OB訪問の探し方って?|素朴な疑問にお答えします!

就職を有利に進めてくれるOB訪問ですが、みんなどうやってOBを見つけ出しているのでしょう?そしてどうやってコンタクトを取っているのでしょう。そんな素朴な疑問に答えるべく、OB訪問について大特集しています。さらにはOB訪問を実りのあるものにするための注意点についてもご紹介。OB訪問をして就活を有利に進めたいと考えている皆様は、ぜひ本記事をチェックしてみてください。気になる情報がきっと見つかるはずです。

就職活動にはOB訪問が欠かせない

就職活動の一つとしてOB訪問があります。行っても、行かなくても自由ですが、出来る限りはOB訪問することをおすすめします。そのメリットについては次章で紹介しますが、OB訪問をしておけば、就職活動が一気に有利になるからです。就職活動にはOB訪問が欠かせないと言っても過言ではありません。地方の大学ですとOB訪問するのも大変です。けれど、その大変さを差し引いてもメリットを感じられるはずです。

OB訪問のメリットとは?

OB訪問にはいったいどんなメリットがあるのでしょう?その詳細についてチェックしていきたいと思います。どのメリットもOB訪問だからこそ得られるものです。

リアルな会社事情が社員から聞ける

OB訪問いはリアルな会社事情が社員から聞けるというメリットがあります。どれだけ企業情報を詳しく見ても、そこで得られる情報は限られたものです。当然ですがそこには良いことしか書かれていません。部署によってはそれなりに残業が発生するとしても、その情報を見つけ出すことは不可能です。会社説明会も同様です。そこで話される情報は会社の良い面のみです。

一方で、OB訪問で語られる会社の姿はよりリアルなものです。残業はこれくらいあって、それなりにハードで、だけどやりがいも感じられる、などOB訪問だからこそ見えてくる姿です。自分が本当に働きたい会社なのか、正しい判断が可能となります。良い情報も悪い情報も余すことなく聞けるのはOB訪問だけです。

自分が知りたいことだけ聞ける

会社説明会でも質疑応答は可能です。けれど、一人一人の時間は限られていますし、知りたいことのすべてを知ることは不可能です。一方でOB訪問であれば、ストレートに自分が知りたいことだけにフォーカスして話を聞くことが可能です。

実際の働きかた、職場の雰囲気、仕事をする上で重要なことなど、余す事なく質問できます。自分が知りたいことだけ聞ける、贅沢で貴重なチャンスです。

社内の雰囲気を見れることも

訪問先によっては、社内を見ていく?なんて流れになることもあります。写真で見るのと、実際の会社を見るのでは、そのイメージは大きく異なるものです。こんなオフィスで働いてみたいと思うのか、あるいはこれはちょっと…と思うのか、いずれにして貴重なチャンスであることに間違いはありません。

就活に関するアドバイスをもらえる

OB訪問に対応してくれる先輩は、基本的に親切なタイプです。そんなところに出身大学の学生がやってくるのですから、おせっかいなくらいに対応してくれます。学生だった頃を懐かしみ、社会にでた頃を思い出し、色々な話を聞かせてくれるはずです。

業界全体の話、企業についての話、面接対策はこう、志望理由はココをアピールすべし、自分が就活の時にはこんなことをした、などそれら情報は就職活動全般に役立つ情報のはずです。就活のリアルな姿が見えてくれば、モチベーションも増すものです。

OB訪問ってどうやって探すの?

さて、メリットだらけのOBなのですが、どうやってOBを見つけ出し、どうやってコンタクトをとったら良いのでしょう?気になるポイントについてご紹介していきたいと思います。

基本はキャリアセンターからの紹介

OB訪問先を見つけ出す基本の基本はキャリアセンターからの紹介です。大学には就職活動を支援してくれるキャリアセンターが必ずあるので、まずはそこを訪れましょう。そして希望する会社とOB訪問をしたい旨を伝えれば、そして卒業生にその企業に進んだ人がいれば、その人の連絡先を教えてもらえるはずです。

そこから先はメールか電話で(メールが一般的)直接OBにコンタクトをとることになります。断られることもありますが、めげないようにしてください。忙しい時には対応できないものです。そのため、OBの連絡先は複数人数分おさえておきましょう。

なお、暇でしょうがないという社会人は基本的にいません。忙しく仕事をしている中で、後輩の頼みだからと時間を割いてくれるもの。くれぐれも失礼の無いように、そして情熱を持って連絡しましょう。

サークル・部活の先輩を頼る

キャリアセンターの名簿にはすべての卒業生の就職先が網羅されているワケではありません。そこでは見つからない場合にも、サークル・部活の先輩などのつてをたどると見つかるなんてことは珍しくありません。中の良い先輩に聞いてみる、会報をチェックしてみるといったことで連絡先が見つかることも良くある話です。

連絡先を見つけたあとは「〇〇サークルの後輩です。ぜひOB訪問させてください!」と伝えれば、比較的こころよく応じてもらえるはずです。

説明会などで、直接OB訪問をしたい旨をアピール

大学内で会社説明会などが催されますと、たいていその大学の出身者が来ているものです。そこでその人をつかまえて、OB訪問したい旨を伝えるというのありです。説明会終了時などに声をかけてみてください。

説明会は1対他で行われるため、一般的な質問しかできませんが、OB訪問という形で別途時間を割いてもらえれば、1対1でしっかりと話を聞くことが可能です。

なお、この方法は説明会に来た社員が大学のOBでなくても使えます。「しっかりと話を聞きたいので、時間を割いてもらえないか」とアピールできれば、「まあ話くらいなら」となるものです。この場合、大学の先輩という立場ではないので、ズバズバとした質問をするのはNGです。多少オブラートに包んで話を聞くようにしてください。

OB訪問する際の注意点

続いては実際にOB訪問する際の注意点についてご紹介しています。OBは急がしい最中、わざわざあなたのために時間を割いてくれています。以下の注意点をしっかりと理解して、しっかりと準備をした上で、OB訪問にのぞむようにしてください。

聞きたいことをリストアップしておく

OB訪問では聞きたいことをリストアップしておくということが欠かせません。実際の仕事内容、職場の雰囲気、やりがい、忙しさなど知りたいことは多数あるはずです。それらをリストアップして、できればプリントアウトして持っておきましょう。そうすれば、質問への答えをその場で書いていくことが可能です。

リストが完成しているのであれば予めメールしておくのもおすすめです。「当日はこんなことを聞きたいんです」とあらかじめ投げておけば、OB側としても対応しやすくなります。限られた時間の中で、効率よくやり取りできる状況を作り出すように心がけておきましょう。

自己PRや志望動機などはあらかじめ用意しておく

OB訪問をするということは、少なからずOBの勤めている企業に興味を持っているはず。それならば、その企業に向けた自己PRや志望理由はある程度固まっていますよね。OB訪問というせっかくのチャンスですから、それらもある程度形にして用意しておきましょう。

相手はその企業で働いている人ですから、あなたの考えた自己PR・志望動機と現実とのギャップについて誰よりもチェックできます。「ココをもっと強調した方が良い」であったり「コレはウチの会社向きじゃないと思う」なんて意見をもらえれば、就職活動が一気に有利になるものです。

自己PRと志望動機は完璧に仕上げておく必要はありません。とはいえOBに読んでもらえるよう、また意見をもらえるように、ある程度は形にしておくことを強くおすすめします。

お礼のメールは忘れずに

OB訪問が終了したら、その場でのお礼はもちろんのこと、お礼のメールも忘れずに出しておきましょう。可能であればその日のうちに、遅くとも翌日までには対応してください。

なお、お礼のメールを出すタイミングはもう一度訪れます。それは就職活動終了時です。OB訪問した企業に入るにせよ、違う企業に就職するにせよ、訪問されたOBとしては「どうなってるかなぁ…」と微妙に気になるものです。

別の企業に就職するにしても「こうなりました」という結果報告があれば、喜ばれるものです。なお、OB訪問した会社に入社するという場合であれば、大学の先輩かつ職場の先輩です。絶対に連絡をお忘れなく。

まとめ:OB訪問で内定を引き寄せよう!

OB訪問のメリットから、訪問先の探し方、さらには注意しておきたいポイントについてご紹介してきましたが、気になる情報は見つかりましたか?

OB訪問をしてから就職活動に挑むのと、OB訪問せずに挑むのでは、まったく違う結果になることもしばしばです。せっかくのチャンスですから、積極的にOBを訪問して、いろんなアドバイスをもらっておきましょう。それは内定をグッと引き寄せてくれるはずです。

地方の大学に在学している場合、OB訪問のために上京しなくちゃならないというケースもあるはずです。この場合、わざわざOB訪問するべきか、かなり悩むと思います。けれど、本当に入りたい企業があるのなら、旅費と時間を使っても、OB訪問することにメリットがあるはずです。大切な機会になるはずなので、準備はしっかりと済ませてからOB訪問にのぞみましょう。

就活は十人十色!
あなたに合った就活方法をわたしたちがサポートします。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ