業界別志望動機と例文。食品業界編

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

毎年安定して大勢の学生がエントリーする業界というものがいくつかあります。そういった業界は当然高い倍率を誇りますし、内定を得るのにも苦労するでしょう。食品業界もそんな業界のうちの一つです。大手企業ともなれば、相当な人数からエントリーが送られてきます。しかしその中でも一次面接にすら辿り着けない学生が毎年大勢います。その原因は志望動機です。選考で勝ち進んでいくためには、魅力的な志望動機を書くことが非常に重要となってきます。今回は食品業界をメインに志望動機の例文などをご紹介します。

食品業界は毎年人気

既に述べた通り、食品業界は非常に人気の高い業界です。その理由は、食というものの重要性に関連しています。人間の三大欲求の一つである食欲は、生活から切り離すことができず、需要が尽きることもありません。

だからこそ安定的な収益を上げることができ、不景気の影響も受けにくいという特徴があります。食品業界の内定を獲得するためには、なぜ食品業界が人気なのかという背景についても理解することがとても重要です。

企業研究が不可欠

食品業界が人気である基本的な理由は前述した通りですが、細かい違いや強みは企業毎に異なります。その詳細を正確に把握していなければ、内定を獲得することは難しいでしょう。

だからこそ綿密な企業研究が必要不可欠となります。どうしてその企業に志望したのか。何故その企業でなければいけないのか。こういった質問は就職活動を通して必ずされることになります。

他社との明確な違いを理解していると判断されることは、就職活動においては非常に重要なことです。企業研究は非常に手間のかかる作業ですが、おざなりにせず、しっかりと取り組むようにしてください。

自分が貢献できることを伝える

志望動機を上手に書くためには、自分が会社に対してどのように貢献できるのかということを伝えるのが大切です。社会人経験0の学生が、どう貢献できるかということを伝えること自体がナンセンスなことですから、大切なのは熱意です。

食品業界では主に以下のような業務があります。

  • マーケティング
  • 企画
  • 開発
  • 店舗販売

上記の項目や、それ以外の項目でも構いませんが、先ずは興味のある業種を決めて、そこに対して自分の長所を交えながら熱意を伝えてください。販売であればコミュニケーション、企画であれば発想力、開発であればリーダーシップといった風に、長所と職種にぼんやりとでも関連性をもたせるのがポイントです。

食品業界の志望動機例(開発職)

例文

私は食の可能性を御社と共に広げていきたいと思い、志望しました。

世界単位で食糧危機が叫ばれている昨今、その問題が一層深刻なものになるのは遠い未来のことではないと考えています。

御社は既存の食料とは比べ物にならないほど長期の保存が効く非常食を考案したり、CMなどでも常に食料問題に対して警鐘を鳴らしていたりしています。

その姿勢に共感する部分は多く、同時に「ここでならこの問題を解決する糸口を見つけることができるのではないか」とも思うようになりました。

私は大学でも新しいエネルギーについて研究を重ねてきましたが、その知識を糧に、運用可能なレベルにまで高めた新しい食品を御社で開発して、会社と世界に貢献していきたいと思っております。

自己分析も怠らない

例文のような志望動機を書くためには、企業研究だけではなく自己分析もしっかりと行うことが重要です。自己分析については本サイトでも詳しく書いている記事があるので、そちらを参考にしながら取り組んでみてください。

終わりに

食品業界の選考を勝ち抜くのは簡単ではありませんが、ご紹介した例文やポイントを参考にしながら志望動機を記入することで、選考突破の確立を大きく上げることができるはずです。一度で完璧なものを作ろうとするのではなく、何度も推敲しながら頑張ってみてください。

内定が欲しい人以外は見ないでください
  • 就職活動の攻略本「就活ハウツー本」
  • 先輩の体験談も盛りだくさん「就活ストーリー」
  • 利用者内定率は驚異の92%!「就活アドバイザー」
  • 勝てる履歴書をサクッと「かんたん履歴書メーカー」
  • あッという間に内定をゲット「就活市場エントリー」
  • イベント参加で就活を有利に「就活市場イベント」
  • あとで読み返したい記事は「お気に入り登録!」

今すぐ確認する!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ