新卒向け|IT業界で営業職を目指すなら?志望動機の例文から資格の勉強法まで!

人気の就職先といえばやはりIT業界は外せません。IT業界には様々な仕事がありますが、人とのやり取りが好きという学生に人気なのが営業職です。本記事ではIT業界の営業職を目指す皆様に向け、仕事内容の詳細から、求められる人材像、そして内定を勝ち取るための志望動機の書き方からおすすめの資格までご紹介していきます。志望動機については例文もありますので、併せて参考にしてみてください。

IT業界の営業職ってどんな仕事内容?

そもそもIT業界の営業職とはどんな仕事内容なのでしょう?営業職ですからモノを売り込むということに間違いはありません。とはいえ一般的な営業とちょっと異なる部分もあります。

その一つが「形が無いものを売り込む」ということです。車の営業であれば車という商品があります。医療機器の営業であれば医療機器があります。一方でIT営業の場合、案件が取れてはじめてシステムの設計が始まるという世界です。

また開発するシステムの規模にもよりますが、場合によっては数千万円~数億円といったお金が動くこともあります。それだけにIT営業の役割は非常に大きなものです。

IT業界の営業職に求められる5つの能力とは?

さてIT業界の営業職ではどんな能力が求められるのでしょう?その5つのポイントについて見ていきたいと思います。いずれの能力も肝心です。

ITへの幅広い知識を持っている

一つ目のポイントはITに関する知識です。一般的な営業であれば製品に関する知識を持っていれば十分に仕事が成り立ちます。けれどIT営業の場合、形になった商品はありません。クライアントの要望に応じて、どんなものを作るのかを考えていかなくてはなりません。

たいていの要望はITで実現可能ですが、中には実現不可能なものもありますし、実現できたとしてとにかく時間もお金もかかるなんてものもあります。それらに対して「できます!」と言っていては仕事になりません。ITに関する知識をベースとして、色々なことを判断していかなくてはなりません。

クライアントの隠れた要望を見つけ出す

クライアントはIT営業に対して様々な要望を出してきます。「現場でこの情報を入力できるようにしてほしい」であったり「この画面ではこんなデータも参照したい」であったり。あるいは「このデータはあとで修正できるようにしたい」といったものもあるはずです。それら要望に対して素直に「はい。やります。」とだけ言っていたのではIT営業として失格です。

そもそもクライアントの要望は「作業効率を上げたい」や「情報を利用して的確な経営判断をしたい」といったことに集約されます。その想いがあるからこそ「現場でこの情報を入力できるようにしてほしい」といった要望が生まれるのです。では本当に現場で何かの情報を入力できるようになれば作業効率は上がるのでしょうか?それは現場を確認してみないとわかりません。

入力を求められた現場はバタバタと忙しく働いており、何かを入力する余裕なんて無いかもしれません。あるいはすでに求めるデータを入力している可能性もあります。そこに対して「新たにデータを入力してください」と言っても効率は下がるのみです。

だとすると、すでに別のシステムが持っているデータを取り出した方が良いかもしれませんし、もっと別の場所でデータを入力すべきなのかもしれません。そういった、一歩踏み込んだ部分で提案ができてこそ、良いIT営業と言えますし、だからこそ次の仕事にもつながってきます。

クライアントの要望に的確な提案ができる

クライアントの中には「現状に問題があるのは分かっていて、何とかしたいのだけど、何から手を付けて良いのかわからない…」といった悩みを抱えていることもあります。そんな時こそIT営業の腕の見せ所です。クライアントが抱えている問題を見つけ出し、それを解決するためのシステムを提案します。

システムを大規模にして無茶な予算を請求しても話は流れてしまいますから、費用対効果もしっかりと考えなくてはなりません。そういった的確な提案ができてこそ仕事ができるIT営業といえるのです。

工数を的確に割り出せる

IT営業はとにかく仕事を取ってくればよいというワケではありません。車の営業であれば車の原価は分かっていますし、いくらで販売すればOKというのが明確です。一方でシステムをこれから作るという場合、工数によっては全く儲からないなんてことになりかねません。仕事を取ってくる場合、おおよその工数を割り出して、きちんと儲けが出るようにしなくてはなりません。

なお、無茶な予算でやたらと工数がかさむ案件を取ってきますと、プログラムを作る人たちに無茶苦茶に嫌がられます。そういった意味でも的確に工数を割り出せることは大切です。

最新技術にアンテナを張る

ITは常に進化を続けています。これまでは不可能と思われていたことも、明日には簡単に実現可能となっている可能性があるほどです。だからこそIT営業は最新技術にアンテナを張っていなくてはいけません。そしてその技術が何かに活かせないか考えておく必要があります。

一番情けないのが、クライアントに「〇〇を使えばできるんじゃないですか?」なんて事を言われてしまうことです。そんなことの無いように、常に新しいことをインプットしておく必要があります。

IT業界の営業:志望動機の書き方

続いてはIT業界の営業職を目指す場合の志望動機の書き方について見ていきたいと思います。ポイントを押さえて、面接官の心に響く志望動機を書き上げましょう。

IT業界・その企業を選んだ理由を明確に

志望動機を書く際、意識すべきことは「読む人(面接官や人事スタッフ)を納得させられるのか」です。「なぜウチを受けたの?」「本当に入社したいの?」という疑問に答えられてこそ、内定へと繋がるのです。

そこで重要なのがなぜ「IT業界を選んだのか」そして「数多ある会社の中からなぜその企業なのか」ということを明確にしなくてはなりません。ここが曖昧ですと、面接官を納得させることはできないものです。

自分なら何ができるのかを明確に

皆さんがIT企業の営業職に就いたらいったいどんなことができるのでしょう?例えばアルバイトで接客経験があるのなら、それをベースとして「お客様とのやり取りが得意」といったアピールをしても良いでしょう。学会発表などでプレゼン経験を積んでいるのであれば「人前で話すのが得意です」といったことをアピールするのもおすすめです。いずれも営業として大切なポイントだからです。

皆様のこれまでの経験を考えて、営業として何ができそうなのか、ぜひ一度考えてみてください。

例文でチェック:IT営業の志望動機

私が貴社を志望する理由は提供されている製造業向け〇〇サービスの「現場の労力を最小限する」というコンセプトに興味を持っているからです。実家は小さな町工場を経営しており、父が夜中にパソコンに向かう姿をずっと見てきました。工場の規模は違えど、データの入力といった苦労は製造業につきものだと実感しています。ITの力でそういった本来的でない作業を最小限に抑えることができれば、製造業にとって大きなメリットがあるはずです。

もともとITの持つ世の中を大きく変えられる力に興味を持っており、IT業界に焦点を絞って就職活動を始めたのですが、製造業向けサービスを提供されているという点で、貴社でぜひ働きたいという思いが強くなりました。中でも貴社サービスを紹介できる営業職に興味を持っております。

大学ではいくつかの学会発表を経験することができ、人前で話すことには自信を持っております。そういった経験も営業職で活かせるものと考えております。

IT営業への就職、あるとうれしい資格と勉強法

IT営業にはITに関する知識が必要ということはこれまで述べてきた通りです。そのためITに関する知識をアピールできれば、就職活動は圧倒的に有利になります。そして知識を簡単にアピールする方法は資格の取得です。おすすめ資格についてチェックしてきましょう。

最低限の知識をアピールできる:ITパスポート

ITに関する知識をアピールするのに持って来いなのがITパスポートです。入門編とはいえれっきとした国家資格ですから、資格欄でしっかりとアピール可能です。

試験では「主記憶装置や副記憶装置」といったテクノロジに関する問題、「ITを企業活動にどう活かすか」といったストラテジに関する問題、そして「どうすればスムースな開発ができるのか」といったマネジメントに関する問題は出題されます。この出題範囲の幅広さこそ、ITパスポートの価値を高めています。

ITパスポート試験は出題範囲は広いのですが、問われる内容は基本的なものばかりです。そのため参考書1冊を読み込んだ後はとにかく問題を解くことをおすすめします。

いつかは取得したい:ITコーディネータ

実務経験なしに取得することは困難ですが、いつかは目指したい資格としてITコーディネータがあります。問われる内容は「企業経営にITをいかに活かすか?」ということ。高度なIT知識はもちろんのこと、企業経営に関する知識も問われます。そのためIT系の資格としては最高難易度の一つです。

まとめ:興味があるのならIT業界の営業職に挑戦しよう!

IT業界の営業職について仕事内容、求められる能力、志望動機の書き方、そしておすすめの資格とご紹介してきましたが、気になる情報は見つかりましたか?

IT営業はIT企業とクライアントとをつなぐ大切な役割を果たす仕事です。それだけにやりがいも大きく、プロジェクトがうまくいったときの喜びもひとしおです。もしIT営業に興味があるというのなら、ぜひ挑戦してみてください。そこにはきっと素敵な未来が待っているはずです。

その業界のこと、ちゃんと知ってますか?
1人でわからない事はプロと2人で​。​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ