍をしれくれるかまで想定しながら採用活動を行っています。

入社してからの働きぶりや自己成長をイメージできている学生の方が、人事担当からすれば期待値を込めて採用に踏み切りやすいのです。

自身がどういったキャリアを形成するかもしっかりとイメージしておきましょう。

【通信業界の志望動機】志望動機の構成

通信業界の志望動機をわかりやすく書くには、以下の構成を意識した文章になるよう心掛けてください。

まず、文章の内容を大きく結論・根拠・どう貢献できるかの3つに分けてみましょう。

志望動機の文字数を200文字~300文字程度とするなら、結論に1割、根拠と貢献で9割を目安にします。

ただ漠然と志望動機を書いてみても、最初のうちは伝えたい内容がまとまらなかったり、言いたいことが重複してしまったりする場合があります。

文章をエッセンスごとに区切ることで、相手にも伝わりやすく、自分の主張も簡潔にまとまった志望動機が書けるのです。

結論

冒頭にくる結論には、シンプルに志望動機を読んでいる人に、こちら側の主張のゴールを伝える役割があります。

この場合「私は通信業界の営業職で、インターネットインフラの地域格差をなくす仕事がしたいです」といった内容になります。

端的に通信業界でなんの仕事に携わり、どういった成果をあげたいかイメージしていると、一文で伝えられるようにしましょう。

内容がまとまらない人は、志望動機に書くべきポイントがまだ押さえられていないため、構成に入る前に再度ポイントを整理するのがおすすめです。

根拠

結論に続く根拠には、業界や企業を志すようになった理由を述べましょう。

具体的には、企業の仕事に対して感じている魅力や、仕事全般における適性を過去のエピソードをもとにアピールしていきます。

根拠の部分は、オリジナルの志望動機に欠かせないエッセンスです。

最初の結論がどれだけしっかりと伝えられたとしても、明確な理由のない志望動機では、働くうえでのモチベーションが低いと捉えられかねません。

どうして通信業界なのか、どうしてこの会社でなければならないかの理由を今一度整理しておきましょう。

どう貢献できるか

志望動機の締めくくりには、入社後の活躍についてもしっかりと言及しておきましょう。

お伝えしている通り、志望動機では入社してからどのように働き、どういった活躍を見せるかについてきちんと考えておかなければなりません。

働きたいという熱意や根拠を示したあとは、学生なりに人材としてどうやって会社へ貢献するかも伝える必要があるのです。

「過去の経験で培ったスキルや能力を活かして会社の発展に尽力したい」といった内容が該当します。

【通信業界の志望動機】志望動機の例文

私は、通信業界でもっとも地方に基地局を持っている貴社で、営業の仕事に携わりながら人々の生活を支えたいと考えています。

自分の生活もそうであるように、今や誰にとってもインターネットの存在は欠かせないものであり、貴社は通信業界の中でも、もっとも多くのシェアを誇る企業です。

これだけ便利になった世の中でも、まだまだ地方の地域ではインターネットに接続しにくいエリアがあると知り、この便利さをもっと多くの人に届けたいと考えるようになりました。

そこで私は、アルバイトで培ったコミュニケーション能力を活かして、顧客への徹底したヒアリングを実施し、サービスの向上に尽力します。

全国47都道府県のどのエリアであっても貴社のインターネットが届くよう、いち早く業務に慣れて現場に赴き成果をあげていく所存です。

【通信業界の志望動機】志望動機の注意点

通信業界の志望動機を書く際に気をつけたいのは以下の2点です。

まず、通信業界でよく使われる専門用語の多用には注意しましょう。

知識があることはアピールできても、付け焼き刃の浅い知識なら、志望動機にあえて書くことは得策と言えません。

また、通信業界特有の魅力でもある安定性ですが、志望動機で引き合いに出すのはやめましょう。

企業が志望動機で見たいのは、学生の仕事に対する熱意や人柄、適性についてです。 2つの注意点がなぜNGと言えるのか、詳細を見ていきましょう。

専門用語の多用に注意

志望動機では、業界への興味関心をアピールしたいがために、業界用語を多用してしまうかもしれませんが、これは裏目に出てしまう行為なのでやめましょう。

どれだけ綿密なリサーチができていたとしても、業界や仕事に対する知識は学生のうちはまだ不十分です。

アルバイトや長期インターンなどで、業界の知識を用いた仕事に携わっていたのであれば話は別ですが、志望動機を書くために調べた程度であれば、避けたほうが無難です。 知識を身につけようとした努力が評価される程度に留めておきましょう。

安定性を語るのはNG

通信業界に対する志望動機でよくあるミスが、業界の安定性ばかりを語ってしまうことです。

たしかに通信業界は今後とも仕事がなくなる可能性は低く、職業としての安定性は抜群とも言えます。 安定志向であることも悪くありませんが、志望動機に書く内容としては避けましょう。

大事なのは自身のやりたい仕事やキャリア形成が、通信業界でなければならない・志望企業でなければいけない理由です。

業界研究や企業研究をしっかりと行い、ほかの業界や企業にない魅力をしっかりと見つけておきましょう。

まとめ

通信業界の志望動機は、業界や企業で働きたい理由・仕事への熱意・自身の人柄に触れながらキャリア形成まで見据えた視点をもつと書きやすくなります。

具体的にどんな職種があるのかわからない、志望する企業が競合他社とどんな違いがあるのかわからない方は、情報量がまだ不足しています。

企業の公式ホームページをもう一度じっくりと読むのはもちろん、OB/OG訪問やインターンに参加するなどして会社の特色をしっかりと理解しましょう。

履歴書の書き方がわからない?ウカル履歴書、教えます。​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ