【例文付き】あなたがこの業界を志望する理由はなんですか?業界の志望理由について面接で伝える3つのポイント

 

はじめに

面接ではほとんどの場合業界の志望理由について聞かれます。

当たり前の質問でありますが、裏を返せば企業にとって重要な意味を持つ質問だということがわかります。

業界の志望理由に関する質問の答え方が、採否を分けると言っても過言ではありませんので、回答を事前に準備しておくことは不可欠です。

ここでは、面接官が応募者に業界の志望理由を質問する意図をはじめ、答え方のコツについて、回答例を交えて解説します。

回答例には失敗例も含まれますので、志望理由の答え方について詳しく知りたいというときの参考にしてください。

面接で業界の志望理由について聞かれる3つの理由

面接官はなぜ業界の志望理由について応募者に質問するのでしょうか。

そこには重要な質問の意図が隠されています。

意図を理解することで答え方の方向性を決められますので、まずは質問意図について、正確に理解するようにしましょう。

業界の志望理由についての質問意図には、「志望業界の理解度を図るため」「業界への志望度や本気度を把握するため」「あなたが何に価値観を持っているのかを知るため」の3つがあります。

それぞれ詳しく解説します。

志望業界の理解度を図るため

企業が業界の志望理由を聞くのは応募者がどの程度志望業界について理解を示しているかを把握するためです。

業界について理解が深ければ深いほど、その業界に就職する意思が強いとみなされます。

反対に言えば、志望業界に対する理解度が低い応募者は、就職したいという本気度も低いと思われる可能性が高いということです。

就職先を選ぶとき、業界または企業に興味を持ったことがキッカケ、という場合がほとんどですが、後者の場合、業界のことを忘れてしまいがちです。

しかし企業は属している業界とは切り離せない関係にあり、業界から見た企業の立ち位置などについて理解する必要があります。

大企業に限らず中小企業どの会社についても同じことが言えますので、面接前は企業研究とともに業界研究をして理解を深めておくことが望まれます。

業界への志望度や本気度を把握するため

企業の採用担当者は、応募者がなぜこの業界を志望するのか、その理由を知りたがっています。

すべての応募者が、企業と同時に業界への志望度が高いというわけではなく、企業と業界両方の志望理由を明確に説明できる応募者というと、さらに少なくなります。

企業に詳しくても、業界に対して熱意が感じられなかったり、企業と業界との関連性をうまく説明できなかったりすると、採用担当者からの評価は下る傾向にあります。

逆に、業界全体から俯瞰するという視点を持ち、そこから業界や会社について語ることのできる応募者は、評価が高くなることが期待できるのです。

企業の採用担当者に対して、本気度を示すには、企業の志望理由と同時に、業界の志望理由も明確にする必要があります。

あなたが何に価値観を持っているのかを知るため

数ある業界の中から、なぜその業界に興味を持ったことを知ることで、応募者がどんな価値観を持っているのかを把握できます。

これも採用担当者が業界の志望理由について質問する理由の一つです。

世の中にはさまざまな業界があり、それぞれ特徴を持っています。

中にはユニークな業界もあるなど、選択にはその人の価値観や考え方が大きく影響します。

志望理由を説明するときは、価値観や考え方が反映されますので、必然的に採用担当者に伝わります。

企業にとって応募者の価値観や考え方は、入社後のミスマッチがないかどうか確認する材料になります。

面接で業界の志望理由について聞かれたときの3つのポイント

面接で業界の志望動機について適切に答えるには、その業界について調べておくことが不可欠です。

業界の市場規模や主な企業、動向など新聞や雑誌、業界サイトなどから情報を収集し、理解を深めておきましょう。

業界の志望理由に対する答え方には、「その業界でなくてはいけない理由を述べる」「志望理由を過去の経験と紐付けて話す」「将来どうなりたいかを伝える」と3つのポイントがあります。

各ポイントについて説明します。

その業界でなくてはいけない理由を述べる

企業の採用担当者は、「数ある業界の中で、あえてこの業界を選ぶのはなぜだろう」ということを知りたがっています。

そのため、業界の志望理由について聞かれた場合、必ず志望業界でなければならない理由を述べる必要があります。

質問に答えるときは、結論を初めに述べますが、その結論部分が志望業界でなければならない理由です。

結論を先に述べることで、採用担当者は一番知りたい疑問に対する答えを知り、聞く姿勢を持ち続けてくれるようになります。

特定の業界を選ぶ理由を述べるとともに、ほかの業界ではダメな理由についても明確に伝えましょう。

志望理由を過去の経験と紐付けて話す

結論(その業界を志望する理由)を述べたら、次は理由を根拠付けるエピソードを伝えます。

なぜなら、エピソードを絡めることで結論に説得力が増し、企業の採用担当者を納得させることにつながるからです。

そのため、用いるエピソードは、結論を裏付けるものであることが不可欠になります。

説得力とアピール力につながるエピソードを選びましょう。

エピソードが思い浮かばないという場合は、なぜその業界を志望するようになったのか、理由を思い返してみます。

ほとんどの場合、過去のイベントや体験が決め手となっています。

小学校の頃でもいいですし、就活中に体験したことでも構いません。

これまで経験した中で、業界の志望理由をサポートする出来事と、志望理由を紐付けて話すようにしましょう。

将来どうなりたいかを伝える

エピソードを話したら、「将来どうなりたいか」を伝えて締めくくります。

憧れの業界でどのように活躍したいのか、将来のビジョンを採用担当者に伝えます。

将来について語ることは、自分が描くビジョンを伝えるだけでなく、採用担当者が、入社後の応募者の活躍をイメージしやすくなるというメリットがあります。

企業に対するアピールポイントにもなりますので、率直な思いを伝えましょう。

その際、業界の将来性に絡めることも効果的です。

たとえば、将来海外展開が活発化すると予測されている業界であれば、「外国語を取得し、業界のさらなる発展に貢献したい」と言うことができるでしょう。

業界や企業と絡めながら答えていくことで、採用担当者に好印象与えることも期待できます。

面接で業界の志望理由について聞かれたときの回答例

業界の志望理由について質問された場合、どのように答えるのが良いか、例文を参考にしながら考えると、まとまりやすくなります。

例文を3つご紹介しますので、回答の流れなどを把握しましょう。

あくまでも例文ですので、コピーしてそのまま面接で使うことは得策ではありません。

参考程度にとどめ、自分の言葉で回答を作成しましょう。

例文①

私は、トイレタリー業界で商品開発や商品改良に携わる仕事を志望しています。

トイレタリー商品を通して人々の生活の向上をサポートし、毎日を快適に過ごしてもらいたいと考えたからです。

私の祖父は晩年介護が必要な状態で、おむつなど、さまざまなトイレタリー商品を使用していました。

実際に使ってみると便利なものばかりで、介護の手間を省いてくれることに気が付き、自分も人々の助けになるような製品開発に携わりたいと、強く思うようになりました。

御社に入社しましたら、商品開発に必要なスキルや知識を可能な限り身につけて、人々の需要に応えた商品開発を目指していきます。

例文②

私はお客様に、最高の思い出になるような旅行プランを作りたいと考え、旅行業界を志望します。

学生時代から旅行が好きで、これまで世界60カ国以上を旅しました。

普段は旅の計画からホテルの手配まで自分で行いますが、準備に時間がかけられないときがあり、ある旅行会社の旅行プランを利用しました。

旅行プランは自分の好きなところを巡れないというイメージを持っていましたが、私が利用した旅行プランはまったく逆でした。

その観光地では絶対に外すことのできない観光スポットはもちろんのこと、ガイドブックには載っていないようなところまで効率良く観光でき、驚きの連続でした。

この体験を通してますます旅行が好きになり、自分も旅行プランを通してお客様に大きな喜びを提供したいと考えるようになりました。

御社ではこれまでの旅行経験を活かして、他社では体験できないような旅行プランづくりに励みたいと考えております。

例文③

私が不動産業界を志望したのは、人々の生活を豊かにする仕事に就きたいと考えたからです。

私の地元は古びた商店が立ち並び、駅周辺も未開発で、人もまばらという寂しいものでした。

ところが都市開発によって立派な駅が誕生し、周辺にはショップやマンションが立ち並ぶなど、人々で活気にあふれるようになりました。

新興住宅地には新しい家が建てられ、公共施設の整備も進められたのです。

私はこの大きな変化を目の当たりにし、都市開発を通して地域の活性化に貢献したいと強く思うようになりました。

将来的には、住みよい都市開発を目指し、多くの地域をサポートしていきたいと考えております。

面接で業界の志望理由について聞かれたときの失敗例

業界の志望理由の質問には、その業界でなければならない理由を説明し、本気度を伝える必要があります。

逆に本気度が伝わらないような回答は、企業採用担当者に良い印象を与えることができず、場合によっては選考で落とされてしまうかもしれません。

3つの失敗例を挙げて、失敗ポイントと改善案について解説します。

避けるべき言い回しを把握して、回答に反映させるようにしましょう。

例文①

私は自分の可能性を信じて、就職活動を行っておりまして、金融業界もその一つです。

私は大学時代経済学部で学び、この知識を活かした仕事に就きたいと考え、金融業界を就職先の候補に入れました。

私は人とのコミュニケーションを取ることが好きで、初対面の人とも物怖じせず接することを得意としております。

もし採用されましたら、持っている知識と才能を活かして、御社の発展に貢献したいと考えております。

失敗ポイントと改善案

業界の志望理由で最も大切なポイントである、「その業界でなければならない理由」が抜けています。

代わりに、ほかの業界でも大丈夫な理由を述べていますが、企業の採用担当者は「それならうちでなくても良いのでは」と考えるようになるでしょう。

上記の回答は、業界名を変えればほかの業界にも使い回しができ、志望者にとっては楽です。

しかし、企業側にしてみたら、熱意が感じられず、応募者の仲の1人で終わってしまう可能性も高くなるでしょう。

「どの業界でも良い」というような回答は曖昧さが出てしまうため、業界の志望理由に対する回答としては失敗です。

興味のある業界が複数ある場合は、一つひとつの業界に対して真摯に対応することが大切です。

回答は言い回しせず、企業ごとに考えて伝えるようにしましょう。

応募する会社が多くなると、丁寧に対応することは難しくなりますが、適当にしてしまうと、相手にもそれが伝わります。

理由を説明するときは、「その業界でなければならない理由を必ず入れる」ということを片時も忘れないようにしましょう。

例文②

私はゲーム業界での就職を志望します。

物心ついた頃からゲームが好きで、話題になったものはすべて挑戦してきました。

ゲームの開発についても少しずつ興味が出てきまして、空いている時間を見つけてプログラミングについて独学で勉強しております。

私はこれまで数々のゲームをプレイしてきましたが、特に御社のゲームはほかよりも秀逸な作品が多く、この点が御社を志望する大きな理由です。

御社がゲーム開発をしてから15年以上経ちますが、クオリティはどんどん向上し、内容も面白くなってきています。

私もゲーム開発の仲間入りをして、多くの人が楽しんでプレイできるようなゲームを世に送り出したいと考えています。

失敗ポイントと改善案

業界と企業が好きなことがわかる回答ですが、単に「好き」というだけで、それ以上でもそれ以下でもありません。

ゲーム業界や企業についての魅力を語るというテーマであれば、上記の回答例でも十分ですが、業界志望理由という質問に対する答えになりますので、失敗になります。

ゲーム業界や企業に対する好意は、回答に盛り込むべきですが、バランスを考える必要があります。

回答に必要なのは、「その業界でなければならない理由」です。

そして、その理由を根拠付けるエピソードが必要になります。

「その業界がどの程度好きか」をアピールするのではなく「どの程度その業界を志望しているのか」をアピールするよう心がけましょう。

業界や商品の魅力を語るだけでは、業界でどのように活躍するのかというビジョンが見えてきません。

具体的にどのような仕事に就いて、将来どうなりたいのかということを、忘れないようにしましょう。

例文③

私は長年多くの人たちに愛され続け、数多くのヒット商品を世に送り出し続けている御社を志望します。

私は子供の頃から御社の商品が大好きで、家には必ず置いてありました。

成人してから御社の商品を手に取ると、子供の頃の記憶が蘇ってきて、懐かしい気持ちになります。

私もこのように、思い出に残る商品の開発に携わりたいと考えるようになりました。

私はお菓子業界にそれほど詳しくはなく、同じ業界に身を置くほかの企業についてもあまりよく知りません。

しかし、御社を志望する気持ちは強く、もし採用いただけましたら、必要なスキルを最短で身につけ、御社の発展に貢献したいと考えております。

失敗ポイントと改善案

その企業に就職したい気持ちはよく伝わってきます。

しかし、業界に詳しくないということを露呈している時点で、企業の反応は薄いと考えたほうが良いでしょう。

業界に詳しくないということは、業界に対して理解度がないということになりますので、いくら企業に対する本気度はあっても、意味がありません。

そもそも業界の志望理由を聞いているのに、企業の志望理由で答えるという点で失敗しています。

業界の志望理由を話す延長線上で企業の志望理由を伝えるというのは問題ありませんが、上の例文では企業の志望理由がメインになっています。

業界の志望理由を質問されているのに、企業の志望理由を答えるというケースは珍しくありませんので、注意が必要です。

「業界と企業はセット」を念頭に置き、企業が所属している業界について、必ず調べておきましょう。

業界から企業を見ることで、業界全体に対する企業の立ち位置が見えてきます。

たとえば業界での企業のシェア率や競合会社などがそれで、業界研究をしなければ、見えてきません。

まとめ

面接で業界の志望理由について質問されたときの答え方について紹介しました。

業界の志望理由を聞く採用担当者の意図は、就職を志望する本気度を把握するという点にあります。

答えるときは必ず相手が知りたいと思う情報を入れて、できるだけ具体的に答えることがポイントです。

回答例を参考にしながら、採用担当者に好印象を与える回答を目指しましょう。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ