志望動機なんてねーよ!その気持ちはわかるが志望動機を作らないと受からないのが就活です

はじめに

就職活動をするにあたって、志望動機なんてねーよと言ってしまった経験はありませんか。

このような気持ちの就活生はとても多いかと思われます。

しかし、その多くが志望動機を作成して、就職試験に臨むことになるのです。

志望動機なんてねーよと思っている人は、志望動機に関して悩みを持っているとも言えますので、今回はその悩みを解決するためのアドバイスをします。 

【志望動機なんてねーよ】志望動機なんてねーよって思うのわかります

就職の目的を考えてみると、単純に生活するために職が必要になる人もいるでしょう。

そのような学生は、志望動機はないと思ってしまうのは仕方がありません。

また、世の中には、自分の思い描いた未来のとおりに生きているような人は多くはなく、このような人たちは少数派に該当するでしょう。

こんなことを考えてしまうと、余計に志望動機なんて関係ないと思ってしまうかもしれません。

しかし、社会人になるならば、本音と建て前の部分はしっかりと分けるべきです。

そして、就職試験の際の志望動機こそ本音と建て前の部分なのです。

もちろん、本心から志望動機を言っている人もいますが、中には本心と志望動機がかけ離れている人もいるでしょう。

しかし、社会人というのはそれでも問題ありません。

志望動機を作らなければ、就職試験を通過するのは難しいので、ここは割り切って、志望動機を作成してみてはいかがでしょうか。

割り切ることによって、ずいぶん気持ちが楽になるはずです。

【志望動機なんてねーよ】志望動機を適当に書くとどうなる?

志望動機なんてねーよと思う気持ちはわかりますが、かといって志望動機を適当に埋めて提出したらどうなってしまうのでしょうか。

多くの就活生は志望動機なんてねーよと思いながらそれでもなんとか捻り出した答えを志望動機としています。

ただ、どうしても志望動機が全く思い浮かばないという企業も存在します。

そうやって適当に書いた志望動機を提出したらどうなるのかについて詳しく解説していきます。

そもそも内定がもらえない

これは当たり前と言えば当たり前なのですが、適当に書いた志望動機では内定をもらえないということがあります。

企業が志望動機を見るのは学生の志望度や入社後の早期離職リスクを抑えるためということが多いですが、そうした意欲が感じられない志望動機ではそもそも内定を獲得できないかもしれません。

志望動機が書けない企業でも応募するからには内定を獲得したいと考えるのが普通だと思います。

内定を獲得するためにも適当に志望動機を埋めるなんてことはやめましょう。

仮に内定をもらっても早期離職につながる

適当に出した志望動機で内定を獲得することもあるかもしれません。

しかし、志望動機を適当に書くということは企業研究が不十分であるということです。

内定をもらってからその企業についてよく調べて考えた上で承諾するのであれば問題はありませんが、基本的に企業研究が不十分なままでは企業に入社してからのギャップによって早期離職してしまうことになります。

一度入社してから転職をすればいいだけと考えるかもしれませんが、新卒というカードを使えるのは一度だけです。

もしも企業に入社してからすぐに辞めて転職活動を行おうとすると、採用してもすぐ辞めてしまうんじゃないかといった余計な不安を相手に与えてしまい、転職活動は難しくなってしまいます。

そのため転職を考えていたとしても、これらの理由で三年間は最低でも働けるような企業に

入社するべきなのです。

【志望動機なんてねーよ】思いつかない時にやってしまいがちな志望動機のNGパターン

いくら適当に書かないといっても思いつかない時にはなんとかして志望動機を作らなければなりません。

ここでは、志望動機を書く上で気をつけなければならない点について詳しく解説していきます。

どの企業にも当てはまるもの

先ほども志望動機によって企業は入社意欲などをみていると伝えました。

そのため、どの企業にも当てはまるようなものを伝えては自社への意欲が低いと捉えられてしまうかもしれません。

もちろんこの会社でしかできないことというのは少ないですが、それでもその企業にしかない魅力を考えてみることをオススメします。

説得力のないもの

説得力がなくては企業に対してあなたの思いは伝わりません。

説得力を持たせるには誰が聞いても納得するようなエピソードを添えて伝える必要があります。

そのため、面接で何を聞かれても答えられるようなエピソードと絡めて志望動機を作成することをオススメします。

自分勝手なもの

正直な話、企業に入社してやりたい仕事なんてない人の方が多いです。

その中で志望動機を書こうと思ったら福利厚生くらいしかないというのが本音でしょう。

ただ、それでも志望動機に福利厚生や、プライベートを充実させられるといったことをアピールしてしまっては企業は入社しても自分の都合ですぐに辞めてしまうのではないかと考えてしまいます。

そのため、志望動機などを考える際には自分本位になっていないかを考えることが必要です。

【志望動機なんてねーよ】なぜ志望動機がないのか

まずは、なぜ志望動機がないのか確認してみます。

理由が不明であれば、対処のしようがありません。

志望動機がない人にはさまざまなタイプがあって、たとえば企業研究が足りないのもその1つです。

また、働くイメージがわかない人も、志望動機は作成しにくいです。

さらに、場合によってはまったく企業に興味がないこともあります。

このように人それぞれ、志望動機がないのにはしっかりとした理由を持っているのです。

企業研究が足りない

志望動機を思い浮かばない理由は、単純にその企業を知らないからかもしれません。

まったく知らない物事に対して、何かを想像しようとしても、頭が疲れてしまいます。

そのため、そんな状況を志望動機なんてねーよと言ってしまっているのかもしれません。

そして、志望動機作成にあたっての知識のヒントは企業研究にあると言えるでしょう。

企業研究によって、企業のことをたくさん知れますので、志望動機くらいは簡単に作成できる知識は手に入るはずです。

また、企業研究がきっかけになって、その企業が好きになれることもあります。

志望動機が作れないのなら、まずは企業研究で知識を深めてみるのがよいでしょう。

働くイメージがわかない

志望動機を作成する際に重要になってくるのが、働くイメージです。

働くイメージがわかない人は、志望動機は作成しにくいでしょう。

なぜなら、その企業で自分がどんな活躍をするかを想像できないわけですから、なかなか志望動機が思い浮かんでこないのです。

逆に、働くイメージがわくのならば、そこから志望動機が作成できるはずです。

また、その会社で働くイメージより、社会人として世の中で働くということに対してイメージがわかないのかもしれません。

そのような場合は、両親や先輩、兄弟などから、実際に働くとはどんなことなのかを聞いてみるとよいでしょう。

世間で実際に働いている人たちから話を聞くことによって、ずいぶん働くイメージが見えてくるはずです。

そもそもその企業に興味がない

志望動機が思い浮かんでこない理由は、単純に企業に興味がないのかもしれません。

誰だって興味のない企業より、興味のある企業の方が、さまざまなイメージが浮かんでくるはずです。

あまり興味のない企業を受けても、イマイチ本気になれないので、本当にその企業に興味がないならば、思い切って違う企業を志望してみるのもよいかもしれません。

志望する企業を考えるにあたって、その企業を志望する際に、どんな志望動機を相手に伝えるのかを想像し、それが簡単にできるようなら、あなたはその企業に興味があるのかもしれません。

興味のある企業に対しては、自然に学びたいという気持ちが芽生えるもので、その結果、企業研究によりさまざまな知識を得られるのです。

この状態であれば、志望動機も書きやすいと言えるでしょう。

【志望動機なんてねーよ】志望動機ってなんで必要なの?

第一志望なのかを重視する風潮

企業にとって「内定を出しても来てくれなかった」なんてことは避けたいことです。

面接でも第一志望はどこか聞かれることも多いですが、志望動機から伝わる熱意で企業への志望度を量っている会社も多くあります。

志望度を聞かれた際に「第一志望です!」と嘘でも言うように、志望動機を嘘でも作り上げておくことは重要なわけです。

企業にマッチしているかを判断する

やはり内定を出した人には長く働いて欲しいのが企業の本音…

すぐ辞めそうな人は最初から取らないようにしたいので志望動機で「うちでしかできないこと」を語れるかを見ています。

就職してから達成したい目標や、ここでしかできないことを志望動機としてはっきり伝えられる人はやはり企業にマッチしているように見られる上に、長く一緒に頑張っていけそうな印象を与えられます。

「働かないといけないからです」なんて言えない

「志望動機なんてねーよ」そう思うあなたにとって一番先に思いつく言葉は「働かなきゃいけないから志望してるんだけど…」だと思います。

働かなくて良いなら働かないしと思う方もいるかもしれません。

もちろん面接の場でそんなこと言えないし、やはり建前でも志望動機は必要なんです。

一度必死に企業を調べて志望動機を完成させたら働く理由になるかもしれませんし、大変ですが頑張ってくださいね!

【志望動機なんてねーよ】志望動機が作れないときの解消方法

ここでは志望動機が作成できないときのための解消法を紹介します。

それぞれの状況に合わせた解消法を紹介しますので、現在の自分に照らし合わせて利用してみてください。

とりあえず企業を受けるのをやめるというのも選択肢の1つですし、その会社の社員に会いに行くのもよいです。

また、将来なりたい自分から逆算してみるのもよいでしょう。

とりあえず企業を受けるのをやめる

その企業に対して、志望動機なんてねーよと思っているということは、興味がない可能性も高いです。

このような場合は、思い切って企業を受けるのをやめてみるのも選択肢です。

新しい企業を探してみると、意外にすんなりと志望動機を作成できることも珍しくはありませんので、志望動機が思い浮かばないからと言って、フリーズしてしまわないことが重要です。

志望する企業にそれなりの興味があれば、志望動機が作れないという状況も少なくなってきますので、もしかすると本当にその企業に興味がないのかもしれません。

また、これは決して悪いことではなく、人には向き不向きがありますので、自分の力を発揮できる企業を志望した方が今後のことを考えるとずっとよいです。

その会社の社員に会いに行く

その会社の社員に会いに行くのもおすすめです。

これは、企業で働くイメージがわかないときの解消法です。

実際にその会社で働いている社員を観察できれば、志望動機のヒントはたくさんあるはずです。

どのような部分が輝いて見えたのか、どんな部分が大変そうだったか、やりがいは何なのかなどを観察できれば、自分が働く姿を想像できるでしょう。

働く姿が明確になってくると、すんなりと志望動機を導き出せることも多いです。

その会社の社員に会うためには、いろいろな方法が考えられますが、大学の先輩を利用したり、インターンを利用したりする方法もあるでしょう。

将来なりたい姿から逆算する

その企業で働く具体的なイメージができなくとも、将来なりたい姿は想像できるはずです。

また、将来、どんな自分になりたいかは、まだ想像しやすいと言えるでしょう。

そして、この将来なりたい自分から逆算して志望動機を考えると作成しやすいです。

志望動機を考える際には、将来なりたい自分から逆算して、まずその会社でどんな経験を積みたいのかを考えます。

そして、そのためには何が必要かを考えていけば、次第に志望動機が見えてくるのではないでしょうか。

この自分になるために、この会社でなければならないといった志望動機になってくると、非常に説得力があります。

最終手段でその企業の求める人物に合わせる

これは最終手段になってきますが、その企業のホームページなどを確認して、その企業が求めている人物に合わせて志望動機を作成する方法もあるでしょう。

この場合は、すでに答えがありますので、それに肉付けするだけで、簡単に志望動機を作成できてしまいます。

しかし、採用担当の人たちは百戦錬磨の人たちなので、このような志望動機の作り方では相手にバレてしまう可能性もあります。

こうした志望動機の作成をしてしまうと、どうしても似通ったものになってしまいやすいのです。

そこで重要なのが、自分だけのオリジナル要素を加えるというものでしょう。

【志望動機なんてねーよ】就活の軸を決めよう

志望動機を考えるためにはいきたい企業を見つけることが一番簡単です。

そうすれば志望動機も自然と決まってきます。

いきたい企業を見つけるためにも就活の軸をはっきりさせましょう。

就活の軸とはこういった企業に入社したいといったものです。

その条件にあう企業を探せば、志望動機に悩むこともなくなります。

お金のため

おそらく働く人の多くはお金のために働いていることが多いでしょう。

もちろん上司のためとか会社のためとか家族のためとかさまざまな理由はありますが、働く前から会社のためといった理由を持つことは難しいです。

ただ、正直にお金のためといってもそれこそどこでもいいのではないかと思われて内定を獲得できません。

将来の家族のためとか親への恩返しとか、さまざまな言い方はできるため、どのように伝えるのかを考えてみましょう。

社員に惹かれた

就活の軸で人を重視しているという就活生は多くいます。

今までのアルバイト経験やサークルの経験から何をやるにしても人が良くなければ続けることができないと考えたというのが主な理由です。

そのため、志望動機でも社員に惹かれたといって、その企業の社員や社風と自分がマッチしているとアピールする就活生も多くいます。

しかし、これをアピールするためにはその企業の社員と実際に会う必要があります。

そのため選考の途中から、色々な社員と話をして魅力を感じたというようにアピールする就活生が多いですが、最初からこの志望動機でアピールしようと考えた時にはOB訪問がおすすめです。

また、OB訪問をすることのメリットとして実際に志望動機に悩んでいることを打ち明けることで社員の立場からアドバイスをもらえることもあります。

その中で魅力を感じたら社員に魅力を感じたと言えるため、非常におすすめです。

自分の成長のため

就活の軸で自分の成長をあげる方も多くいます。

特にベンチャー企業などに就職を考えている方の多くは自分の成長を就活の軸にしています。

ただ、この志望動機でアピールする際にはどうしてその企業だと成長できると考えたたのか、他の企業ではなぜダメなのかといった部分を考えなければ志望動機が薄いと考えられてしまいます。

そのため、自分はどんな企業に入社したいのかという就活の軸だけでなく、その企業に入社するとどうなるのかといった部分まで考えられると良いでしょう。

【志望動機なんてねーよ】志望動機を見つけるためには自己分析が必要

志望動機を見つけるためにも就活の軸を決めた方がいいという話をしましたが、そもそも就活の軸を決めるためにはどうすればいいのでしょうか。

最も言われているのは自己分析ですが、そんなものめんどくさくてやっていないという方も多いかと思います。

自己分析をすることのメリットとして、選考の場で何を聞かれても答えられるようになるというメリットがあります。

また、自己分析ができていなければ就職後にミスマッチによる早期離職につながってしまいます。

その後に転職活動をしようと思っても、多くの企業では勤続経験3年以上というものが多いので、最低でも3年ほど働き続けられるような環境に就職できると良いでしょう。

ここでは、大切な自己分析の方法について詳しく解説していきます。

モチベーショングラフ

モチベーショングラフとは、あなたの過去を振り返って時系列ごとに折れ線グラフで表すもののことをいいます。

これをやることで、あなたはどういったことに喜びやモチベーションを感じるのか、どんなことで挫折をしてしまうのかといったことが可視化され、就活の軸を決める際に非常に役に立ちます。

例えば、自分は何か新しいことにチャレンジをすることにワクワクして、新しいことができるようになると喜びを感じるという人間性だった場合には裁量権のあるベンチャー企業が向いているかもしれません。

こういったことまでわかるため、モチベーショングラフはおすすめです。

自分史

自分史とは、モチベーショングラフと同じようにあなたの過去を振り返って歴史年表のようなものを作ることです。

自分史はモチベーショングラフと違ってその年代に起きた代表的なエピソードまで詳しく書いていくため、選考で使えるようなエピソードまで準備できる点でおすすめです。

選考では何をアピールするにしても説得力を持たせるために具体的なエピソードについて深掘りされたり説明を求められることがあります。

そのため、自分史を通してあなたがどんな人間なのかわかった後はそのエピソードを深掘りしていきましょう。

他己分析

他己分析とは、あなたの友達や親など、あなたを良く知る人物にあなたについて質問することをいいます。

他己分析をすると客観的な視点を持つことができるようになり、選考でアピールする際にも客観性が生まれて説得力が生まれます。

また、自己分析だけでは気づかなかったあなたの長所や短所を把握することもできるので、一度やってみることをおすすめします。

また、実際に選考でも周りからどのように思われていますかといった質問をされることがあるため、他己分析はそうした選考対策にもなるでしょう。

【志望動機なんてねーよ】実際に志望動機を作るときの流れ

ここでは実際に志望動機を作るときの流れについて紹介します。

しっかりとプロセスを踏んで志望動機を作成できれば、素敵な志望動機が完成するはずです。

企業に行きたい理由をはっきりさせたり、PREP法を学んだりするのもよいでしょう。

なぜその業界でなくてはいけないのかを明確にする

志望動機を作成する際に重要になってくるのは、なぜ自分はその業界を志望するのかを明確にするというものです。

企業選びが間違っているかどうかの前に、業界選びが間違っていると、なかなか志望動機が作成できたいものです。

これは根本の部分でもありますので、企業選びの前に、業界選びをしっかりとやってみる必要があるでしょう。

この業界を選んだ明確な理由が見つかった場合は、次に企業選びへ進みます。

その業界の中でなぜその会社なのかを考える

業界選びができたら、次はなぜその会社なのかを明確にします。

同じ業界と言っても、企業ごとにいろいろな特徴があります。

その特徴が自分の考えと同じであれば、志望動機は作りやすいでしょう。

企業と自分との相性というのは、初めて就活をするような学生たちには少し難しいかもしれません。

そのためには、徹底的に企業を知ることも重要になってくるので、事前に企業研究を深めておきましょう。

また、なぜその会社なのかがわかってきたら、今度は本当にそれはこの会社でしか達成できないのかを考えてみましょう。

これを考えてみると、意外とほかの会社でもよかったことがわかることもあります。

このくらいの温度感だと、後々に志望動機がブレてくることもあるので注意です。

自分自身がそう思ったエピソードを探す

自分が行きたい業界や企業について考えた後に重要になってくるのが、なぜ自分自身がそう思ったのかです。

これには何らかのエピソードが関係しているはずなので、そう思わされたエピソードを探してみましょう。

このエピソードの詳細がわかれば、志望動機も作りやすいでしょう。

また、人によってはそのようなエピソードが見つからず、何となくこの会社を選んでいたことに気づくかもしれません。

PREP法に当てはめる

志望動機を作成する際にはPREP法に当てはめてみるとよいでしょう。

これは、相手に物事を伝えやすくするための文章構成方法になっています。

志望動機は、限られた文章や言葉で、相手にその会社に行きたいことを伝えなければなりません。

そのため、文章の構成については徹底的に突き詰める必要があるでしょう。

志望動機の文章構成をわかりやすく解説したページもありますので、ぜひご覧になってみてください。

【志望動機なんてねーよ】志望動機例

私は大学ではITについて学びました。

現在、IT業界はターニングポイントを迎えていると聞き、今後は新しい技術がどんどん生まれてくると知り、とてもワクワクしました。

貴社は、IT企業の中でも次世代の新技術に特化した企業だということを知り、ぜひ貴社の技術開発部門で、次世代技術の開発に携わりたいと思っています。

新技術の開発には、学習意欲が必要不可欠です。

私は、学生の頃にアプリの開発を経験したことがあります。

その際はわからないことの連続でしたが、持ち前の学習意欲によって、何とか完成までたどり着くことができました。

採用していただければ、日々、学ぶことを忘れず、貪欲に知識を吸収していきたいと思っております。

そのほかにも例文がありますので、確認しておきましょう。

まとめ

志望動機なんてねーよと思っていた人も、ある程度は志望動機が見えてきたのではないでしょうか。

企業に対して関心があるならば、しっかりとプロセスを踏めば、志望動機は見えてくるはずです。

どうせ自分には志望動機なんてない…とネガティブにとらえるよりも、まずは将来なりたい自分を想像したり、無理に受けようとしたりせず、少しずつできそうなことから始めてみてはいかがでしょうか。

そんな志望動機でほんとに大丈夫?
1人でわからない事はプロと2人で​。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ