インターンシップは平均何社参加するべき?複数参加するメリットも紹介

インターンシップは平均何社参加するべき?複数参加するメリットも紹介

「インターンシップに参加したいけど平均何社ぐらい参加したらいいのかな?」
「インターンシップに複数参加するメリットって何だろう?」
これからインターンシップに参加しようと思っている人の中には、このような疑問や不安を感じている人も多いのではないでしょうか。

この記事では、インターンシップに参加するメリットや複数参加する場合の注意点、さらにはインターンシップ先の探し方などについて紹介していきます。

この記事を読むことで、インターンシップの重要性やインターンシップに参加する際の心構えについても理解することができるでしょう。

インターンシップに参加したいけれど、どれに参加すれば良いのか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

インターンシップは平均何社参加するべき?

インターンシップとは、学生が就業前に企業で働くことを指し、「就業体験」とも言われています。インターンシップに参加することで、希望する業界や就職先の仕事内容や適性を知ることができるため、学生にとっては活用すべき制度と言えるでしょう。

明確に将来の目標が決まっている場合は1社に絞るケースもありますが、最低でも2社以上参加することによって企業の特徴をそれぞれ比較できるため、平均的に1~3社参加することが多いとされています。

また、元々興味のある業界とは別の業界をみることで、自分でも気付いていなかった適性に気付く場合もあることからも、複数参加することは有意義だと言えるでしょう。

インターンシップに複数参加する6つのメリット

インターンシップは企業分析や自分の適性を知るために積極的に参加したいものですが、複数参加するのには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

ここからは、インターンシップに複数参加することで得られる6つのメリットについて紹介していきます。メリットを理解した上で、インターンシップの参加をより有意義なものにしましょう。

1:多様な業界を知ることができる

世の中には様々な業界があります。就活中に企業研究や業界研究で情報を集めているとはいえ、すべてを把握するのは難しいでしょう。

インターンシップは、「就業体験」という目的で開催されているため、たとえ期間は短くても、その企業の概要や、様々な職種の仕事内容などを効率的に知ることができるでしょう。

また、実際に働いてみることで自分の適性を知ることもできるため、将来の選択肢を広げることにもつながると言えます。

2:企業を比較分析ができる

業界が同じでも、企業によっては働き方が様々です。複数の企業のインターンシップに参加することで、企業の特色を比較することができます。

また、志望企業のインターンシップに参加した場合、改めて魅力に気付ける場合もあるため、面接時により説得力のある志望動機を伝えることができるでしょう。

志望する業界や企業を既に決めている場合は、特に同業他社のインターンシップに参加することも有効と言えます。

3:自己理解を深めることができる

インターンシップの内容は企業ごとによって様々ですが、就業体験のほかにも、他の参加者とグループディスカッションを行ったり、プロジェクトを遂行したりする場面もあります。

自分が集団の中で、どのような役割を果たすタイプなのか、どのような作業に適しているのかなど、自分を客観的に分析しやすくなると言えます。

また、様々な経験を通して、自分の長所や短所に気付くこともできるでしょう。

4:面接の練習ができる

採用面接時に面接慣れをしていない場合、緊張して受け答えがスムーズにできないこともあるでしょう。

インターンシップに参加するにあたり、書類作成や面接などが行われる場合があります。複数参加することで面接を受ける機会が増え、面接の経験を積むことになるため、対応力がアップする可能性があり、実際の就職活動の面接でも役立てることができるでしょう。

また、インターンシップで社会人と接する機会が増えるため、面接で緊張しにくくなる可能性もあります。

5:採用担当に直接アピールができる

インターンシップの参加で採用担当者と面識を持つことで、早期選考してもらえたり、本選考の際に初対面の人と比べると有利になったりする可能性があります。

また、インターンシップでの経験を志望動機などのエピソードで使うことで、仕事への理解度や、意欲の高さを伝えることもできるでしょう。

上記のことから、既に志望する企業が決まっている場合は、特にインターンシップに参加することは有効だと言えます。

6:人脈を広げることができる

学生生活では、趣味や興味が合う友人と過ごすことが多いでしょう。インターンシップでは、価値観が違う学生や社会人の先輩と出会うことになります。

そのような人たちと接することで、新たな刺激が得られ視野も広がるでしょう。

また、就活は情報戦と言われています。複数のインターンシップに参加し、人脈を広げることは情報収集にも有効と言えるでしょう。

 

インターンシップに複数参加する際のコツ

インターンシップに複数参加することでたくさんのメリットがあります。

しかしインターンシップに複数参加する際は気を付けることがいくつかあります。

インターンシップに複数参加して、有効に時間をつかうための工夫をしましょう。

まずは目的を明確に

まず、インターンシップに参加するための目的を明確にしましょう。

自分がきちんと身のある時間を過ごすために、インターンシップに何を目的に参加する考えてみてください。

例えば、

・インターンシップに参加して業界理解を深めたい

・企業への理解を深めたい

・企業ごとや業界ごとの 特性について比較したい

・早期選考枠を手に入れたい

など、人によってインターンシップに参加する目的は様々です。

自分がなぜインターンシップに参加するのか、一つの企業に複数回参加するのか、より多くの企業に効率よく参加するのか、目的によって異なります。

自分の動機を精緻化してみてください。

多く参加したからといっていいわけではない

インターンシップに多く参加したからといって必ずしもそれが適切とはかぎりません。

大事なのは「何となく」で適当にこなさないことです。

インターンシップに多く参加することで、企業とのつながりや、新たな発見を多く得ることができます。

しかし、参加することに満足してしまっては、得られるものがなく、時間の無駄になってしまいます。

企業の規模ごとにインターンに参加してみる

同じ業界でも、企業の規模ごとに、年収や事業内容、ビジョンミッションなどが異なります。

そのため、同じ業界のインターンシップに複数参加するときは、企業の規模を参考にしてみましょう。

自分が、どんな特性を持つ企業と相性がいいと感じるか、魅力を感じるかなど、企業の雰囲気を知る事で考えることができます。

大企業ばかりでなく、成長過程のベンチャー企業や、スタートアップ企業、専門性の高い中小企業など幅広い視野を持ってみて下さい。

インターンシップ先を探す時のポイント

インターンシップに参加しようと決めたものの、どこのインターンシップに参加すれば良いのか、また、どうやって探せばいいのかわからないという方もいるのではないでしょうか。

インターンシップは、企業によって内容や種類、期間も様々なため、自分の状況に合ったものを選ぶことが大切です。

ここからは、インターンシップ先を探すポイントについて紹介していきます。これからインターンシップ先を探そうと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

参加期間や種類を確認する

インターンシップの参加期間は数日から数週間、また1ヶ月以上のものなど、企業によって様々です。

自分の適性を知るために、たくさんの業界の仕事をしたいという場合は、短期間のインターンシップに参加するのが良いでしょう。

将来の目標が決まっており、その業界のことを深く知りたいという考えの場合は、実務経験もつめる長期インターンシップへの参加がおすすめです。

また、インターンシップで体験する仕事内容も企業によって様々です。例えば、実際の業務を行うプログラムや、グループワークなどで事業の課題の解決方法を提案するといった、仕事の疑似体験をするプログラムもあります。

参加期間だけでなく、どのような種類のプログラムに参加したいのかも、インターンシップ先を選ぶポイントになるでしょう。

自分の志向に合わせる

目標とする業界や企業が既に決まっている場合は、企業ごとの特色がつかめるため、同じ業界の中で複数企業に参加してみるのもおすすめです。

興味のある業界の理解を深める上で、同業他社の情報があると、業界の課題などが見えてくることもあり、役に立つことも多いでしょう。

また、自分が気付いていなかった適性や、新たな発見をする可能性もあるため、全く興味がないものや、興味が薄いものにもあえて参加してみるのも良いでしょう。

就活サイトを活用する

就活サイトは企業情報を多く持っているため、自分が希望する企業を探しやすいと言えます。

情報はできるだけ早く知ることが大切です。就活サイトは、少なくとも2つ以上のサイトを見る癖をつけて、対策するようにしましょう。

企業の募集状況をチェックする

気になる企業がある場合は、企業の公式ホームページをチェックしてみましょう。

インターンシップの募集要項が掲載されている場合も多く、募集が開始されていれば、すぐに応募することもできます。

また、公式ホームページのみで告知している場合もあるため、わざわざ自社HPを調べてくれたのかと、応募の時点で好印象を与えることができるでしょう。

就活エージェントのサポートを受ける

就職エージェントのサポートを受けた場合、企業にエントリーシートを出さなくても、時期に関係なくインターンシップを紹介してくれると言われています。

また、登録する就活エージェントによっては大企業のインターンシップを紹介してくれる場合もあるため、エージェントに自分のキャリアプランをしっかり相談をして、自分に合ったインターンシップ先を紹介してもらうのも良いでしょう。

インターンシップを何社も参加する場合の注意点

前述した通り、インターンシップに複数参加するメリットは多くあるということがわかりましたが、同様に注意すべき点もあります。

ここからは、インターンシップに複数参加する場合の注意点について説明していきます。一つ一つのインターンシップをより有意義のあるものにするために、以下の注意点をしっかり押さえておきましょう。

あらかじめ目的を決めておく

目的を決めてからインターンシップに参加した方が、参加することで何を得たいのかが明確になり、より多くのことを吸収できるでしょう。

また、目的によってインターンシップの仕事内容も異なってくるため、参加するインターンシップ先を、より明確に見つけやすくするためにも、あらかじめ目的を決めておきましょう。

スケジュール管理に気を配る

複数のインターンシップに参加する場合、大学の試験やエントリーシートの提出日、他企業のインターンシップの日程などと重ならないよう注意する必要があります。

就活用のスケジュール帳を持つ、アプリにまとめて管理する等、予定が重ならないようにしっかりと対策をしましょう。

もし重なってしまった場合は、気付いた時点ですぐに企業に連絡をするようにし誠意をみせることが大切です。

学業とのバランスを考える

インターンシップに参加して企業研究ができ有益な情報を得たとしても、単位を落として卒業できなければ全く意味がありません。

また、就活の面接時に、単位を落とした理由を聞かれたり、単位を落としたことで採用の評価に影響したりする可能性もあります。

インターンシップに複数参加するのは良いですが、あくまでも学業が本業だということは忘れずに、学業と両立できる数にすることが大切です。

自己分析の時間を作る

インターンシップに複数参加している人が陥りやすいのが自己分析不足です。

インターンシップに参加することで、業界や企業のことを理解できるかもしれませんが、そればかりに集中してしまい、いざ採用試験の準備を進めると、自分分析が全くできていないことに気付くというケースも多いとされています。

就活では自己分析力も重視されるポイントであるため、自己分析の時間もしっかり取るようにしましょう。

インターンシップに平均何社参加するかを知ろう

インターンシップの平均的な数は、学生の状況によって異なりますが、最低でも2社以上参加することによって、それぞれの企業の特徴を比較でき、自分の適性を知ることにも役立つということがわかりました。

インターンシップには、参加制限などは特に無いため、スケジュールが重ならないよう調整しつつ、率先して参加するのが良いと言えます。

ただ複数参加すれば良いということではなく、参加前には必ず目的を明確にし、終了後は自分の適性を分析することを忘れないようにしましょう。

本記事を参考に、インターンシップを有意義なものにしてください。

担当エージェントがインターンシップを紹介!
インターンシップ参加まで個別でサポートします。

インターンであなたのビジョンを実現まで
サポートを実施

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ