5個の例文付き!マーケティング志望に送る志望動機・理由の書き方講座

【マーケティングの志望動機徹底マニュアル】仕事内容

マーケティングの仕事とは、一言で言えば顧客に商品やサービスをいかに効果的に販売するかを追求することです。

具体的な仕事内容としては、まず商品やサービスを企画することから始まります。

その際、あわせて考えなければならないのが、商品やサービスの販売を促進するための方法を検討することです。

そのため、各種の解析手法を用いて戦略を立案し、できるだけ効果の高い広告手法を展開していくことが求められます。

以下に、順を追って具体的に説明します。

商品企画

マーケティングの最初に必要となるのが、何を売るかを決定することです。

それが商品企画です。

顧客に販売する商品やサービスを考えるうえで必要となるのが、商品やサービスへの消費者ニーズと、供給する側が有している能力や可能性のマッチングです。

時代の要請や社会的な希求の高まりを的確にとらえて、自社でそれを満たすために何が提供できるかを考え、具体的な商品やサービスを創出すること、それが商品企画の中心的な内容です。

いかに有望で販売実績が見込まれる商品やサービスを企画できるかが勝負です。

マーケティングの成否の根本的な原因は、商品企画の優劣にあると言えます。

販売促進

商品やサービスをどう売るかを考えることは、マーケティングに欠かせません。

それがマーケティングにおける販売促進です。

効果的に販売を促進するためには、いくつか検討すべき項目があります。

まず、商品やサービスが顧客にとってどういう価値があるのかを明確にすることが必要です。

それから、商品やサービスを提供するために必要なコスト、商品やサービスを購入する際の利便性、売買における顧客とのコミュニケーションといった項目について検討することが重要です。

これらの検討を通じて、できるだけ合理的に最大の効果が上がるように販売促進を考えていくことになります。

具体的には、価格をどう設定するか、販売方法はどうするか、顧客とは対面でコミュニケーションを取りながら販売するのか、あるいはネットを活用した販売を展開するのかなど、さまざまな販売促進策を決定していくことが必要です。

解析

マーケティングを行ううえで、方向性を設定する際に必要となるのが、客観的な調査や分析です。

これがマーケティングにおける解析と言われるものです。

企画した商品やサービスが、どのように売れるのかをデータや各種指標を用いて分析することが求められます。

これは、商品の企画段階で需要予測を立てるうえでも必要ですし、実際に商品を販売開始してからでも、販売の動向をチェックしていく際に必要です。

いわば、この解析プロセスはマーケティングとは終始切っても切れない関係にあり、商品やサービスを販売し続ける限り、継続的に実施していく重要なものとなります。

解析の具体的内容としては、顧客の属性別の分析や競合事業者別の分析、その他さまざまなものがあります。

よく用いられる解析手法としては、たとえば、3C分析やSWOT分析と呼ばれるものがあります。

これらについては、マーケティングの関連図書やノウハウ本とかには必ずと言っていいほど登場するものであり、ご存じの方も多いと思います。

ここではその具体的内容については触れません。

マーケティング関係の仕事を志望するのであれば、最低限、こうした広く知られている主要な解析手法については知っておきたいところです。

広告

商品やサービスを、顧客に対して、どのように知ってもらい、いかに購入してもらうかを考えるのがマーケティングにおける広告です。

いかにうまく売るかということは、マーケティングにおいては顧客との接点を考える最前線の重要分野です。

一般的にもイメージしやすいところでは、テレビ、雑誌といったマスメディアによる宣伝による広告があります。

また近年ではメルマガやブログ、SNSといったものを活用した各種ネット関連の広告も新しく主流となってきました。

また、大掛かりなイベントによる広告戦略も、伝統的な手法として、一部では大々的に展開されています。

これらは、広告を展開する企業などの予算規模にもよりますが、ケースによっては広告代理店や専門的な広告業におけるプロフェッショナルとの協働のもとで、取り組むことになります。

広告の種類によっては、クリエイティブな素養や芸術的センスが要求されることもあります。

それだけに、一見華やかさに目を奪われがちですが、広告の結果、すなわち売上効果に結びつけられるだけの実力も求められる厳しい仕事であるとも言えます。

いかに顧客に対して訴求力を発揮し、販売につなげられるかということが鍵となります。

【マーケティングの志望動機徹底マニュアル】マーケティングのやりがい

マーケティングの仕事内容については、大方理解していただけたかと思いますが、次に、マーケティングのやりがいについて、以下に順に述べていきます。

マーケティングの仕事は、とても創造性にあふれており、個人が取り組むうえで夢中になれるような魅力や特徴にあふれています。

具体的なその特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

会社の目玉となる商品に関われる

会社がマーケティング戦略を練って、満を持して販売する商品やサービスは、当然、その会社が自信を持って、大きな期待の下で提供するものです。

マーケティング業務に従事するということは、いわば会社が、これこそはぜひ顧客に提供したいという目玉となる商品やサービスに関われることを意味します。

社内的にも大変注目されるべきプロジェクトであり、非常にやりがいがあります。

うまくいけば、会社の業績にも大きく貢献できますし、その後の社運さえ左右するほどの影響力があるプロジェクトに関わることになるかもしれません。

一から作り上げたものが喜ばれる

起業のマーケティングにおいては、商品企画からスタートするのが一般的です。

いわば、マーケット動向の調査分析から、企業が有するポテンシャルの点検を経て、具体的な商品やサービスを検討するという地道な作業を一から行うことを経て、新しい商品やサービスが生み出されていくことになります。

そうした一から作り上げた商品やサービスが、顧客に喜ばれ、世に広く受け入れられることになったときの喜びは格別です。

多くの苦労を経て、うまくいったときの達成感は、何事にも代えがたく、とてもやりがいがあります。

幅広く業務を任される

マーケティングの仕事は、すでに見てきたとおり、企画プランの構想があり、さまざまなデータや手法を活用した分析プロセスがあり、さらには販売促進や広告といった顧客との現実の接点に携わる最前線の仕事もあり、実に幅広い仕事であると言えます。

マーケティングの仕事をするためには、1つの業務内容に縛られない、幅広い分野を横断的に経験することが必要です。

そのため、マーケティング業務に関わると、関連する広い分野の業務を任されることになります。

そういう面では、多様な業務に従事する過程で、さまざまな能力を身につけられますし、自分を成長させる意味でも、とてもやりがいに満ちた仕事であると言えます。

人脈面でも大きな広がりが期待できますし、自分の能力や世界が広がるという意味でも非常に魅力的であると言えます。

【マーケティングの志望動機徹底マニュアル】マーケティング職を経験して得るスキル

マーケティングがやりがいのある仕事であることについて述べてきましたが、単にやりがいがあるというだけではなく、マーケティング職を通じて得られるスキルについても、とても大きな魅力があります。

以下に、マーケティング業務を通じて得られる具体的なスキルについて述べていきます。

論理的思考

まず、論理的思考が得られるということが挙げられます。

マーケティングのスタートとなるのが、商品企画ですが、このプロセスにおいて不可欠となるのが、論理的思考です。

顧客がいったい何を求めているのか、その結果、それを踏まえて供給側である会社は、所有している各種資産を用いて何を商品として提供すれば良いのか。

そうしたさまざまな課題を考察していくに際しては、客観的に説明可能な論理的思考が欠かせません。

単なる思い付きや、当てずっぽうでは、売れる商品を企画して生み出すことはできません。

商品企画の試行錯誤の過程において、論理的思考は否応なく高められていきます。

さらに、商品企画の後のプロセスにおいても、マーケティング業務では、論理的思考が必要です。

たとえば、販売促進や広告のプロセスにおいても、数値データを使った合理的な分析や市況を踏まえた予測に基づく論理的思考が欠かせません。

いわば、論理的思考は、マーケティング業務には必須の能力であり、業務に精通すればするほど、高められていく能力であると言えます。

データ解析力

それから、マーケティング職により得られるスキルとして、データ解析力が高まるということが挙げられます。

これは、マーケティング業務における解析プロセスにおいて獲得される専門的なスキルです。

具体的には、統計や各種数学的なノウハウが代表的なものとして挙げられます。

マクロの視点

マーケティング職による獲得スキルの最後に挙げるものとして、マクロの視点が得られるということがあります。

仕事をするうえで、どういう視点から物事を考えるかということから言えば、大きく、ミクロの視点とマクロの視点という2つに分けられます。

これらは経済学や経営学の用語としてよく使用されていますが、日頃あまり意識することはないと思います。

一般に仕事をするうえでは、ミクロの視点で物事を判断するケースがほとんどであると言えます。

ミクロの視点とは、自分なり会社なり、個人や個々の会社単位で、それぞれが有する能力や可能性から考えていく見方です。

一方、マクロの視点とは、社会全体や、時代の方向性といった大きなマクロの視点から、物事を考えていく見方です。

マーケティングの仕事においては、社会全体の資源配分のあり方やニーズの充足という広い観点から見るマーケティングの手法が必要です。

専門的には、このマーケティングの手法をマクロの視点からのマーケティング、略して、マクロマーケティングと言います。

マーケティングの仕事においては、このマクロの視点を用いて、市場や顧客、商品について考察することが欠かせません。

商品企画や販売促進を考えていくうえで、市場の動向や、誰が何を求めているかについて突き詰めていくと、視野が広くなり、マクロの視点から物事を見る力が養われていきます。

【マーケティングの志望動機徹底マニュアル】どんな人が求められる

次に、マーケティングにおいては、どんな能力や特性を有する人が求められるかについて、以下に述べていきたいと思います。

数字に強い

すでに述べたとおり、マーケティングを進める過程で解析する力は欠かせません。

解析の際に威力を発揮するのがデータ分析能力です。

各種統計データや販売過程における顧客の商品アクセスに関するデータ等、商品企画や商品販売促進において、データ分析を行うことは避けて通れません。

客観的に説明がつくかどうかは、数値データで正しく分析されてこそ可能です。

そういった意味で、数字に強いということは、マーケティングに関わるうえで、とても重視すべき能力であり特性であると言えます。

数字に強ければ、それだけマーケティング職に従事するうえでの大きなアドバンテージを有していると評価できます。

流行に敏感な人

マーケティングの目的は、結局のところ、商品やサービスを販売することにあります。

いかに、顧客がほしがる商品やサービスを販売できるかが問われます。

そういう面で言えば、流行に敏感な人というのは、マーケティング職にとって、望ましい人であると言えます。

常日頃から情報を収集するアンテナを適切に張っているからこそ、敏感に流行に反応できるわけですから、変化を的確にとらえて、市場を読む力があると言い換えることもできます。

そうした能力がある人は、商品企画や販売促進に大きな力を発揮する可能性があると評価されます。

知的好奇心の強い人

知的好奇心の強い人も、マーケティング職に向いていると評価されます。

いかに新しい魅力のある商品やサービスを、いかに効果的に顧客に購入させるかがマーケティングの要です。

そういう意味では、何か新しいこと面白そうなことに目鼻の効く、好奇心旺盛な性格の人は、そういうマーケティングの中心的な部分に、最も関わりやすい特性を備えている人であると言えます。

【マーケティングの志望動機徹底マニュアル】志望動機を考える際の3つのポイント

マーケティングを志望する動機を考える際に、ポイントとなることについて、以下に3点に絞って、述べてみたいと思います。

今までの経験がマーケティング職でどんなところで活かせるのか

最初に1点目ですが、自分の今までの経験がマーケティング職において、どういうところで活用できるのかを考えることが重要です。

子どもの頃夢中になったことや、学生時代に取り組んだこと等において、マーケティング職に活用できそうなことは何か、よく考えてみていただきたいと思います。

これまで述べてきたような、マーケティング職の内容や特徴、求められる能力や特性を思い浮かべながら、自分の経験には、そこに結びつくような何があるか、よく考えることが重要です。

自分の経験や自分ならではの特性を用いて動機を語ることができれば、それだけ相手に説得力を持ってアピールできます。

たとえば、子どもの頃から、流行りのものが好きで、自分なりにも工夫して流行りそうな商品を考えて、周囲の人から良い評判が得られた経験があるとか、学生時代に考案したアイデア商品がバザーで大いに売れたとか、思い出せる限り、活用できる要素を集めてみてください。

その会社でないといけない理由を明記

次に2点目ですが、志望する会社について、その会社でなければならない理由を明確に書いておくことが必要です。

会社からしてみれば、なぜ、自社を志望してくれているのかは、大いに関心があるところです。

同じ業種ならどこでもいいという志望者と、明確な理由があって、ぜひともお願いしますという姿勢でいる志望者とは、会社の受けが全然違います。

同じレベルであれば、当然、後者の方が採用される可能性が高くなります。

マーケティング職への覚悟

最後に3点目ですが、マーケティング職への覚悟をはっきりと記述することが大切です。

マーケティング職は、代わりが簡単に見つからない専門職的な要素があります。

それだけに、一人前になるには、一定の長い年月と努力が必要です。

表面的な華やかさや、聞きかじりのかっこよさに憧れたというだけの動機では、厳しい現実に耐えられるか、いささか心配になります。

採用側も不安感をぬぐえません。

できるだけ、確固たる強い決意が伝わるよう、マーケティング職に従事したいという覚悟をはっきりと記述することが必要です。

【マーケティングの志望動機徹底マニュアル】マーケティングの志望動機を作るコツ

続いて、マーケティングの志望動機を具体的に記述していく際のコツについて、以下に示したいと思います。

具体的なエピソードを伝える

まず第一に、具体的な自分ならではのエピソードを伝えることが有効です。

志望動機を読む側にとっては、漠然と一般論で立派なことが書いてあっても、印象にはあまり残せません。

その人ならではの、その人独自の具体的なエピソードが書かれていると、俄然印象度が高くなり、記憶に残りやすくなります。

新聞のコラムや社説を読んでいても、学術的な論本調のものはあまり面白みがなく、読んでもすぐに忘れてしまいがちですが、その作者独自の子ども時代の思い出や、具体的な事件などのエピソードが書かれていると、引き込まれて、記憶にもよく残っているという経験が誰しもあると思います。

マーケティング職を志望するきっかけとなった出来事や、よく覚えている思い出や、自分ならではのエピソードがあれば、とても有効なアピール要素です。

PREP法を用いて構成を考える

これは、かなりテクニック面でのことになりますが、志望文章を書くに際しては、PREP法を用いるのが有効です。

この手法は、効果的な会話をする方法として取り上げられることも多いのですが、文章においても大きな力を発揮します。

以下で、紹介したいと思います。

PREP法とは?

PREP法とは、以下にある4つの英語の頭文字を取って名付けられた伝達手法のことです。

すなわち、順に、POINT(ポイント、結論)の頭文字P、そしてREASON(理由)の頭文字R、次いでEXAMPLE(事例、具体例)の頭文字E、最後に再びPOINT(ポイント、結論)の頭文字Pを並べて、PREP法と名付けたものです。

カタカナで記せば、プレップ法となります。

この方法を用いると、論理的で、相手に伝わりやすくなるという利点があります。

最初と最後に結論を主張することで、自分の意志が相手にはっきりと伝わります。

かつ理由や事例を間にはさむことで、説得性にも富み、結果、自分の主張を効果的に強く相手に印象づけられます。

なぜウケがいいのか?

主に話術において注目されて活用されるケースが多いPREP法ですが、文章においても、PREP法で構成された文章は読み手にウケがいい傾向があります。

どうして読み手にウケが良いかと言いますと、構成が単純でわかりやすく、書き手の言いたいことが明快になるからです。

文章は、言いたいことが相手に伝わらなければ意味がありません。

それには、まずシンプルに結論を提示し、理由や事例で相手に説明して納得させて、最後にもう一度結論を主張して印象づけることが効果的です。

一番よくないのは、ダラダラと長すぎるうえに、結局何が言いたいのかよくわからない文章です。

文章を書いた後でよく読み返して、そうなっていないか点検することが大切です。

志望動機を相手にストレートに印象深く伝えるには、PREP法が最適です。

ぜひ、それを活用した文章により、自分が望む仕事への思いを効果的にアピールしてください。

【マーケティングの志望動機徹底マニュアル】例文一覧

以下に、マーケティングを志望する動機について、効果的にアピールするための例文のフレームを5つ提示します。

これらを参考にしながら、自分ならではの要素を具体的に盛り込んでいただければ、説得力のある志望動機の文が作れます。

(具体的内容を記述)とあるのは、ご自身の志望ケースに当てはまる具体的内容を盛り込む箇所です。

経験を活かす

私は自分の経験を活かせることから、マーケティングを志望します。

(理由)私はマーケティングに活かせる経験を学生時代に積んでいます。

商品企画において、その経験と実績を活用し貢献したいです。

(事例)私は学生時代アルバイトをしていましたが、そこで発案したアイデアを用いた商品(具体的内容を記述)の評判が大変よく、マーケティング商品企画の面白さに目覚めました。

御社の商品特性(具体的内容を記述)においては、私のこの経験が活かせる面が多々あると考えます。

以上より、私は、自分の経験が活かせるマーケティングを志望します。

自分の強みを活かす

私は自分の強みを活かせることから、マーケティング、とくに販売促進、広告業務を志望します。

(理由)私は、マーケティングに活かせる強みとして、コミュニケーション力、それから論理的思考による販売分析スキルを有しています。

その強みは、御社における販売促進や広告業務において役立つものと考えます。

(事例)親戚の商売を一部手伝っていたため、顧客との折衝やコミュニケーション、商品の販売方法について工夫を重ね、実績を上げてきました。(具体的内容を記述)

御社の事業の特性(具体的に記述)は、私の有する強みや実績と合致する点が多いと考えます。

以上より、私は、自分の強みを活かし、マーケティング、とくに販売促進、広告業務を志望します。

スキルを身につけたい

私は、御社でのマーケティング職への勤務を通じて、自らのマーケティングスキルを身につけるとともに、御社への貢献度も高めていくことを志望します。

(理由)私は、学生時代、マーケティング研究に没頭し、ベンチャー企業の支援活動でも実績を上げました。(具体的内容を記述)

私は、これらの実績を踏まえ、御社におけるマーケット業の解析や、販売促進において貢献できると考えます。

(事例)たとえば、某ベンチャー企業の販売動向について購入履歴データを用いた解析を行い、リピーターの増加を実現し、売上アップに貢献しました。(具体的内容を記述)

将来は、御社内で既存ビジネスの販売促進に貢献するとともに、新ビジネスを起業し、御社の基幹業務として成長させていくプロジェクトに参画し、マーケットにおける解析業務面から貢献したいと考えています。

以上より、私は、御社におけるマーケティングの解析、販売促進担当を志望します。

やりがいベース 世の中に新しい商品を打ち出せる

私は、御社におけるマーケティングの商品企画職を志望します。

(理由)私は、御社の商品内容と類似した商品を数年前から自己流に開発し、一部マーケットで評価を受けた実績があります。(具体的内容を記述)

商品の開発に際しては、専門の外部業者や個人の熟練技能者とのネットワークも有しています。

また私は、この方面の近年のニーズ動向にも詳しく、新しい商品のアイデアを日々検討している日々を送っています。

御社の商品企画において、自分が持つノウハウを活用し、世の中に新しい商品を打ち出したいです。

(事例)たとえば、目下、商品化を検討しているアイデアとしましては、次のようなものがあります。(具体的内容を記述)

以上より、私は、自分の能力を最大限に発揮できる場所として、御社のマーケティング職にて商品企画に従事することを志望します。

やりたいベース 売れる仕組みを考えたい

私は、御社のマーケティングにおける広告職を志望します。

(理由)私は、マーケティングの広告分野において、Webを活用した販売拡大の実績を有しています。(具体的内容を記述)

御社の主要事業の性格並びに販売手法のあり方(具体的内容を記述)から考えまして、私の実績を踏まえて、御社で売れる仕組みを作成する貢献ができると考えます。

(事例)私は、昨年までに某非営利組織におけるWebシステムを用いた会員募集活動を行い、独自の工夫により飛躍的に会員数を獲得しました。(具体的内容を記述)

以上より、私は、新しいWebシステムのノウハウを活用して、熱意を持って御社のマーケティングに取り組むことを志望します。

そんな志望動機でほんとに大丈夫?
1人でわからない事はプロと2人で​。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ