5個の例文付き!Webデザイナー志望に送る志望動機・理由の書き方講座

【Webデザイナー職の志望動機徹底マニュアル】仕事内容

Webデザイナーは、サイトなどWebページをデザインすることが仕事で、バナーづくりから文字や写真の配置まで、Webページ全体の制作に関わります。

インターネットの発達とともに、Webデザイナーの需要は高く、将来性のある職業と言われています。

ホームページをデザインするには、Illustrator(イラストレーター)やDreamweaver(ドリームウィーバー)など、特定のソフトを使用するため、Webデザイナーには、こうしたソフトを使いこなせるスキルが求められるほか、Photoshop(フォトショップ)を使った写真加工技術、さらにはWebページの骨組みとなるコーディングのスキルなど、専門的な知識や技術を身につける必要があります。

Webサイトの構成を作る

Webページの構成は、Webデザイナーにとって業務の1つです。

Webデザイナーは、Webページのボリュームや、クライアントの要望をもとにWebページ全体の構成を練ります。

Webサイトデザインを作る

Webページのデザインは、Webデザイナーにとってメインになる作業とも言えます。

デザインはWebページの見た目に直接影響するため、少し異なるだけでもその成果に大きな違いが出てきます。

Webデザイナーは、グラフィックソフトを用いてWebページの装飾や色合いを決めていきます。

デザインは通常Webデザイナー単独でするのではなく、クライアントと何度か話し合いを重ねて決定していきます。

Webサイトのコーディングする

コーディングとは、HTMLやCSS、JavaScriptといった言語を使用して、デザインしたWebページを作成することを言います。

Webデザイナーは、複数の言語を駆使してコーディングをしますが、その作業は細かく、最終調整の作業はミリ単位で行われます。

【Webデザイナー職の志望動機徹底マニュアル】Webデザイナー職のやりがい

細かな作業が多く、特定のスキルが求められるWebデザイナーは、根気と集中力が必要で、職人に近い仕事と言えます。

すべてを仕事に注ぎ込むため、多大なエネルギーを消費しますが、その分やりがいも大きくなります。

Webデザイナーはデザイン会社やWebページの制作会社に就職し、そこで経験とスキルを磨きます。

十分に実績を重ねれば、独立してフリーランスになるという選択肢も出てきます。

フリーランスになれば自宅で仕事ができるため、家庭と仕事の両立がしやすく、働く時間や場所を選ぶ自由度が高まります。

プロのWebデザイナーになるには、経験と実力を積み重ねていく必要がありますが、さまざまな働き方があるというのは、Webデザイナーの強みであり、やりがいを感じやすい点であるとも言えます。

イメージが形になる達成感

Webデザイナーは、コツコツと作業を積み重ね、Webページを完成させていきますが、完成したときは大きな達成感に包まれます。

また、Webページはイメージしたものをカタチにしていくため、完成品を見たときにやりがいを感じるWebデザイナーも少なくありません。

このようにやりがいを感じられるのは、イメージが形になるWebデザイナーの仕事だからこそと言えるでしょう。

制作したWebページが、クライアントの意図している結果をもたらすことも、制作に携わった人間として、達成感を覚えるのではないでしょうか。

クライアントはアクセス解析を使い、ユーザーの動向や流れを随時チェックしています。

そして、必要であればWebデザイナーはサイトの修正をしますが、修正を重ね、サイトが成長していく過程を見るのも、Webデザイナーにとっての楽しみです。

Webページを育てるには、Webデザイナーだけでなく、エンジニアなどほかのスタッフと連携を取りながら進めていく必要があります。

サイトを通してみんなでWebページを作り上げていくという、別のやりがいも感じられます。

評価が直接受けられる

苦労して作り上げたWebページに対して、クライアントが評価してくれる瞬間にやりがいを感じるWebデザイナーも少なくありません。

Webページが出来上がるまでには、クライアントとの要望とすり合わせながら、試行錯誤の繰り返しになる場合がほとんどです。

クライアントの要望に応えたつもりでも、修正するよう言われたり、はじめからやり直したりするというのもザラです。

ですが、最終的に評価されるものが出来上がると、努力が報われたという気持ちになるのも不思議ではありません。

業界の知見が増える

インターネットが発達している現代では、ほとんどの企業がホームページを持っています。

Webデザイナーは、さまざまな業界のホームページの制作を手掛けるため、異業種に対する理解が深まったり、知見が広がったりします。

好奇心が強ければ、業界の知見が増えることにやりがいを感じるのではないでしょうか。

さまざまな業界・業種の世界に触れることは、Webデザイナーとしての視野やデザインが広がるだけでなく、多種多様なクライアントの価値観を理解できるWebデザイナーに成長する機会が生まれます。

【Webデザイナー職の志望動機徹底マニュアル】Webデザイナーを経験して得るスキル

Webデザイナーは、Webページをデザインするのが仕事になりますが、必要となるスキルはほかにもたくさんあります。

こうしたスキルはWebデザイナーの経験を通して得られていきます。

Webデザインは需要のある仕事と言われていますが、Webデザイナーの数も増加傾向にあり、単にデザインができるというだけでは、内定を得るのが難しい場合もあります。

デザインのスキル以外にWebデザイナーに求められるのは、マーケティングやプログラミング、グラフィックデザイン、CMS関連のスキルなど、多岐にわたります。

とくに注目したいのは「ヒアリング力」「発想力」「マーケティング力」の3つです。

ヒアリング力

Webページの制作は、Webデザイナーのほかにクライアントや企業のSEO担当者、プログラマーと、複数の人とともに進められます。

クライアントの意図するWebページを制作するには、クライアントの要望をよく聞き、的確に理解する力が求められます。

大規模なプロジェクトになれば、その分大勢の人が関わることになりますので、連絡を取り合ったり、進捗状況など情報を共有したりする力が必要です。

情報を正しく理解したり伝えたりするにはヒアリング力は不可欠な要素です。

発想力

WebデザイナーはWebページを構成し、デザインするのが仕事で、デザイン力は最低限必要なスキルです。

ですが、ほかのデザイナーには真似できないようなWebページを作り上げたり、クライアントの要望をカタチにしたりするには、発想力がないと難しい面があります。

発想力の高いWebデザイナーは、貴重な存在と言えるでしょう。

マーケティング力

クライアントがWebページを制作する目的を知ると、Webデザイナーにも、ある程度のマーケティング力が求められることがわかります。

クライアントは利益を上げたり、顧客を増やしたりすることを目的にWebページを開設します。

クライアントは、Webデザイナーが目的を達成できるWebページを作ることを期待しています。

そのため、Webデザイナーはユーザーが目的にたどり着きやすいレイアウトを作成したり、商品購入ページにユーザーを誘導し、コンバージョンにつながる構成を考慮したりすることが求められます。

【Webデザイナー職の志望動機徹底マニュアル】どんな人が求められる

Webデザイナーになるには、Webページをデザインできるという技術的な面のほか、適性というものがあります。

Webデザイナーの仕事は、クライアントと連絡をまめに取りながら、試行錯誤を繰り返し、地道な作業を通してWebページを完成させていきます。

完成したWebページは華やかであっても、それまでの道のりは同じ作業を忍耐強く繰り返すという、地味なものです。

Webデザイナーに求められる主な適性は「コミュニケーション力が高い人」「流行に敏感な人」「知的好奇心の強い人」の3つです。

コミュニケーション力が高い人

作業自体は1人ですが、クライアントから依頼を受けたり、構成やデザインについて打ち合わせを重ねたりするため、コミュニケーション力が求められます。

必要であればクライアント以外の人とも連絡を取り合う必要があり、コミュニケーション力は、Webデザイナーにとって不可欠な能力です。

流行に敏感な人

Webサイトは日々進化を遂げていて、それにあわせてWebデザインも常に新しいものが誕生しています。

デザインには流行がありますので、そのWebサイトを利用するユーザーの間では、どんなことが流行しているのかなど、流行に敏感になる必要が出てきます。

流行を先取りし、それをWebデザインに反映できるWebデザイナーは、クライアントから新しいデザインを求められても、適切に対応できるでしょう。

Webデザイナーが使用するプログラミング言語は常に変化し、それまで使用してきたものが一気に過去のものになってしまうということも珍しくありません。

コーディング関連のトレンドをすぐにキャッチできるように、常にアンテナを張り巡らせておくことも、Webデザイナーに求められる適性です。

知的好奇心の強い人

新しいWebデザインの技術が誕生すると、それにより新たなデザイン方法が生まれます。

変化の激しいWeb業界では、こうしたことは頻繁に起きるため、デザイン技術について学び続ける姿勢が、Webデザイナーには求められます。

知的好奇心の強い人は、新たなことに挑戦してみたいという意欲が盛んで、実際に試したり、必要な情報を得たりする傾向があります。

これがWebデザインに反映されていきますので、知的好奇心は、Webデザイナーにとって重要な能力と言えるでしょう。

【Webデザイナー職の志望動機徹底マニュアル】志望動機を考える際の3つのポイント

内定を勝ち取るWebデザイナー職の志望動機を書くときは、どんな点に注意したら良いのでしょうか。

志望動機はその会社やWeb業界を志望する理由になりますので、それを企業の採用担当者に伝わりやすいように書くことがポイントになります。

「今までの経験を活かす」「その会社でないといけない理由」「Webデザイナー職への覚悟」という、3つのポイントを意識しながら書くと良いでしょう。

今までの経験がWebデザイナーでどんなところで活かせるのか

Webデザイナー職には、Webページのデザインや構成、コーディングなどの業務がありますが、これまでを振り返り、「どんなスキルを身につけたか」「どんな業務を経験したか」「仕事をすることによりどんな成果を得たか」などについて書き出してみましょう。

そして、それらの経験や実績を、どんなところで活かせるのか、考えてみます。

独学や趣味で得た資格や知識も、仕事に役立つと考えられれば利用しましょう。

スキルに加えて精神的・肉体的な強みをアピールすることも効果的です。

その会社でないといけない理由を明記

どんなにWebデザイナーとしてのスキルや知識を身につけていても、「就職するならどこでもいい」という姿勢で臨むと、内定を得るのが難しくなります。

企業は応募者の入社したいという熱意を基準に、採否を検討する傾向があります。

その会社でないといけない理由を明記するには、会社が求めている人材や特徴をもとに、どうやって会社に貢献できるかを考えることです。

決め手となる理由を見つけるには、その企業について理解を深めておくことが前提になります。

企業のホームページや関連雑誌、書籍、業界ニュースなどからその企業の特徴や製品、業務内容などについてよく調べ、理由を見つけるのに十分な情報収集をしましょう。

Webデザイナー職への覚悟

Webデザイナーの仕事はさまざまなスキルを必要とし、クライアントにベネフィットをもたらすことが要求されます。

こうしたことを理解し、Webデザイナーとして会社に貢献する覚悟を、志望動機に盛り込みましょう。

Webデザイナーとして将来性を重要視する企業もあり、本気で仕事に取り組む気持ちがあることをアピールすることは、とても大切です。

【Webデザイナー職の志望動機徹底マニュアル】Webデザイナー職の志望動機を作るコツ

志望動機を書く際、一番大切なことは、「働く意欲が採用担当者に伝わる志望動機にする」ということです。

豊富な経験や、Webデザイナーとして申し分ないスキルを持っていても、適切に伝わらなければ意味がありません。

自分の強みや経験を整理し、採用担当者が注目するようにアピールすることがポイントです。

志望動機に何を書けば良いかよくわからないという人も多くいますが、基本的には「その企業を志望する理由」「Web業界を志望する理由」「入社したら企業にどう貢献できるか」を盛り込むようにしましょう。

採用担当者が興味を持つような志望動機を書くには、企業や業界についてある程度理解を深めておく必要があります。

もし納得の行く理由が出てこないという場合は、Web業界についてもう一度調べたり、就職を志望する企業のホームページで必要な情報をチェックしたりしましょう。

Web業界や企業について知るには、就活系・転職系のサイトが便利です。

これらのサイトでは、仕事を探している人を対象に特集を組んだり、必要な情報をわかりやすく提供したりしています。

企業のホームページに掲載されていないような情報を収集することもできてオススメです。

具体的なエピソードを伝える

志望動機を書くには、具体的なエピソードを交えて伝えるようにしましょう。

たとえば、「Webデザイナー興味があり就職を志望します」と言っても、採用担当者の心にあまり響きません。

採用担当者は、「なぜWebデザイナーに興味を持ったのか」その理由を知りたくなります。

具体的なエピソードは、その理由を裏付ける根拠となり、採用担当者を納得させるほどの説得力を持ちます。

「デザインが得意でWebデザイナーになった」と言うよりも、「心が震えるほどデザイン性の高いWebページに出会ったのをきっかけに、Webデザイナーを目指すようになった」と言った方が、Webデザイナーを目指す本気度が伝わるのではないでしょうか。

PREP法を用いて構成を考える

志望動機には構成があり、基本的にはその構成に沿って書きます。

志望動機に適切な構成は、PREP(プレップ)法と言われています。

PREP法とは?</h4>

PREP法とは、伝える方法の1つで、書いたり話したりする際に用いられます。

PREP法は簡潔にかつわかりやすく伝えられるため、ビジネスの世界では広く浸透しています。

「PREP」というのは「Point」「Reason」「Example」「Point」の頭文字をそれぞれ取った造語で、ある事柄について「結論」「理由」「根拠」「結論」の順に伝えます。

たとえば、「今日の天気は?」と聞かれた場合、「晴れです」という結論から伝えます。

次に「なぜなら天気予報が晴れと予測したからです」と理由を述べ、「天気予報の当たる確率は50~60%と言われていて、ある程度信憑性があります」と、理由を裏付ける根拠を続けます。

最後の結論は、冒頭で述べた結論を再度述べるため、「だから今日の天気は晴れです」となります。

なぜウケがいいのか?</h4>

PREP法が受け入れられるのは、先に結論を述べるため、質問したことの答えがすぐわかるからです。

たとえば、「今日の天気が知りたい」という質問に対し、「晴れです」と答えれば、相手はストレスを感じずに「今日の天気は晴れだ」ということがわかります。

ですが「天気予報は今日の天気を晴れと予想しています。

50~60%の確率で当たりますので、予測には信憑性があります。

よって今日は晴れるでしょう」としてしまうと、回りくどくなり生産性が低下します。

志望動機の書き方にPREP法が推奨されるのは、要点が明確になり、採用担当者が読みやすいと感じやすいからです。

【Webデザイナー職の志望動機徹底マニュアル】例文一覧

Webデザイナー職を目指す人向けに、例文をご紹介します。

あくまでも例文ですので、参考程度にとどめてください。

実際に志望動機を書く場合は、自分の考えを、自分の言葉で書くことが大切です。

これまでの経験を活かす

これまでの経験や持っている資格を強みにする場合は、それを明記します。

経験した業務や立場について具体的に述べると、なおさら良いでしょう。

これまでの経験を活かし、どのようなWebデザイナーになりたいかを伝えることも大切です。

「私は、UXやUIデザインに強みを持つ貴社に就職を志望します。私はWebページ制作会社で、Webページの制作を担当していました。これまでWebページの構成からデザイン、コーディングまで一通り経験し、Illustratorなどの操作にも慣れております。とくにUXやUIを考慮したデザインが得意で、貴社に就職を志望したのは、自分のスキルを伸ばしたいと考えたからです。UX・UIデザインのスキルを高め、貴社ではクオリティの高いWebページを制作したいと考えております。」

自分の強みを活かす

自分の強みを活かす場合は、その強みがどう会社に貢献できるかを伝えることがポイントです。

たとえば、「自分の持つセンスはこれからのWebデザインに欠かせない存在となる」「旺盛な知的好奇心で、常に新たなWebデザインに挑戦し、結果を出し続けたい」などです。

「私が貴社を志望しますのは、Web業界に興味を持ち、さまざまな企業を調べた結果、貴社が一番自分の価値観とあったからです。私は大学時代ワードプレスを使い、ブログを運営していました。自分でカスタマイズしたいと独学でコーディングを学んだのをきっかけに、Webデザインに興味を持ちPhotoshopなどのソフトを使いこなせるようになりました。さらにブログのアクセスアップを目指して、SEO対策を勉強すると同時に、試行錯誤しながら効果的なコーディングについても研究を重ねました。その結果1ヶ月でPVが20%上昇し、アクセスアップが狙えるWebデザインのコツをつかみました。貴社の会社説明会に参加したとき、クリエイティブな環境づくりと、チームワークを大切にする姿勢に感激し、スタッフの一員として働きたいと強く思うようになりました。持ち前の知的好奇心旺盛さを武器に、需要にあわせたWebページを制作していきたいです。」

スキルを身につけたい

独立やキャリアアップなど、将来のビジョンが明確になっているのなら、「やりたいことに向かってスキルを身につけたい」という点をアピールします。

「私はWebデザイナーとした活躍したく、情報をわかりやすく提供するWebページを提供する貴社を志望します。私はネットを使って毎日多くのWebページを目にしますが、貴社のサイトは機能性を重視したデザインで、とても使いやすい点に感動しました。Webデザイナーの経験はないものの、個人的にIllustratorやDreamweaverなどを学び、卒業までに必要なスキルを得る予定です。入社後もスキルアップを目指し、将来は気性の利益に貢献するWebページを制作できるWebデザイナーを目指しています。」

やりがいベース 1つのサイトが自分の手で作れる

「私はWebデザイナーの仕事にやりがいを感じ、デザイン性に優れたWebページを制作する貴社を志望します。私は学生時代、ホームページを制作するサークルに所属し、一からホームページを構築することに興味を持ちました。細かな作業が続き、試行錯誤の毎日でやめようと思ったこともありましたが、完成したWebページを見たときの達成感とやりがいは忘れられません。UIデザインで評価の高い貴社で経験を積み、お客様に感謝されるようなWebページを制作していきたいです。」

やりたいベース

「自由な社風を持つ貴社でWebデザイナーとして就職を志望します。私はWebデザイナーとしての実務経験はありませんが、コーディングが好きで、将来はWebデザイナー以外の職業は考えられないというほど、Web業界を志望就職したいと考えています。貴社は未経験者や中途採用など、さまざまな経歴を持つスタッフが活躍していると聞き、私も感性の異なる人たちとともにデザインの仕事がしたいと考えています。」

そんな志望動機でほんとに大丈夫?
1人でわからない事はプロと2人で​。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ