【ウィンターインターンの目的】なぜ冬にインターンが行われる?参加目的を解説!

はじめに

ウィンターインターンに参加してみたいと思っている学生も多いでしょう。

しかし、どんな目的を持って参加すればいいのかわからないという方や参加することで得られるメリットは何なのか?といった疑問を持つ方も少なくありません。

そこで今回は、ウィンターインターンシップに参加目的のほかにも、どのようなメリットがあるのかについて解説します。

【ウィンターインターンの目的】なぜ冬にインターンが行われるのか?

ウィンターインターンは、12月から2月頃に行われます。

企業が冬にインターンを行う目的はさまざまです。

就活解禁直前に行うウィンターインターンでは、企業側は選考を意識したプログラムを多数用意しています。

内容の濃いプログラムを実施し、能力の高い学生を見極めて内定の有無を判断している企業も少なくありません。

すでに志望する企業や業種を絞った学生がウィンターインターンに参加することが多いため、企業側は効率よく自社とマッチする人材を見つけるためにあえて採用直前の時期にあたる冬にインターンを開催しています。

基本的には夏インターンの実施理由と変わらない

夏のインターンも冬のインターンも実施する目的にさほど大きな違いはありません。

良い人材を探したいという企業の希望は、どの時期にインターンを開催したとしても共通する願いです。

もちろん、積極的にインターンに参加する学生も真剣に就活に取り組んでいる人ばかりですから時期に関係なく高い意欲を持っていることに変わりはありません。

企業側はインターンを開催することで自社の認知度向上や、就活生に興味を持ったりしてもらうことを目的にしています。

また、良い学生がいれば積極的に採用したいと思っています。

そのため、就活を効率よく進めて志望する企業の内定を勝ち取りたいと思っているのであれば、積極的にインターンに参加すべきです。

採用活動直前のため、採用に結びつけるケースもある

時期に関わらずインターンに参加することで内定に有利になると言われています。

とくに就活の解禁前に行うウィンターインターンでは、選考を意識して学生とコミュニケーションを図る企業が増えてきます。

冬のインターンでは、選考を意識したプログラムを学生に提供することも多くあり、参加者の能力の高さや仕事の意欲を見極めています。

また、自社とミスマッチがないかという点を判断する機会として、ウィンターインターンを開催する企業も少なくありません。

入社を見据えて冬のインターンに参加する学生も多いため、企業側も自社に対してどれくらいの高い意欲を持っているのかを判断します。

ウィンターインターンに参加したことで内定を獲得できたという学生もいるので、興味のある企業のインターンには迷わず参加してみましょう。

【ウィンターインターンの目的】夏インターンとの違いはある?

インターンと聞くと夏に開催されるというイメージを持つ学生も多いかもしれません。

しかし近年では、効率よく自社に合った学生を見つけるために冬にインターンを開催する企業が増えています。

ウィンターインターンに参加することで就職に有利になると言われていますが、効率よく内定を獲得するために夏のインターンとはどんな違いがあるのかをチェックしておきましょう。

実施プログラムの違い

夏のインターンでは、グループワークやプロジェクトに参加するなど実際の仕事を疑似体験できるプログラムが多数用意されています。

早いタイミングで仕事を疑似体験できるため、企業選びのヒントを得たり就活準備に役立てたりできます。

一方、冬のインターンでは、企業が学生の選考を見据えて開催されていることもあり、1dayインターンなど短期間で実施していることがほとんどです。

グループワークだけでなく、ビジネスコンテストなどのプログラムを通して学生の能力を判断しており、企業によっては、学生のインターンの成績によって選考を免除することもあります。

エントリーシートなどの一次選考をパスして就活を進められるため、いかに冬のインターンで成果を上げるかが内定獲得のカギになります。

実施期間の違い

夏のインターンは、6月から9月に実施され、3ヶ月ほどの長期間にわたって開催する企業もあります。

多数の企業が約1週間の期間を設けて夏のインターンを行っていますが、自社の魅力や強みを伝える目的があるため、短期間では足りないと考えている企業ばかりです。

一方、冬のインターンは、12月から2月頃に実施されています。

学校のある期間に開催されているため、1dayインターンを行う企業が多く、短期間でありながらも内容の濃いプログラムを数多く用意しているのも特徴です。

ウィンターインターンは、就活解禁間近に行われることが多く、自社の選考に役立てたいという目的で開催されています。

【ウィンターインターンの目的】参加する理由・目的はどんなものがある?

せっかくウィンターインターンに参加するのであれば、参加する理由や目的を明確にしたうえで無駄のない時間を過ごしたいものです。

他の就活生がインターンに参加しているからという理由で申し込んだという方もいますが、それでは無駄な時間を過ごすことになってしまいます。

有意義な時間を過ごし就活に役立てるために、自分がウィンターインターンに参加する理由や目的は何なのか?またどんなメリットがあるのか?を明確にしてみましょう。

業界・企業について知りたい

ウィンターインターンに参加することで業界や企業だけでなく、職種の理解を深められます。

実際にインターンに参加するまでは、自分の興味がある職種や企業がわからなかったという就活生も少なくありません。

しかし、インターンに思い切って参加したことで自分の興味のある職種や分野を発見できただけでなく、企業の特徴や他社との違いを発見できたという方もいます。

また、実際に働いている人の雰囲気を知ることも可能なため、仕事内容や社風、やりがいまで肌で実感できるでしょう。

今自分がどんな職種や分野に興味があるのかわからないという方も自分に合った企業探しの1つとしてウィンターインターンに参加してみてはいかがでしょうか。

HP上ではわからない実際の現場感を知ることができる!

企業のHPをチェックしてみると事業内容や経営理念などを知ることができますが、インターンに参加することでHPには載っていない現場の雰囲気を自分の目で確認し肌で感じられます。

用意されている多数のプログラムに参加することで社会人としての必要なスキルを知り、自己の成長にも役立ちます。

何よりも先輩社員とコミュニケーションを図れるため、生の声を聞くことができ、自身の就活に役立つことは間違い違いありません。

ウィンターインターンは、興味のある企業の情報を短期間で手っ取り早く知ることができる絶好の機会です。

実際の現場に触れて企業の魅力を知り、企業選びに役立てましょう。

就活直前のため、就活に関しての情報がほしい

ウィンターインターンは、就活直前の時期に開催されるので、就活に役立つ有益な情報を効率よく集められます。

企業側も自社とマッチした学生を求めてウィンターインターンを開催しているため、より良い学生を集めるために多くの情報を提供してくれる可能性があります。

企業のHPや就活サイトだけでは得ることが難しい採用担当者の生の声を聞くこともでき、より深く就活に関する情報を効率よく集められるでしょう。

他の就活生と交流&社員との交流で情報収集が可!

インターンに参加すると仕事を疑似体験できるだけでなく、他の就活生や社員と交流できるのもうれしい点です。

普段接することのない人たちと有意義な時間を過ごしながら交流を深めて情報収集ができ、生の情報を集められるのもメリットです。

他の就活生から就活の情報を得たり先輩社員から仕事の面白さややりがいを聞いたりすることもできるでしょう。

就活を効率よく進めていきたい学生にとって他の就活生や先輩社員と交流することは、一番効果的な情報収集の方法と言えます。

就活に役立つ情報を得るチャンスをつかめるので、インターンシップを通して積極的に多くの人と交流してみるといいでしょう。

就活で有利になりたい!

ウィンターインターンに参加し、企業から優秀な学生だと認められればエントリーシートが不要になったり一次選考が免除されたりするなど、就活で有利になる可能性があります。

また、参加した学生には、他の就活生よりも多くの情報を提供したり特別選考枠で選考面接を受けさせたりするなど、さまざまなメリットを与えることもあるでしょう。

ウィンターインターンに参加したからと言って必ずしも内定を獲得できるわけではありませんが、自社にマッチした優秀な人材だと人事に認めてもらえれば、他の就活生と差をつけて採用を得ることも夢ではありません。

採用直前時期に実施されるため人事に印象を残すことができる!

ウィンターインターンは、自身の魅力や強みを伝えるなど自己アピールの絶好の場と言えます。

採用直前に実施される冬のインターンは、人事が優秀な学生を求めて目を光らせています。

自社に貢献してくれる能力の高い学生がいれば積極的に採用したいと思っているため、冬のインターンでは自身の魅力や強みをアピールすべきです。

採用の判断基準として冬のインターンを開催する企業が増えています。

企業研究をしっかりと行いつつ人事に好印象を残せるよう、積極的に自身の強みをアピールしてみましょう。

夏インターンの選考に落ちた企業に再度チャレンジすることも可能!

人気のある企業の場合、インターンを募集してからあっという間に応募人数を満たしてしまいます。

まだ募集期間が残っているのにも関わらず、応募が締め切られてしまったという経験をした学生も少なくありません。

また、せっかく思い切って夏のインターンに応募したのに選考で落ちてしまったという方もいるでしょう。

そんな方もまだまだチャンスはあります。

一度落ちてしまった企業のインターンに新たに応募するのは可能なのかといった疑問を持つ方もいますが、たとえ一度選考で落ちてしまっても再応募できる企業がほとんどです。

再度、同じ企業のインターンに応募する際には、なぜ夏のインターンでは受からなかったのかを考え対策を練ったうえで申し込んでみるといいでしょう。

【ウィンターインターンの目的】参加をするなら目的を持つことが大切である

ウィンターインターンは、企業側は学生の能力を見極め選考の判断材料としているため、学生もしっかりと目的を持って参加することが大切です。

多くの学生が高い入社意欲を持ってウィンターインターンに参加しているので、何の目的もなくただ闇雲に参加しても人事に好印象を持ってもらうことはできません。

他の就活生に差をつけられてしまうことがないように、インターンに参加する前に必ず自身の目的や目標を明確にしておきましょう。

業界を知り自身が求める方向性や適正を把握したい、社風や現場の雰囲気を肌で感じたいという理由でも構いません。

もちろん、多くの人と交流を図り情報収集に役立てたいといった目的でもいいでしょう。

ウィンターインターンに参加し有意義な時間を過ごせるよう、まずは参加する目的を明確にすることから始めてみてください。

まとめ

ウィンターインターンに参加することで就活を効率よく進められるだけでなく、就活で有利になるなど数多くのメリットがあります。

インターンに参加し有意義な時間を過ごせるように、まずは自身が参加する目的を明確にすることが大切です。

参加の必要性やメリットを知っておくと、無駄な時間を過ごすことなく大きな利益を得られるでしょう。

企業のHPや就活サイトのほかにも、インターンシップ情報サイトなどをチェックしてみると多くの企業でインターンシップを開催していることがわかります。

志望する企業の情報を集めてみるのはもちろん、興味のある業種に目を向けて積極的にウィンターインターンに参加してみましょう。

担当エージェントがインターンシップを紹介!
インターンシップ参加まで個別でサポートします。

インターンであなたのビジョンを実現まで
サポートを実施

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ